変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

ホモ

太マラで掘られる

いつもの発展旅館に行ってみた。
12時30分過ぎに入ったが土曜日の午後ということもあり混み始めたところといった感じだった。
シャワーを浴びてミックスルームに行ってみると早速ベッドのある部屋でオヤジ達が交尾していた。
何人かギャラリーが見ている中で僕もそれを良く見ようと少し近くに寄ろうとした時、逆にギャラリーから離れてきた1人のオヤジが僕に近づいてきて壁ぎわに立っている僕の股間に手を伸ばしてきた。
さらに僕の乳首もつまんできたところで僕は感じてしまい「アハッ」と喘いでしまった。
そして僕もオヤジの股間に手を伸ばすとなかなかの太さのチンポが勃起していた。
オヤジは僕の乳首を責めていたが「ベッドに行こう」と誘ってきたのでベッドに行った。
そして2人とも全裸になるとオヤジはまた僕の乳首を責め始めた。
僕もオヤジのビンビンに勃起したチンポを扱いていたがオヤジが僕の頭を掴んでオヤジの股間に近づけてきたので僕はオヤジの太マラをしゃぶった。
その後オヤジが仰向けになり僕がオヤジの身体を四つん這いになって跨ぐと69でしゃぶりあった。
しばらく互いにしゃぶっていたがオヤジがイキそうになったらしくしゃぶりあうのを止めた。
そして今度はオヤジが僕のチンポをフェラし、手コキしていたが、僕もイキそうになったのでオヤジに「ダメ、イキそう」と言うと、オヤジは手コキを止めた。
しかし僕は少しザーメンを漏らしてしまった。
今度は僕がオヤジのチンポをしゃぶりだしたが、またオヤジイキそうになったのでオヤジは「ダメダメ」とフェラを止めさせた。
そして「少し休憩しよう」オヤジは言うと僕を抱きしめながら「モテるやろ」と言ってくれた。
さらに「ここは暑いな、シャワー浴びてくるから休んでて。今度はここをやろうか」と僕のお尻を叩くと部屋を出ていった。
そこで僕はしばらく寝待ちしていると、今度は別の60歳前後の白髪の短髪スリムで筋肉質なオヤジが僕に近づいてきた。
そして僕の股間を揉み乳首を摘まんきた。
僕もオヤジの股間を弄っていると既にチンポはビンビンになっていた。(さっきのオヤジよりも太くて長いデカマラだった)
オヤジは僕のチンポを手コキしながら乳首を摘まんでいたが、そのうちに僕の股を広げさせると僕のアナルに指を押し付けてきた。
さらに自分の唾をアナル塗るとアナルに指を入れてきた。
しばらく僕のアナルに指を入れて解していたが、今度は僕の顔にチンポを近づけてきた。続きを読む

今日は不発

今日もいつもの発展場に行ってみた。
20時30分前に館内に入ってみたが、平日の夜ということもありガラガラだった。
シャワーを浴びてミックスルームを回ってみると交尾しているカップルが2組みと寝待ちが2人、あとは休憩室でテレビを見ているのが2人だけだった。
僕は早速寝待ちしているオヤジに近づき股間に手を伸ばすとオヤジは待っていたのか直ぐにチンポをビクンビクンとひくつかせながら勃起しさせた。
僕はビンビンになったオヤジのチンポをしゃぶり、しごきだした。
オヤジは気持ちいいようで喘いでいた。
しかしこのオヤジは遅漏気味なのか、なかなかイキそうな気配にはならなかった。
しかもイキそうになったら出てしゃぶるのを遮っていたのでだんだんフェラが疲れてきた。
そして何回か遮られたところでそれ以上しゃぶるのは止めて部屋を出て行った。
そして別のオヤジが寝ているところに行き、また股間に手を伸ばしてチンポを揉み始めた。
そのオヤジのチンポはかなりの太マラで完全に勃起すると口から溢れる程だった。
そこで僕は嬉しくなってそのオヤジの太マラを一生懸命しゃぶっていたが、このオヤジも途中で起き上がり、フェラを遮られてしまった。
そこで仕方ないので他の部屋に行くと今度は僕が寝待ちをしてみた。
しかしもともと人も少なくいくら待っても誰も来てはくれなかった。
そこで再び起き上がると、またミックスルームを回ってみた。
するとある部屋で新しく来たばかりと思われるオヤジが寝待ちしていた。
オヤジと言ってもまだ20代後半から30代前半くらいに見える若者だった。
そいつは下半身を露出し、露わになった股間は完全に毛を剃ってパイパンにしており、いかにもMっ気がありそうな奴だった。
そこでそいつの股間に手を伸ばすとフニャフニャのウインナーソーセージくらいの小さなチンポを掴んだ。
すると若者は「ううっ」と小さく喘いだ。
僕はそいつのフニャチンを口にくわえると吸い上げるようにしゃぶった。
するとそいつは気持ちいいようで「あぁ〜、そこスゴくいいよ〜」と喘ぎながら僕の股間にも手を伸ばしてきた。
そして僕のビンビンになっているチンポを掴むとしごきだした。
僕は‘今日はこいつでフィニッシュしよう’と思い、そいつのチンポをしゃぶるのを止めるとそいつの胸に跨がった。
そしてそいつの顔にチンポを近づけると、そいつは待っていたかのように僕のチンポをくわえた。続きを読む

久しぶりに掘られた

今日は久しぶりにいつもの発展旅館に行ってみた。
16時頃に館内に入ったがまだ早いせいか空いていた。
シャワーを浴びてミックスルームを回っていると、ある部屋でちょうど交尾が終わったばかりのペアがいてウケがベッドを出て行きタチがベッドに横になっていた。
そこで僕はタチオヤジの横に行き、たった今まで責めていたと思われるチンポを掴んで軽く握ってみた。
しかしチンポは乾いており、もしかしたら口でイカせたのかもしれなかった。
僕はそのオヤジのチンポをくわえてしゃぶりだすと、オヤジも僕のチンポを摘みだした。
しばらく乳首を摘まれながらフェラをしていたが、そのうちにオヤジが体勢を入れ替えて69の状態になるといきなり僕のアナルを舐めだした。
そして僕のアナルに指を入れながらオヤジも僕のチンポをしゃぶっていた。
それからまたしばらく69で互いのチンポをしゃぶり、僕はアナルを解されていたがそのうちにオヤジは僕の下半身に周り込むと僕の両脚を抱えてオヤジが持参したローションを僕のアナルに塗りだした。
‘久しぶりに掘られちゃうかも’と思っていたらオヤジは僕のアナルにチンポをあて正常位でメリメリッとチンポを挿入してきた。
僕は久しぶりのアナルファックだったのでアナルに激痛がはしったが我慢しているうちに慣れてきた。
オヤジは僕の両脚を掴むと浅く挿入したり深く挿入したりといろんな責め方をして、僕のアナルの中をズルッズルッとチンポが動くのが感じられた。
さらにオヤジは僕の片足を抱えて腰を押し付けたり、両脚を押し広げてマングリ返しのように腰を押し付けチンポを深く挿入してきた。
そのうちにオヤジが「気持ちいい、イキそう」と言ってきたので「中に出さないで」と言うと「外にだすよ」と言いながら腰の動きを速め「ウッ」と言うとチンポを素早く抜いてしまった。
そして僕の上に覆い被さり乳首を強く噛んできたので僕は痛さに耐えながらオヤジの頭を撫でていた。
しばらくオヤジは僕の乳首を噛んだり吸っていたが、そのうちにまた僕のアナルにチンポを挿入してきた。
一度イッたはずなのにオヤジのチンポはまだ固く僕のアナルはオヤジのチンポを簡単に受け入れてしまった。(もしかしたらオヤジはまだイッていなかったのかもしれない)
そして再びアナルの奥深くまでチンポを出し入れしていたが、そのうちにまたチンポを抜くと僕のチンポをしごきながら「ありがとう」と言って部屋を出て行った。
僕もその部屋を出て別の部屋に行くと1人で寝待ちしているオヤジを見つけた。続きを読む

久しぶりの発展サウナで手コキ

今日は久しぶりの発展サウナに行ってみた。
20時30分過ぎにに入るとそこそこ混雑していた。
シャワーを浴びて2階や3階のミックスルームを回ってみたが、あまり交尾をしているカップルはいなかった。
そこで僕は2階のミックスルームに戻ると寝待ちしていた。
しかししばらく寝ませしていたが冷やかしばかりで誰も来てくれないので起き上がって廊下で立って眺めていたら、一人のいい感じのオヤジが僕の前に立ち僕の乳首を弄りだしてきた。
そのオヤジは50代後半くらいに見えて、少し背が高くでっぷりと中年太りの腹に、ロマンスグレーの髪でめちゃくちゃ貫禄のあるオヤジだった。
オヤジは僕の乳首を弄りながら僕のチンポがビンビンに勃起しているのを確認すると‘部屋に行こう’と誘ってきた。
そこでオヤジと一緒に部屋に入るとオヤジは僕のバスタオルを取って全裸にすると再び僕の乳首を弄りだした。
僕もオヤジの乳首を舐めながらオヤジの股間に手をやるとチンポが半勃起していた。
僕はそのチンポを手で握るとオヤジのチンポには真珠が2個入っていた。
僕は真珠入りのチンポにちょっと興奮してオヤジの股間に顔を埋めて真珠入りのチンポをしゃぶりだした。
さらにフェラしながらオヤジの乳首を弄るとオヤジは「あ〜、気持ちいいよ〜」と喘いでいた。
しばらくオヤジのチンポの亀頭を舐め回したり竿を奥までくわえたりとフェラをしていたが、そのうちにオヤジは僕を捕まえると上半身に移動させて僕を抱きしめるキスをしてきた。
僕は貫禄あるオヤジのなすがままに受け入れてオヤジとキスをしたり、オヤジの背中に
手を回して抱きついていた。
オヤジは僕にキスをしながら「可愛いな、俺の黒真珠入りのチンポは凄いだろ」と言うので僕は頷いた。
そのうちにオヤジは僕のチンポを手でしごきだし、さらに僕の下半身に移動すると僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕はしばらくオヤジのフェラを堪能していたが、そのうちにオヤジはチンポを吐き出すと僕の横に添い寝して僕を抱き寄せながらキスをして、さらに僕のチンポを手コキでしごきだした。
僕はオヤジのガッシリとした身体に抱かれながらチンポを扱かれさらにキスをされているうちに種が上がってくるのがわかった。
そこで「ダメ、このままイッちゃうよ」とオヤジに囁くとオヤジは「いいよ、イッちゃいな、イキたかったんだろ」とそのまましごくのを止めなかった。続きを読む

発展旅館でフェラ

今日はいつもの発展旅館に行ってみた。
20時30分頃に入ってみると館内はガラガラだった。
シャワーを浴びてミックスルームに行ってみると2組みのカップルが交尾しているだけで他は誰もいなかった。
そのうちの一組では責められているオヤジはサングラスを掛けて下半身全体に刺青あり一目でカタギではないタイプだった。
こんなオヤジが正常位で掘られているのをみて、見かけではわからないなと思った。
そして一人である部屋に入ると横になり寝待ちしていたが誰も来ないのでいつの間にかウトウトしていたら、誰かが覗きに来たのがわかった。
しかしその人は直ぐにさってしまった。
そこで僕は起き上がり今度はこちらから部屋を回ってみた。
すると最初にいた二組のペアとは別にある部屋に新しく寝待ちしている30代前半くらいの人がいた。
そこで僕はその人の隣に行き股間に手をのばした。
さらに胸に手を伸ばして乳首を弄りながらチンポを触った。
すると感じているのか身体をよじった。
チンポはムクムクと大きくなっており、直ぐにフル勃起状態になった。
そこで僕はそのチンポをくわえるとしゃぶり始めた。
そのうちに男は自分で浴衣を脱ぎ始めた。
男の体は白くムチムチとしており胸も少し乳房があり揉みがいがあった。
悶えかたも女っぽかったので後ろから抱きつきながらキスをした。
しばらくフェラしていたが男が身体をよじらせるので今度は手コキで扱いていたらさらには身体をクネクネさせて悶えていた。
しかし実はそれは気持ち良く感じているのではなく、刺激がキツいためだった。(途中で「刺激が強すぎるので扱かないで亀頭を触るだけにしてくれ」と言われた)
そこで僕は座っている彼の後ろから彼を抱きかかえるように両腕を出して片方の手で乳首を弄りながもう片方の手でチンポの亀頭の先を指でちょんちょんつついていた。
彼はそれがとても感じるようで「アッ、アッ」と喘ぎまくりながら顔を後ろに向けて僕にキスをせまってきた。
彼はそのうちに身体をよじらせて悶えていたが、途中で足がつってしまったようでちょっと休憩した。
そして彼を仰向けに寝かせるとまたチンポをくわえてフェラをし始めた。
今度はあまり唇でキツく締め付けずに舌で舐めまわすようにしゃぶってあげたら、彼が小さく「イクッ」と言った。
さらにしゃぶっていると今度はハッキリと「イッちゃっていい」と言うのでチンポをくわえながら頷いた。
続きを読む

トイレでゴックン

今日はあるショッピングビルの中のトイレでゲイ雑誌を見ながらオナニーをしていた。
16時過ぎに個室でシコっていた時にふと上を向くと頭上に何やら人影らしきものが感じられた。
それは直ぐに消えたがまたしばらくすると左隣の個室から誰かが覗いているのを感じられた。
僕は気がつかない振りをして逆にビンビンのチンポが良く見えるようにシコりだした。
しかし隣の男は警戒しているのかまた一旦引っ込んだ。
そしてしばらく覗いて来ないので‘どうしたのかな’と立ち上がった時にちょうど隣の男がこちらを覗こうしているところに目があってしまった。
すると男はかなり慌てて隣の個室を出て行った。
僕は残念に思いながらドアの隙間からどんな男だったのか覗いていたら、その男は洗面所の前で何食わぬ顔で手を洗っていたがトイレを出る気配がなく、しばらくするとまた僕の個室の前の小便器に来てオシッコをする振りをしていた。
そしてトイレの中が無人になるのを確認すると僕が入ってる個室のドアをトントンと叩いてきた。
‘えっ’と思ったがドキドキして扉を開けると男がすかさず個室の中に入ってきた。
男は30代前半くらいでマスクをしていたが、マスクを外すと僕に抱きついてきてキスをしてきた。
僕は立ったままキスを受けていたが男はさらに僕のビンビンになっているチンポを触りだした。
僕も男の股間に手を伸ばしてジーンズの上からチンポの膨らみを触っていた。
そのうちに僕は我慢できなくなり洋式トイレに座ると男のジーンズのチャックを下ろそうとした。
男もそれを手伝いながら自分が履いているジーンズとパンツを下ろすと半勃起している男のチンポが露わになった。
僕がそのチンポをくわえると直ぐに男のチンポはビンビンになった。(ちょっとしょっぱい味がした)
僕はチンポをしゃぶりながら右手を男のTシャツの中に手を入れて男の乳首も弄りだした。
そしてしばらくの間トイレの個室で男のチンポをフェラしていた。
5分くらい亀頭を舌で舐めまわし、竿を唇でキツく締め付けながらしゃぶっていると男が僕の頭を軽く押さえつけて、自ら腰を振ってきた。
‘これは射精が近いな’と思いながらしゃぶっていると今度は男が腰を前に突き出して僕の喉の奥にチンポを挿入しようとしてきた。
続きを読む

発展旅館で69

今日はいつもの発展場に行ってみた。
20時頃に入ってみるといつもに増してガラガラだった。
シャワーを浴びてミックスルームを回っていると一組だけ全裸同士でフェラしているオヤジ達がいた。
しばらく二人の交尾を眺めていたが、途中で部屋を出て別の部屋で寝待ちしていた。
しかしいつまで待っていても誰も来なかったので、また起き上がり自分か部屋を回りだした。
するとある部屋でオヤジが大の字になって寝ていたので、近づいて横に座り、そっと浴衣の上から股間を撫でた。
するとオヤジは特に嫌がらなかったので、さらに浴衣を捲ってふにゃふにゃのチンポを掴むと口にくわえてしゃぶりだした。
するとオヤジは「ハ〜」と気持ち良さげに喘いだ。
僕はさらにオヤジの乳首を摘みながらチンポをしゃぶっているとふにゃふにゃだったチンポはみるみるうちにビンビンになった。
勃起したオヤジのチンポはなかなか長さもありしゃぶりがいがあった。
僕がフェラしているとオヤジも僕の股間に手を伸ばして来て僕のチンポを弄りだした。
さらに僕のアナルにも指を入れて弄っていた。
そのうちにオヤジはちょっと起き上がり僕のチンポをしゃぶりだした。
僕はしばらくオヤジにチンポをしゃぶられていたが、僕もオヤジの身体に覆い被さりオヤジのチンポをしゃぶり69の体勢になった。
そしてしばらくの間二人でチンポをしゃぶりあっていた。
しかし僕の方が先にイキそうになり「あっ、ダメッ、イッちゃいそう」と言うとオヤジは待ってたとばかりにチンポを激しくしごきだした。
すると僕は溜まらずに「あっ、イッちゃうっ」と小さく叫ぶと大量のザーメンをオヤジの口に吐き出した。
僕はザーメンを吐き出すとオヤジの口からチンポを抜き去り四つん這いの体勢から起き上がった。
そして「イッちゃってゴメンナサイ」と言うと「いいよ、いいよ」とオヤジは言った。
僕はイッてしまったので‘もう今日はあがろう’と思い、またシャワーを浴びると館を出た。まだ21時だった。

今日は早々とイカされたてしまったのでちょっと物足りなかった。

ガッツリ掘られた

今日もいつもの発展旅館に行ってみた。
20時前に入ったが人はまばらだった。
しかし逆にこんな日の方が良い出会いがあるかも、と思いながらシャワーを浴びた。
そしてミックスルームに行くと客はやはり少なかった。
僕は寝待ちしていたが誰も来てくれなかったので客に自分から他の部屋に行ってみた。
するとある部屋で一人のオヤジが寝待ちしていたので、そっとそのオヤジの横に行き、オヤジのチンポを浴衣の上からさすってみた。
オヤジは特にいやがらなかったので僕は浴衣を捲ってオヤジのチンポを露わにした。
そしてビンビンになっているチンポをしゃぶるとオヤジは「ああ〜気持ちいい」と感じてくれた。
僕はさらにオヤジの玉袋を舐めていると、オヤジが「イキそうになるから」と僕がしゃぶるのを止めてきた。
そして「ケツの穴を舐めてくれるか」と言い出した。
僕は正直あまり気が進まなかったが、四つん這いになるとオヤジの尻の穴に舌を這わせた。
オヤジは「気持ちいい」と言いながら僕の尻の穴に手を伸ばし僕のアナルを弄ってきた。
そして「アナルにチンポ入れてもいいか」と聞いてきたので「ゴムつけてくれるなら」と答えると「もちろん」と言いながら胸元からコンドームを取り出すとチンポに装着した。
そして僕を四つん這いにするとアナルにローションを塗り、チンポを僕のアナルにあててグイッと挿入してきた。
久しぶりのアナルで激痛がありさらにアナルがまだほぐれていなかったので最初は僕のアナルにチンポは入らなかった。
しかし何度も突いているうちに少しずつアナルにチンポが挿入され最後は奥まで掘られてしまった。
そしてオヤジは僕のケツを叩きながら「イイケツだな」と腰を振っていた。
僕はズンズンと腹に響くチンポに掘られながら「アッアッアッ」と喘いでいた。
そのうちに急にオヤジはヌルリとアナルからチンポを抜くと一休みした。
オヤジのチンポはまだビンビンに固くて僕はそのチンポを軽く扱いていたが、そのうちにオヤジはまた僕を四つん這いにするとバックから僕を犯し始めた。
そしてしばらく僕のアナルを掘ったあとまた一休みした。
どうやらイキそうになると抜いているようだった。
少し休むと次にオヤジは僕を仰向けにさせ、今度は正常位で挿入してきた。
オヤジは腰を振って僕のアナルを堀りながら僕の乳首を摘んでいた。
しばらく正常位で犯されるとまたヌルリとチンポを抜きまた休んだ。
僕が「僕のアナルでイカないの?」と聞くと「まだ遊びたいから」と答えた。
「じゃぁ、少し休もうか」と言って僕は一旦その部屋を出た。
そして別の部屋にしばらく寝待ちしていたが誰も来ないので、僕はまた起き出すとミックスルームをうろうろし始めた。そしてある部屋に入るとさっきのオヤジが寝ていた。僕はまたオヤジのチンポを掴んで軽く扱きだすと「また舐めたいのか?」と聞いてきた。僕が頷くとオヤジは僕の頭を抱えて撫でてきた。そしてオヤジのチンポをフェラし始めるとオヤジが「イキそうだ」と 言い、さらに「どこに出して欲しい」と言うので「口の中」と答えるとオヤジは「良し、わかった」と言いながら僕にまたアナルを舐めさせた。
そしてそのうちに「イクッ」と叫び僕の顔をチンポに近づけた。
僕がオヤジのチンポをくわえた瞬間に口の中にビュッビュッとザーメンが発射されるのがわかった。
オヤジは溜まっていたのか何度も僕の口の中にザーメンを吹き上げた。
口の中には大量のザーメンが溜まっており、チンポを抜き出す時に唇からザーメンがこぼれ落ちそうだった。
僕は枕元のティッシュを取り出すと口の中に溜まっていた大量のザーメンを吐き出した。(量が多くて何枚もティッシュを使った)
そしてオヤジは「ありがとう」と言うので僕は「ごちそうさま」と言って部屋を出た。
次にまた別の部屋で寝待ちをしていたらガタイの良いガチムチオヤジが僕の横に寝そべってきた。
そして僕を全裸にするとアナルに指を挿入してきた。
僕のアナルがローションでほぐれているのがわかると「ベッドのある部屋に行こう」と言って真っ暗な二段ベッドの上に僕を連れてきた。続きを読む

久しぶりに映画館で発展

今日は久しぶりに映画館で発展した。
16時30分前に館内に入ると、そこそこ混んでいた。
後ろの立見席はほぼいっぱいで横の壁に立っていると直ぐに見るからにキモいジジイが寄ってきて僕の股間を触り始めた。
僕は特に抵抗もせずにいると僕のズボンのチャックを下ろしてチンポを掴みだし、その場にしゃがみ込んでいきなりチンポを咥えてしゃぶりだした。
外で冷えたチンポにはキモいジジイのチンポも暖かく気持ち良かった。
しばらくジジイはチンポをしゃぶっていたが、途中でチンポを吐き出すと立ち上がり「席に行こう」と言ってきた。
そこでジジイについて前から3番目の席に座ると、ジジイは僕のズボンを全部下ろして下半身を露出させるとまたチンポをしゃぶりだした。
さらに僕のワイシャツに手を伸ばしてきて乳首を摘みだした。
僕はポルノ映画を見ながらジジイにフェラされて乳首を弄られていたが‘このままイッてしまうのも早いし、もったいないな’と思うと、いまいち気持ちが乗らずイクまでにはならなかった。
ジジイはしばらく僕のチンポをしゃぶっていたが、そのうちに「気持ちいいか」と聞いてきたので「あまり・・・」というと「そうか、残念だな」と言ってそのまま去っていった。
僕はまたズボンをあげて身なりを整えるとまた後ろの立見席に行き、角の隅にたたずんでいた。
そのうちに映画が終わり館内が明るくなった。
すると僕に気づいた一人の若目(30代後半?)のオヤジが僕の隣にやってきて立っていた。
そのうちに次の映画が始まり館内が暗くなると、すぐに隣にいたオヤジが僕の股間に手を出してきた。
そして僕のチンポが半勃起しているのを確認するとチャックを下ろしてチンポを掴みだし、僕の前にしゃがみ込むとチンポをしゃぶり始めた。
そのオヤジはとてもしゃぶり方がうまくて舌の動きが激しかった。
温かいヌメリのある口内に包まれて忙しく動く舌で亀頭をしゃぶられるとチンポはビンビンになった。
周りのギャラリーも僕がチンポをしゃぶられて感じているのをガン見していた。
オヤジのフェラはとても上手で気持ち良かったが、それでも直ぐにイキそうにはならなかった。
しかしオヤジは丁寧に長い時間かけてずっと僕のチンポをしゃぶってくれていた。
さらにズボンを全部下ろして僕のケツを掴むと僕の亀頭を舌でチロチロと舐めだした。
そのうちにさすがに僕もイキそうになってきて、無意識のうちにしゃがんでフェラしているオヤジの頭を掴んで股間に引き寄せていた。
スクリーンでは女がレイプされているシーンになっており、それを見ながら小さく「イキそう」と囁くとオヤジはさらに激しくチンポをしゃぶりだした。
僕はとうとう「イクッ・・・」というとオヤジの口の中に溜まっていた大量のザーメンを吐き出した。
オヤジは最後の一滴まで絞り出すように吸い付いていたが、敏感になったチンポにちょっと刺激が強すぎて腰を引くとオヤジの口からチンポがヌルリと抜けた。
オヤジは自分が持ってきた鞄からティッシュを出すと僕のチンポを拭いてくれた。
そして立ち上がると口の中に溜まっている僕のザーメン味わうように飲み込み、去っていった。

そこで僕もズボンを上げると館内を出た。
まだちょうど17時くらいだった。
発展映画館ではあまりハードなプレイはできないが、サクッと抜くには良いところだった。

発展旅館にお泊まり

昨夜はいつもの発展旅館に泊まってみた。
25時過ぎに旅館に入り2500円払ってシャワーを浴びミックスルームを回ってみたが、一組だけ交尾しているオヤジがいたがほとんどが寝ていた。
しばらくウロウロしていたが仕方ないので僕もそのまま寝た。
そして明け方5時過ぎに起きると身体が冷えていたので一旦風呂場に行きシャワーで身体を温めたあと‘このまま何もないままだけど出ようかな’と思いながらテレビのある部屋で机の上にあったゲイ雑誌を読みチンポを扱いていた。
するとしばらくしてから一人の30代くらいの山下清みたいな短髪オヤジがやってきてやはりゲイ雑誌を読み始めた。
そのオヤジは最初は少し離れたところに座っていたが雑誌を読み替える時に僕の方に近づいてきた。
そして僕がチンポをビンビンにしているのを見ると山下清オヤジもビンビンにしたチンポを見せつけるようにしていた。
僕がそのチンポを見ていることに気がつくと山下清オヤジは僕の方に近づき僕のチンポを掴んだ。
僕は思わず「アン」と喘いでしまった。
するとオヤジは僕のチンポをしごきだした。
僕も山下清オヤジのビンビンに反り返っているチンポを掴むと亀頭をマッサージした。
オヤジはさらに僕の股間に顔を埋めると僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
そしてそのうちに「上の部屋に行こう」と言うと僕を連れてあるミックスルームに入り込んだ。
そこで僕の浴衣を脱がせて全裸にすると僕を抱きしめてキスをしてきた。
山下清オヤジは僕の口の中に舌を入れながら僕のチンポを掴んで扱いていたが、僕の前にしゃがみ込むとまた僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕はチンポが生暖かい粘膜に包まれて刺激されている快感を味わっていたが、そのうちに今度はオヤジが立ち上がり僕の頭を押し下げてきたので僕はそれに従ってオヤジのチンポをしゃぶりだした。
しばらく僕がフェラをしていると奥のベッドからメガネオヤジが出てきて僕らのプレイを見学していた。
すると山下清オヤジがメガネオヤジのチンポを掴んでしごきだしたのでメガネもプレイに参加してきた。
そしてフェラしている僕の顔の前にチンポを出してきたので僕は二人のオヤジのチンポを交互にしゃぶりだした。
しばらくすると山下清オヤジもしゃがみ込んできて二人でメガネオヤジのチンポをしゃぶった。
そしてまた山下清オヤジが立ち上がるとメガネオヤジの頭を押し下げて自分のチンポをしゃぶらせていた。続きを読む

初発展は不発

今日は今年初めての発展場に行ってみた。
18時頃に館内に入るとちょうど沢山の人が出てくるところだった。
シャワーを浴びて各部屋に入ってみると、まだいつもよりは多めの客がいた。
そこで早速寝待ちしていたが、今日はウケばかりなのかほとんど誘いがなかった。
そこで寝待ちを止めて部屋を歩きだしたところ、ある部屋でかなりキモいオヤジに捕まってしまった。
とりあえず立ったままオヤジの好きなようにさせていたら、オヤジは僕のチンポを扱き、乳首を舐めまわし、さらにしゃがみ込んでチンポをしゃぶりだした。
誰専の僕のチンポはキモオヤジにしゃぶられてもビンビンになったが、このままイッてしまうのはつまらなかったので、ある程度しゃぶってもらったあと隙をみて去って行った。
その後また部屋で寝待ちしてしばらくすると突然僕の横にドカッと座り込んで僕のチンポをがっつり握ってきたメガネを掛けたオヤジがいた。
‘これはドSのタチかしら’とドキドキしながら期待していたら、そのオヤジは僕の頭を掴んで自分の胸に寄せるとチンポの根元を握りしめた。
僕もオヤジのチンポを探し出して刺激すると「ハァハァ」と喘ぎだした。
その後オヤジは僕の顔を固定するとそっと唇をつけてキスをしてきた。(オヤジからはなんとなく酒のような匂いがしてきた)
さらに僕の頭を胸に抱えてギュッと抱きしめてきた。
その頃になってオヤジが何をしたいのかわからなくなってきた。
相変わらず僕のチンポと玉を握りしめながらハァハアと喘ぎ僕の頭を抱きかかえたり、キスをしてきた。
そして僕がチンポを扱いているとチンポはフニャチンのままなのにウォウウォウと喘ぎ、そのうちに「ウッ」と叫ぶと動かなくなってしまった。
僕は‘まさかイッちゃった?’と思いながらも‘これは幸い’とそのオヤジから離れた。
そしてまた各部屋をウロウロしてみたが、その後はハッテンに繋がるようなチャンスはなかった
そして‘今日は変なん人に絡まれてばかりなので、もう帰ろうか’と、ある部屋で全裸になってうつ伏せになっている少し若めのニイチャンがいる部屋に入った。
そしてアナルに指を差し込むと案の定トロトロにほぐされているトロマンだった。
アナルに指を突っ込むとやはり感じるようで、僕の下半身に手を伸ばしてきた。
僕はそんなニイチャンの上半身に回るとチンポを彼の顔の前に突き出した。
するとニイチャンはすぐに僕のチンポをしゃぶりだした。続きを読む

発展旅館で掘られ納め

今日は今年最後のハッテンと言うことでいつものハッテン場に行ってみた。
12時に館内に入るとシャワーを浴びてミックスルームに行ってみた。
まだ早いせいか人影はまばらだった。
ベッドのある部屋に入った時に少し若めの筋肉質で細めのニイチャンと目があった。
そしてそのまま一緒にベッドに入るとニイチャンは僕の乳首を吸いながらチンポを触りだしてきた。
そして僕のビンビンになったチンポをしゃぶりだしたので僕もニイチャンの固く勃起したデカマラをしゃぶりだした。(69の体勢になる)
ニイチャンのデカマラの根元には、しっかりとコックリングが締まっていた。
ニイチャンの固くて立派な太マラをしゃぶっているとそのうちにニイチャンが僕のアナルに手を伸ばしてきた。
そして僕の下半身に移動してくると僕の両脚を持ち上げてなにやら小袋から取り出していた。
僕は‘久しぶりに犯されそう、あの太マラが入るかな’とドキドキしていたら案の定ニイチャンは僕のアナルにローションを塗り自分の太マラにゴムを付けだした。
そしてあらためて僕の両脚を持ち上げるとアナルにニイチャンのチンポをあて、メリメリっとばかりにチンポを挿入してきた。
僕は久しぶりのチンポの挿入でやはり激痛があったが、それをグッと我慢するとアナルにニイチャンのチンポが収まった。
するとニイチャンは腰を振り始めた。
やはりまだ慣れていないので腰をチンポを押し込まれると僕は痛かったが我慢して耐えていた。
すると何かの拍子でニイチャンのチンポが抜けてしまった。
そこであらためて僕のアナルに挿入しようとしたが、ちょっとチンポが柔らかくなったようで僕のキツメのアナルへの再挿入ができないようだった。
そこで一旦ニイチャンのチンポを僕がフェラしてあげることにした。
さっきまて自分のアナルに入っていたゴム付きチンポをしゃぶっているうちにまたニイチャンのチンポはビンビンになった。
ニイチャンはまた僕のアナルにチンポを挿入すると正常位でガンガン掘り始めてきた。
ニイチャンのチンポは長く奥まで突かれる腹の奥までジンジンしてきた。
そのうちにニイチャンが「イキそう」と言うと腰の振りが早くなりそのままフィニッシュした。
ニイチャンは僕のアナルからチンポを抜くとチンポからゴムを外し去って行った。
そこで僕も別の部屋に行ってみた。
またあるベッドの部屋で寝待ちしていると直ぐに1人のオヤジがやってきた。
そして僕の尻に手をやりローションで濡れているのを確認すると僕の両脚を押し広げてきた。
続きを読む

久しぶりの発展サウナで手コキ

今日はいつもの発展旅館に行こうとしたが閉まっていたので久しぶりの発展サウナに行ってみた。
13時頃に入ったが祝日のせいか、とても混んでいた。
風呂場で身体を洗って早速ミックスルームに行ってみると、いたるところでオヤジ達が絡んでいた。
そんな中で空いているスペースに横になり寝待ちしていた。
すると直ぐにおかっぱ頭の少しキモい感じのポッチャリデブが僕の横に擦り寄ってきた。
そして僕の乳首を吸いチンポを扱きだした。
そのポッチャリオヤジは30代くらいで、どちらかと言うと受け身のような感じだった。
そこで僕がそいつを逆に仰向けにすると乳首を吸いチンポを扱きだすと案の定そいつは喘ぎだした。
そして僕にしきりにキスをねだってきたのでキスをしてやった。
しばらく四つん這いになってそいつのチンポを扱き、しゃぶっていると後ろで見ていたギャラリーのオヤジが僕のアナルを弄りだした。
そしてアナルにローションを付けるとアナルに指を挿入してきた。
そのオヤジはたぶん指を2〜3本挿入してきており、挿入しながら僕のチンポを扱きだした。
そしてアナルに挿入した指を激しく乱暴にかき回すので僕はアナルの痛さにポッチャリオヤジのチンポを吐き出してしまった。
するとポッチャリオヤジは僕にまたキスを求めてきた。
キスをしながらも後ろのオヤジのアナル責めに痛くなり、オヤジがアナルから一時的に指を抜いた時に体勢を四つん這いからポッチャリオヤジに添い寝する形にした。
すると後ろのオヤジは去ってしまった。
しかしそれでも別のオヤジが僕のお尻を弄ってきたので振り向いたら別の老けたオヤジがいた。
そしてその老けたオヤジも去って行く時にポッチャリオヤジも一緒に去っていった。
そこで仕方ないのでまた寝待ちしていると、直ぐに別のオヤジが僕の近くに寄ってきた。
そのオヤジは僕の両乳首を摘み転がしていると、パクリと僕のチンポをくわえてきた。
そして絶妙な舌使いてしゃぶってくるので僕はイキそうになってしまった。
そこで「ダメ、イッちゃいそう、イッちゃうよ」と言うとオヤジは「イッてごらん」と口からチンポを吐き出して手コキに切替えて僕のチンポを扱きだした。
僕はたまらずにチンポからザーメンを吹き上げてオヤジの手をザーメンまみれにしてしまった。
オヤジはティッシュでザーメンを拭き取ると立ち去った。
僕もまたシャワーを浴びて発展サウナを出た。
まだ入ってから30分しか経っていなかった。

デカマラに何度も犯された。

今日はいつもの発展場に行ってみた。
19時過ぎに入って身体を洗いミックスルームに行ってみるとそこそこ人が入っていた。
ある部屋で寝待ちしているウケのアナルに指を入れてみるとそこはヌルヌルになっていた。
アナルを弄られて喘いでいるウケを見ながら指の匂いを嗅いでみるとほんのりザーメンの匂いがしたので既に何人かにやられた後のようだった。
とりあえずそのウケは置いて誰もいない部屋に入ると寝待ちしていた。
しばらく誰も来てくれなかったが、あるオヤジが寄って来ると僕のチンポを弄りだした。
僕が無抵抗のままでいるとそのオヤジは僕のアナルにまで指を差し込んできた。
僕もオヤジのチンポを触ってみるとそれは勃起もしていないのにズシリと重いデカマラだった。
オヤジは僕のアナルを触ったあと僕の脚を広げるように押してきたので僕は両脚を広げた。
するとオヤジは自分で持ってきた小さなバックからローションを取り出すと僕のアナルに塗ってきた。
僕は‘まさかな’と思っていたら、オヤジはさらにバックからゴムを取り出すと自分のチンポに装着してきた。
僕は‘ヤバい、こんなデカマラが入るわけない。裂けちゃう’と焦っていたら、オヤジは枕を手に取ると僕の腰の下に挿入してきた。
いよいよデカマラで犯されると覚悟をしているとオヤジは僕の両脚を押し広げてアナルマンコが上に向くように腰を押してきた。
そして何度か指でアナルを挿入してほぐしたあと、デカマラを僕のアナルに押し当ててグッとチンポを押し込んできた。
僕は激痛に口をパクパクしなが目で‘無理無理’と訴えていたが、オヤジはそれを無視してさらにメリメリッと押し込んできた。
僕は‘これ以上はダメ’と思っていたらオヤジが「全部入ったぞ」と言った。
僕は‘あんなデカマラが本当に入ったのだろうか’と思いながらもオヤジに「動かさないで」とお願いした。するとオヤジはチンポを挿入したまま僕の乳首に吸い付いてきた。
そのうちに確かにアナルの激痛が収まってきてなんとかデカマラの挿入に耐えられるようになってきた。
オヤジは相変わらず僕の乳首を吸い出していたが、そんなオヤジの背中に足を回してオヤジを抱き寄せるようにしてみた。
するとオヤジは「どうだ、もう痛くないだろう。気持ちいいか」と言うので「気持ちよくはないけど耐えられる」と言ってみた。
そのうちにオヤジはゆっくりと腰を動かしながら、僕のチンポを扱きだした。続きを読む

発展旅館で掘って掘られた

今日は久しぶりにいつもの発展場に行ってみた。
13時30分過ぎに入って見ると結構混んでいた。
早速シャワーを浴びてミックスルームに行くと一組のオヤジどもがセックスをしていた。
小柄な眼鏡を掛けたオヤジが安田大サーカスのクロちゃんのようなガチムチをバックから掘っていたので、凄いなと思いながら横で見ていたら、掘っていた小柄なオヤジが僕に気がつき僕のチンポを触ってきた。
そして僕のチンポを扱いて固くすると僕にジェスチャーで‘後ろに回れ’と合図するので後ろに回ると今度は僕のチンポを掴んで自分のアナルに当てようとした。
そこで僕は‘なるほど2連結になりたいんだな’とわかると小柄なオヤジのアナルに自分のチンポを当てた。
そしてアナルに挿入しようとしたがオヤジのチンポはローションも着いていなかったのでなかなか入らなかった。
そうこうしているうちにギャラリーが増えてきた。
僕とオヤジは唾液をアナルとチンポにつけてなんとかオヤジのアナルを掘ろうとしているとなんとかオヤジのアナルに挿入することができた。
そして僕が何度か腰を動かすとオヤジとその下にいるクロちゃんが喘いだ。
しばらくオヤジを掘っていたが少し休むと今度はサンドイッチで挟まっているオヤジが腰を動かしだした。
僕もまた腰を動かしているうちにオヤジは僕の膝を叩いて退くように合図した。
そこで僕はオヤジのアナルからチンポを抜いて横に座るとオヤジもチンポを抜いて腰を上げるとティッシュで自分のチンポを拭いた。
どうもイッてしまったようだった。
オヤジがいなくなったあとクロちゃんのアナルに手をやると温かいザーメンがたっぷり溜まっていて生臭くサラシ粉のような臭いがした。
僕も部屋を出て別の部屋に行ってみるとベッドのある部屋でまたオヤジが交尾していた。
僕はそれを立ってみていると一緒に部屋で立って見ていたオヤジが僕のチンポに手を伸ばし扱きだしてきた。
そのままオヤジと一緒にベットに横になると、僕は四つん這いになってそのオヤジのチンポをしゃぶりだした。
オヤジのチンポには真珠が2個埋め込まれていた。
僕がオヤジのチンポをフェラしていると、いつのまにか僕の後ろに人がいた。
その人は僕のチンポを扱きながらアナルにローションを垂らしてきた。
そしてその人はフェラしている僕の手に自分のチンポを持たせようとするので持ってみると太くてでかかった。
その人はさらに僕のアナルに指を奥まで入れてきた。
しばらくすると僕の後ろでゴムをつける気配がしてきたら、四つん這いになった僕のアナルにデカマラを押し込んできた。
僕はあまりの痛さに口に含んでいたオヤジのチンポを吐き出した。
挿入してきたその人はデカマラで僕のアナルを掘り始め、その腰の動きに合わせて僕はウッウッと悶えた。
さらに痛さに耐えかねて僕は四つん這いからうつ伏せになってしまった。
続きを読む

発展映画館で手コキ2発

今日は久しぶりに以前行った成人映画館の隣に行ってみた。
15時30分に入るとちょうど映画と映画の間だった。
明るい館内を見回すと金髪の女装子が2人のオヤジに挟まれて座っているのが見えた。
映画が始まってしばらくすると女装子の両隣に座っていたオヤジがいなくなったので代わりに僕が座った。
女装子はマスクをしていて良い匂いをさせていた。
女装子の股間は既にストッキングとパンティが脱がされていて陰毛は全部剃られていてパイパンだった。
僕が彼女の髪を撫でながら股間に手を伸ばすと女装子にはあるまじきとても太いデカマラがビンビンにおったてていた。
僕が「どうして欲しい?舐めてあげようか」と聞くと「うん、舐められるの好き」と
言うので僕はそのデカマラをしゃぶりだした。
途中から彼女の胸に手を入れてブラの隙間から乳首を摘むと彼女は喘ぎ始めた。
しばらくしゃぶっているといつの間にか女装子の周りに僕以外のオヤジどもが3人くらい集まって来ており女装子の胸や尻を触っていた。
そのうちに女装子はイキそうになったのか、お尻をモジモジさせると急に腰を引き「もうダメ〜」と行ってきた。
周りのオヤジどもは「心配しないで良いんだよ」等と言っていたが女装子は「まだイキたくない」と言うとオヤジどもは去って行った。
僕は相変わらず女装子の隣でゆっくりチンポをを手コキして髪を撫でていた。
そのうちに僕が「今度は僕のを気持ち良くさせて」と言うと女装子は僕のビンビンにたったチンポをしごきだしてくれた。
そのうちに「何だかしゃぶりたくなっちゃった」と言うので「しゃぶって」と言うと「マスクを外した顔を見ないでね」と言うと髪で顔を隠しながら僕のチンポをくわえてくれた。
僕は女装子のフェラとアブノーマルなプレイに直ぐにイキそうになり、「イキそう」と伝えると‘えっ、もう’と言うような顔をしてチンポを吐き出した。
僕は吐き出されたチンポを軽くしごくと大量のザーメンを発射してしまった。
僕はティッシュでザーメンを拭き取りながら少し話をした。
・今日は私1人だが、いつもはこの時間には3人くらいの女装子がいる
・今日はあまりメイクをしていないのでマスクをしている(メイクをした時の写真を見せて貰ったがなかなか可愛いかった)
・身長が175センチあるので金髪であるいていると外人の立ちんぼに間違われて酔っ払いオヤジに「ネエチャンいくら」と声をかけられる。
・今日はもうそろそろ上がる予定続きを読む

発展旅館に宿泊

今日は発展旅館に泊まってみた。
夜中の3時30分過ぎに着くと身体を洗って部屋に行ってみたが、5人くらいしかおらず皆既に寝ていた。
そこで僕も仕方なく寝たが明け方の5時か6時頃に僕の隣にオヤジが横になってきた。
最初は知らんぷりをしていたが、オヤジが手を伸ばしてきたので「あぁ、これは触って欲しいんだな」と思いオヤジの手を握ってみた。
案の定、特に嫌がらないのでそのままオヤジの浴衣を捲りチンポを掴んだ。
そしてチンポの近くに顔を寄せるとオヤジのチンポをしゃぶってみた。
するとオヤジは喘ぎだしたのでそのまましゃぶり続けて最後は手コキでイカセた。
オヤジは僕の手に大量のザーメンをぶっかけたのでティッシュで拭いてあげるとオヤジはそのまま寝てしまった。(僕もそのまま寝たが気がつくといなかった)
次にまたオヤジが隣に寝に来た。
そのオヤジも身体を近づけてきたので身体を触ってやると股間を広げてきた。
そこでまたチンポを手でしごいた後にしゃぶってあげた。
しばらくすると手で僕を払いのけようとするので‘これはイキそうだな’と思うとさらにチンポをキツく早く締め付けた。
するとオヤジは「イッちゃうよ」と言って僕の口の中にザーメンをピュッピュッと発射してきた。(なかなか力強い発射だった)僕は生臭いオヤジのザーメンを口に溜めたままチンポを抜くとティッシュの上にザーメンを吐き出した。
そのあとしばらく寝ていたが8時頃に僕を触ってくるオヤジがいたので起き上がるとオヤジが立った状態で僕の口にチンポを押し込んできた。
オヤジのチンポには真珠か何かを埋め込んであった。
オヤジは僕の頭を掴んでチンポを押し込みイマラチオ状態になった。
そのうちにもう一人日焼けした色黒のオヤジがやってきて僕らのプレイを見学していた。
すると僕の口にチンポを押し込んでいたオヤジがチンポを抜くと見ていたオヤジの方に僕を向けた。
そこで仕方がないのでそのオヤジのチンポをしゃぶっていた。
オヤジは立ったまましゃぶらせていたがそのうちに僕の胸に座り込んだ状態でしゃぶらせ、さらに仰向けになったオヤジのチンポをしゃぶっていた。
しばらくするとオヤジはイキそうになったのか、僕を手で押しのけてチンポを抜いてしまった。
そして僕をギュッと抱きしめると部屋を出ていった。
気がつくと旅館には僕以外には2人しかおらずさらに各部屋の掃除をし始めてきた。
そこで僕も旅館を出た。
ちょうど9時頃だった。続きを読む

発展旅館で騎乗位アナルファック

今日はいつもの発展旅館に行ってみた。
19時55分頃に入り、身体を洗って2階に行ってみると、寝待ちのウケばかりだった。
そこで自分もある部屋に入り寝待ちをしていたら、見た目はウケっぽいオヤジが近づいて来た。
オヤジは仰向けに寝ている僕のチンポを触りだすと、僕のチンポはすぐにビンビンになってきた。
するとオヤジは勃起した僕のチンポをしゃぶりだした。
僕はオヤジのフェラに気持ち良くなりながら今度はオヤジの乳首を摘みだした。
さらにオヤジの乳首を吸い出すとオヤジは気持ち良さそうに喘いだ。
オヤジはフェラを止めて僕にキスをすると僕の腰の上に跨がってきた。
そして僕のチンポを掴むと自分のアナルに当てて、ゆっくり挿入してきた。
僕のチンポがオヤジのケツマンコにすっぽり挿入され騎乗位になった。
オヤジはゆっくりと腰を動かしていたが僕はオヤジのケツマンコの締まりの良さに直ぐにタネがあがってきた。
そこで腰を自分からも突き上げてそのままフィニッシュまで持って行きオヤジのケツマンコの中にザーメンを発射してイッてしまった。
オヤジは腰を上げて僕のチンポを抜くとティッシュを取ってくれたのでザーメン塗れのチンポを拭くとオヤジはそのまま部屋を出ていった。
僕も浴衣を着ると部屋を出てシャワーを浴びて旅館を出た。
時計を見るとまだ20時25分で、たった30分のハッテンだったのでちょっと物足りなかった。

発展旅館で掘った

今日は13時頃にいつもの発展旅館に入った。
シャワーを浴びて寝待しているとすぐに一人の少し若めのオヤジが僕のところにきて股間のチンポを弄り始めた。
僕がチンポを勃起させているとオヤジは浴衣をめくって僕のチンポをしゃぶりだした。
しばらくフェラをしていたがそのうちにチンポを吐き出すと僕の腰に跨り騎乗位で自らチンポを挿入してきた。
そして一人で腰を振っていたが、さらに僕を引き起こすと座位になりキスをしてきた。
キスをしながらオヤジは「乳首をイジレ」と言うのでちょっと強めに弄ると「気持ちいい」と言いながらアナルをキュッと締め付けてきた。
次に一旦チンポを抜くとオヤジが仰向けになりアナルを見せるように両脚を抱え自らマン繰り返しの状態になると僕に正常位で掘らせた。
僕はオヤジのアナルに挿入して腰を振っていたが、オヤジが「イク時は顔面に掛けて」と言ってきたが、僕はまだあまりイク気がなかった。
そのまましばらく腰を振っていたがその内にオヤジが僕のチンポをアナルから抜かせると今度は僕のチンポを手コキをし始めた。
そして僕はそのまま手コキイカされてしまった。
オヤジは僕のお腹に溜まった僕のザーメンを拭くとそのまま部屋を出ていった。
旅館に入って30分もしないうちに抜かれてしまった。

発展旅館で久しぶりに掘られた

今日は久しぶりに発展旅館に行ってみた。
15時頃に入ってシャワーを浴びて2階のミックスルームを回っているとある部屋でガチムチタイプのオヤジがチンポを扱きながら寝ていた。
そこで近づいてオヤジのチンポを掴むといきなりしゃぶってあげた。
オヤジのチンポはみるみるうちに勃起してデカマラになりオヤジは「む〜、いいっ」と喘いでいたが、そのうちに僕の浴衣を脱がせると僕のチンポを掴んで扱きだした。
そして対面で座ると僕のチンポと乳首を弄りだした。
オヤジは良く日焼けをしていてガッシリと筋肉質な体格だった。
オヤジは僕を抱きしめながら「オマンコ見せてくれ」と言うので四つん這いになるとオヤジは僕の尻を広げてアナルを舐め、さらにローションをつけてアナルに指を挿入してきた。
僕はその違和感に耐えているとオヤジが「どうされたい?」と聞いてきた。
僕は「何でもいいよ」と言うと「セックスしよう。チンポを入れよう」と言うので「僕に入れるの?」と聞くと「いや、俺に入れる」と言うと僕を仰向けにさせて僕のチンポにローションを垂らしてきた。
そしてオヤジは騎乗位で腰を下ろすとオヤジのアナルに僕のチンポが挿入された。
そしとオヤジはゆっくりと腰を降り出したが、オヤジのアナルはキツキツだった。
しばらくオヤジは腰を振っていたが、突然アナルからチンポを抜いてしまった。
そして「一緒にイコう」と言い出したが「僕はまだイキたくない。ザーメン発射するところ見せて」と言うとオヤジは手コキをし始めた。
そして突然「イクッ」と叫ぶと亀頭の先からドロドロザーメンを吐き出した
僕はオヤジの腹の上に溜まったザーメンを指で伸ばすとザーメンの独特の生臭い臭いを嗅ぐとティッシュでザーメンを拭き取った。
そして次の部屋に行くとここでもチンポをしごいているオヤジがいた。
このオヤジのアナルには既にローションが既にたっぷり抜いてあった。
そこでアナルに指入れてチンポを扱きだすと、オヤジはヨガリ始めた。
そのうちに「口ですって」「もっと強く吸って」「手で扱いて」と注文を付けだしたが、手コキをしている最中に濃厚なザーメンを発射してイッてしまった。
次に別の部屋に行って見るとチンポや玉袋やヘソにたくさんのピアスをして、さらに股に刺青をしているオヤジが寝ていた。
‘これは真性のドMだな’と思いながら僕はオヤジのフニャチンを触ってみた。
するとオヤジのチンポは大小のピアスだらけ重かった。

続きを読む

久しぶりの発展サウナ

今日は前から行ってみたかったがもう何年も行っていない本当に久しぶりの発展サウナに行ってみた。(2回目)
あまりに久しぶりでちょっと場所に迷ったが、タブレットの地図を見ながら着くことが出来た。
13時10分くらいに入るとそこは激混みだった。
風呂に入って汗を流すと3階のミックスルームに行ってみた。
どこも寝る場所が無いほどの混みようでちょっと呆れ気味に部屋をうろついていた。
ほとんどの部屋は寝ているオヤジが中心だったが、それでもいくつかのカップルが出来てハッテンしていた。
そんなオヤジどもを見ながらスペースが出来るのを待っていると、しばらくしてから2段ベッドの下が空いたのでそこに入り混み寝待ちしていた。
そのうちにひとりのオヤジが僕に近づくと僕の太ももを触りだした。(オヤジの顔は暗くて見えなかった)
そしてさらに僕のチンポを摘んで軽く扱き始めた。
僕は小さく喘ぎだすとオヤジはパクリと勃起した僕のチンポをくわえてしゃぶり始めた。
オヤジの口の中は何故かひんやりと冷たくて気持ちよかった。
オヤジは丁寧に舌を使いながら僕のチンポをしゃぶっていた。
そのうちに僕の浴衣の下から手を伸ばして僕の両方の乳首を触りだした。
僕は感じてしまいついオヤジの両手を触り、さらに頭を触ってみるとオヤジの頭は坊主刈りのような超短髪だった。
オヤジは僕のチンポを咥えながら首を上下に動かし、だんだんそのスピードを速めていった。
僕はオヤジのフェラにタネが上がってくるのがわかり、小さく「イキそう」と囁いた。
するとオヤジはさらに上下に動くスピードを速めていった。
そして僕が「イクッ」と叫ぶとオヤジは僕の両手を押さえつけてチンポを触らせないようにした。
僕は身体を仰け反らせながらオヤジの口の中に大量のザーメンをドピュッドピュッと発射していた。
オヤジは一滴も漏らすまいと僕のチンポをくわえたまま、じっとザーメンが止まるのを待っていた。
そして十分ザーメンが出尽くしたと判断するとチンポを口から抜き取り、口を閉じたまま僕のザーメンを味わいつつ飲み込んだ。
その後、僕のチンポをタオルで丁寧に拭き取ると僕の手をポンポンと叩いて去って行った。
僕はヨロヨロと起き上がるとそのままロッカー室に降りて服を着ると発展サウナを出た。
14時30分くらいだった。

久しぶりに入った発展サウナだったが、こんなに混んでいるとは思わなかった。
ただ盛んなことがわかったので、また機会があれば行ってみたい。
続きを読む

初めて入った発展映画館

今日は初めての映画館に行ってみた。
17時30分頃に入ってみるとゲイの映画をやっていた。
館内は10人もおらずガラガラだった。
最初は後ろで立って見ていたが、そのうちに座席に座って見だした。
しかしまた立って見ていると30代後半から40代くらいのオヤジが近づいてきて僕の股間に手を伸ばしてチンポを触ってきた。
さらにジッパーを下ろしてパンツの上からチンポを触りだしたので、僕もオヤジのチンポをズボンの上から触った。
そのうちにオヤジが「席に座ろう」と言うので前の方の座席に座ってみた。
するとオヤジはまたパンツの上からチンポ触り出し、さらに僕のパンツを下ろすと生チンポをつかみだし、弄りだした。
っさらに僕のYシャツを捲り上げると乳首を舐め吸い出した。
僕もオヤジのチンポをズボンの上から揉んでいると、オヤジは自分からズボンを下ろしてパンツをずらすとチンポを出した。
オヤジはさらに僕の手を引っ張るので僕はオヤジの腰の上に覆い被さるようになるとオヤジのチンポをくわえてしゃぶりだした。
しばらくオヤジのチンポをしゃぶっていたが、体勢がキツくなって一旦チンポを吐き出し手コキにかえた。
しばらくするとオヤジはイキそうになったのか僕の手コキを止めさせた。
なのでまたフェラをすると、オヤジが「チンポは美味しいか?」と聞くのでしゃぶりながら頷いた。
フェラをしているとまたオヤジがフェラを止めさせるので顔を上げると今度は「トイレに行こう」と誘ってきた。
そこでオヤジと一緒にトイレに行くと個室に入った。
そしてオヤジが僕のズボンを下ろすとチンポを扱きはじめた。
さらに乳首を舐めだした。
オヤジは自分のズボンも下ろしたので僕がオヤジのチンポを掴むと手コキをしはじめた。
そのうちにオヤジが僕の手を下に引っ張るので僕はしゃがみ込むとオヤジのチンポをくわえた。
僕はオヤジの尻を掴むとチンポをしゃぶりだした。


続きを読む

発展旅館で濃密プレイ

今日は久しぶりに古びた発展旅館に行ってみた。
20時前に入り、シャワーを浴びて浴衣を着て2階に上がるとお客はほとんどいなかった。
ちょっとがっかりしながらも赤い照明の部屋に入ると一人のオヤジが全裸で寝そべっていた。
僕が近づきふにゃふにゃのチンポを触ると「もう立たないよ」と言った。
「もうイッちゃいました?」と聞くと「イッてはいないよ」と言った。
そこで「しゃぶっても良いですか?」と聞くと「良いよ」と言うので久しぶりのチンポをくわえてしゃぶりだすと「気持ちいいな」と言ってオヤジのチンポが堅くなってきた。
‘なんだ勃起するじゃん’と思いながらチンポをフェラしているといつの間にかオヤジのチンポをビンビンに堅くなっていた。
そのうちにオヤジが「君は何かして欲しくないのか?」と言うので「チンポをしゃぶらせてください」と言うと「君はしゃぶってもらわなくていいのか?」と言うので「あっ、しゃぶって欲しいです」と言うと「じゃぁ、お互いにしゃぶりあおう」と言うことになり69になった。
僕がオヤジの上になりチンポをしゃぶっているとオヤジは下から僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
オヤジのチンポをしゃぶりながらキンタマを揉んでいるとオヤジの股間に大量のヌルヌルが感じられた。
そこでオヤジのアナルを触ってみると、既にアナルはガバガバだった。
‘もしかしてこのオヤジは種壺か’と思って「もしかしていっぱい中だしされたんですか?」と聞くと「中だしなんかさせねえよ、さっきまでフィストファックしてたんだよ」と言った。
ああ、そうなんだと納得し「そうなんですか」と言ってまたチンポをしゃぶりながらアナルに指を入れると確かに3本指が楽々入った。
僕がアナルに指を入れているとオヤジが「試しにフィストファックしてみるか」と言うので「やらしてください」と答えると「じゃあこれ付けて」と医療用の薄い手袋を渡してくれた。
僕はそれを右手にはめるとたっぷりローションをつけ、オヤジもアナルにローションを追加して垂らすと僕は手をすぼめてゆっくりとアナルに挿入してみた。
すると親指の付け根を越えるとヌルリと手首まで吸い込まれた。
そこで指でお腹の壁をこするとオヤジは「あぁ気持ちいい〜」「また感じてきた」と言いだした。
僕はさらにオヤジのチンポをしゃぶろうとすると「フィストファックしてる時は勃たない」と言った。
「じゃぁ、射精しないんですか?」と僕が聞くと「ポタポタと垂れるように射精する」と言った。
しばらくアナルを刺激していたらオヤジが「もういい、十分感じた」と言うのでオヤジのアナルからスポンと手首を抜き手袋をゴミ箱に捨てた。
オヤジは「君はしゃぶってイカなくていいのか?」と言うので「いや、ちょっとビックリしているので良いです」と言うとそそくさと部屋を出た。続きを読む

久しぶりの発展映画館

ご無沙汰しています。管理人です。

更新しなくなってからもコンスタントに毎日400回程度のアクセスが続いていてビックリしています。
またコメントやメール等で発展系の記事を楽しみにされていた方が多いことがわかったので、発展系のプレイがあった時だけは公開しようと思い直し、今回アップしてみました。

--------------------------------------------------------

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
20時15分頃に映画館に入ると遅い時間帯からか比較的空いていた。(いつの間にか21時までの営業に変わっていた)
いつものように後ろの立ち見席にいくと女装子が2人のオヤジに責められていた。
僕は後ろの壁に寄りかかりその光景を眺めていたら30代くらいのメガネをかけたお兄さんがスルスルと僕に近づきいきなり僕のチンポを掴んだ。
僕はうつむきながらじっとしているとそのお兄さんは「美味しそう」と言いながら僕のズボンのチャックを下げてきた。
そして半勃起の僕のチンポを引っ張り出すと形をチェックするように弄りだした。
そのうちに僕のチンポはビンビンに堅くなってきた。
するとそれを見ていた通りすがりのオヤジが僕に近づいてきて僕のシャツの上から乳首を弄りだしてきた。
チンポを弄っていたお兄さんは僕の前に跪ついて僕のチンポをパクリとくわえてきた。
しかし僕のチンポは1日仕事をして蒸れて臭いのか、一旦口から吐き出すと床に唾を吐いた。
そして再びまた僕のチンポをしゃぶりだした。
乳首を弄っていたオヤジもだんだん大胆になり両手で僕の乳首を弄りだし、さらに僕のワイシャツのボタンを外してTシャツの上から乳首を弄りだした。
チンポをしゃぶっていたお兄さんはオヤジのチンポにもズボンの上から揉みだした。
僕もオヤジのズボンに少し手を延ばすとそれを見たお兄さんはチンポをしゃぶったまま僕の手をつかみオヤジのチンポに引き寄せた。
そこで僕はオヤジのズボンのチャックを下ろしてオヤジのチンポをパンツの上から揉みだした。
そうこうしているうちに久しぶりの男のフェラで僕はだんだんタネがあがってくるのがわかった。
そしてオヤジのパンツの下に手を突っ込み直接オヤジのチンポを触ったところで、僕は耐えられず「イク、イクッ」と小さく叫んだ。
続きを読む

発展映画館で手コキ

久しぶりに発展映画館に行ってみた。
11時30分過ぎに館内に入るとそこそこ客は入っていた。
いつものように後ろの立ち見スペースで壁に寄りかかって見ていると早速一人の年配サラリーマンがチラチラと僕の方を見ていた。
しかし僕に手をだしていいのかわからないようでなかなか近づけては来なかった。
そのうちにマスクをしたいかにも怪しげなオヤジが近づいてきて僕の股間を触ってきた。
僕が何もしないのがわかるとズボンのチャックを下げて僕のチンポを掴みだした。
すると年配サラリーマンも僕の方に近づいてきて僕のお尻を触りだした。
僕が二人に弄られているとさらにギャラリーが集まってきてそのうちの一人は年配のオヤジのチンポを扱きだした。
僕はズボンとパンツを下ろされ上半身はスーツで下半身をモロだしの状態になっていた。
僕のチンポを扱いていたマスクオヤジはいつの間にかしゃがみ込んでマスクを外し僕のチンポをしゃぶりだしていた。
年配のサラリーマンは自分のチンポを扱かれながらも僕の乳首に吸いついてきた。
僕はマスクオヤジにチンポをしゃぶられ、年配サラリーマンに乳首を吸われ、さらにもう一人のオヤジにも乳首を弄られていた。
僕は3人に責められて感じながらも年配サラリーマンのチンポを扱いていた。
すると年配サラリーマンは僕の尻に手を回しアナルに指を入れてきた。
そんなことをされているうちに僕はだんだんタネが上がってくるのがわかり、小さく「イキそう」と囁いた。
すると僕のチンポを扱いていたマスクオヤジが僕のチンポの下に手をだしてザーメンを受けるようにしたところで僕は溜まらずザーメンをピュッピュッと発射してしまった。
すると周りに僕のザーメンの匂いが漂ってきた。
マスクオヤジが「イッちゃった?」と聞くので僕が頷くとティッシュを探した。
僕も自分でティッシュを出すとザーメンでヌルヌルに濡れている亀頭を拭いた。
マスクオヤジも取り出したティッシュで僕のチンポを握りしめるように拭いた。
ティッシュにもザーメンの匂いが立ち込めていた。
僕はズボンを上げようとするとマスクオヤジが「ありがとう」と肩を叩いて行ってしまった。
僕もズボンをあげて身なりを整えると館内を出た。
年配サラリーマンは一人のオヤジにまだチンポを扱かれていた。

12時ちょうど頃に館内を出た。久しぶりの発展映画館だったが相変わらずの感じだった。
続きを読む

久々の発展トイレで外人のチンポをフェラ

今日は久しぶりにある地下鉄の発展トイレに行ってみた。
18時30分頃に着いたがいつの間にか改装されていてとても綺麗になっていた。
ただ以前のように発展できそうな雰囲気はなくなっており、‘今日はダメかな’と思って小便器で用を足していたら後ろで閉まっていた個室のトイレが開いた。
僕はその人が立ち去るのを待っていたがなかなか立ち去らないので‘もしかして’と思いながら自分のチンポをしごきだした。
するとやはりその男はさりげなく僕の後ろに近づいてきた。
そして僕がお仲間とわかるとまた個室に入り今度はドアを開けたままだった。
そこで僕は振り返り個室に入ろうと男の顔を見るとなんと若い外国人だった。(中東系?)
彼は茶色のダウンジャケットを着て、でかいキャスターを引いていた。
僕が個室に入るとその外国人はすっかりその気になっておりズボンのベルトを外してブリーフを見せていた。
僕は洋式便座に座るとズボンとブリーフを下げてて外人のチンポを露わにした。
外人にしては日本人と同じくらいの普通サイズで少し皮を被っていた。
僕はうなだれているそのチンポを掴むと皮を剥いて口にくわえてしゃぶりだした。
すると外人は僕の頭を掴んで軽く腰を振ってきた。
しゃぶっているうちに外人のチンポはみるみるうちに固く太く大きくなり、最後は全部口に入りきらない程の長さになった。
僕が外人のチンポをしゃぶっていると外人は僕のワイシャツの上から乳首を弄りだした。
そこで僕も外人のTシャツの下に手を挿入して彼の乳首を弄った。
そのうちに外人は僕の口からチンポを引き抜くと自分でチンポを扱きながら僕に玉袋を舐めさせたり、乳首を舐めさせたりしてきた。
そしてまた僕にチンポをくわえさせて僕がしゃぶりながら手を使って彼のチンポを扱くと僕の頭を押さえて腰を振りだした。
僕も外人のお尻を掴んで激しくチンポを扱いた。
そのうちに外人が僕の手を強く握ってくるのがわかった。
そしてチンポから先走りが出ているのか口の中が少ししょっぱくなってきた。
しばらくすると急に口の中がいがらっぽくなったと思ったら外人が僕の口からチンポを引き抜いた。
その拍子に口から白い液体がこぼれいつのまにか口の中に射精されていたことがわかった。(多分射精があまり勢いがなかったのと、ザーメンを発射しているときも腰を動かしていたので射精の瞬間がよくわからなかった)
続きを読む

久しぶりの発展サウナ

今日は本当に久しぶりにハッテンサウナに行ってみた。
17時50分くらいに入ると、結構人が入っていた。
早速服を脱いで風呂場に行き、身体を洗ってスチームサウナに入った。
真っ暗なサウナには先客が1名いて、また僕の後にも1名入ってきて3人で入っていたが、特に何も起こらなかった。
そしてしばらくして熱さに堪えかねてスチームサウナ室を出る時にあとから入ってきたガチムチオヤジがさわっと僕のお尻を撫でていった。
ちょっとドキドキしたが、その後ミックスルームに行くと、既に何組かのホモカップルが交尾していた。
しばらく彼らの交尾を見ながらチンポを半勃ちさせたあと、空いているミックスルームで横になった。
すると直ぐにオヤジがやってきて僕の横にしゃがむと僕の乳首を摘んできた。
僕が乳首を強く摘まれて「うっ」と喘ぐ反応を楽しむように何度も乳首を摘んできた。
その後、僕に覆い被さるようになると乳首を舐めてきた。
僕もそのオヤジのチンポを握ると軽くしごきだした。
するとオヤジも僕のチンポを扱きだした。
しばらく互いにのチンポを扱きあいながら抱き合っていたが、そのうちにオヤジが仰向けになった時に僕はオヤジのチンポを掴んでしゃぶりだした。
しかしオヤジは亀頭は敏感なのかさわらせない
仕方ないので竿やキンタマを舐めていた
さらにキンタマをもみ出した
しかしどんなに舐めても揉んでもオヤジの反応がないので、そのうちに飽きてきて別のオヤジが来てちょっかいを出してきた時にさっと引き上げた。
そして別のミックスルームに移ってまた寝待ちしていたら、早速メガネをしたキモオヤジがやってきた。
オヤジは最初に僕の乳首を弄っていたが、直ぐに掛けてあるバスタオル越しにチンポを弄りはじめ、そしてチンポがビンビンになったのを確認するとバスタオルを取って生でチンポを握ってきた。
そのままオヤジは僕の乳首を舐め始め、さらにキスをして舌を僕の口の中に入れてきた。
オヤジは盛んに「気持ちいいか?」と聞いてきた。
僕はそのたびに小さく頷いていたらオヤジは僕に抱きついてきて僕をギュッと抱きしめてきた。
そして「俺のものになれ」と言ってきた。
僕は反応に困っているとまた「良いだろう?、俺のものになれ」と言ってきた。
僕は‘雰囲気壊しちゃいけないよな、まぁいいか’と思いながら、また小さく頷いた。続きを読む

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
19時頃に映画館に入ると、それほど混雑はしていなかった。
後ろの立ち見席で手すりに寄りかかりながら見ていると、直ぐに2人オヤジが手を出してきた。
1人はチンポを揉み、もう1人は乳首をつまみキスをしてきた。
チンポを揉んでいたオヤジは僕のチンポをズボンからだして扱きだし、さらに汗臭い僕のチンポをしゃぶってきた。
そしてそのオヤジは僕の前に入り込みしゃがみ込んでチンポをしゃぶっていた。
また乳首を揉んでいるオヤジは僕の顎を掴むと盛んにキスを求めてきた。
チンポをしゃぶっているオヤジは僕のズボンとパンツを下ろすと下半身を露出させて僕のアナルを指で触ってきた。
そしてしばらくチンポをしゃぶりながらアナルを触っていたが、僕がなかなかイカなかったせいか、そのうちにいなくなってしまった。
そこで乳首を揉んでいたオヤジがキスをしながら、僕のチンポを扱きだしてきた。
そのオヤジは「格好いいね、スーツが似合ってるね、このまま持ち帰っていい?」と囁きながら僕の首筋の匂いを嗅いだり、キスをしてきた。
その後、オヤジは自分のチンポを出してきて僕に握らせてきた。
僕がオヤジのチンポを扱くと、オヤジのチンポからは大量の先走り汁が溢れてきた。
オヤジも僕はチンポを扱いているうちに、僕はイキそうになり「あっ、イキそう」と言うと、そのたびにオヤジは扱くのを止めて寸止めしてきた。
何度か寸止めさせさせられた後、僕が「イカせて…」と頼んでやっとイカせてくれた。
そして僕は立ったままチンポからザーメンを噴き上げて発射した。
その後僕はズボンとパンツを引き上げると少しふらつきながら映画館を出た。
まだ19時15分だった。

久しぶりに発展映画館に来たが、やっぱり速攻で抜かれてしまった。

久しぶりの発展場で掘った

今日は池袋で以前あった女の子からまたパンツとオシッコを買ったあと、久しぶりに発展場に行ってみた。
19時30分頃に店に入り2000円払ったあと、風呂場でシャワーを浴び、念のためアナルの中も洗っておいた。
しかし今日はいつもより人が少なく6人しかいないとのこと。
2階に上がってみると確かにどの部屋にも人がおらず、辛うじて一部屋で全裸の男2人が交尾しており、それを1人が見ていた。
仕方なく誰もいない部屋で寝待ちしていたが、誰も来てくれないので、また交尾している部屋に行ってみた。
すると今度は3人男が交尾しており、1人の男に対して2人の男が口とアナルを犯していた。
僕は羨ましそうにしばらく3Pを見ていたが、そのうちに見てるのも飽きてきたので隣の部屋で寝待ちしていた。
すると隣の部屋から犯されている大きな喘ぎ声が聞こえてきた。
そしてそのうちに喘ぎ声が叫び声のようになったかと思うと隣の部屋が静かになった。
僕は気になったのでまた隣の部屋に行って見ると。男は2人だけになっており、休憩していた。
僕はつまらなくなったので別の部屋にも覗きに行くと、青い電球の部屋で1人の男が仰向けで寝待ちしていた。(男の身長は普通で、ちょっとポッチャリしている。年は35歳くらいか)
僕は恐る恐る浴衣の上から股間を揉んでみた。
そして浴衣を捲ると、皮をかぶっている赤ちゃんのようなチンチンが露わになった。
そこでそのチンチンを口に含んで舐めると男はビクッとなった。
さらに浴衣をはだけて乳首も責めると小さく「アァ」と喘いだ。
そのうちに両脚が少しずつ開いてくるのがわかり、僕は包茎チンポをしゃぶりながら男のアナルに手をやってみた。
するとそこは既にローションでヌルヌルになっており、僕の指が楽々挿入できた。
そこで僕はさらにアナルに指を突っ込み、2本指でほぐしはじめた。
そしてそろそろ良いだろと思ったら枕元のゴムをチンポに装置し、正常位でチンポをアナルに挿入した。
僕のチンポはするりと入った。
男の両脚を高々とあげさらにマングリ返しにすると男のアナルの奥深くまでチンポを埋め込んだ。
しばらく僕は腰を振り続けると久しぶりの男を犯している状況に早くもタネがあがってきて、そのままフィニッシュした。
そしてチンポをアナルから抜くとザーメンがたっぷりと溜まったゴムを外してチンポをティッシュで拭くと男の浴衣を直して立ち上がり、自分はまた風呂場に向かい体を流した。
店を出たのは20時15分頃だった。

帰りにヤキトリを10本食べた。
続きを読む

久しぶりにトイレで発展

今日は久しぶりに掲示板で知り合った種壷野郎がある公園のトイレで募集していたので行ってみた。
20時ちょっと前にトイレに着くと一番奥の個室を3回ノックした。
するとトイレの鍵が開いたので個室に入ると以前見たことのある大人しそうなサラリーマンがいた。
彼は既にズボンを脱いでおり、そして女物のパンティを履いていた。(薄い緑色のシャーベットカラーでフリルがついていた)
彼は早速僕の前にしゃがみ込むと僕の股間を何度かさすったあと手に持っていたラッシュの小瓶を思いっきり吸いこんでいた。
僕がその間にズボンのベルトを外すと彼は僕のパンツを下ろしてチンポをパクリとくわえ、濃厚なフェラを始めた。
彼は僕のチン滓のついたくっさいチンポを美味しそうにじゅぼじゅぼと音を立ててしゃぶりまくっていた。
きっと今までに多くのチンポをしゃぶってきただけあってとても上手なフェラだった。
そしてたまに彼は僕のチンポを吐き出すと上目づかいで舌を出してペロペロと亀頭を舐めていた。
しばらく彼のフェラを堪能していたが、このまましゃぶられていると口の中に発射してしまうなと思ってコンドームを取り出していたら、彼がチンポを吐き出しフェラを止めた。
そこでフェラでビンビンになっているチンポにゴムをつけた。
すると彼はゴムの上からもフェラをしてきた。
そして彼が手に唾を付けると急に立ち上がり、唾をアナルにつけて湿らせると、パンティをずらして尻を突き出してきたので、僕はチンポの狙いを定めて彼のアナルにあてて腰を押し込みとチンポはヌルリといとも簡単に挿入された。
そして彼のくびれた腰を掴むと立ちバックの状態でパンパンとチンポを打ちつけ、彼のケツを犯した。
彼のアナルはヌルヌルしてなかなか良い締め付けだった。
彼はトイレの壁に両手と顔を押し付けてケツを突き出しながらアナルを掘られているのを感じているようだった。
5分もしないうちに僕はイキそうになり、「オラ、イクぞっ」と言うなりザーメンを発射した。
そして彼のアナルからチンポを抜き取ると彼は僕の方に向きをかえ、僕のチンポからゴムを取り外すと僕のザーメン入りのゴムを大切そうに床に置き、ザーメンの付いたチンポをまたしゃぶりだしお掃除フェラをしてくれた。
その時、トイレの外で人の声がしたので静かにズボンをあげて身支度をした。
そして小声で「今日は僕で何人目?」と聞くと指を3本立てた。
そして外の人影が消えたところで彼が個室のドアを開けてくれたので僕だけ先にトイレの個室を出た。
まだ20時15分頃だった。

久しぶりに男のケツを掘ったがなかなか締まりも良く気持ち良かった。続きを読む

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
1900円払って2階に行くと昔の古い映画館の時の2階と同様に女装子が4〜5人いた。
僕は席が広くて豪華な館内を進むと1人で座っていた女装子の横に座った。
女装子はかなり老けてはいたが上から下まで完全に女装していた。
そんな女装子に対して早速ストッキングの上から太ももを撫でてみた。
しかし女装子は嫌がらなかったので僕は股間の方までなで上げてみた。
そしてストッキングの下にある膨らみをゆっくりさすっていた。
僕のチンポもビンビンになっていたので、彼女の手をとって僕の股間に置くと彼女も僕のチンポを籾だしてくれた。
しばらく互いのチンポを揉んでいたが、そのうちに女装子のストッキングが先走り汁でしっとりと濡れてきた。
そこで僕はスカートをまくり上げると腰からストッキングを少し下ろして女装子のチンポを掴みだした。
そして生チンポを扱きだした。
女装子の生チンポはまだ柔らかくフニャフニャしていたが、僕が彼女の胸を露わにして乳首を摘みながらチンポを扱くと徐々に堅く勃起してきた。
そして彼女がうっとりと目を閉じてきたところで、僕は思いきって女装子のチンポをくわえてみた。
そして彼女のチンポをしゃぶりながら吸い上げると彼女は少しずつ息が荒くなり小さく「ハァハァ」と喘ぎだしてきた。
そのまま彼女がイクまでフェラしてあげようと思ったが、しばらくすると彼女が腰を引いてフェラを遮った。
そして何やら小声で言ったかと思うと微笑みながら席を立ってしまった。
もしかしてイクのが嫌だったのかなと思いながら、そのまま席に座ってポルノ映画を見ていると、1人のオヤジが僕の席の横に立ち僕のことをじっと見ていた。
良く見るとそのオヤジは僕が映画館の2階にあがる階段を登っていた時に2階から降りてきてすれ違いながら僕のことをじっと見ていたオヤジだった。
僕は「ついて来たんだ」と思いながら見ているとオヤジは僕の横に座ると、いきなり僕の股間に手を伸ばし、まだ勃起中の僕のチンポをズボンの上から扱きだした。
そして僕が抵抗しないとわかるとズボンのチャックを下ろしてビンビンチンポを掴みだした。
しばらく手コキで扱いていたが、そのうちに僕の耳元で小声で「トイレでしゃぶらせてくれないかな」と囁いてきた。
僕はどうしようかなと思っていたらもう一度囁いてきたので‘まぁいいか’と思い一緒に席をたった。続きを読む

駅のトイレで発展

今日は久しぶりにある駅の発展トイレに行ってみた。
朝9時15分頃にトイレに入ってみるとトイレの中は結構混雑していた。
僕はその中でお仲間と思われしきオヤジの右隣の小便器に立っているとやはり発展目的で来ていたようで僕の前でチンポを扱きだした。
ただ他人のオナニーを見にきたわけではないので、どうしようかなと思っていたら、僕の右隣に別のオヤジが並んだ。
ノンケかなと思って慌てて視線を自分のチンポに戻してオシッコをしているふりをしていたら、そのオヤジもオシッコはせずに自分のチンポを扱きだした。
お互いにお仲間と認識したところで僕の右隣のオヤジはサッと小便器から離れてしまった。
僕はどうしようかなと思ったが、その右隣にいたオヤジの方がガテン系でちょっとだけタイプだったので僕も小便器を離れた。
オヤジは洗面所の前で僕を待っていて、僕が来ると目で合図するように近くの空いている個室に入っていった。
僕もその後に続いて入るとと個室の鍵を閉めてバックを置くと早速オヤジが僕のシャツの上から乳首を触り始めた。
そして股間に手を伸ばし、既に半勃起している僕のチンポを確認すると、僕のズボンのベルトを外し、パンツと一緒に膝まで下ろしてしまった。
そしてオヤジは僕の前にしゃがみ込むと僕の勃起したチンポを下からしゃぶり、パクリとくわえてフェラをし始めた。
オヤジは僕のチンポをジュボジュボとしゃぶりながら、僕のワイシャツの中に手を伸ばして胸を触り始めた。
さらに股間の太股の内側や玉袋も舐めはじめた。
僕は久しぶりのオヤジのフェラに目を閉じて感じていた。
しばらくオヤジは美味しそうに僕のチンポをしゃぶっていたが、そのうちに手でも扱きはじめた。
僕はかなり溜まっていたのでオヤジの手コキで少しイキそうになってしまった。
そしてオヤジがまたチンポをくわえてフェラをしてきたところで僕はとうとうイキそうになりオヤジの頭を押さえると小声で「イキそう」と囁いた。
オヤジはチンポを吐き出すこともなく、フェラのスピードを上げて来たので、僕は「イクッ」と囁くと1週間溜まっていた大量のザーメンを久しぶりにオヤジの口に発射した。
何度も何度もチンポをビクンビクンさせながらザーメンを流し込んだかオヤジはそれを吐き出すこともなく口に溜めていた。
やっと僕の生臭いザーメンが出終わったところでオヤジは僕のザーメンを飲み込み、トイレットペーパーを巻き取ると僕のチンポを拭いてくれた。続きを読む

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
11時30分前に特選映画館に入るとそこそこ混んでいた。
既にアチコチでオヤジが別のオヤジのチンポをしゃぶっているのを見ながら、やっぱり特選は違うな、と思いながら後ろの立ち見席を横断して奥の横に立っていた。
しばらく館内を見回したりポルノ映画を見ていたら、やっぱりオヤジがどこからともなくやってきて、僕の股間を触りだした。
僕がそのままにしておくとオヤジは僕のズボンのチャックを下ろして手を突っ込むとビンビンになったチンポを掴みだしてきた。
そしてチンポをしごき始めた。
僕はオヤジの手コキに感じながら映画を見ていたら、ちょっと若めのお兄さんが僕の隣にやってきて、僕が手コキされているのを見ていた。
そして途中から僕の背後に手を伸ばして僕のお尻を触りはじめた。
それを見たオヤジはお兄さんの股間にも手を伸ばしお兄さんのチンポを掴みだしてきた。
そしてそのチンポを僕に掴ませるとまた僕のチンポをしごくのに専念してきた。
僕がお兄さんのチンポをしごいていると最初は小さかったチンポがムクムクと大きくなってきた。
そんなチンポの亀頭を親指でマッサージしているといつのまにかお兄さんとオヤジが僕のスーツのズボンを下ろしきて、下半身を裸にしてしまった。
そんな状態でチンポをしごかれているうちに、僕はイキそうになりオヤジに「イッちゃう」と言うと、「イケイケ」とオヤジはわざわざ他の観客にもチンポが見えるように僕の横に移りながらチンポを扱いた。
そしてオヤジとお兄さんは僕のチンポを注視している中で、僕はザーメンを発射し他の観客も見ている中でザーメンをボトボトと床に垂らした。
全部ザーメンが出るのを見届けるとお兄さんは場所を移りオヤジは濡れティッシュで僕のチンポを軽く拭いて去って行った。
僕はぐったりしながらもズボンとパンツを引き上げてヨロヨロと映画館を後にした。
時間は11時45分過ぎだった。続きを読む

映画館で発展

今日は久しぶりに成人映画館に寄ってみた。
19時35分頃にラスト1本の1000円割引中に入ると、お客は5〜6人といったところだった。
最初は大人しく座席に座ってポルノ映画を見ていたが、途中からズボンのチャックを開きチンポを出して扱いていた。
そして途中で館内の後ろにある喫煙所に入ると、一番後ろの席のオヤジが目で追ってきているのがわかった。
僕は喫煙所の中の席に座りまたチンポを出して一人で扱いていると、そのオヤジが少しずつ近いてきてドアのガラス窓から喫煙所の中の僕を見ていた。
僕がオヤジに見られていることに気づいてもチンポを扱くのを止めないことがわかると、オヤジは喫煙所のドアをあけて中に入って隣の席に座った。
そして僕のビンビンになったチンポの亀頭を触ると、扱き始めた。
僕が「アッ」とちょっと軽く喘ぐと、オヤジはチンポに顔を近づけパクリと僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕は「アアッ」と久しぶりのオヤジのフェラをしばらく堪能していたが、突然喫煙所の外で映画館の店員がうろついている気配に気づくとオヤジは急にフェラを止めて喫煙所を出て行ってしまった。
僕はちょっと残念に思いながらしばらく喫煙所に取り残されて座っていたが、そのうちに喫煙所を出て今度はトイレに向かった。
そしてあのオヤジがもしくは誰か来ないかなと思って待っていたがなかなか来ないので仕方なく座席でポルノ映画を見ながら自分で手コキしようかな、と思ったらさっきのオヤジがトイレに入ってきた。
そして僕の隣の小便器に立つと、むき出しの僕のチンポに手を伸ばし亀頭を触り始めた。
そこで僕がトイレの個室を指差して向かうと、付いてきた。
個室に入りドアを閉めると、オヤジは僕のチンポをちょっと扱くと、直ぐにしゃがみこんで口に咥えてしゃぶりだしてきた。
僕はズボンのベルトを外し、ズボンを下ろしてしゃぶりやすくしてあげると、オヤジは僕の睾丸を触りながらチンポをしゃぶっていた。
そしてしばらくオヤジは僕のチンポを咥えて頭を振りながらフェラをし、僕はその様子をずっとみていた。
その後、チンポを吐き出すと今度は手で扱き始めた。
僕は久しぶりのオヤジのフェラと手コキでイキそうになったので「もうイキそう」と言うと、オヤジは再びチンポを咥えてしゃぶりだした。
僕はそんなオヤジの口の中にとうとう大量のザーメンを発射してしまった。
オヤジはチンポから口を離さず吸いついてきたので僕はちょっと腰を引いてしまった。
そしてオヤジは最後の1滴までザーメンを吸いつくすと、口の中にザーメンを溜めたままさっさとトイレを出てしまった。(きっと飲んだのではないか)
僕もズボンをあげてトイレの個室を出ると、そのまま映画館を出た。
時間は20時10分頃になっていた。

久しぶりのハッテンだったがスッキリした。続きを読む

発展サウナで69

今日は久しぶりに発展サウナに行って見た。
20時前にサウナに入館すると、ロッカールームで全裸になり、風呂場に行った。
シャワーを浴びて汗を流すとミストサウナに入った。
僕が暗闇のミストサウナで腰掛けると、僕の後から続けて入ってきたオヤジが僕の前に座り、すぐさま僕の両脚を開かせてチンポを触ってきた。
そして右手で僕の亀頭を撫でながら左手で僕の手を掴み自分の股間に引き寄せてきた。
仕方なく僕もオヤジのチンポを掴むとそれは亀頭の雁こそ立派だっだがフニャフニャだった。オヤジは僕の勃起したチンポをしごきだしたので僕もオヤジのフニャチンを扱いた。
しばらく互いにチンポを扱いていたが、ミストサウナの中で暑くてのぼせそうになったので、オヤジには悪いが「暑くて我慢できない」と言ってミストサウナの部屋を出た。
そしてまたシャワーで汗を流すと風呂を出ると2階に上がりミックスルームを覗いていった。
そしてあるミックスルームでオヤジ共が全裸で絡んでいるのを見ていると背後から誰かが忍び寄り僕のお尻を腰に巻いたバスタオルの上から撫でてきた。
振り返って見るとかなり年のいったちょっと酒臭いキモオヤジが僕のケツを撫でていた。
僕が特に逃げないでいるとそのキモオヤジはいい気になって僕の肩を掴むと僕をしゃがみ込ませた。
また仕方なく僕は目の前にあるキモオヤジのだらんと垂れているチンポをくわえてしゃぶりだした。
するとオヤジは僕の頭を掴んで喉の奥までチンポを押し込んでいたが、そのうちに布団の上に横になると僕の腰に巻いてあったバスタオルを剥ぎ取り全裸にするとチンポをくわえさせたまま横になった。
僕はキモオヤジが仰向けになったのでキモオヤジのチンポを69の上になる体勢でしゃぶっていた。
キモオヤジも僕のチンポをくわえてしゃぶりだしていた。
しばらく口の中にキモオヤジのチンポを押し込まれしゃぶっていたが、そのうちに体勢を変えて僕の側にくるとキスをしてきた。
僕は‘やだな〜’と思いながらも舌を吸われていた。
そしてまたオヤジは僕にチンポをくわえさせると、今度はオヤジが69の上になり僕のチンポをしゃぶりだした。
僕も仰向けになってキモオヤジのチンポを口の中に押し込まれながら、オヤジのチンポをしゃぶっていた。
オヤジは長い間しゃぶっていたがそのうちに手コキに変わってきた。続きを読む

発展サウナで69

今日は久しぶりに発展サウナに行ってみた。
20時30分頃にサウナに入るとロッカールームで全裸になって風呂場に行った。
風呂場ではメガネをかけた仲本工事を太らせたようなキモオヤジが僕のことをじっと見ていたが、僕は無視してシャワーを浴びていた。
シャワーを浴びてサッパリすると2階のミックスルームに行った。
客は少なかったが何組かのカップルが抱き合っていた。
さらに3階のミックスルームに行った時、メガネをかけたオヤジがすれ違いざまに僕の股間を握ってきた。
そして‘ついて来い’と言う風に目配せをしてきたので僕はオヤジに着いて行った。
オヤジは2階のミックスルームの空いている部屋に入ると僕を横にさせて僕の乳首をいじくりだした。
僕もオヤジの乳首を摘んでいると、今度は僕のチンポを扱きながら抱きついてきた。
僕も抱きしめられながらオヤジのチンポを掴むと扱いていた。
するとオヤジは僕の股間に顔を近づけると僕のチンポをパクリとくわえてしゃぶりだした。
僕はオヤジのフェラを堪能しながらオヤジのチンポを扱いていた。
するとギャラリーの1人が僕5顔にチンポを近づけてきたので僕はそいつのチンポをくわえてフェラしてあげた。
そのオヤジは短髪でガッシリとした筋肉質な体格でチンポも長かった。
その長いチンポを僕の喉の奥まで突き刺すように腰を振ってきた。
さらに僕の頭を掴むと喉奥までチンポを突っ込んでは動かないようにした。
しばらくすると最初のオヤジがそれに気がつき僕を筋肉質オヤジから引き離すと僕を強く抱きしめさらにディープキスをしてきた。
そして今度は69になると相互にフェラし始めた。
しばらくはちょっかいを出していた筋肉質オヤジもそのうちに去っていった。
すると最初のオヤジはますます僕を強く抱きしめ、ディープキスをしてきた。
そして耳元で「気持ちいいかい、お風呂で見ていたんだよ」と囁いてきた。
良く見ると風呂場で僕をじっと見ていたキモオヤジだった。
しかしもはやオヤジは僕を離すことなくキスをしたり抱きついてきて耳元で「可愛いね、君みたいなのがタイプなんだよ」と言ってきていた。
そして何度も色んな体位で抱きしめられたあと、また69になった。
しかしオヤジのチンポは仮性包茎のフニャチンで皮が異常に長かった。
そんなオヤジのチンポを一生懸命しゃぶっていたが全然固くならないチンポに僕が「もう1回出しちゃった?」と聞くと「まだ」と返してきた。続きを読む

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
15時過ぎに入館してみたが、物凄い混雑ぶりだった。
あちこちでオヤジ達がキスをしたり、手コキをしたり、フェラをしていたりとハッテンしていて、僕のチンポもムクムクと勃起してきた。
そんな中でちょっと館内をウロウロしたあと、後ろの立ち見エリアの一画にスペースを見つけたのでそこでポルノ映画を見ていた。
すると5分もしないうちに背の低い50過ぎと思われるオヤジが近づいてきて僕の股間を掴んできた。
オヤジは僕のチンポをズボン越しに扱いていたが、そのうちにチャックを下ろしてチンポを掴みだした。
そして生チンポを手コキしながら僕のワイシャツをたくしあげて僕の乳首を吸い出した。
オヤジにしばらく手コキで責められていたが、そのうちに別のオヤジが近づいてきて僕の左手をとり自分のチンポに引き寄せてきた。
仕方ないので僕はそのオヤジのチンポを扱いていた。
チンポを扱き扱かれていたが、僕のチンポを扱いていた最初のオヤジは自分のバックからローションを取り出して、僕のチンポに掛けて扱きだした。
ローションのヌルヌルに僕のチンポは刺激が強すぎてちょっと腰を引き気味になった。
しかしオヤジは僕が感じているのと勘違いしたのか扱く手を緩めずに、乳首との両方を責め続けた。
そしてさらにオヤジは自分のバックから何やら道具を取り出すと僕のチンポに被せた。
最初はコンドームを被せようとしたのかと思ったが、よく見るとゴム製の大人のオモチャのようだった。
オヤジはそのオモチャ毎僕のチンポを扱きだした。
そして僕はとうとうイキそうになり、オヤジに「イキそう」と言ったがオヤジはそのオモチャを外すことなく扱き続けたため、僕は「イクッ」と小さく叫ぶと内股になりながらゴム製のオモチャの中に大量のザーメンを発射してしまった。
オヤジは僕が全てのザーメンを出し切るのを待つかのようにしばらくじっとしていたが、そのうちにゴム製のオモチャ慎重にチンポから外して、まるで僕のザーメンをこぼさないようビニールの袋の中にしまっていた。
しかしオモチャが取れた時にチンポの中にまだ残っていたザーメンの残り汁がピュッと飛んでしまった。
オヤジは自分のバックから濡れティッシュを2枚取り出すと僕のチンポに掛けてくれた。
僕は濡れティッシュでチンポを拭くと、身なりを整えて映画館を出た。
まだ16時前だった。
久しぶりの発展映画館だったがまぁまぁ満足した。

久しぶりの発展サウナ

今日は久しぶりに上野の発展サウナに行ってみた。
20時頃に入ってみると月曜日というのにそこそこ客がいた。
ロッカールームで服を脱ぎ風呂に行くと、割とガタイが良い40代後半と思えるオヤジがチラチラと僕を見ていた。
僕もまんざらでもなかったので誘うように目を見ながら風呂を上がるとついてきた。
そして体を拭いてバスタオルを巻いているとオヤジが近づいてきて、いきなりタオルの上からチンポを握ってきた。
すっかり勃起してしまった僕もオヤジのチンポを握り返した。
するとオヤジはついて来いというように手を動かし、一緒に2階のミックスルームに行った。
そして部屋に入るといきなり抱きついてきて押し倒された。
僕はオヤジに身体をぴったりと合わせるときつく抱きしめられ、オヤジはチンポを押しつけながら腰を振ってきた。
僕も両手をオヤジの背中に回して抱きしめてみた。
オヤジは僕の閉じた足にチンポを押し付け素股のように腰を振ってきた。
そして僕の乳首を摘まみ回した。
途中でオヤジは僕の上から身体を起こして下半身に移動するとチンポをパクリと咥えてフェラされた。
そこで僕もオヤジの股間に手を伸ばし、ビンビンになっているチンポをしごいた。
しばらくオヤジは僕のチンポを美味しそうにしゃぶり亀頭を唇で圧迫していたが、また仰向けになっている僕に被さりギュッとキツく抱きしめた。
そしてまた腰を押しつけてきたが、次は僕のチンポをオヤジのチンポを一緒に握りしめてしごき始めた。
しばらくしごかれたあと、今度は僕がオヤジの股間に顔をうずめてフェラをしはじめた。
そしてオヤジの顔を跨いで自分が上の69になった。
いつのまにか僕らの周りにはギャラリーが何人か来ていた。
僕は彼のチンポを美味しくしゃぶり亀頭をジュバジュバと唾を垂らしながら吸いついていたが、そのうちにオヤジ自身が手で自分のチンポをしごき始めたので僕は手からはみ出しているオヤジの亀頭を舐めていた。
すると突然オヤジの手が止まったかと思うと亀頭の先からザーメンがトロリ、トロリと垂れてきた。
僕は思わずそのザーメンを手にとりカルキ臭い匂いを嗅ぐとオヤジの体に塗りたくりまた顔を近づけて匂いを嗅いだ。
彼はまだ僕のチンポを右手でしごきながら、左手でティッシュとって自分のザーメンを拭いていた。
そのうちにギャラリーの一人が僕の乳首をつまんできた。
そして僕の顔に股関のチンポを近づけてきた。
僕は思わずチンポをしゃぶっていた。
ザーメンを発射したオヤジは身体を拭くとすぐにいなくなったので、今度は僕はそのギャラリーのオヤジとプレイとなった。
その新しいオヤジは僕の乳首をキツくつねりあげ、その間一生懸命僕はチンポをしゃぶっていた。
そのうちにオヤジが僕のお尻に手を回し、僕のアナルに指を入れようとした。
僕はアナルに力を入れて指が入らないように塞ぎながらひたすらしゃぶっていた。
オヤジは「しゃぶるの好きか」と聞くので頷くと、「ケツは感じるのか」と聞くので「まだ経験ないです」と言うと「そりゃ残念だな」と言いながらまたケツに指を入れようとした。
そして今度はアナルと中指に唾をたっぷりつけてアナルに指をあてると、とうとうアナルの奥深くまでヌルッと挿入してしまった。
僕はしゃぶるのをやめて「ウッ」と言いながら背筋をピンとして耐えた。
オヤジは一旦入った指をアナルの中でグリグリかき回した。
そして違和感に耐えている僕の顎を掴み、品定めをするようにゆっくり動かすと「なかなかイイ男だな、ケツにぶち込みてえな」と言ってきた。
僕はアナルにオヤジのデカチンポを入れられないようにオヤジのチンポを手でしごき早くオヤジのザーメンを出させようとしたが、オヤジは僕のアナルをかき回している時にギャラリーが沢山集まって来たところでポンポンと僕の肩を叩いて去ってしまった。

オヤジが去っていた後、僕は座った状態でちょっとホッとしていたら、ギャラリーで見ていたオヤジが‘待ってました’とばかりに僕に抱きついて来てキスをしてきた。
そのオヤジは随分積極的で僕を座った状態でキツく抱きしめながら顔を舐め、キスを押し付けてくるので僕はだんだん後ろに仰け反ってきた。続きを読む

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野のハッテン映画館に行ってみた。
17時過ぎに入館してみたが、そこそこ賑わっていた。
いつものように後ろの立ち見席に行き、壁に寄りかかった瞬間に2人オヤジが寄ってきて、僕の股間と乳首をいじってきた。
そのうち股間を触っていたオヤジはすぐに立ち去ったが乳首をいじっていたオヤジは、そのうちに股間も揉みはじめ、さらに顔を摘んだり乳首を捻りあげたりしていた。
しかしそのオヤジもまた去ったところで別のオヤジがやってきてそいつは股間のファスナーを開けると僕の半勃起状態のチンポをつまみ出し、ローションをつけてしごきだした。
しかし5分程しごいていたかと思うと、そのオヤジも去っていった。
すると今度は隣でみていたリーマンが僕のケツを揉みだし、さらにチンポをしごきだした。
そのリーマンは僕のズボンのベルトを外すと下着を下ろし、直接アナルを指で責めたてた。
そしてさらにポケットからローションを出すと自分の指にたっぷりつけてそのまま僕のアナルに塗り込むとグイッとアナルへ指を挿入してきた。
そしてアナルの奥深くまで指を入れ込みながら僕のチンポをしごいていた。
周りにギャラリーが集まりはじめた頃、リーマンは僕を壁側に向かせると自分のチンポにローションを塗って、僕のケツを両手で広げてきた。
僕が「無理だよ」と言うと「当てるだけ」と言いながらローションの付いたチンポをグッと押し付けてきた。
どうみても挿入させようとしていることはミエミエだったが、僕はリーマンが諦めるのを待っていた。
3〜4回試みたあと流石に諦めて自分のチンポを僕のアナルに押し付けたまま僕のチンポをしごきだした。
僕はちょっと可哀想になったのでそのリーマンのチンポを掴むと、リーマンの前にしゃがみ込みリーマンのチンポをしゃぶってあげた。
しばらくフェラっていたがそのうちにリーマンは僕の頭を抑えこんで腰を前に突き出すような動きをしてきた。
もうすぐイキそうなのかなと思いながらフェラを続けていたら急にリーマンのチンポが萎えてきた。
もしかしてイったのかなと思ったが口の中にはザーメンの生臭い液体も臭いもなかった。
(結局イかなかったのか、既に一度ザーメンを出したばかりで少なかったのかもしれない)
そのリーマンはそそくさとズボンを上げると立ち去った。
リーマンがいなくなるとギャラリーから2人のオヤジが直ぐに近寄って来て僕のチンポと乳首を責め始めた。続きを読む

リニューアルの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
先週リニューアルオープンしたばかりで期待して行ってみた。
18時50分頃に映画館に着くと綺麗な外観にワクワクしながら2階の特選に入った。(以前の名画座があった場所)
さすがに出来たばかりで綺麗なフロアだったが観客は以前の上野地下のような感じだった。
(以前は館内で良く見かけた女装子もフロアにいた)
館内に入るとさすがに上野地下が閉鎖されてからここに流れてきた常連さんと思われる客で、いつものように後ろの立ち見席で盛んにハッテンしているカップルが見えた。
しかし席もフロアの壁も新築同様でとても綺麗だった。
僕はいつものように後ろの立ち見席に行きます壁際に寄りかかるようにポルノ映画を見ていた。
しかし以前の上野地下であればそれこそ扉を開けて中に入ると壁際にたどり着く前にいろんな手が伸びてきて、チンポを掴み出されて扱かれることが多かったが、今回の特選映画館ではまだ様子見の状態なのか寄りかかったまま映画を見ていても、しばらく誰も触りには来なかった。
それでも10分くらいすると一人の老人がやってきて僕の太ももやチンポを触り始めた。
しかし何故かまた離れて行った。
次にまた別のオヤジがやってきて、今度は僕のチンポを掴みだし、ワイシャツをたくしあげると乳首を吸い始めた。
僕はチンポをしごかれて感じていたが、ポルノ映画の上映が終わってしまったようで館内が明るくなると同時に去っていった。
そしてまた館内が暗くなり最後の回が始まったので、そのまま15分くらい壁に寄りかかって映画を見ていてら、今度は50過ぎのリーマンらしきオヤジがやってきた。
オヤジは僕の股間に触るとズボンの上からチンポを弄り始めた。
そしてワイシャツのボタンをひとつひとつ外すとTシャツをたくしあげて乳首を吸い始めた。
僕もさりげなくオヤジの股間に手を伸ばし、チンポをズボンの上から扱いていたが、さらにチャックをあけてオヤジのチンポを掴みだして、直接しごきだした。
オヤジのチンポは最初は半勃起状態だったが、しごいているうちにビンビンになり、そのうち我慢汁を亀頭から溢れさせてきた。
オヤジも僕のズボンのチャックを下ろすとビンビンになっている僕のチンポを掴みだし、さらにはズボンのベルトを外して、パンツ毎したに下ろしてしまった。
僕は映画館の中で下半身むき出しのままオヤジにチンポをしごかれて、さらに乳首を吸われていた。続きを読む

発展サウナで乱交

今日は久しぶりに発展サウナに行ってみた。
18時50分くらいに入ってからロッカーで服を脱ぎ、風呂に入って体を丁寧に綺麗にすると2階3階のミックスルームをうろついて誰か激しく交尾をしていないか探して見たが、残念ながら期待にそうような交尾をしている男はいなかった。
そこで仕方なく3階の部屋でバスタオルを腰に掛けて寝待ちをしていると10分もしないうちに頭の毛が薄くなってきているちょっとキモいオヤジが寄って来て僕のチンポをさすりはじめた。
しかし誰専の僕のチンポは直ぐにムクムクと大きくなり、キモオヤジは気を良くしたのかバスタオルを剥ぎ取ると僕に抱きついてきてディープキスをしてきた。
そして乳首を撫でながら「気持ち良いか」と聞くので「気持ち良い」と答えると「よーし」と言いながら満足そうだった。(この会話はその後何度も繰り返された)
次に僕の下半身に移動すると僕のチンポを咥えてしゃぶりはじめた。
僕は「うっ」と快感を味わっているとさらにそのまま僕の両足をあげてアナルを舐めてきた。
しばらくチングリ返しでアナル舐められた後、今度は69になり僕もオヤジのチンポを舐めさせられた。
しかしキモオヤジは既に一度発射していたため、いくらチンポをしゃぶってもフニャフニャだった。
それからオヤジは69から体勢を戻すと座位になって僕をきつく抱擁してまたディープキスをした。
そして「可愛いな」といいながらまだディープキスしてきた。
その間に何人かのギャラリーが立ち止まって僕たち2人を眺めていたが、ギャラリーが僕に手を出してくるとオヤジは振り払うように邪魔をして僕を独占していた。
そしてギャラリーに見せつけるように僕の両足を高くあげチングリ返しにするとアナルを舐め、さらに肛門を広げながら舌を中に挿入してきた。
舌で僕のアナルの中を舐めまわしたあとは、今度はアナルに何度も唾を垂らしながらぐいッと指を挿入してきた。(本当はチンポを挿入したいんだろうが、一度イっているせいかずっとフニャチンのままだった)
キモオヤジは僕のアナルの奥深くまで指を挿入すると「根元まで入ったよ」と得意げに言いながら何度か動かすとまた抜いた。
2時間くらいディープキスと抱擁、乳首とアナル舐めやフェラで責められたが、キモオヤジは自分がイッたり僕をイカせるつもりがあるのかないのかよくわからないまま同じことを繰り返し、何度も「可愛いな」と言いながら抱きしめてディープキスばかりしてくるばかりで次第につまらなくなってきたので隙をみて逃げ出した。
しばらくミックスルームを徘徊したり、寝待ちして別のオヤジが来るのを待っていたが、誰とも会うことができず「今日は駄目かな」と思いながら諦めかけていた。
そんなとき3階の部屋で交尾しているオヤジ見つけたのでうらやましく2人をみていたら、さっき僕がキモオヤジに責められている時にギャラリーで来ていたガチオヤジが近づいてきて、僕のチンポを撫ではじめてきた。
そして「あのオヤジとは終わったの」と聞いてくるので「うん」とうなづくと、僕の手を握って空いている部屋に連れていかれてそこで抱きあった。
ガチオヤジのチンポはビックリするくらい太いデカマラで片手で握るとやっと指が回る程度で、さらにビンビンに堅くなっていた。
僕は嬉しくなり今度は僕から積極的にチンポをくわえて舐めはじめた。
口を大きく開いて歯をたてないようにしゃぶるとガチオヤジは気持ちが良いようで「うぉー、うぉー」と喘いでいた。
そして「さっきは責められるばかりかと思っていたけど、責めてもくれるんだ」と言いながら僕の頭を掴み股間に押しつけた。
しかしガチオヤジはちょっとイキそうになったのか僕の顔持ち上げフェラを止めさせると、ガチオヤジの胸に持ってきて僕に乳首を舐めるように促した。
そこで僕はガチオヤジの乳首を舐め、さらにガチオヤジとディープキスをした。
すると、ガチオヤジ以外に誰かが僕のチンポを扱いているのがわかった。(ガチオヤジの両手が僕の背中にあるのに誰かがチンポを扱いている)
しかし僕はそれをほっといてオヤジの乳首を舐めたり、キスをしながらデカマラを手で扱いていたらチンポを触っていた奴が突然アナルにローションを塗ってきた。
「!」と驚いているとさらにそいつはアナルに指を入れてきた。
ガチオヤジは別の誰かが僕のアナルを弄っていることを知っているようで「ケツは感じるのか」「ケツがチンポを欲しがってるんだろ」等と言ってきた。
僕は‘もしこのままガチオヤジのデカマラを入れられたら絶対にアナルが壊れちゃう’と思った僕は「そんなことないです」と囁いた。
そして入れられたら困ると思って「また口でさせてください」と言ってガチオヤジのデカマラをくわえてフェラし始めた。続きを読む

映画館で5P

今日も上野の地下に18時30分頃に入った。
いつものように後ろの立ち見席まで行ったが人が多くて居場所がなかったので奥横の壁際にたっていた。
するとすぐに割と若い兄ちゃんが近寄って来て僕の股間に手を伸ばしてきた。
そしてチャックを下ろして僕のチンポをむき出しにすると手コキをしてきた。
そしてワイシャツの上から乳首を抓りながら責めてきた。
しばらく僕を責めていたが頭を下に押されたので僕はしゃがみ込んでその兄ちゃんのチンポをくわえた。
そのままフェラさせられていたが、しばらくするとまた立たされて今度はディープキスとまた乳首責めをされた。
そして兄ちゃんが「このままホテルに行こう」と誘われたが断ると「じゃあ明日のこの時間に待ってる」と言われてまた頭を押し下げられフェラをしていたが途中で僕の頭を固定してイマラチオ状態になった。
そのまま僕の口マンでチンポを抜き差ししていたが、途中でチンポを挿入したまま腰の動きが止まると亀頭から苦いザーメンがピューッと発射され、兄ちゃんのチンポの尿道がビクンビクン動くのがわかった。
最後の一滴まで僕の口にザーメンを出すとその兄ちゃんはチンポを抜いて去って行った。
僕は口の中の生臭いザーメンを吐き出して呆然としながらヨロヨロと立ち上がり服を整えていると、周りで見ていたギャラリーが一斉に僕に襲いかかり今度は僕が4人に責められた。
1人の割と若めの兄ちゃんにはいきなりフェラされて、2人のオヤジが僕の手をつかんで自分のチンポを掴ませるので僕はそのオヤジ達のチンポをしごき(そのうちの1人は僕のアナルに指を挿入し、アナルをかき回してきた)、さらにもう1人のオヤジには乳首を責められた。
僕は4人同時の責めに小さく喘ぎ声をあげながら悶えていたがそのうちに我慢できなくなって「イっちゃう」と囁き、内股になりながらフェラしている兄ちゃんの口の中に大量のザーメンを発射した。
兄ちゃんはザーメンを搾り取るように僕のチンポに吸い付き、しばらくしてからチンポから口を外した。
そして僕はまたヨロヨロと服を整えてそこを立ち去った。
立ち去る時にフェラしてくれた兄ちゃんを見たら僕が手コキしていたオヤジのチンポをくわえていた。
久しぶりに発展映画館での濃い体験だった。

トイレでハッテン

今日は久しぶりに掲示板で募集していた発展トイレに行ってみた。
20時30分頃にトイレに着くと、一番奥の個室だけ閉まっていた。
合図のノックをすると扉が開き、中には大人しそうなサラリーマンがワイシャツとダウンジャケットを着て、腰にはブランケットのようなものを巻いて立っていた。
今日は何人の相手をしたかと聞いてみると既に8人相手にしたとのこと。
僕は早速ズボンのベルトを外して下着も一緒に膝まで下げるとそのリーマンはすぐに僕のチンポをしゃぶり始めた。
そしてフェラで僕のチンポがフル勃起したところでラッシュの小瓶を取り出して思いっきり吸い込んでいた。
彼は5分近くチンポをしゃぶっていたが、そのうちにチンポを吐き出して立ち上がるとケツをまくって僕の方に突き出してきた。
そこで彼のアナルに指を突っ込んでみると今までのザーメンのせいかヌルヌルになっていた。
僕はフル勃起したチンポを彼のアナルに当てるとそのままヌルッと挿入した。
そしてバックからケツマンコを掘りあげた。
彼は僕が腰を振るたびに「アッアッ」と喘いでいた。
ケツマンコでチンポを挿入して3分程度たったところでイキそうになり、彼に「イクよっ」と伝えると6日分のザーメンをかれのケツマンコの中にドピュッドピュッと発射した。
しばらくそのままの体勢で余韻に浸っていたが、トイレの個室の外にも誰かの気配がしてきたので、ケツマンコからチンポを引き抜くと、そのリーマンにチンポを舌でキレイにしゃぶってもらい、さらにティッシュで拭いて貰った。
そしてズボンを上げると個室の外に出た。
時間としては10分程度だったと思う。
久しぶりのケツマンコだった。続きを読む

久しぶりに発展サウナ

今日は久しぶりに上野の発展サウナに行ってみた。
19時過ぎに入ってみると結構混雑しているようだった。
早速服を脱いで全裸になるとバスタオルを巻いて風呂に行き、簡単に体を洗うと2階のミックスルームに行った。
そして盛っていそうな部屋に入り全裸のオヤジ2人が69で絡んでいるのを見ていると、一緒に見ていたギャラリーの一人で40過ぎのオヤジがじっと僕のことを見つめるといきなり股間に手をだしてきて僕のチンポを触ってきた。
僕が何も抵抗せずにさるるがままで立っているとオヤジは僕の肩を叩いて‘ついて来い’と言う感じで目配せしてきた。
僕はオヤジの後をついていくと、空いているミックスルームに入りベッドの上に横になった。
そして全裸の僕をいきなり強く抱きしめるとディープキスをしてきた。
そのオヤジは僕の舌をとても強く吸い付いて長い間唇を奪われていた。
そして僕のチンポを手で扱きはじめた。
オヤジは僕のことが気に入ったようで何度もディープキスをしたり体を抱きしめながら、「気持ちいいか?えぇっ」と聞いてきた。
そして今度は僕のチンポに吸い付きフェラをしてきた。
オヤジはフェラの時もチンポや玉袋を強く吸い付いて来たので少し痛かった。
オヤジがフェラを止めると今度は僕の頭を下半身に押し付けてきたので僕はオヤジのチンポをしゃぶった。
オヤジのチンポは包茎でかなり皮が長かったが皮を舌で剥きながらしゃぶった。
そうやってオヤジとキスをしたりフェラをしているとギャラリーが何人も集まってきた。
そのうちの一人が手をだしてきて、絡んでいる僕とオヤジの乳首やチンポをいじりはじめた。
するとオヤジはそのギャラリーが僕に手をださせないように何度も体勢をいれかえてきた。
しかしギャラリーの連中もしつこく僕のチンポやアナルを触ってきた。
そのうちにオヤジも諦めたようでギャラリーは無視して僕を強く抱きしめたり、ディープキスで舌を強く吸いつかれたり互いにフェラをしていた。
そのうちにギャラリーもいなくなったが、僕もだんだんこのオヤジとの単調なプレイに飽きてきて結局どちらもイクことがないまま別れてしまった。
オヤジが立ち去った後、部屋を変えてしばらく寝待ちしていたら、50過ぎと思われる痩せ形なのに筋肉が盛り上がっているガチのオヤジがやって来た。
オヤジは仰向けになっている僕のチンポを優しく触って半勃起の状態にすると覆い被さってきた。続きを読む

発展映画館で濃厚フェラ

今日は18時40分頃に上野の地下に行った。
相変わらず混雑はしていたが後ろの立ち見席にはまだ余裕があった。
いつものように立ち見席に近づき、さらに奥に行こうとしたところで、一人に手を握られてまたもう一人にも股間を弄られていた。
今回はやけにアプローチが早いなと思いながらそのままにしていると股間を弄っていたオヤジは僕のチンポを引きずり出して扱き始め、手を握っていたオヤジは自分のチンポを僕に握らせた。
しばらくそのままにしていたが、ギャラリーが増えて来て場所が狭くなってきたので立ち見席から更に奥のスペースに移った。
そしてそこでオヤジのチンポを握っていたらそのオヤジが僕の頭を押さえつけてチンポをしゃぶらせようと近づけてきた。
仕方ないので中腰になってそのオヤジのチンポを口にくわえてフェラチオをし始めた。
するとギャラリーの中で帽子を被った少し若めの青年が僕の前にしゃがみ込み僕の中腰の股を開いて半勃起のチンポを掴みだしパックリとくわえてきた。
さらに別のオヤジが自分のチンポを出してきて僕に握らせた。
僕はチンポをくわえられながらフェラと手コキをしていた。
しばらくすると僕がフェラをしていたオヤジが腰を突き出すと僕の口の中に生臭いザーメンをタップリ放出してきた。
僕は突然でちょっと驚いていたら発射したオヤジの隣にいたリーマンが僕の頭を掴むとそのままチンポを押し込まれてしまった。
僕は放出されたザーメンを吐き出すことも出来ずに口に溜めたままそのリーマンのチンポをフェラしていた。
良く見るとさらにもう1人オヤジもチンポを出して待ち構えているのがわかった。
僕は2人目のリーマンのチンポをしゃぶっていたら、そのリーマンはイキそうになったのか途中でチンポを引き抜いた。
僕はその間に口の中に溜まっていた生臭いザーメンを地面に吐き出した。
すると今度は僕が手コキをしていたオヤジが僕の頭を掴んでチンポを近づけてきた。
僕はちょっと向きを変えてそのオヤジのチンポをしゃぶらされながらリーマンのチンポを手コキしていた。(その間も帽子を被った青年は僕のチンポをしゃぶっていた)
そのオヤジはすぐにイキそうになったようで少しだけザーメンを口の中に垂らしてはチンポを抜いた。
するとさっきのリーマンがまた僕の頭を掴んでチンポを口の中に押し込んできた。
僕はまたしても体の向きを変えてリーマンのチンポをしゃぶっていた。
続きを読む

またまた発展映画館

久しぶりにまた発展映画館に行ってみた。
19時過ぎに館内に入ると、相変わらずあちこちでオヤジ同士がチンポを扱かれていた。
いつものように後ろの立ち見席に行って、壁際に寄りかかりながらポルノ映画を見ていると、隣でオヤジのチンポを扱いて射精させたばかりのオヤジが俺の前に立ち、ズボンの上からチンポを揉み始めた。
オヤジは僕の目を見つめながらYシャツのボタンを一つ一つ外していき、YシャツとTシャツを捲りあげると僕の乳首を甘噛みし始めた。
そしてズボンのベルトを外すとパンツごと一緒にずりおろして、僕のチンポを扱き始めた。
オヤジは俺の左の乳首を噛みながら何度も手に唾をつけて俺のチンポに垂らして扱いていたところ、さらに2人オヤジが近づいてきた。
その2人オヤジも僕の右の乳首と金玉を摘まんだり揉みながら責めてきた。
僕は3人のオヤジに壁に押し付けられたまま皆の見ている前で両乳首を摘ままれ、チンコを扱かれていた。
そして最初に僕を責めていたオヤジが2本の指をゆっくりと僕の口に近づけて、口の中に挿入してきた。
さらに後からきたオヤジの一人が僕の右手を取って自分のチンポを持ってきたので仕方なくそのオヤジのチンポを掴んで扱いてあげた。
両乳首とチンポを責められ、口に指を2本咥えさせられ、オヤジのチンポを扱いている状態で5分ほど責められていたが、その刺激にたまらなくなってオヤジ達に「イキそう」と伝えるとオヤジたちは僕のチンポを扱きながらも僕の前を離れて、周りの皆に僕がザーメンを発射するところを良く見えるように移動した。
そして僕は顔をうつむいたまま「イクッ」と小さく叫ぶとチンコから大量の白いザーメンを皆の前で発射した。
さらに発射したザーメンは僕のチンポを扱いていたオヤジの手にもべっとりとかかってしまった。
チンポを扱いてくれてたオヤジはポケットから濡れティッシュを出してきて僕のチンポを拭いて、手に付いたザーメンは舐めていた。
僕はそのままズボンを上げるとよろつきながら映画館を出た。

久しぶりの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
既に19時30分を過ぎておりピークの混雑は過ぎていたが、それでも中はほぼ満員だった。
館内では最後の上映を行っていたが、後方の立ち見エリアでは何人もの男が下半身を裸にされてチンポを扱かれたりしゃぶられていた。
僕も後方の立ち見エリアの奥に行くと最後列の座席で座っている男が隣の男にチンポをしゃぶられていた。
僕はすっかり股間を膨らませていたが、最初のうちは僕がノンケに見えたのか周りのオヤジどもは少し様子見のようだった。
しかし僕が周りのハッテンプレイを見ても何も動じないのを見てお仲間とわかったのか早速2人のオヤジが同時に手を出してきた。
一人は僕の股間を撫でながら直ぐにジッパーを下ろして勃起したチンポを引っ張り出して扱いたり亀頭を撫で始めた。
(そのうちにズボンを下ろして下半身丸出しにされてしまった)
もう一人はワイシャツのボタンを全て外してTシャツを捲り上げ、僕の乳首に吸い付いてきた。
そのまま2人のオヤジにチンポと乳首を責められながら僕はスクリーンの中で女性がバックから犯されているのを見ていた。
そのうちにチンポを扱いいたオヤジも乳首を吸い始めて、2人のオヤジに両乳首を吸われながらチンポを責められていた。
僕もだんだん興奮してきて最初に僕の乳首を吸っていたオヤジの股間に手を延ばすとチャックを下ろして下着の中に手を入れてオヤジのチンポを揉みだした。
するとムクムクとオヤジのチンポが勃起してくるのがわかった。
僕はますます興奮して僕のチンポ扱いているオヤジに「ダメ、イっちゃうよ」と小声で伝えると、オヤジは一旦しごくのを止めてくれた。
でも、またすぐに扱き始ると、僕は勃起したオヤジのチンポを触りながら両乳首を吸われて、下半身裸でみんなの前に晒されているシチュエーションに興奮してまたイキそうになり2人のオヤジに「イクッ、イっちゃうよ」と言うと今度は益々チンポを早く扱き始めて乳首を吸うのを止めて僕がザーメンを発射する瞬間を見届けようとした。
結局僕は「出ちゃう」て言いながら少し腰を引き気味にして大量のザーメンを発射し、チンポを扱いていたオヤジの手をザーメンまみれにした。
僕はザーメンを出し切るとズボンをあげた。
すると僕にザーメンを手にぶっかけられたオヤジはそのザーメンをこぼさないようにしながら離れていった。
僕は少し放心状態になりながらヨロヨロとあるいて館内を出た。続きを読む

発展トイレでフェラ

今日はサイトの掲示板で募集していたある地下鉄のトイレに行ってみた。
20時過ぎにトイレに着いたが、入れ替わりでリーマンが出て行っただけで誰もいなかった。
もう帰ったかな、と思ってたがしばらく小便器の前に立っていたらちょっと若めの大人しそうなリーマンが入ってきた。
彼は僕の方をチラッと見ると僕からちょっと離れた小便器に向かったがなんとなくお仲間を探しているような雰囲気を感じた。
そこでずっと小便器の前に立っていると彼も特に用を足しているようには見えなかったのでほぼ確信してチンポをしごいて勃起させると彼に見えるようにした。
彼はそれをガン見しながら彼も少し大きくなったチンポを見せてきた。
そこで僕は小便器の後ろに空いている洋式の個室に誘うように入ると彼も続いて入ってきた。
僕は洋式の便器に座ると直ぐに彼のズボンを下ろし始めた。
彼はブリーフを履いていたが少し勃起していたチンポが浮かび上がっていた。
僕は彼のブリーフを下ろすと半勃起状態のチンポを右手で掴むと口に咥えてしゃぶった。
すると彼のチンポはムクムクと大きくなっていった。
僕は大きくなった彼のチンポの亀頭を舐めまわすようにしゃぶり、またそのまま裏筋にも吸いつきながら彼の裏玉を手で撫でた。
彼は弱々しい顔でうっとりしていたが、そのうち僕のシャツを捲りあげ僕の乳首を捻りあげてきた。
そしてさらに自分のシャツも捲りあげで僕の顎を掴んで乳首を舐めるように誘導してきた。
そこで僕は彼のチンポを手で扱きながら彼の乳首をしゃぶりはじめた。
彼は乳首が感じるようで、少し甘噛みするとビクッと体を震わせた。
そして僕の手からチンポを取ると自分でチンポを扱き始めた。
僕は彼の右乳首を唇で吸いながら左乳首を手でつまんでいた。
すると自分のチンポを扱いていた彼は、そっと僕の耳元に口を寄せて「もう、いっちゃいそう」と囁いた。
そこで僕は彼の乳首を吸うのを止めて手で乳首を揉みながら彼が扱いているチンポの亀頭を咥えた。
僕は亀頭ををただ唇で吸いついていたところ、彼はチンポを扱きながら軽く「ウッ」と言うと亀頭の先からザーメンをピュッピュッと発射して僕の口の中にカルキ臭い匂いが広がった。
彼が発射し終わると僕は彼のチンポを咥えるのをやめて口の中に溜まっていたザーメンをトイレットペーパーの中に吐き出した。
そして彼のチンポも拭いてあげた。(彼のチンポの先からは白いザーメンが少しこぼれていた)
彼はそそくさとズボンを上げると個室のドアを開けて外に行った。
僕はそのまま個室の中に残り、余韻に浸りながらオナニーをして自分も大量のザーメンを発射しスッキリした。
久し振りのトイレでのハッテンが出来てよかった。

公衆便所で発展

今日は掲示板の募集を見てある駅近くの公衆便所に行ってみた。
20時50分くらいにそのトイレに着くと、一番奥の個室のドアが閉まっていたので合図のノックをした。
すると鍵が開いてドアが内側に開いた。
中に入ると真面目そうで内気そうなリーマンがワイシャツだけ羽織った状態で立っていた。
僕は早速ズボンのベルトを外し始めるとそのリーマンはしゃがんでフェラの体勢で待ち構えた。
僕はズボンを下ろしてチンポを突き出すとリーマンは待ってたとばかりにチンポをくわえ、美味しそうにしゃぶり始めた。
リーマンのフェラはなかなか上手で吸い付かれているうちにみるみるチンポが大きくなっていった。
しばらくフェラしているとリーマンはチンポを口にくわえたままラッシュの小瓶を取り出して鼻に差し込むと思いっきり吸い込んでいた。
そしてワイシャツを捲りあげたので僕はリーマンの乳首を抓りあげるとリーマンは感じたようでチンポを吐き出し「アアッ」と喘ぎ、また僕のチンポにしゃぶりついた。
5分くらいフェラをするとリーマンはビンビンになったチンポを吐き出し立ち上がって後ろ向きになった。
リーマンが何を望んでいるかがわかったのでケツマンコに指を入れてみると既にヌルヌルになっていた。
僕が「もう何人にやられたのか」と聞くとリーマンは指を3本たてながらケツを突き出してきた。
既に3人ものザーメンでヌルヌルになって熱くなっているリーマンのケツマンコにチンポを突っ込むとスルリと難なく入ってしまった。
そしてリーマンの腰を両手で抱えると激しくピストンをしてチンポをリーマンのケツマンコに叩き込んだ。
リーマンのケツマンコは既にユルユルでイマイチ締まりが弱かったが、リーマン自体は感じているようで僕が腰を振っている間ずっと身体をくねらせてケツを押し付けて悶えていた。
5分くらいリーマンの腰を抱えて腰を振っている間にだんだん僕もこのシチュエーションに興奮してきてイキそうになり「そろそろイクぞ」と言うとリーマンは頷いてきたので、僕はフィニッシュとばかりに激しく腰を振りザーメンをリーマンのケツマンコの中に発射した。
続きを読む

発展旅館で掘った

今日は久しぶりに線路脇の発展旅館に行ってみた。
21:00頃に行ってみたが金曜日の夜ということもあり、そこそこ混んでいた。
まずは受付で2000円払ってロッカールームで服を脱ぎ、風呂場に入って身体の汗を軽くながしてさらに念のためシャワ浣をしておいた。
そして2階のミックスルームに入るとどの部屋も寝待ちの人がいて、どうしようかと迷ったが、紫外線の部屋で寝待ちをしていたオヤジが下半身丸出しで寝ていたので近づいてそっとチンポを撫でてみた。
するとオヤジは特に嫌がらずチンポもムクムクと大きくなってきたのでそのチンポをパックリと咥えてみた。
チンポは僕の口の中でビンビンに堅く大きくなりオヤジも「アー、アー」と軽く喘いでいた。
そのまま15分〜20分近くオヤジのチンポを丁寧に舐め、裏筋や玉袋の裏まで舐めているうちにオヤジのチンポが僕の唾液でヌルヌルになってしまった。そしてそのうちオヤジはイキそうになったのか足をちょっと縮めてきた。僕もしゃぶりと手コキのスピードを速めてみるとオヤジは急に自分の手でチンポをかばい、僕に向かって‘ゴメン’というような合図をした。
どうもまだイキたくなかったらしい。
仕方なくその後も寝待ちしている人間のチンポを2名ほどしゃぶってみたが、どれもイキそうになると「ちょっとまって」と言う感じで断られてしまった。
(金曜日で泊まりで来ている人は、もしかして早い時間のフェラではイキたくないのかもしれない)
仕方がないのであるミックスルームでプレイしている連中をしばらく眺めていた。
そこでは2段ベットの上下で3組のカップルがプレイをしていたが、いずれもケツマンコにチンポをぶっ込みホモセックスをしていた。
それぞれ正常位、バック、騎乗位で盛んに腰を振っていた。
5分ほど彼らのプレイを眺めていたあと、僕も別のミックスルーム行ってそこが空いていたので寝待ちしていた。
しかし20分くらい誰も来てくれなくて、そのうちうつらうつらと寝てしまった。
しばらくして人の気配で目を覚ますと4名くらいの人間が僕を取り囲んでいた。
そのうちの一人のスリムガチのオヤジが僕に近づくと僕のチンポを撫でながら乳首を摘まんできた。
そして僕の上に覆いかぶさりキスをしてきたので、僕もオヤジのケツを触ってみるとオヤジは褌をしていた。
僕はそのオヤジのされるがままに身を任せていると、オヤジは僕が着ていた浴衣を全てはぎ取りチンポを扱き始めた。
するとギャラリーの一人が僕に乳首に吸いついてきた。(その人も褌をしていた)
僕は2人に責められながら喘いでいるとチンポを扱いていたオヤジが急に褌を外して、僕の下半身に腰かけてきた。
そして僕のチンポを掴むとなんと自分のケツマンコに挿入してきた。
騎乗位になった状態で僕はオヤジのアナル自分のチンポが入って締め付けられているのを感じていた。
オヤジはその状態で腰を振り、また僕にキスをしてきた。
さらに乳首を吸っていた人がオヤジのチンポを扱き、さらに僕にもキスをしてきてちょうど3Pの状態となった。
しばらくそのままギャラリーが見ている中で3人で互いにチンポを扱いたりキスや乳首を吸っていたが、騎乗位で僕に乗っかっているオヤジを残してみんな部屋を出て行ってしまった。
2人きりになると、オヤジはケツから僕のチンポを一旦抜くと、寝ていた僕を起こしてオヤジが逆に仰向けに寝た。
そして僕に正常位で挿入するように言ってきた。
僕はそれに従い、オヤジの誘導されるがままオヤジのケツマンコに僕のチンポを挿入した。
そしてオヤジの両足を抱えあげてより深く挿入すると、オヤジは「むう、なかなか気持ちいい」と言いながら掘られていた。
オヤジのケツマンコは十分使い込まれているようでローションもないのにそれほどキツくもなく、僕のチンポを包み込んでいた。
オヤジの身体は全体的に筋肉質で尻も無駄な肉がなく固めだった。
オヤジをちんぐり返しの状態で掘っている間、その尻が体にあたり少し痛かったのでちょっと体勢をかえて掘ろうとしたらチンポがケツマンコから抜けてしまった。
そこでオヤジの腰の下に枕を入れて再度挿入しまた掘りはじめた
そのうち僕がイキそうになったのでオヤジに「イッちゃいそうだよ」と言うとオヤジは「構わないから出しな」と返してきた。
そこで僕は腰を振るスピードを上げてチンポをオヤジのケツマンコに叩きつけると、オヤジも「ウッ、ウッ」と反応し、僕は溜まらず「イクーッ」と言いながら腰を振りつつザーメンをケツマンコの奥に流し込んだ。
たっぷりケツマンコにザーメンを流し込んだあとも、僕はしばらく動けずに肩で「ハ、ハァ」と息をしながら余韻を感じていた。
そしてゆっくりとチンポをオヤジのケツマンコから抜き出すとティッシュを取ってオヤジのケツマンコに詰めてあげた。
僕もチンポをティッシュで拭くと、全裸のままフラフラになりながら部屋をでて、風呂場に入り体を洗った。
最初は何もないまま帰ることになるかと思ったが、久し振りにケツマンコをすることができて満足できた。

帰りにいつもの焼鳥屋で焼き鳥を4本食べた。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ