変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

ソープ

ソープの熟女エイコ

今日は何年ぶりかでソープランドに行ってみた。
暑い昼下がりにソープ街の人通りは少なかったが、それでも店の中にはそこそこ客が来ていた。
その中でも僕あえて古そうな鄙びたソープに入ってみた。
呼び込みもおらず、臨時の店番らしい婆さんも愛想がなかったが、なんとなく老舗っぽかったのと安かったので入ってみた。15時50分頃に店に入ると16時くらいに婆さんに呼ばれると、エレベーターの前で50歳はとうに過ぎたと思われる小柄な姫が待っていた。
ただいきなり僕の手を取ると自分の胸に押し付け「背の高いハンサムさん、いらっしゃい」と愛嬌は良かった。
僕が「オシッコだしてもらえるかな?」と聞くと「ん〜、たぶん大丈夫」と答えた
そしてエレベーターで一緒に3〜4階に上がると部屋に通されたが、やはり部屋も古臭くて薄暗かった。
部屋では彼女が冷蔵庫から冷たいオレンジジュースを出してくれたのでそれを半分飲んだ。
僕がジュースを飲んでいる間に彼女はさっさと服を脱ぐと全裸になった。
乳房もお尻も垂れていて、まさに熟女体型の彼女を抱き寄せると乳首を軽く舐めた。(と言うより彼女から近づいて舐めさせてくれた)
そして僕も汗ばんだTシャツを脱いでハンガーで干してもらうと、残りの服も全部脱いで風呂場に入った。
風呂場に入ると彼女は早速僕をスケベ椅子に座らせて軽く股間を洗い流してくれた。
そして湯船に入り汗を流した。
湯船で休んでいると彼女「出るかも」と言うので湯船から出た。
彼女が「どんなふうに出せばいい?」と聞くので「顔に掛けて」と言うとタイルの上に寝転んだ。
彼女は僕を跨いで「これでいい?」と聞くので「もう少し腰を落として」とお願いすると彼女のマンコが目の前にきた。
彼女が「出るわよ」と言うとマンコの閉じた小陰唇の間から黄色いオシッコがチョロチョロと垂れてきた。
僕はそれを口で受け止め半分くらい飲み込んだ。
彼女のオシッコは酸味が強く濃い味だった。
そして彼女にシャワーで体や口を洗い流してもらうとまた湯船に入り歯を磨いた。
すると彼女が「私も入って良いかしら」と聞くので「どうぞどうぞ」と促すと彼女も湯船に入ってきて早速僕のチンチンを握ってきた。
僕も彼女の乳房を柔らかく揉んでいたら、彼女が「しゃぶっていいかしら」と言うので「お願いします」と腰を浮かせると彼女も腰の間に自分の足を入れて僕のチンポを水面上にださせると、パクリとくわえてしゃぶりだした。
彼女は亀頭や竿を丁寧に突っつくようにしゃぶっていた。続きを読む

久しぶりのヘルス

今日は仕事で移動中の昼間に久しぶりにファッションヘルス(ソープランド)に寄った。
徹夜明けで風呂に入ってなかったのでサッパリしたかったこともあるが、そこは前から駅のホームで見かけていたので気にはなっていた店だった。
総額一万円を払ってロビーで待たされた後5分位して呼ばれた。
女の子はリサちゃんと言って、25歳で身長は167センチのスレンダーな美人さんだった。
部屋に入ると早速服を脱いでいるとリサちゃんも一緒に裸になってスタイルの良い裸を見せてくれた。
そして一緒に浴室に入り彼女に体を洗ってもらった。
昨日から風呂に入っていなかったので全身をソープで洗ってもらい、ついでに髪も水洗いした。
一通りあらって湯船に浸かりサッパリしてから体を拭いて彼女と一緒にベッドに腰掛けた。
最初は僕がベッドに横になり、彼女のリップ攻めに身を任せていた。
彼女は僕の乳首やお腹に舌を這わせてたまに僕の口にキスをしながら下半身に移り、太股から玉袋にキスをしたあとゴムを出してきて僕のビンビンになったチンポに被せてフェラをしてきた。
彼女のサービスが終わったあと、今度は彼女がベッドの横になり、僕が彼女のそれほど大きくないけど形の良い乳房をもんで陥没している乳首を舌や指で責めてたたせようとした。
そしてさらに彼女の股に右手を割り込ませ、彼女のマンコに中指を挿入した。
彼女のマンコは良い感じに濡れており、僕は更に人差し指も一緒に挿入した。
そして右手をピストンさせながら彼女の乳首を吸い回した後、僕は顔を彼女の股間に突っ込んで彼女の多めの陰毛が生えている割れ目に舌を入れて、クリトリスを刺激した。
彼女の陰毛の少しオシッコ臭い匂いに興奮しがら舌でクリトリスを刺激し、右手の二本の指をピストンしていると、彼女の息遣いが少しずつ荒くなってきた。
僕はこのまま彼女をイカせようとさらにピストンを続けていたが、彼女が起き上がり‘今度は私が責める’と言ってきたので、それ以上責めるのは諦めて指を抜いた。
彼女のマンコに挿入していた指は彼女のマン汁がついて少し酸っぱい匂いがして興奮した。
横になった僕の上に彼女は騎乗位の姿勢になって素股で腰を振り始めたがローションをチンポに多めに付けすぎたせいかチンポへの刺激が強すぎて今ひとつイキそうにはならなかった。
そこで彼女に抱きついてもらったりキスをしてもらったがやはりダメで彼女も疲れてきたようだったので、仕方なくゴムフェラ(このヘルスは生フェラは禁止)をシックスナインでしてもらい、彼女のマンコに指を挿入しながらクリトリスをしゃぶっているうちにザーメンを発射した。
終わったあと彼女とちょっと話して帰ってた。
(服や下着にはあまりお金をかけない。働いたお金は貯金してエステを開業したい。 昔エステをやっていた等)

なかなか可愛いくて綺麗な姫だった。
45分 1万円

続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ