変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

デリヘル(AF)

ど淫乱人妻のひとみ(3回目)

今日もいつものデリヘルで以前プレイしたことのあるドMのひとみが出勤していたので指名した。
18時30分にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると19時前にひとみが来た。
入るなり「会いたかった」抱き寄せると彼女も「私も」と言ってくれたのでそのままキスをした。
部屋に招き入れると服を着たままおキスをして服の上から胸を揉み、さらに股間に手を伸ばすとパンティの上からマンコを触った。
僕がカチカチになったチンポを見せると「嬉しい」と言って僕のチンポをしゃぶりだした。
その後お辞儀をさせてテーブルに手をつかせるとスカートを捲ってパンティをストッキングごと膝まで下ろした。
そしてひとみの尻を割るとオマンコに手を入れて見ると既に濡れていた。
ピチャピチャと音をたてながら「濡れてるよ」と言うと「濡れちゃった」と言った。
僕が「今日は何人のチンポをこのマンコに入れられた?」と聞くと「今日はまだプレイしていない」「お客様が最初」と言ってくれた。
僕はオマンコに指を挿入すると彼女は「ああっ」「あ〜ん、いあぁ〜」と喘いだ。
そのまましばらくオマンコを責めた後、オマンコから指を抜くとビショビショに濡れていて生臭い匂いを発していた。
そんなオマンコをしばらく刺激していたが、彼女をゆっくりと腰を下ろして僕のチンポをオマンコに挿入させた。
しばらく下から突き上げていると彼女が「カタカタチンポは良い」はオマンコからチンポを抜いた。
その後彼女の服を全部脱がせると彼女を仰向けにしてベッドに寝かせた。
彼女の鼻に指を近づけて臭いを嗅がせると「オマンコの臭いがする」と言った。
そして彼女の胸に跨がり座るとチンポを顔に近づけたら直ぐにチンポをしゃぶりだした。
「チンポ美味しい?」と聞くと美味しいと頷いた。
その後彼女の口からチンポを抜くと下半身に移動して彼女の両脚を押し広げると股間に顔をうずめてクリトリスに吸い付いた。
彼女はクリトリスを吸われた瞬間に「ひああっ」と大きな叫び声をあげる
しばらくクリトリスを吸いながら彼女は喘いでいたが、途中からオマンコに指を挿入し、さらにアナルにも指を入れた。
そして悶える彼女を責めていたが、途中で彼女が持参してきたバイブや電マ、アナルバイブを取り出して彼女のアナルにアナルバイブを挿入し、オマンコにバイブを挿入し、さらに彼女にミニ電マを持たせるとクリトリスを自分で刺激させた。
しばらく彼女は「いぁぁ〜ん、あ〜ん」と悶えていたが、そのうちに「イクー、イクー」と喘ぐと腹筋をヒクつかせてイッてしまった。
イッたあと彼女は「外れちゃった」と言うのでオマンコを見るとイク時の締め付けてバイブとアナルバイブを吐き出していた。(アナルバイブにはウンチは付いていなかった)
僕は再び彼女のオマンコにバイブとアナルバイブを挿入すると彼女の左の乳首を舐めながら右の乳首を指で摘んだ。
彼女は乳首が気持ちいいと喘ぎ「んんん〜。はぁ〜ん」と悶えていた。
しばらく乳首を刺激していると彼女はまた「いく〜、いく〜」と言いながらイッてしまった。
それでもまだ彼女を責めるのを止めずに今度は下半身に移動しオマンコのバイブをサイズの大きなものに代えて手で抜き差しすると「ああっ、気持ちいいっ」と悶え、そのまままたイッてしまった。
しかしイッても責めるのを止めないでバイブを動かしていると「ああっ、もうダメ」と言うので責めるのを止めた。続きを読む

じゅんちゃんとアナルファック(2回目)

今日は以前プレイして良かったじゅんちゃんを指名してみた。
18時50分くらいにホテルに入って、シャワー浴びて待っていると19時過ぎにじゅんちゃんがやってきた。
彼女はちっちゃい身体だが相変わらず陽気で「また指名してくれて嬉しい〜」と喜んでくれた。
彼女店に電話すると早速抱きしめた。
そして彼女の服を脱がせて下着姿にすると、スタイルの良い身体を抱きしめてブラを外し形の良い乳房に吸い付いた。
しかし彼女は自らパンティを脱ぐと「シャワーを浴びなきゃ」と言って、僕が止める間もなくさっさとシャワーを浴びに言ってしまった。
シャワーから出てきた彼女は「仰向けになって」と言うので「僕が責めたい」と言うと「あっ責めたいんだ。じゃあ」と言ってベッドに仰向けになった。
そんな彼女に僕はキスをした。
そして形の良い乳房を揉み、乳首を吸って舌で転がした。
彼女は「ううっ」と呻き、目を瞑って横を向いていた。
僕はそんな彼女の下半身に移り、両脚を広げるとクリトリスを舐めた。
すると彼女は「あ〜ん、気持ちいい」と喘いだ。
僕はさらにマンコに舌を入れて、鼻でクリトリスを押さえて刺激した。
そしてクリトリスを唇で吸い舌で転がしながら首を振った。
彼女は「すっごい気持ちいい〜」と喘ぎまくった。
しばらくマンコとクリトリスを刺激していると、彼女が我慢できなくなったのか「チンポ舐めたい」と言ってきた。
そこで今度は僕が仰向けになると、彼女は乳首や腕、脇の下を丁寧に舐めながら下半身に移動した。
そして僕の太ももを舐めたあと、チンポに舌を這わせてきた。
僕は彼女の頭を撫でながら彼女のフェラを堪能していた。
僕が「チンポ美味しい?」と聞くとしゃぶりながら「美味しい」と言った。
しばらく彼女にチンポをしゃぶらせたが、彼女がチンポを口から出した時に彼女を引っ張りあげてキスをして抱きしめた。
そしてまた彼女を仰向けにすると、また僕が責めだした。
僕は彼女のクリトリスを舐めながら右手の中指を挿入した。
そしてオマンコの浅いところで指を腹側に曲げて押してスライドすると、彼女は目を丸く開きながら「あっ、すっごい気持ちいい」と悶えた。
そこでそこを中心に刺激しつつ左手で彼女の乳房と乳首を揉みしだくと、彼女はだんだん高まってきたようでたまに激しく悶えだした。
僕はそのまま彼女をイカせようとしたが、しばらくすると彼女がふと「お風呂の蛇口を止めなきゃ」 と言って起き上がり風呂場に行ってしまった。
僕は彼女のマンコから抜いた酸っぱい匂いがする指をクンクンしていた。
彼女は風呂場から帰ってくると「チンポしゃぶらせて」と言いだした。
僕が「でも、じゅんちゃんはまだイッてないでしょ」と言うと「あっ、イカせたかったんだ」と言うなり自分が持ってきたバックからローターを持ち出してきた。(彼女はバイブよりはローターが好きらしい)続きを読む

衝撃の地雷姫

今日は郊外の激安デリヘルに行ってみた。
ある程度若い子でアナルファックのできる痩せている子でお願いすると、31歳で変態娘のじゅんと言う姫を勧めてもらった。
ただこの店は安い代わりに姫の質に激しい格差があり、たまに激しく騙されることがあるので期待しないようにしていた。(ホームページの写真やプロフィールが全くあてにならない)

19時頃に部屋に入りシャワーを浴びて待っていると19時15分頃にじゅんがやってきた。
しかしドアを開けて彼女を見たら、今までの姫の中でもワースト1に匹敵する程の激ブスだった。
年はどうみても40歳は超えているように見え(下手すりゃ50歳代)、ウエストはミシュランタイヤのマスコット並みにたるみ、髪の毛はチリチリパーマがボサボサで、普通の人間なら間違いなくチェンジするかキャンセルするような地雷姫だった。(彼女も僕が怒り出さないか様子をうかがうような顔つきをしていた)
もともと期待はしていなかったが、ここまで予想を裏切られたのは初めてだったので、ちょっとビックリしたが、それでも誰専で変態の僕はニコニコしながら股間を膨らませて彼女を部屋に入れた。
彼女が「アナルファックを希望なんですよね」と言うので、「うん、ところでじゅんさんは変態なんだって」と返すと「えっ、変態なんかしゃないですよ」と言ってきた。
‘やっぱりこの店はダメだな’と思いながらも流石にアナルファックはできるだろうと思いながら8000を払った。
彼女は店に電話すると早速抱き寄せてキスをすると、腰に巻いていたバスタオルを捲りフェラをさせた。
そして彼女のワンピースを脱がせるとブラを外し乳首を舐め、さらにたるんだお腹を抱き寄せて地味で布面積の大きいおばさんパンツの上からクリトリスを刺激すると「あはっ」と悶えた。
パンツを脱がすとベッドに仰向けに寝かせ、垂れた乳房を揉みながら乳首を舌で転がしたあと、僕は彼女の下半身に移動すると両脚を広げてクリトリスを舐めた。
マンコの臭いはそれほどキツくなく、ちょっと生臭い感じだった。
クリトリスを舐めると感じやすいようで「あっ、あっ、いっ、いい〜」と喘ぎ悶えまくっていた。
さらにマンコに指を挿入して刺激すると、マンコからはマン汁が溢れてヌルヌルしてきた。
マン汁で指を濡らすとアナルにも指を入れてみた。
奥まで入れると「痛い」と言うので、四つん這いにさせてまたアナルに指を挿入したら、奥にウンチの塊があるのを感じた。
続きを読む

アナルマニアのじゅん子

今日はいつものデリヘルに電話してアナルが好きだと言うじゅん子を指名した。
21時30分にホテルに入りシャワーを浴びて待ってると21時45分頃に彼女が来た。
部屋に入った彼女は40歳にしては若く見え、普通の感じだった。(芸人のキンタローを可愛くした感じ。スタイルもなかなか良かった)
彼女は明るく「こんばんは」と言いながら入ってきた。
僕が「暑いね〜」と言うと、「そう東京は暑いですね」と言うので、「どこからか来たの」と聞くと「浜松市から」と答えてきた。
さらに良く聞けば今日は体験入店だったとのこと。
ただ過去に風俗の経験はたくさんあるようで名古屋でデリヘルをしてたことがあり、且つ今日も何人もの相手をしたあとらしい。
そいて彼女が「泊まりですか」と聞くので「違うよ」と言うと「そうなんですか、てっきり泊まりかと思いました。ゼリー持ってきたので食べてください」とピーチゼリーを鞄から出した。
彼女がお店に電話すると、携帯を弄りながら「ソフトバンクのスマホを使っているが直ぐにフリーズする」と愚痴りだした。
僕がお金を払うと彼女は早速服を脱ぎ始めた。
そして青いカーディガンを脱ぐと黄色いワンピースになり、後ろのジッパーを下ろしてあげると赤いブラとパンティになった。
僕は下着姿の彼女を抱き寄せるとキスをして、フロントホックのブラを外すと形の良い乳房が現れた。
そのおっぱいを軽く揉みながら乳首を吸うと「イイッ」と喘ぎだした。
さらにパンツのクロッチからクリトリスを押さえながら乳首を転がすと「あはっ、気持ちいい〜」と喘いだ。
しばらくその状態で責めたあと、パンツを脱がせてベッドに誘うと、「うがいしなきゃ」と洗面所にいった。(パンティにはナプキンがついていたが‘生理ではない’と言うので、後で匂いを嗅いだら、ちょっとオシッコの臭いがした)
そして風呂場でシャワーを浴びようとするので「あっ、浴びなくていいよ」と止めようとしたら「オシッコしたいから」と言うので「じゃあ見せて」と彼女の放尿するところを見せてもらうことにした。
彼女が「オシッコかけるのは無しね」と言うので「どうして」と聞くと「オプションになっちゃうから」と答えた。
‘そんなオプションはなかったはずだけど’と思いながらも見るだけにした。
彼女はバスタブの縁にすわると右手でマンコを広げ、少し気張った。
しばらくするとチョロチョロッと濃い黄色のオシッコが少しだけ零れてきた。
シャワーで洗い流した後、ベッドに行くと彼女を寝かせ僕も添い寝しながらキスをした。
そしてまた乳首を吸いながら手を股間に伸ばしてクリトリスを愛撫すると「あっ、気持ちいい〜」と悶えた。
次に彼女の下半身に移動すると、彼女は自ら小陰唇を広げてくれ僕は両足を広げてクリトリスにしゃぶりついた
するとまた彼女は「そこ気持ちいい〜」と喘いだ。
そんな彼女のクリトリスを舐めて乳首を弄っていたが、その後右手の中指をマンコに入れてみると、溢れ出てきたマン汁で中はヌルヌルになっていた。
そのマン汁を指に絡ませてアナルに付け、アナルに指を入れたらヌルリと割と簡単に入った。
しかしアナルの途中まで指を入れたところで彼女が「お尻はオチンチンを入れるところだから指はなぞるだけにして」と言いだした。
‘これはどういうこと、もしかして最後は本番かアナルファックさせてくれるのかな’と思いながら指を抜くと、今度はアナルを舐め、さらに舌を挿入した。(アナルファックの経験があるのか、アナルに舌を少し入れることができた)
続きを読む

かなちゃんとアナルファック(8回目)

今日は久しぶりにかなちゃんが出勤しているのを見つけたので、17時頃に電話をして指名した。
18時45分頃にホテルに入ると19時頃にかなちゃんが部屋に来た。
かなちゃんは相変わらず色白で眼鏡をつけ、今回は花柄の青いワンピースを着ており清楚な感じだった。
彼女が携帯が壊れて持ってきていないと言うので貸してあげると店に電話した。
そして8000円を払うとワンピースを脱がすと、ブラとパンティになったところでオッパイを揉んだ。
相変わらずマシュマロのように柔らかい乳房だった。
キスをしようとすると「うがいしてないからと言い」、じゃあとベッドに行こうとすると「シャワーを浴びて」と言うので一緒に風呂場に行った(彼女は自分を洗うのではなく僕を自分の手で洗いたいだけなので、改めて彼女に洗ってもらった)
今日の彼女はシャワーを浴びている間「私は責められるより責めたいのです」、「舐められるてイクのはダメなんです」と言い出すので、「じゃぁ最初はかなちゃんが責めて後半は僕が責めようか」と言った。
そして僕がベッドに仰向けになると、眼鏡を外した彼女が僕の上に覆い被さり僕の乳首を舐めてきた。
僕も彼女の垂れている柔らかな乳房を揉み、乳首を指で転がした。
彼女は僕の左右の乳首を何度もしゃぶり、そして下半身に移動するとチンポに唾を垂らして扱きだした。
しかしなかなか僕がイカないのを見ると、口でくわえてしゃぶり唾の量を増やしてしごきだした。
僕はそれでもしばらくはイキそうにはならなかったが、ただ彼女とディープキスをしたりしているうちにこのままではちょっとイキそうになるかな、と思って「くすぐったくなってきた」と言って手コキを止めさせた。
しかし彼女はチンポから手を離さず僕をイカセようとしていた。
そこで僕が「イッたら2回戦できるの」と聞くと「勃てば」と言った。
「そっか、でも次は顔騎で責めてみて、そしてオシッコ出来る?」と聞くと意外にも「水を飲めば」と言うので「じゃぁお願い」と彼女に水を飲みながら顔騎してもらった。
彼女のオマンコは既に少しオシッコ臭く、そのうちに首筋に少し暖かい流れを感じると本当ににオシッコをしてきた。
そこで僕は口を広げて彼女のオシッコをこぼさないように飲み込んだ。
彼女は顔騎をしたまま2回〜3回に分けてオシッコをしてきて僕はそれを飲み込んだ
彼女が僕にオシッコを飲ませながら見下ろす感じがなかなか良かった
オシッコが終わるとしばらく彼女オマンコに舌を挿入しクリトリスを舐めていた。
僕が「オシッコを飲ませている時の見下ろしている顔が良かったよ」と言うと嬉しそうに「普段責めている時の顔はこうなんです」と言った。
「もっとオシッコ出る?」と言ったら「もっと水を飲めば、あとコーヒーなんか飲むと利尿作用ででると思います」と言った。
「オシッコを飲ませる顔がゾクゾクしたから今度は黄金もしてもらいたいな」と言ったら満更でもない感じだった。
僕はさらに「顔騎されてオシッコを飲まされていると犯されている感じだったよ」と言うと「じゃぁ実際指を入れて見ますか」と言うので初めてアナルに指を入れてもらうふりをして試してもらうことにした。
彼女は指にゴムを被せるとローションをつけて僕のアナルに挿入した。
「初めての割にはすんなり入った」と言った。(まぁ、初めてじゃないので当たり前だが)
彼女は最初アナルに浅めに挿入していたが、だんだん深く入れてきた。
彼女が「どんな感じ?」と聞くので「違和感あるね」と答えた。
5分程度アナルに指を挿入されて犯されていたが、やっぱり僕はアナルではなかなか気持ち良くはならずチンポは縮んだままなので攻守交代してもらい彼女に仰向けになってもらった。
ベッドの上で仰向けになった色白の彼女はやはり可愛らしかった。
僕は柔らかなマシュマロ乳房を揉み、小さなピンク色の乳首を舐めた。続きを読む

ドMのあい

今日はいつものデリヘルに予約していたが指名していた子が急に欠勤になったということなので、ドMのあいを代わりに指名した。
10時30分にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると10時45分頃にあいが来た。
48歳とHPには載っていたが十分50歳過ぎに見える老け具合で地味な大人しいおばあちゃんと言う感じだった。
部屋に入ると僕は8000円を払い彼女は店に電話をした
僕はソファに座っていたが彼女を呼び寄せると浴衣を捲りチンポを出すと彼女はしゃがみ込んでチンポをしゃぶりだした。
しゃぶっている間、彼女の乳房を揉んでいた。
しばらくしゃぶっていたあと彼女がフェラを止めると、僕は彼女にキスをしながら股間を弄った。
そしてパンティをずらしてマンコに指を入れると、なんと彼女のあそこにはピアスがついていた。
僕が「誰にしてもらったの」と聞くと「ご主人様」と答えた。
このご主人様は、旦那とは別らしくまた旦那との間にはちゃんと息子もいるそうだ。
もちろん旦那にも子供にもご主人様がいることも、風俗で働いていることは知らせてはいないらしい。
股間をしばらく弄っあと彼女のパンティを脱がした。(黒のTバックを履いていた)
脱いだパンティを奪ってクロッチ部分を裏返して臭いを嗅ぐと、‘ダメ〜’という感じでパンティを僕から取ろうとしたが諦めて臭いを嗅ぐ僕を恥ずかしそうに見ていた。(彼女のパンティは酸っぱいマン汁の臭いがした)
僕はさらに彼女にパンティを渡すと臭いを嗅がせた。
彼女は嫌がっていたが結局臭いを嗅いだ。
「どんな臭いはする?」と聞くと恥ずかしそうに無言で首を振りながらパンティをしまった。
パンティを脱いだ彼女の下半身を見るとパイパンになっていた。(これもご主人様に剃られたらしい)
片足をテーブルの上に上げさせ股間を露わにすると小陰唇の両側にピアスが見えた
そのピアスを開いてマンコを露わにすると指を挿入した。
マンコは既にヌルヌルになっていて、そのままヌルッと挿入して指を動かすとアァッと喘いだ。
さらに指をどんどん動かすと「アアアアアア」と叫び、腰を引き気味に悶えだした。
そしてマンコからはマン汁が溢れてグショグショになった。
しばらく責め続けると喘ぎも断続的になり、なんだかイキそうな感じかただった。
そこでちょっとイキ気味になったところで指を抜くと、また彼女の服を脱がして全裸にした。
すると、なんと両乳首にもピアスをしていた。
そんないやらしい身体をしたあいをベッドに横にすると、顔を引き寄せながらキスをして、早速乳首ピアスを引っ張った
ピアスを引っ張られても彼女は痛がりもせずに悶えたので、さらにピアスを引っ張りながら捻った。
すると「いぁぁぁ」と喘いでいた。
次に彼女の両脚を開くと小陰唇のピアスを両側に引っ張った。
そしてクリトリスを露わにして中指の腹でさすった。
彼女はクリトリスが感じるようで大きく喘えいだ。
そのままクリトリスを責めると体をよじらせながら悶えまくった。
さらにマンコにも中指を挿入して、膣の腹側をマッサージするとマンコからよがり汁を溢れさせながら悶えていた。
そして急に「だめ、これ以上は出ちゃう」と言いだした。(何がでそうなのか分からなかったが多分、潮を噴きそうだったんじゃないかな)
そこで僕は「気にしないで出してごらん」と言うと、今度は「いゃーっ、イキそう」と言いだした。
そしてそのまま身体を硬直させてヒクつかせながらイッてしまった。
僕はイッちゃった彼女を休ませず今度はマンコだけでなくアナルにも指を入れてみた。
すると、「あん、ちょっと痛いかも」と言うが、そのまま挿入してアナルを責め続けた。
そしてマンコから指を抜いてアナルだけ責めた。(残念ながらアナルの奥にウンチの感触はなかった)
アナルに挿入した中指を浅く抜き差しした。
しばらくアナルを責めていたが彼女があんまり気持ち良くはないようなので、アナルから指を抜き、今度は彼女が持参したローターと縄手錠とアイマスクを取り出した。
そしてベッドの横に彼女を立たせると、縄手錠で後ろ手に縛りさらにアイマスクをしてみた。
そして彼女の動きを制限した状態で後ろから抱きつき乳房を揉み、さらに股間に手を伸ばしてマンコを弄った。
しばらく立った状態で後ろから揉んでいたが、またベッドに仰向けに寝させた。
そして彼女の両脚を開くとマンコにローターを入れてスイッチをONにした。
僕はその状態で携帯カメラで写真を撮るとシャッター音に気づいた彼女は「あぁっ、撮らないでくださぃ〜」と恥ずかしがったが顔はアイマスクで分からないようになっているのでその後何枚撮ってももう何も言わずにマン汁を溢れさせていた。
そしてまたマクドナルドで買ったお茶の飲み残しの氷をマンコに入れてみた。(最近はこれにハマっている)
すると「ひゃっ何をしたんです」か、と焦っていたが、「氷を入れたんだよ」と言うと安心したようだった。
そこでさらにローターが振動しているマンコの中に氷を入れて、ローターと指でマンコを責めると「いゃぁぁ」と悶えまくった。
さらに「アアアアアア」と絶叫するように叫んだかと思うとしばらく無言になり、また「クハッ」「アアアァァ」と喘ぎながら身体を硬直して悶えていた。
そしていつの間にかマンコから大量の汁をだしていた。
最初は氷が溶け出したものかと思ったがぬるま湯のように温かく、しかも物凄い量の汁が溢れ出していた。
彼女はハァハァ良いながら悶え、そのうちに無言になる間隔が短くなり最後は無言のまま身体を硬直させ、イッてしまったようだった。
僕が「いっぱい出たね、オシッコ?」と聞くと「違う」と首を振るので「じゃぁ、潮吹いたのかな?」と聞くと頷いた。
そんな彼女の口元にチンポを近づけて唇にチンポを当てると、彼女は口を開いて僕のチンポをくわえてしゃぶり始めた。
そしてしばらく彼女のフェラを堪能したあとチンポを口から引き抜くと、今度は彼女の顔を跨いでしゃがみ込み僕のお尻の穴を彼女の口に当てた。
アイマスクで周りが見えない彼女も僕が何をして欲しいのかわかったようで、舌で僕のアナルをペロペロと舐めだした。
久しぶりにアナルを舐めてもらって気持ち良くなった僕は立ち上がると彼女の下半身に移動して、また両脚を広げてマンコを露わにした。続きを読む

生AFの貴美

今日は久しぶりのデリヘルに電話して最初えむを指名した。
しかし出勤時間の18時になっても出勤して来ないと言うことで急遽40歳の貴美になってしまった。(その代わり指名料は1000円割引)
レンタルルームで70分2100円を払ってシャワーを浴びていると18時15分頃に貴美が来た。
シャワーから出るとキミがバスタオルで身体を拭いてくれた。
キミは見た目は地味で大人しいな掃除のオバサンのような印象だった。
ただ、しばらくぶりのデリヘルだったので、オバサンに身体を拭いて貰っただけでもチンポが半勃起していた。
早速6900円を彼女に払うと、彼女は店にメールした。
そして彼女の服を脱がせたが、彼女は寒がりなのか何枚も服を厚着していた。
彼女は「シャワーを浴びたい」と言っていたが、それは無視してベッドに寝かせた。
ちょっと言葉使いがたどたどしくて中国人かと思わせるような感じだった。
パンティ1枚になった彼女の上に覆い被さると乳房を揉みながらキスをした。
彼女の口の中に舌を挿入したところ歯に違和感(段差)を感じたので、もしかして総入れ歯かと思ったら虫歯の治療跡があったので思い過ごしだった。
そして陥没している乳首を舐めた。
その間彼女はずっと無言だった。
しかしパンティの上からクリトリスを弄ると「これ1枚しかないから」と言ってパンティを脱ぎだした。
彼女が脱いだパンティにはクロッチ部分がしっかり濡れていて匂いを嗅ぐとちょっと酸っぱい匂いがした。
全裸にした彼女の陰毛は少し赤毛っぽかった。
僕は彼女のマンコに顔を寄せて年の割には綺麗なピンク色のマンコとクリトリスを舐めた。
しかし相変わらず特に喘ぎもせずにノーリアクションだったが、でも顔は目を閉じて上を向き快感に耐えているようにも見えた。
そんな彼女のマンコに指を入れて激しく動かすと「あっ、ダメ」と手で遮ろうとした。
しかし僕はそれを押しのけてさらに責めると彼女は「オシッコが出そう」と言いだした。
そこで彼女をシャワールームに連れて行くと彼女に立ったまま片足をあげさせて立ちションをさせた。
彼女はしばらくじっとしていたがそのうちにマンコの割れ目の間からチョロチョロとオシッコが流れ出てきた。
僕はそのオシッコに手伸ばし手のひらですくって飲んだり、手につたわせて舐めてみた。
彼女のオシッコは薄味でちょっと物足りなかった。続きを読む

初アナルのミキちゃん

今日は初めての店に電話してみた。
風俗慣れしていない若い子をとお願いすると、体験入店のミキちゃんはどうですか、と言うのでその子をお願いした。
19時50分頃にレンタルルームに着いて1500円を払って部屋に入るとこれからシャワーを浴びようかというときにドアがノックされた。
ドアを開けると垢抜けないポッチャリ系のミキちゃんがいた。(子豚ちゃん、と言う感じ)
そこでシャワーを浴びるまで待ってもらっていると、彼女は店の連絡に四苦八苦していた。
僕がシャワーを浴びて出るとやっと連絡が出来たようだった。
彼女に「新人なんだって」と聞くと「今日入店したばかりです」と答えた。
僕はちょっと地雷風の容姿にテンションもそれほどあがっていなかったが、‘今日入店’と聞いてちょっとテンションが上がった。
とりあえず8000円を払ってお釣りを貰うと彼女は「携帯の電池が切れそうなので充電していいですか」と聞いてきた。
僕は「モチロンいいよ」と言う彼女は充電器を取り出してコンセントに差し込み充電してきた。
そんな彼女を早速僕は抱き寄せてるとキスした。
そして上着を脱がせてキスをして乳房を揉むと彼女「アアーッ」と派手に悶えた。
僕が「感じやすいの」と聞くと「感じやすい」とのこと
そんな彼女の服を全部脱がせてベッドに横にすると、お腹はすっかり弛んでいてミシュランのマスコットのような段々腹になっていた。
僕はそんな彼女に覆い被さりキスをしながら乳首を摘むと彼女は「アアッ、アッ、アッ」と派手に悶えた。
さらに僕がクリトリスを弄りまわすとなんともう「イッちゃう」と言い出した。
僕は‘すごい感じやすいな。もしかして最近エッチしてないのかな’と思いながら両脚を持ち上げてマンコをしゃぶりつくとそれこそ「ヒャーッ、アッ」と叫び、僕がさらにクリトリスを舐めると「ヒャッ、ヤッ、イヤッ」と身悶えし、さらに「アハアハハ」と笑い出した。
僕が「くすぐったいの」と聞くと彼女は頷いた。
しかし僕はクリトリスの責めを続けると彼女は「アハッ、アアッ」と早くもイッてしまった。
しかし僕はそのあともマンコに指を入れて膣内を掻き回し、さらに指を挿入したままチンポを顔に近づけてしゃぶらせた。
しかし彼女はクリトリスを弄られると我慢できないようでチンポをしゃぶる動きがたびたび止まった。
僕はそんな彼女のマンコを責めるのを一旦止めて今度は彼女を四つん這いにさせアナルをほぐしにかかった。
そしてアナルを舐めて指をグッと奥深くまで挿入すると「イヤアアア」と叫んだ。続きを読む

りなちゃんとアナルファック

今日は池袋のいつものSMクラブに寄った。
まだ今日は誰もお客のついていない‘りなちゃん’を指名してホテルで待った。
7時過ぎにホテルに入り、ホテルでシャワーを浴びて待っていると、りなちゃんがやってきた。
写真よりもちょっとブスっぽかったが性格は良さそうだった。
彼女はシャワーやうがいをしたがっていたが、それをさせないで彼女をベットに座らせて上半身の服を脱がせ、ブラジャーを取ってから軽くキスをしながら乳首をつまんだり、指先で転がしていた。
次にスカートやタイツを脱がせて、彼女をベットに横にした。
そして彼女と長い間ディープキスをしたが、少しタバコに味がした。
さらに乳房を揉みながら彼女のパンティを脱がせた。
彼女はオリモノシートを付けていたがちょうど生理が終わりかけということで、うっすらと血がついていた。
そして彼女の股間を開くと、早速マンコにむしゃぶりついた。
シャワーも浴びていないマンコはちょっとしょっぱくて酸っぱい味がした。
クリトリスに吸いついて舌で転がすと、彼女は喘ぎ始めた。
さらにマンコに指を挿入して、アナルにも指を深く挿入した。
すると、アナルの中にお目当ての黄金が小さい塊でいくつも入っているのがわかった。
僕はその黄金をひっぱりだそうと指で掻きだそうとしたが、肛門のすぐそばまでは来るがなかなか外にまだ出そうとすると括約筋が邪魔をして出すことができなかった。
彼女はマンコの指による刺激であまり気づいていなかったが、何度もアナルの黄金を掻きだそうとしていると「ウンチが出ちゃいそう。トイレに行っていい」と言ってきた。
僕は「見せてくれるならいいよ」と言うと、「それはオプション料がかかるからダメ」と言うのでトイレには行かせずに引き続きマンコとアナルを責め続けた。
アナルの黄金はなかなか描きだせそうになかったので、一旦普通にマンコとアナルをピストンしていたところ彼女が「イッちゃいそう」というので「イってごらん」とさらに激しく指を動かした。
すると彼女は「イクッ、イクッ、イッちゃう〜」と叫んで、マンコをヒクヒクさせてイってしまった。
イってしまった彼女に今度はアナルに2本指を挿入してさっきまで肛門のすぐ近くまで運んでいた黄金を二本の指で挟んでとうとう彼女に気付かれずに掻きだしすぐにティッシュに軽く包んだ。
彼女は「そろそろアナルファックする」というので「いいよ」というと彼女はその前に僕のチンポをフェラしてくれた。
彼女のフェラはとても気持ち良くそのままでもイってしまいそうだったが、途中で彼女を抱きよせてベットに仰向けにしてアナルに挿入した。
彼女のアナルにチンポを激しく挿入していると彼女は目を閉じて喘ぎ始めたので、さっきティシュに包んだ彼女の黄金をこっそり取り出して少しかじってみた。
彼女の黄金は匂いも苦味も少なく食べやすかった。
そして彼女の黄金を味わいながらフィニッシュした。


彼女とホテルを一緒に出た後、康竜でラーメンと餃子を食べて帰った。








続きを読む

アナルファック(みなみ)

今日は久しぶりに池袋のSMクラブに連絡した。
目当てのりんちゃんは予約でいっぱいだったので代わりにみなみちゃんを指名した。
先に事務所で15800円を払いホテルに入って待っていると、20分くらいしてやっとやって来た。
写真通りスレンダーな感じだが、年は少し老けて見えた。(プロフでは27歳だったが30歳くらいに見えた)
とりあえず服を脱がせると、外見通りにどちらかというと痩せ形で胸もBカップ未満と言ったところだった。
軽く彼女の胸を揉みながらキスをした後、まずは僕がベッドに腰掛けた状態で彼女がフロアに正座して僕のチンポをしゃぶらせた。
そのまま5分くらいしゃぶらせた後、彼女をベッドに横にさせ、キスをしながら貧乳を揉んでクリトリスをいじると「濡れていないから痛い」といってきた。
そこで次に彼女の股を開かせてマンコを舐めた。
しかし彼女のクリトリスは完全に包皮に隠れていくら舐めでも現れてこなかった。
さらに彼女が「無精髭が痛い」と言うので、舐めるのは止めて指をマンコに挿入した。さらにアナルにも指を挿入しようとすると「ゴムをつけて」と言うので仕方なくコンドームを被せて挿入した。しかしその日は既に二回も浣腸プレイをしていたということもあり肛門の奥に黄金らしきものはなにも感じられなかった。
さらに彼女はアナルに挿入した指が痛いと言うので、仕方なく指を抜いてアナルバイブを手にとった。
すると今度は「ローションつけて」と言うのでローションを着けてバイブを挿入して振動レベルを強にし、右手の指を二本マンコに入れて、クリトリスを吸いながら左手で貧乳を揉んでいた。
そのまま10分くらい責めていたがほとんどマグロ状態だった。
ただマンコはピチャピチャと汁が出ていた。
あまりに反応が少ないので途中で飽きて来て今度は彼女に奉仕をさせた。すると彼女は僕の乳首を軽く舐めた後、チンポをくわえてフェラをし始めた。
彼女はどうもフェラチオが好きなのかもしくは自信があるのか舌でチロチロしたり唇で締め付けたりといろいろ技を繰り出してきた。
5分ちょっとフェラをしてもらったが、あまりこれだけに時間を費やすのもつまらないので、「そろそろ入れたい」と彼女に言った。
そして後ろからの座位の体位で一旦挿入して僕は彼女に後ろから抱きついて彼女のオッパイを揉んだ。
しかし彼女が動き難いと言うので仕方なく彼女を四つん這いにさせて彼女をバックから掘り込んだ。
すると彼女は急に喘ぎ声を上げ始めた。
僕は彼女の片腕を持って彼女を引き寄せて深く何度も腰を打ちつけてそのままフィニッシュした。
終わってから二人で風呂に入り、体を洗ってからホテルを出たが、今回の女の子は顔はまあまあだったが、サービス精神が今一つでがっかりだった。

続きを読む

ゆかり

今日は昼前に池袋に向かった。
途中で上野のハッテン映画館によって、二人のオヤジにジーパンを脱がされフェラと手コキで抜かれたが、1時頃には池袋についた。

池袋では最近よく行くようになったSMクラブの事務所に寄って、まだ今日はお客のついていない女の子を指名した。
そしてホテルでお風呂に入って待っているとゆかりちゃんがやってきた。
ゆかりちゃんは写真でみるよりぽっちゃりしていて、ウエストにかなり肉がついていた。
ただ、顔はほぼ写真どおりで可愛い顔をしていた。
早速彼女とベットの横に並んで座ると彼女にディープキスをして、彼女の大きなバストを揉んだ。
そして彼女の服を脱がせるとベットに横になりしばらくディープキスをしながら乳首を転がして愛撫した。
彼女は乳首が敏感なようで乳首を摘まんだり転がすと小さく喘ぎ声をあげていた。
そしてパンツを脱がせると両足を大きく開いてオマンコ露わにすると彼女は手で隠そうとした。
僕はそれを遮って彼女のマンコを舐めようとすると「ダメ、シャワーを浴びていないし、さっきトイレに行ったばかりだから」と彼女は恥ずかしそうに言って股を閉じようとしたが僕は強引に彼女の股を開いてオマンコを舐めた。
確かに彼女のオマンコはちょっとしょっぱい味がしたが、それが余計に興奮して彼女の恥垢を舐めとるようにクリトリスに吸いついた。
いつものように彼女のクリトリスを舐めながら、左手で乳首を転がして右手の中指と人差し指を挿入した。
しばらくそれで彼女を責めたあと右手の中指を彼女のアナルに挿入した。
彼女はちょっと痛がったのローションをつけて再度奥深くまで挿入した。
そして黄金がないかどうか探してみたが、見つけられなかった。
そのまま右手の人差し指でオマンコを中指でアナルの2穴責めをしなが親指でクリトリスを刺激して乳首を吸いついていた。
しばらくしてから彼女のアナルから指を抜いたが黄金の滓はついていなかった。
ただウンコの匂いは仄かにした。
そして今度はシックスナインの体勢になって、彼女は僕のチンポをフェラして、僕は彼女のクリトリスに吸いついた。
そして再び彼女のアナルに指を奥深くまで挿入して、黄金の滓がないか探してみた。
すると今度はアナルの奥深くに小さい固形物がいくつか感じられたの彼女が痛みを感じないように慎重に何度かにわけてその固形物の一つを取り出してみた。
すると半透明な固形物が指に引っ掛かってきたので口に入れて噛んでみると、それは玉ねぎの破片だった。
その玉ねぎの破片はほとんど消化されずに玉ねぎの味を残していた。
しばらく彼女はシックスナインで気持ちいいフェラをしてくれて、それを堪能していたがそろそろアナルファックをしたくなったのでチンポにゴムをつけた後、彼女に四つん這いになってもらいバックで彼女のアナルにチンポを挿入した。
そしてチンポを奥深くまで届くように何度もピストン運動をした。
彼女のお尻は大きくて抱えがいがあり、アナルもきつくて後ろからバストを揉みながらアナルファックをしていると、すぐにイキそうになった。
そこで一旦チンポを抜いて、今度は仰向けになってもらい正常位でアナルに挿入した。
仰向けになった両足を高く掲げて彼女の乳首を揉んだり、クリトリスを刺激しながらピストン運動をしていた。
彼女は僕が奥深くチンポを挿入するたびに「アッ、アッ」と喘ぎ声をあげていた。
しばらく正常位で腰をふっていたが、だんだん腰を振るスピードを上げて、最後はチンポを叩きつけるように激しく早く腰を振ると彼女の喘ぎ声も一段と高く大きくなってきた。
そして彼女の締りの良いアナルに扱かれながら、そのままザーメンを発射してしまった。
発射したあと、ゆっくりチンポを抜くと彼女のアナルは大きなウンコ排泄するように僕のチンポを吐き出した。
彼女にチンポをティッシュで拭いてもらったあと、一緒にお風呂に入りその後まだ時間があったのでしばらくおしゃべりをした。
(彼女は今年の3月でこの店に入って2年になる。他の人も結構長く務めている人が多い。オーナーは女性で40歳代の美人のセレブのような人で面倒見は良い。アナルプレイはプライベートではやったことはなくてこの店に入ってやるようになったが、アナルプレイを練習する前にアナルファックをやっていたので最初は痛くてほとんど入らなかった。半年くらいたってから痛みは消えて、最近は気持ちよさを感じるがまだアナルでイッたことはない。オマンコだけでもイクことはなくてクリトリスを責められないとイクことはない。等)
その後ゆかりちゃんと一緒にホテルを出て途中まで一緒に帰った。

帰りがけに‘椿屋’のつけ麺と、‘さとう’のつけ麺を食べて帰った。

いくみちゃん

今日は池袋のSMクラブに寄った。(アナルファックが安い店)
昨日入店したばかりのいくみちゃんを指名してホテルで待った。
やってきたのは、ちょっとヤンキーっぽい子で話し方も‘あざーす’という感じで一瞬大丈夫かなと不安に思った。
ただ、良く話してみると割と性格のいい子だったので安心した。
(ドリカムの吉田美和をちょっと若くして不細工にした感じ)
彼女が店に電話したあと早速彼女の上着を脱がすと華奢な体に乳房がちょっと盛り上がっているだけの高校生のような体格だった。
(本人は昨日誕生日を迎えたばかりの21歳と言っていたが)
彼女を抱きよせて乳首吸うと彼女は気持ち良さそうに眼を閉じた。
彼女にどこが感じるのと聞くと「ココっす」と股間を指したので彼女のパンツを脱がすと、彼女のパンツの股間はまっ茶色に汚れていた。
彼女に「パンツすごい汚れているね」と言うと、「生理が終わったばっかりだから」と返事をしてきた。
なるほどと彼女のマンコを舐めはじめると、確かに鉄分の味がしてきた。
彼女のクリトリスとマンコを舐めながら乳首を弄っていると彼女は気持ちよさそうに声をあげ、マン汁を出してきた。
僕は右手の指2本を彼女のマンコに挿入して、激しくピストンをした。
すると彼女のマンコの中がユルユルになってくるのがわかった。
さらに右手の薬指を彼女のアナルに挿入して2穴責めを行った。
そして僕はベットの上で膝立ちとなり彼女に生フェラをさせた。
彼女に生フェラをさせながら2穴責めをしていると、彼女のあそこがすっかりふやけているのがわかった。(アナルに黄金はなかった)
そこで彼女に「そろそろ入れようか」といって、僕が仰向けになった。
彼女は僕のチンポにゴムをつけて騎乗位になって挿入してきたが、なんとアナルではなくそのままマンコに挿入してきた。
僕は気持ちが良いので、そのまま彼女の貧乳を揉みながらマンコに挿入して騎乗位で腰を突き上げていた。
しばらく騎乗位を楽しんだ後、今度はバックで彼女を責めることにした。
そこで四つんばいになった彼女の後ろからアナルにチンポを挿入したところ、入るには入ったが彼女は「痛い」と言うので、結局マンコに挿入した。アナルからチンポを抜き出す時にゴムが外れたが、そのままマンコに挿入した。
そしてバックでマンコを突き上げて、そのままフィニッシュした。
フィニッシュする際に、少し彼女のマンコにザーメンが入ったかもしれないが彼女は生理が終わったばかりでもあり、まあ大丈夫だろう。

続きを読む

はじめてのAFプレイ

今日は池袋で初めてのSMクラブに連絡してみた。
そこではAFが15800円でできると携帯サイトに出ていたので、電話で確認してみるとその通りだというので早速事務所に行き受付をした。
事務所ですぐにプレイできる子を写真で確認して‘かこ’という子を指名した。
その後ホテル行きシャワーを浴びて女の子を待っているとかこちゃんがやってきた。
写真で見たよりは老けてみえたがあまり気にせずすぐにかこちゃんの服を脱がせて乳首にむしゃぶりついた。
今日は初めてのお客ということもあり、またシャワーも浴びせていなかったのでかこちゃんは煙草の匂いがプンプンしていた。(ディープキスにもタバコの味がした)
パンツも脱がせて全裸にしてベットに横にするとキスをしながら乳首を舐めた。
そしてかこちゃんの両足を掴んで股間を開かせるとかこちゃんはパイパンだった。
そのパイパンのマンコにむしゃぶりつくとちょっとしょっぱい味がした。
僕はクリトリスを集中的に舌で責めて、左手で乳首を転がし、右手の人差し指と中指をマンコに挿入してかこちゃんを責めた。
そしていよいよ右手の中指をアナルに挿入してみた。
アナルの奥深くまで中指を挿入するとなんとなく黄金らしき触感が感じられたのでその黄金を探すように中指をかき回した。
クリトリスを乳首とマンコとアナルの2穴責めをしばらく続けたあとアナルに挿入していた中指を引き出すと、ベットリと黄金の滓が指先に付着していた。
僕はかこちゃんに見られないようにその指先の黄金のカスを綺麗に舐めとった。
そして今度はアナルバイブをかこちゃんのアナルに挿入して、バイブと手マンコでかこちゃんを責めた。
そのまま5分ほどかこちゃんを責めた後僕はベットの上で膝立ちとなり、かこちゃんフェラをさせた。
そしてチンポをしっかり立たせたあとにゴムをつけてもらって僕がベットの上で仰向けになった状態でかこちゃんが騎乗位でアナルに挿入した。
かこちゃんのアナルはしっかり僕のチンポを締め付けたまま、ゆっくり腰を振ってくれた。
しばらくはかこちゃんに任せていたが、そろそろ僕もイキたくなったので、僕からも腰を強く突き上げていったところ、急にかこちゃんの表情が険しくなり本気で気持ち良くなりはじめたようだった。
それをみた僕はさらに腰を強くかこちゃんのアナルに叩きつけているとかこちゃんはますます眉間に皺をよせて喘ぎ声も激しくなってきた。
僕は騎乗位のかこちゃんのオッパイを揉みながらかこちゃんのアナルにチンポをたたき込み、最後にかこちゃんの背中に手を回してかこちゃんを抱きよせながらザーメンを発射した。
ザーメンを発射した後はしばらく疲れてハアハア言っていたが、かこちゃんは僕のチンポからゴムを外してチンポを拭いてくれた。
その後、かこちゃんはトイレでオシッコをして、それぞれ風呂でシャワーを浴びたあとしばらくおしゃべりをした。(池袋のラブホテルの話や、美味しいラーメン屋の話等)
その後二人でホテルを一緒に出て、かこちゃんが教えてくれたラーメン屋(なんつっ亭)まで一緒に帰った。
そこでラーメンと餃子を食った後、さらにつけ麺屋の‘のぶなが’で並を注文して帰った。
二日続けて男と女のアナルを掘ったのはなかなか良い経験であったが、アナルはどちらもしまりがよくてゴム付きならばマンコよりも気持ちがいいと思った。

続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ