変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

イマラチオ

今日は不発

今日もいつもの発展場に行ってみた。
20時30分前に館内に入ってみたが、平日の夜ということもありガラガラだった。
シャワーを浴びてミックスルームを回ってみると交尾しているカップルが2組みと寝待ちが2人、あとは休憩室でテレビを見ているのが2人だけだった。
僕は早速寝待ちしているオヤジに近づき股間に手を伸ばすとオヤジは待っていたのか直ぐにチンポをビクンビクンとひくつかせながら勃起しさせた。
僕はビンビンになったオヤジのチンポをしゃぶり、しごきだした。
オヤジは気持ちいいようで喘いでいた。
しかしこのオヤジは遅漏気味なのか、なかなかイキそうな気配にはならなかった。
しかもイキそうになったら出てしゃぶるのを遮っていたのでだんだんフェラが疲れてきた。
そして何回か遮られたところでそれ以上しゃぶるのは止めて部屋を出て行った。
そして別のオヤジが寝ているところに行き、また股間に手を伸ばしてチンポを揉み始めた。
そのオヤジのチンポはかなりの太マラで完全に勃起すると口から溢れる程だった。
そこで僕は嬉しくなってそのオヤジの太マラを一生懸命しゃぶっていたが、このオヤジも途中で起き上がり、フェラを遮られてしまった。
そこで仕方ないので他の部屋に行くと今度は僕が寝待ちをしてみた。
しかしもともと人も少なくいくら待っても誰も来てはくれなかった。
そこで再び起き上がると、またミックスルームを回ってみた。
するとある部屋で新しく来たばかりと思われるオヤジが寝待ちしていた。
オヤジと言ってもまだ20代後半から30代前半くらいに見える若者だった。
そいつは下半身を露出し、露わになった股間は完全に毛を剃ってパイパンにしており、いかにもMっ気がありそうな奴だった。
そこでそいつの股間に手を伸ばすとフニャフニャのウインナーソーセージくらいの小さなチンポを掴んだ。
すると若者は「ううっ」と小さく喘いだ。
僕はそいつのフニャチンを口にくわえると吸い上げるようにしゃぶった。
するとそいつは気持ちいいようで「あぁ〜、そこスゴくいいよ〜」と喘ぎながら僕の股間にも手を伸ばしてきた。
そして僕のビンビンになっているチンポを掴むとしごきだした。
僕は‘今日はこいつでフィニッシュしよう’と思い、そいつのチンポをしゃぶるのを止めるとそいつの胸に跨がった。
そしてそいつの顔にチンポを近づけると、そいつは待っていたかのように僕のチンポをくわえた。続きを読む

デリヘルのゆうこちゃん(2回目)

今日は以前プレイしたことのあるデリヘルに電話して、ゆうこちゃんを再び指名した。

16時45分頃にホテルに入り、シャワーを浴びてアダルトチャンネルを見ながら待っていると、彼女がやってきた。
彼女はミニのスカートにシャツとグレーのカーディガンを来ており、頭をポニーテールのように結んで、パッと見た感じでは女子高生のようだった。
今日の彼女は16時入りだが今日は僕が最初の客とのこと。
彼女に指名料込で11000円払うと早速僕はベットに座ったままで彼女を抱きよせてディープキスをした。
そしてキスをしながら彼女のシャツのボタンを外し、さらにブラも外して乳房を揉むとすぐに彼女は感じ始めて乳首をちょっと強めにつまむたびに体をビクンビクンさせていた。
そのまま上半身を裸にしてミニのスカートも脱がせてベットの横にして、ディープキスをしながらさらに乳房を揉んだ。
そして次に横になっている彼女の顔にチンポを近づけると彼女はチンポをパクリと口にくわえてたっぷりフェラをしはじめた。
彼女はしばらくは頬を締め付けながらフェラをしていたが、そのうち舌で亀頭や裏筋をペロペロと舐めていた。
しばらくフェラを堪能した後、ふたたび彼女にディープキスをしながら乳首を摘まんだ。
彼女は乳首がかなり感じるようで、乳房や乳首を責めると目を潤ませながら大きな声で喘いでいた。
そんな彼女の下半身に移るといよいよパンティを脱がせ、両足をM字に開かせると彼女は恥ずかしさに感じたように「アアッ」と喘いだ。
僕はマンコを開くと強くクリトリスを吸いついたら、彼女は「ヒー」と叫び、さらにマンコに人差し指、アナルに中指を挿入すると体をヒクつかせながら悶えまくった。
アナルに奥深く中指を挿入して弄ると彼女の黄金の塊が詰まっているのがわかった。
そのままアナルとマンコの2本差しで膣の壁をマッサージしたりアナルやマンコの奥深くに挿入したりして責めると彼女は「イクッ」と言いだした。
さらにマンコに挿入した人差し指を内側(尿道側)に曲げてGスポを責めると「そこ感じちゃう」「イクッ」と悶えまくって、とうとうイってしまった。
それでも僕は責めるのをやめずにGスポを責めていると続けてさらに続けてイってしまいマンコからは酸っぱい匂いのするマン汁が溢れてきた。
そこで一旦休憩し、指を引き抜くと中指にはべっとり茶色の黄金が付着していたので、ティッシュで拭いた。
そしてぐったりしている彼女を起して、ホテルに備えられている浴衣の紐で彼女の手を後ろ手に縛っり、その状態で彼女にイマラチオさせた。
後ろ手に縛られている彼女の頭を掴んでイマラチオさせるのはとても興奮する光景で僕はさらに彼女を責めたくなった。
そこでイマラチオを終わらせると手を縛ったまま彼女を仰向けにさせ、今度は両足首も浴衣の紐で縛った。
そしてその状態で再びマンコとアナルに指を挿入して責め始めた。
彼女は縛られることで被虐的に感じたのか目をウルウルさせて僕の責めに悶えながら喘いでいた。
相変わらず彼女は挿入したマンコやアナルの指を動かすたびに「アッ、アッ」と悶えていた。
僕は今度はアナルに中にたっぷり詰まっていた黄金を中指でかき回していた。
そして試しにアナルの中の黄金を指でほじくって掻き出してみると、たっぷりの黄金が指に付着してきたので、それとティッシュの中に包み込んだ。
そして彼女に対して「可愛い顔をして、こんな臭いものをため込んでいたらダメだろう」と言うと「ダメッ、お願いやめて」「嫌ぁ、やめてー」と激しく叫び始めた。
ただそれは彼女としては明らかに感じている叫びだった。
僕は「臭いものを全部取り除いてやるから、出してみろ」と言いながら何度もアナルに中指を挿入して中の黄金を掻きだした。
彼女はそのたびに「イヤ、イヤッ」「お願いやめてぇー」と目を潤ませて声をあげていたが、本気で抵抗してこないので僕はどんどん黄金を掻きだしてはティッシュに臭い黄金を包んだ。
そしてたっぷりの黄金をティッシュに掻き出し、一通りアナルの中が空になると、ティッシュでアナルを拭いてさらに舌で綺麗にしてあげた。
悶え疲れてぐったりしている彼女の両足首の縛りだけ解いてあげると、彼女の両足を広げて仰向けになった彼女に覆いかぶさった。
そして正常位のまま生のチンコを挿入した。
彼女は生チンコを挿入した瞬間「あはっ」と悶えたのでその口をディープキスで塞いだ。
そして腰を振り始めるとすぐにまた大きな声で喘ぎ始め、腰の動きを早くすると「イクッ」と早くもイキ始めた。
僕はそのまま腰を激しく振ってチンポをたたき込むと彼女は「イクッ、イクッ」とイってしまった。
僕もそのままフィニッシュに向かってピストンを続け、彼女に「イクよっ」と叫ぶとチンポを彼女のマンコから引き抜いて彼女のお腹の上にザーメンを発射した。(今思えば口の中に発射すれば良かった)
そして近くにあったタオルでザーメンを拭いてあげると彼女の隣に横になり彼女の頭を撫でてあげながら少し休んだ。
しばらく休んだあと、一緒にお風呂に入ってシャワーを浴びた。
シャワーを浴びたあと服を着ながら少し話をした。

・彼女の身長は155cmでまだ20歳。
・今36歳の彼氏と付き合っている。
・今日は彼氏のシャツを着ていたところ。
 (2Lサイズだということなので彼氏はかなり大柄と思われる)
・彼女が高校に入った頃は、ルーズソックスは既に流行が終わっていて、
 紺ソ(紺のソックス)がトレンドだった。
・女子高だったが、男の先生はほとんど既婚者の40過ぎだったので
 男として見れなかった。

服を着終わった頃にちょうど時間となり、1枚だけ写真を撮ったあと一緒にホテルを出て駅まで一緒に歩いて別れた。
彼女はとても感じやすいドMな女の子でまた会いたいと思った。

続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ