変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

SM

変態りな(5回目)

今日は久しぶりにSMフェチ性感の店に行ってみた。
事務所の入り方が変わっていて少し迷ったが、無事に以前の店にたどり着くと、出勤している子を見せてもらった。
すぐに入れる姫は2人だけだったので仕方なく以前指名したことのある姫に入った。
19時30分に紹介してもらった激安ホテルに入るとシャワーを浴びて待った。
10分もしないうちに彼女が来た。
以前とよりも少し老け込んだ感じがした。
彼女は僕を見るなり「久しぶりだね〜いつ以来だろ」と話かけてきた。(実際は1年半ぶりくらい)
そしてガウンを捲ると「あれからイロイロと開発された?」と言いながら僕のチンポを握ってきた。
そして唾をペッとチンポに吐きかけた。
その後彼女は全裸になると、僕はベッドに仰向けに寝た。
彼女は僕を逆向きで跨ぐように四つん這いになるとチンポに唾をペッペッと吐きかけて扱きだし、さらに僕の顔にお尻を押し付けるように腰を下ろした。
僕は彼女の小さなお尻を抱えるとアナルに舌をねじ込むように挿入して舐めまわした。
彼女は僕のチンポを唾でベトベトにしながら扱いていたが、そのうちに僕のお尻を広げて「毛を剃ってあげる」と言い出した。
そして洗面台からカミソリを持ってくるとお尻の周りにローションを塗り、カミソリで剃りはじめた。
アナルを中心にその周囲をひととおり剃り終わると彼女は立ち上がって僕を跨ぐと僕の方に向いた。
そして今度はチョロチョロと股間からオシッコをして、僕のチンポにオシッコをかけてきた。
僕はオシッコがもったいないと慌て起き上がり彼女のオマンコに口を寄せて彼女のオシッコを飲み干した。
彼女のオシッコはなかなか濃かった。
彼女のオシッコを全て飲み干すと彼女は「キレイにして」と言いながら僕の方を向いたまま顔の上に座り込んできた。
そこで僕は彼女のオシッコの雫が付いたままのオマンコを舌でキレイに舐めまわした。
彼女はしばらく僕にマンコを舐めさせた後に僕の口元に唾を垂らしきた。
そこで僕はその唾を口をあけて受け入れると彼女は今度はペッと顔全体に唾を吐きかけて唾を僕の顔全体に広げだした。
その後彼女は持参してきたペットボトルのスポーツ飲料を飲むと口の中に溜めた液体を僕の口の中に垂らしてきた。
僕はその甘い液体を口に受けて飲み干した。続きを読む

エロエロな姫

今日は以前プレイしたゆいを指名した。
朝の10時10分頃にホテルに入るとシャワーを浴びて待っていた。
すると10時40分頃に彼女がやってきた。
ドアを開けると彼女は「フフフ」と笑っていて「ごめんね〜、まだ生理が来てないの」と言った。(事前に生理中のプレイを希望していた)
そして部屋に入るなり僕のそばによってきて、いきなりバスローブを捲りチンポを触ってきた。
さらに彼女はベッドに座っている僕の横に座ると、僕の乳首を摘んできた。
そしてキスをしてきたが直前まで飴を舐めていたのか唾が甘かった。
彼女は僕の手を取り自分の胸に当てるとノーブラだった。
そしてブラウスのボタンを一つ外して乳房を見せてくれた。
僕はその柔らかい乳房を揉み、さらにボタンをもう一つ外すと露わになった乳房に吸いついた。
しばらく彼女の柔らかい乳房を堪能したあと彼女は店に電話した。
そして僕を仰向けに寝させたあと服を着たまま腰を下ろして顔面騎乗となった。
彼女が昨日からお風呂に入っていないという股間の臭いをパンティストッキング越しに嗅いだ。
さらに彼女がやっても良いと言うので、そのパンストを破って直接パンティのクロッチに鼻をこすりつけて嗅いだ。
その間彼女は僕のビンビンになっているチンポに唾を垂らしながら扱いていた。
そして彼女のパンストを下ろすとさらにパンティを下ろした。
彼女は一旦ベッドの上で立ち上がると自分のパンティを僕の鼻にこすりつけて「昨日から風呂に入っていなかったの。今日も朝ウンコやオシッコをしたあと拭いてないの。どんな臭いがするかしら」と言っていた。
さらにそのパンティを僕の頭に被せるとクロッチ部分が鼻にくるようにして臭いを嗅がされた。
彼女のパンティは確かにオシッコの臭いもしたが、全体的にはオリモノのチーズっぽい臭いが強く、そんなに激臭ではなかった。
そして彼女は顔に被さったパンティを少し捲って僕の口を出すとそこに甘い唾を垂らしくれた。
その後彼女は僕の顔を跨いでマンコを見せてくれた。
彼女のマンコは小陰唇はどす黒く、中は赤色がかったピンクで使い込んだようなイヤラシイ色をしていた。
そしていよいよ彼女は腰を下ろして顔騎となった。
僕は最初にアナルを舐めた。
彼女は「朝ウンコをして拭いてない」と言っていたがウンコの味は全くしなかった。
さらに口をずらしてマンコに舌を挿入しクリトリスを舐めた。続きを読む

小悪魔シオン

今日は久しぶりに以前通っていたSMクラブに行ってみた。
20時に事務所に行って写真を見ていると予約可能な女の子が3人しかおらず、その中でも1番早く入れる女の子のシオンちゃんをお願いした。(ポイントが溜まったので1万円の割引券をもらった)
しかしそれでも1時間30分も待たなければならないので、その辺をブラブラしたりファーストフードで時間をつぶしたりしていた。
そしてホテルに21時前には入ってシャワーを浴びて待っていたら、21時40分頃にシオンちゃんがやってきた。
部屋に入ってきたシオンちゃんは小柄(身長は150cmしかない)で顔も小さく、スレンダーで目がパッチリとしていてちょっと西洋人形のように可愛らしい女の子だった。(茶髪でショートカットで色白で彫りの深い顔立ち)
今は24歳とのことだがもっと若く見られるベビーフェイスで、会った瞬間にチンポがビンビンに勃起していた。
彼女はお店に電話すると早速プレイのカウンセリングをしてきた。
僕が変態で聖水が欲しいことを伝えると「どこにして欲しいの?、お口? 飲めるの? そう出来る子なんだ」とちょっと嬉しそうだった。
そして僕の浴衣の合間から股間のチンポが勃起しているのを見つけると「あら、どうしたの、もうおっきくなったの」と下から見上げるように言いながら僕のチンポをビンビンと指で弾いた。
僕が「シオンさんの顔を見たらおっきくなっちゃった」と伝えると「ふーん、顔見ただけでおっきくなるなんて変態ね」とまたチンポをはじいた。
カウンセリングが終わると、「じゃあ軽くシャワーを浴びようか」と言って服を脱ぎ全裸になった。
彼女は貧乳でおっぱいは小さいが乳首がピンク色で綺麗で、下腹部と腰に入れ墨をしていた。
シャワーを浴びて戻ると、彼女が脱いだ浴衣をベットに引いてプレイの準備をした。
準備ができると「じゃあ、横になって」と言うので僕はベットの上に仰向けになると、彼女はブルマに着替えていた。
彼女の幼い顔にブルマは良く似合っており、ちょっとギャル系の女子高生のように見えた。
彼女は僕の両脚を広げさせて膝を立たせると、僕のアナルを広げだした。
そして唾をぺッぺッと吐いて僕のチンポやアナルにベットリと唾まみれにしてしまった。
彼女は「こんな格好にさせられて恥ずかしい?、アナル丸見えだよ」とアナルの表面を指で撫でできた。
そして僕の乳首が立っているのをみて「ん、なにこんなに乳首を立たせてんの?、感じるの?」と言っては今度は乳首を摘まみあげ、さらに吸いついてきた。
僕は感じて彼女を軽く抱きしめながら小さく「ああーっ」と喘いでいたら「感じるのね。じゃぁ、この乳首を噛み切ってあげようかしら」と今度は結構強めに乳首を噛んできた。
かなり痛かったので僕が「うあっ」と呻くと、噛むのをやめて舐めてくれた。
そして僕の顔の前に来ると口から唾をタラーリと垂らしてくれた。
彼女はアメを舐めていたので、その唾液は甘く美味しく「美味しいです」と伝えると「当り前よ、美味しくないなんて言ったら許さないよ」とさらにまた唾を垂らしてくれた。続きを読む

りなちゃん(4回目)とゲロプレイ

今日は久しぶりにフェチ性感のデリヘルに電話してりなちゃんを指名した。
15時50分頃にホテルに入り、待っていると16時過ぎにりなちゃんがやってきた。
りなちゃんは僕の顔を見るなり「久しぶりだね。どうしたのこんな早くに」と言ってきた。
僕は「たまたまだよ」と言いながらりなちゃんを部屋に迎え入れた。
りなちゃんが「今日はどうする?」と聞いてきたので「ゲロが出せればいいな」と言うと「今、ハンバーガー食べたばかりだからハンバーガー味だけどいい?」と聞くので「是非ください」と言った。
そしてベットの上に浴衣を引いて準備をすると早速僕は全裸で仰向けになった。
すると彼女はペットボトルのお茶を飲みながらいきなり僕の顔を跨いで立ったまま口からお茶を垂らしてきた。
僕はこぼれないように口を開けてお茶を受けていると「こっちも出てきたよ」と言いながらオシッコをしてきた。
僕はマンコの下に顔を移動して彼女の聖水を受けたがとっても濃くて苦い聖水だった。
聖水が全部出終わると彼女は僕の上半身に四つん這いになってきて、いきなりゲロをしてきた。
最初の一口は僕の口に入ったが残りは首の周りにこぼれてしまった。
それでも口に入ったゲロは酸っぱいながらも確かにハンバーガーの味がして挽き肉が混ざっていた。
僕はそのゲロを咀嚼しながら飲み込むと、彼女は僕の下半身に移動してビンビンに勃起しているチンポに向かってゲロをしていた。
そしてゲロまみれになった僕のチンポをしごきだした。
僕も突き出された彼女の可愛い小さなお尻を抱え込むとアナルに吸い付き、彼女のアナルに舌を挿入した。
アナルの奥深くまで舌を挿入していると「もしかしたら黄金もでるかも」と言うので期待に胸を膨らませながらアナルを舐めた。
しかし彼女のアナルはヒクヒクしていたが黄金の塊は残念ながら感じられなかった。
そうこうしているうちに彼女は僕の下半身をゲロまみれにして、さらに唾を吐きかけながらベトベトにしてチンポをしごいていた。
しばらく彼女と69の状態になっていたが、そのうちにまた彼女は立ち上がり、僕の顔を跨いできた。
そして再び苦くて濃いオシッコを僕に飲ませると、「キレイにして」と言って顔騎となった。
さらに69になって僕のチンポをまたしごきだしたので僕も彼女のアナルに吸いつくと突然「ブッ」とオナラをしてきた。
一瞬、僕の口がガスで膨らんで鼻から微かにオナラの臭いをさせながら抜けていった。続きを読む

変態りなちゃん(3回目)

今日は久しぶりにフェチデリヘルのりなちゃんに会った
20時10分頃にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると30分前くらいに彼女がやってきた。
彼女は僕のことを覚えていてくれてニヤニヤと笑いながら部屋に入ってきた。
そして早速彼女は僕の前に立つと浴衣を捲り乳首を捻りあげ「もうアソコを固くして。今日はどうされたいの」と聞いてきた。
僕が「りなさんの便器にしてください」と言うと「そう、便器になりたいの。便器がこんなもの着てちゃダメよね」と言って浴衣を脱がせると僕をベッドの上に仰向けに寝かせた。
そして僕の乳首をまた捻りながら唾を僕の口の中に垂らしてくれた。
さらに「今日はクシャミがしたい気分なの」と言うと、ティッシュをひねってコヨリを作り、自分の鼻をくすぐると「クション」と何度も僕の顔に唾をぶちまけた。
そして唾でベトベトになった僕の顔を手のひらで塗りたくった。
次に彼女は立ち上がり僕の顔を跨ぐと「いくわよ」と言いながら早速オシッコを垂らしてきた。
僕はこぼさないように顔を移動させながらオシッコを飲んでいたが、彼女のオシッコが一部太ももをつたってこぼれたりするので彼女は一旦放尿を止めると中腰になり僕は彼女のマンコにピタッと口をつけた。
そして彼女が放尿の残りを始めたが、今度は一滴もこぼさずに飲み干すことができた。(味は薄いが匂いは強いオシッコだった)
彼女は「上手に飲んでるわね」と誉めてくれた。
僕はそねまま彼女のマンコに舌を入れてキレイに舐めた。
その後、彼女は僕の身体をまたがったまま四つん這いになりお尻を突き出して僕のチンポをしごき始めた。
僕も彼女の小さなお尻を抱えてアナルに舌を挿入しつ舐めまくった。
しばらくチンポをしごかれながら舐めていると、彼女がまた「オシッコをしたい」と言って僕に跨がってきた。
今度チョロチョロだったがこぼさずに飲み干して彼女のマンコを綺麗に舐めた。
そしてまた彼女はクシャミをした後、ジュジューと鼻水を垂らしてきたので飲み込んだが一部が鼻の上に垂れると彼女はその鼻水を手のひらで僕の顔の上にまんべんなく塗りたくった。
その後、自分のパンティを持ってくると今日一日中付けていたオリモノシートを剥がして僕の鼻に押し付けて嗅がせた。
それはとっても酸っぱい匂いがした。
彼女は「そんなものの嗅いで興奮してるなんて変態ね。どんな匂いがするの?」と言うので僕は「とてもいい匂いがします」と答えた。続きを読む

変態りなちゃん(2回目)

今日は久しぶりにフェチ性感に行って、以前プレイしたことのあるりなちゃんを指名した。
りなちゃんは以前ゲロプレイをしてくれたので今回も期待していたところ、お店の人が「ちょうど生理が始まっちゃったんですが、いいですか?」と聞くので僕は内心喜びながら「かまいません」と答えた。
17時過ぎにホテルに入りシャワーを浴びて待っているとりなちゃんがやってきた。
りなちゃんは小柄で顔つきはちょっと老けたCharaのような感じだがスタイルはなかなか良い。
また、肩と足首にタトゥーを入れている。
彼女は僕のことを少しだけ覚えていてくれて、カウンセリングも簡単にするとすぐにプレイに入ってきた。
(ゲロとウンコも出るようあれば出すとのこと)
最初に彼女は股間に手を突っ込むとマンコの中から千切れたスポンジを取り出してきた。
出勤中に生理が始まるとこれで栓をするとのこと。
彼女は少し血がついたそのスポンジを僕の鼻に付けてきて「どう、臭いでしょ」と言ってきた。
確かにそのスポンジは経血とオリモノなどの匂いが混ざって生臭い強烈な匂いがしたが、僕はその臭さに興奮して「臭いです。でもいい匂いです」と答えた。
そして僕は全裸で仰向けになってベッドに横たわると彼女は後ろ向きのまま僕を跨ぎ、「しっかりと匂いを嗅ぐのよ」と言いながら腰を下ろしてきた。
僕は‘あの強烈な匂いに塞がれてしまうのか’とちょっとドキドキしながら顔でマンコを受け止めたが、意外にもそれほど臭くはなかった。
そこで僕は彼女のマンコやアナルに舌を挿入して舐めまくった。
その間、彼女はチンポに唾を垂らして扱いていた。
マンコを舐めていると彼女は何も言わずに、すぐにオシッコをしてきた。
彼女は色の濃いオシッコを僕の口に注いだあと、すっと立ち上がると僕を跨いだまま下半身に移動し、またオシッコを出して今度はチンポにかけてきた。
そして唾とオシッコでヌルヌル、ビチョビチョになった僕のチンポをしごきだした。
そしてまた僕の方に振り返ると今度はたっぷりの唾を口の中に垂らし、さらにペッと唾を顔に吐きかけて顔中に塗りたくった。
さらに乳首に唾を垂らして乳首をヌルヌルにしながらつまみ上げた。
そのうちに彼女は口の中に指を突っ込みゲロを出そうとしたが、残念ながら今回は大量の透明な粘液しかでなかった。
それでも僕はその粘液を口で受けてヌルヌルの食感を感じながら飲み込んだ。
しかし味はほとんどなかった。続きを読む

とってもエロいまきちゃん

今日は久しぶりのSMフェチ性感のデリヘルに電話してみた。
20時過ぎに事務所に寄って割とスレンダーな(Bカップ)まきちゃんを指名した。
先にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると20時20分くらいに彼女がホテルにやってきた。
いつものようにOLのような事務服を着てきた彼女は珍しく事務所の写真よりも可愛く見えた。
彼女は会うなり僕の着ていたガウンをめくると、チンポを掴んで亀頭を指で撫でたり、尿道口を開いてみたりと刺激してきた。
そしていつものようにカウンセリングした後、また軽くシャワーを浴びさせられボディシャンプーでチンポやアナルをヌルヌルにしながら触られた。
風呂から上がると僕は全裸でベッドに仰向けになった。
そして大の字にさせられると、彼女は両足首をロープで縛られ足が閉じれないようにした。
また両手首も同じように広げられたまま縛られて動けなくなった。
彼女はブラとパンティの状態で僕に覆い被さってくると乳首を舐め、吸い、甘噛みし、つまみながら「何こんなに乳首を固くしてるの」と言いながら唾をたらしてヌルヌルにした
さらに彼女は口の中の唾を溜め込むと僕の口に大量の唾を垂らしてくれた。(味はなかった)
次に彼女は僕の下半身に移動すると、僕のチンポを扱いたり金玉袋をサワサワと触ってきた。
彼女は亀頭に唾を垂らして手のひらで撫で回したり、ペロペロと舌で舐めたり、パクッとくわえてフェラをした。
そしてアナルも指で押してみながら「なんでここヒクヒクしてるのかしら」と言った。
次に彼女は僕の足を広げながら立ててアナルが良く見えるようにすると、ローションをアナルに垂らしてまた指を少しだけ押し込んでみた。
そのうちに中指をヌルッと奥まで深々と入れるとアナルの奥深くで前立腺を押してきた。
アナルの挿入は痛くはなかったが違和感があった。
そして彼女は指を挿入したままチンポもしごきだした。
僕は相変わらずアナルの違和感に慣れることなく耐えていた。
彼女はしばらく中指をだしたり引っ込めたりしていたが、また指を引き抜くと口でチンポをくわえてしゃぶりはじめた。
しばらくフェラしてくれたあと彼女は口からチンポを吐き出して立ち上がり、パンティを脱いでクロッチの部分を僕の鼻に押し当てるように被せた。
しばらく僕は彼女の控えめな股間の匂いを嗅いでいるうちにチンポは固くビンビンになっていた。続きを読む

久しぶりのSMプレイ

今日は久しぶりに馴染みのSMクラブにいった。
19時35分にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると、彼女が来た。
今日は彼女の好きなことをさせてあげると言うと3種類の鞭と赤い蝋燭を出してきた。
僕は彼女の言われるがままにベッドの上に四つん這いになるとお尻を突き出した。
彼女は最初はバラ鞭で40回叩いたがこれはあまり痛くはなかった。
次にラケットで30回叩かれたがこれはそこそこ痛くてお尻が熱くなってくるのがわかった。
最後に1本鞭で30回叩かれたが、これは痛かくて、お尻がヒリヒリ、ジンジンした。
そんな僕のお尻を彼女は足裏を押し付けて冷やしてくれた。
しかし、火照りが収まったのは一瞬ですぐに彼女は蝋燭に火をつけて、熱々の蝋を僕のお尻に垂らしてきた。
僕はそのたびに「アチチ」とお尻を振りながら悶えた。
彼女は「あとでいっぱい聖水が欲しいんでしょ。だったら我慢しなさい」と言った。
そして蝋責めに耐えると彼女はいよいよストッキングとパンティを脱ぐと僕の顔の上に座ってきた。
僕は彼女のお尻を抱えて股間の匂いをおもいっきり吸い込むとほのかに香水の匂いと生臭い臭いが混ざっていて興奮した。
たっぷり臭いを嗅ぐと舌をアナルの奥深くまで挿入して舐めまわした。
彼女は僕の顔の上に深く腰を掛けたまま僕の乳首を摘んだり脇腹を浅く引っ掻いたりしていた。
アナルを5分くらい舐めまわしたあと次にマンコに舌を挿入した。
さらに舌でクリトリスを唇でつまんで舐めたり転がしたりした。
そのうちに彼女が僕のチンポに手を出してきて、「そろそろオシッコしたくなっちゃった」と言ってきた。
そしてクリトリスの内側の尿道口からシャーッと薄味で温いオシッコを僕の口に排泄してきた。
僕はこぼさないようにゴクゴクと飲み干した。
彼女は僕が息がつけるように何度もオシッコを止めながら放尿してくれたが、彼女はかなり溜まっていたのかとても長い時間排泄していた。
彼女は放尿しているあいだずっと僕のチンポを手コキしてくれて、僕も彼女の尿道口に舌でオシッコを感じながら飲み干しているうちに、どんどん興奮してきてイキそうになった。
そして彼女に「イクッ」と伝えると彼女のオシッコを飲み干しながら、大量のザーメンをドクドク吐き出した。
彼女は「オシッコ飲みながらイっちゃったの」と言いながらもまだ放尿していた。続きを読む

変態女王樹里さん

今日は久しぶりに変態フェチの店に行った。
事務所で色っぽい雰囲気を醸し出していた樹里さんを指名してホテルに入った。
20時20分頃にホテルに入りシャワーを浴びて待っていると、樹里さんがやって来た。
珍しく写真とおんなじように茶髪でウェーブの聞いたロングの髪が色っぽい綺麗な女の子だった。(プロフィールでは31歳)
まずはカウンセリングをしたが樹里さんは黄金は得意なようで、前日に予約してくれれば自然便をモリモリ顔の上に排泄したり、塗りたくってくれるとのこと。
また昨日なら二日酔いだったのでゲロも可能とのことだった。
ただ今日はお金も時間もないのでいつもの40分コースにした。
なかなか変態度の高そうな樹里さんだが本人も変態プレイは楽しいので好きとのこと。
樹里さんの言われるまままたお風呂に入って体を洗われると、全裸でベッドの上で仰向けになって待っていろと言う。
そこで言われた通りにしているとブルマと体操服に着替えた彼女がやってきて、僕に目隠しをして両手の手首同士を縛り上げると部屋を暗くしてしまった。
そして「こんな格好で恥ずかしくないの、この変態君」とさっそくプレイに入ってきた。
彼女は僕のチンチンやわき腹を刺激したあと、口にペットボトルの烏龍茶を含んで(たぶん)僕の口やお腹の上に垂らしてきた。
次にチンポに唾を垂らすと軽くしごくと、そのあと僕のチンポを舐めていた。(たぶん)
さらに僕の股を開くとアナルを指で軽く刺激をして玉袋をサワサワと触りながらアナルを舐めてくれた。(たぶん)
そしてアナルにたっぷりのローションを塗ると、指をグイッと挿入してきた。
僕は彼女にはアナルは未経験ということにしていたが彼女は「何このアナルはスルッと指が入るわね」とまるで見透かしたゆうに責めてきた。
そして「ここが前立腺よ」と言いながらアナルの内側を押してきたが僕は相変わらずの違和感に「ウンコが出ちゃいそうになりますっ」と叫んで抜いてもらった。
そこで彼女は僕のアイマスクを剥ぎ取ると「もっとイタズラしてあげる」と言って小さいローターをコンドームに入れてバイブさせながらチンポの裏筋を刺激してきた。
そして次にそのローターをアナルの中に挿入してきた。
入れた瞬間こそ一時的に軽い痛みがあったが、ローターを全部飲み込んだあとはお尻の奥でジージーと刺激していた。続きを読む

まやちゃんと顔面騎乗プレイ

今日も変態M性感の店に行った。
18時前に事務所についてまやちゃんを指名した。
アロマの匂いのするホテルで待っていると18時過ぎにまやちゃんがやってきた。
彼女はちょっと背が高くてオラオラ系の女王様タイプだった。
軽くカウンセリングをすると一緒にシャワーを浴びた。
シャワーをあびたら彼女は体操服に着替えて早速ベッドに仰向けになるよう命令された。
僕はそれに従うと彼女はパンティを履いたまま僕の顔に座り込み匂いを嗅ぐように言った。
僕はモチロン彼女の股間の匂いを嗅ぎまくったが、残念なことにあまり匂いはしなかった。
次に彼女はパンティを脱ぐと生アナルを僕の顔に押し付けてきた。
僕は一生懸命アナルの中まで舌を挿入してアナルを舐めまくった。
しかし既に何人かのお客とプレイをしているせいかアナルはとても綺麗で何の味もしなかった。
僕が彼女のアナルを舐めていると彼女は僕の両足を持ち上げると僕のお尻にローションを垂らし、アナルに指を挿入してきた。
彼女は「なにこんなにスルリと指が入って。アナルの経験あるんじゃないの」と言いながら挿入した指を何度も抜き差ししてきた。
彼女は僕のアナルに指を入れて遊んでいたが、ローションがたっぷり塗られていたためか、ほとんど痛みもなくアナルの指が入っているのを感じていた。
しばらく僕のアナルを責めていた彼女だがオシッコをかなり溜めていたようで突然「もう我慢できない」と言うと僕の顔を見下ろすように跨り「少しもこぼすんじゃないよ」と言うと僕の口の中に放尿してきた。
僕は息もしないでゴクゴクと彼女のオシッコを飲んだが、薄味でお湯のように飲めた。
一滴もこぼさずに飲み干すと彼女は「飲んだ後は当然綺麗にするのよ。ウォシュレットのようにね」と言ってきたので、僕は尿道口を中心に舐めまわしたあと、マンコの中まで舌を挿入して舐めた。
マンコの中は少しべたつくような感触と酸っぱい味がした。
しばらく舐めていると、彼女は腰を浮かせて腰の位置をずらして僕の顔を膝で押さえつけると僕の顔を見下ろしながら唾を垂らしてきた。
僕は口を開けて垂れてきた唾とらえると彼女は2度、3度と唾を垂らしてきた。続きを読む

とってもエロいあずさちゃん

今日は最近新しく開拓した変態SMフェチクラブに行ってみた。
事務所で女の子の写真を見て一番可愛いと思ったあずさちゃんを指名した。
ホテルに8時45分くらいに入ってシャワーを浴びて待っていたが彼女が来たのは9時25分くらいになった。
部屋に来た彼女は写真通りに可愛くて、しかも入って早々に僕の浴衣から見え隠れするチンポをみて「おチンチン出して何してたの〜」と触ってくるなどとってもエロい雰囲気で期待させられた。
彼女は早速ベットに座ると僕の横にピッタリ寄り添うように座り「どんなことされたいの」とカウンセリングを始めた。
それが終わると彼女はOLの制服のような服を脱いだが、小柄で色白の彼女はお尻も小さくておっぱいも美乳でなんだか抱きしめたくなるような雰囲気だった。
そして先に彼女がバスルームに行き、僕は彼女の脱いだパンティのクロッチ部分の匂いを嗅いでいたら、その姿を彼女に見つかってしまった。すると彼女は「イヤーン、私のパンティの匂いを嗅いで興奮してるの?イヤラシィ〜」とエロい感じで言った。
僕はバスルームに行き身体を洗ってもらったが、少し大きくなっているチンポを「私のパンティの匂いを嗅いで大きくしちゃったの」と言いながら丁寧に洗ってくれた。
次に「バスタブに手をついてお尻を突き出して」と言ったのでその通りにすると「ここをいたずらされたことはある?」と言いながらアナルを中心にお尻を綺麗に洗ってくれた。
身体の泡を流してくれた時に僕は彼女のB〜Cカップ程度の綺麗な美乳を触らせてもらうと、とても柔らかくてさらにチンポがビンビンとなってしまった。
風呂から出ると早速ベットに仰向けになると、彼女は四つん這いで僕に近づいてきて僕の顔を覗き込むと唾を垂らしてくれた。
僕はこぼさないように口を開けて受け取ったが直前に飴でも舐めていたのかとても甘くて美味しかった。
2〜3回唾を垂らしてもらった後、彼女は舌を伸ばして僕の舌をチロチロと舐めてくれた。
そして「痰も欲しい?」と聞くので頷くと、ちょっと喉を鳴らして痰を集めると僕の口に垂らしてくれた。
僕はそのヌルッとした食感を舌で楽しんだが、やはり甘い味がした。
その後また鼻を啜って痰を吐き出してくれたので美味しくいただいた。
痰をもらった後、彼女は僕の乳首を舐めてくれた。続きを読む

初めてのゲロプレイ

今日は発展映画館で一発抜いた後先日プレイしたM性感の店に行った。
事務所で写真を見て29歳のりなちゃんを指名して9000円払ってホテルに入りシャワーを浴びて待っていると8時30分頃にりなちゃんがやって来た。
りなちゃんは小柄で写真で見るよりかなり老けて見えた。
まず最初にカウンセリングをした時、ゲロも出来ると言うのでお願いしてみた。
カウンセリングが終わるとりなちゃんはサッサと服を脱いだが意外と美乳だった。
そして風呂に行き、僕のチンポとアナルを洗ってもらった。
風呂からあがると彼女はブレザーの制服とルーズソックスに着替えた。
僕はベッドて仰向けになると彼女は早速僕の顔を跨いで中腰になり、勢い良くシャーと放尿してきた。
そこで僕はこぼさないように口を開けてマンコに近づきゴクゴクと彼女の聖水を飲み干した。(彼女のオシッコは大豆を炒ったような臭いがした)
放尿が終わり僕が彼女のマンコを綺麗に舐めてると「便器の癖になに勝手に舐めてんの」と叱られた。
そして立ち上がって僕の顔に向かうと、今度は喉に手を突っ込んでゲロを吐く体勢になったので僕は慌てて口を開けたが、ゲロは出ずに大量の涎だけ出た。
彼女はそれをローション代わりに僕のチンポにまぶすと軽く手コキをした。
そしてまた口に手を突っ込んでゲーとやると今度は灰色がかったゲロを僕の胸の上に吐き出してくれた。
彼女はそのゲロを手で掴むと僕の口の中に押し込んだ。
初めてのゲロは予想通り胃液の酸っぱい臭いがプンプンしていて、ゲロの中には彼女がお昼に食べたお弁当のノリとほうれん草が混ざっていて興奮した。
何度か彼女のゲロを僕の口に入れられたので僕はそれを味わって食べ、また自分でも首周りに垂れていた彼女のゲロを手ですくって食べた。
そして残ったゲロは彼女が僕のチンポにまぶしてローション代わりにして手コキをされた。
そのまま69になり、僕の顔にマンコとアナルを押し付けて手コキしていたが、ゲロのヌルヌルの刺激が強すぎてくすぐったかった。続きを読む

M性感のさやかちゃん

今日は初めてのSMクラブに行ってみた。
事務所に行くと店員にリピーターが多いと言われたさやかちゃんを指名して40分で1万円のM性感コースにしてみた。
2時間3000円のホテルに8時20分頃に入るといつものようにシャワーを浴びて女の子を待った。
8時50分くらいしてホテルに来たさやかちゃんは顔は地味だったがとてもスレンダーな体型に女子事務員の制服ような服を着ていてなんだかエロい雰囲気を醸し出していた。(29歳)
まず最初にカウンセリングをしてこちらの好みを伝えると、早速風呂に入ろうとするので、僕は既に入っていてさやかちゃんには風呂には入って欲しくないと伝えると「わかったけど、チンポとアナルだけはもう一回洗って」と言われたので、もう一度シャワーでチンポとアナルを洗った。
すると彼女は事務員のような服を脱いでセーラー服に着替えた。
着替える途中に見えた彼女の下着はフリルの付いた純白でとても綺麗だった。
彼女が着替え終わると僕はベッドの上に仰向けになった。
するとさやかちゃんは服を着たまま四つん這いで僕の顔の上に来て最初に唾を垂らしてきたので僕は大きく口を空けてそれを受け止めて飲み込んだ。
そして僕に近づいてきて僕の乳首を噛んだり舐めたりした。
しばらく僕の乳首を責めた後、今度は服を着たまま顔面騎乗して「こうやって匂いを嗅がされるのが好きなんでしょ」とパンティを擦り付けてきた。
さらにパンティを脱いで顔面騎乗してきたので僕は思う存分彼女のマンコの臭いを嗅いだ。
彼女は僕のチンポがビンビンになっているのを見ると「なに大きくしてんの」とチンポを握りしめてきた。
そして今度は僕の下半身に移動して、僕に両足を抱えさせたままアナルを舐めてきた。
彼女は「アナルのシワが丸見えよ」と言いながらアナルにローションを垂らして、そこに綿棒を突っ込まれた。
綿棒でアナルをかき回して抜いた後、彼女はゴム手袋をするとローションを指にたっぷり垂らしてアナルに指を挿入し、もう一方の手で手コキをしてくれた。
そして今度はアナルバイブを入れられてアナルの奥深くでビリビリとバイブが振動している状態で再び乳首を舐められながら手コキをされた。
そのうちにアナルバイブが自然に抜けてしまったら、彼女は太股とチンポの玉袋をサワサワと愛撫し始めた。
続きを読む

聖水たっぷりと顔面騎乗で手コキ

今日は久しぶりにいつものSMクラブに行ってみた。
20時30分過ぎにホテルに入りバスルームでシャワーを浴びて女の子を待った。
しばらくするとみろくがやって来た。
8000円渡すと早速オシッコをしたいと言うので、ベッドの上に仰向けになった。
彼女は服を着たままパンティだけ下ろすと僕の顔を跨いでで僕を見下ろした。
そしてゆっくりと腰を下ろすと大きなお尻で僕の顔面に座り込んだ。
僕は彼女のマンコにしゃぶりつくと舌でクリトリスの下にある尿道口を探り当て聖水が出てくるのを待った。
するとすぐにチョロッと聖水が尿道口から出てきて一旦止まったあと今度はシャーと勢いよく放尿してきた。
僕はその聖水を残らず飲み込むためにゴクゴクと味わうことなく喉に流し込んだ。
ただ相変わらず味も匂いも薄くてお湯のようなオシッコだった。
彼女は何度か放尿を止めながらも5分近く僕の顔に座って放尿を続け、僕もゲップをしながら大量の聖水を飲み込んだ。(多分800CC近くはあったと思われる)
彼女は自分のマンコに押しつぶされながら必死で聖水を飲み込む僕の顔をじっと見ていた。
そして最後まで絞りだすと「あー、いっぱいでちゃったね〜」と言いながら立ち上がった。
僕は楽になったと同時に大きなゲップをしてしまった。
立ち上がった彼女は僕のビンビンに勃起したチンポを目にすると「何こんなにチンポを大きくしてんの」と言いながら僕のチンポを踏みつけた。
そして顔面に向かって唾を何度も垂らし始めた。
僕はその唾をすべて口でキャッチして彼女の唾液を味わった。
さらに彼女は僕の顔を足で何度も踏みつけながら「どう、こんなことされて嬉しいでしょ」と楽しそうに責めたてた。
そのプレイの最中に彼女が突然「キャッ」と叫んで「ゴキブリがいる」とベッドの下を指差した。
僕が「どうします?」と聞くと「退治して!」と言うので僕は部屋のスリッパで叩き殺しゴミ箱に捨てた。
そして其の後ご褒美として顔面騎乗でアナルとマンコの奉仕をさせてもらった。
彼女はお昼にウンコしたとのことでアナルから生々しい匂いがしており、また舌で舐めると甘苦い味が感じられた。
僕は興奮しながらアナルの中まで舌を挿入して匂いも味もすっかり無くなるまで綺麗になめた。
彼女もアナルを舐められるのが好きなので僕がアナルを舐めているのをじっとしたまま動かなかった。
僕がアナルの奥まで何度も舌を挿入していると彼女はなんだかイキミ始めてアナルを開いたり閉じたりするようになった。
僕はアナルが開いた時にぐっと舌を挿入してアナルの奥深くまで舐めた。
彼女は「うんこが出そうだと思うんだけど、どう?」と聞くので「まだ何もないですね」と答えた。
そして彼女が僕のために黄金を出してくれようとしているのを嬉しく思って、小指に唾をつけて彼女のアナルの奥までそっと挿入した。
しかし黄金の触感は感じられなかった。
僕はさらに人差し指と中指にも唾をつけて彼女のマンコに指を挿入したり、クリトリスを優しく刺激してみた。
そして再び舌でアナルを舐めて彼女の黄金が出てくるかどうか期待しながら奥まで舌を挿入して刺激をしたが、残念ながら今日は出てこなかった。
その代り黄金を出そうと息んでいたせいか‘またオシッコがしたくなった’と言いながら立ち上がると僕の顔に向って跨いでまた腰を下ろし再び口の中に放尿をし始めた。
相変わらずお湯のような味の薄い聖水だった。
オシッコを出しつくすと僕はマンコに舌を挿入して舐めた。
彼女のマンコは少しざらついて酸っぱい味がしてマン滓がたっぷりついているようだった。
そのマン滓を綺麗に舐め取りながら舌を奥まで挿入した。
彼女は僕が舌でマンコを舐めている間、その刺激を感じているようでずっと大人しく僕の顔の上に座っていたが、5分くらいすると僕の顔に性器を押しつけるようにして息を塞ぎ、僕が苦しむのを楽しんでみていた。
そのうちにホテルの部屋の電話がなってそろそろ時間が来たことがわかったので、最後に彼女は僕の顔にお尻を押しつけたまま僕のチンポを扱き始めた。
すると僕は直ぐに興奮してしまい、彼女のマンコに埋もれながら「イクッ」と叫ぶと大量のザーメンを吐き出して、彼女の手を汚してしまった。
僕の射精が最後まで終わるのを確認すると彼女はバスルームに行って体を洗いはじめたので、僕はその間彼女のパンティのクロッチの匂いを嗅いでいた。
お風呂から出てくると彼女は服を着ながら少し話をした。

・セックスはあまり好きではない。
 どちらかというと顔面騎乗等でアナルやオマンコを舐められているのが好き。
・オナニーでイクのもあまり好きではない。イってしまうと疲れたり眠くなったりするから。
・最近はお客も減った。金曜日の夜はそこそこお客もいるがやはり平日は少なくなって気がするとのこと。

少し時間もオーバーしていたので、彼女は服を着ると直ぐにホテルを出てしまった。
僕も後からホテルを出るとラーメンを食べて帰った。
22時を過ぎていた。

続きを読む

顔面騎乗で聖水

今日はいつものSMクラブに電話した。
19時過ぎに電話したが22時からしか空いていなかったので、それまで上野の個室ビデオで時間をつぶしていた。(1回発射した)
22時ホテルに入ってシャワーを浴びてくつろいでいると樹梨がやってきた。
先日、彼女と会った際にアナルを触診してもらいアナル内に痔と思われる個所があると言われてたので、その後ボラギノールを注入して治療していた。
そこでその効果が出ているかどうかを調べて欲しいと彼女に伝えた。
彼女は早速下着姿になると僕も全裸になりベットの上で四つん這いになった。
そして顔を枕に埋めてお尻を高くあげてアナルが丸見えの姿勢になった。
彼女はアナルにたっぷりのワセリンを塗るとゆっくりと指を挿入してきた。
入口は全然痛みもなく平気だったが、やはり奥の方で痛みを感じるところがあり、彼女は「やっぱりまだ完治していないようだね、痔の薬に頼るよりオロナイン軟膏を自分の指を挿入して塗った方がいいよ。あとウォシュレットの水流をあまり強めにしない方が良い」とアドバイスしてくれた。
そしてアナルバイブを挿入するのはやめて入口に置いて振動だけを感じさせるようにしてくれた。
彼女はパンティを脱ぐと僕の顔面に座り込み顔騎状態となった。
僕は一生懸命彼女のアナルに舌を挿入して彼女のアナルを舐めた。
彼女は尿道口も舐めるように腰をずらしてきたので今度は彼女の尿道口を舌で探し出し吸いついた。
彼女は「今日は6時間溜めているから濃いいのが出るよ」というと尿道口からチョロチョロと聖水が溢れてきた。
彼女の聖水は我慢していただけあって確かに味が濃くしょっぱかった。
20秒くらい緩やかな放尿が続き、僕はそれを一滴残ら綺麗に飲み干した。
その後彼女はアナルに力を入れて気張り始めた。
彼女おアナルが膨らみ開こうとするので僕はそこに舌を差し込みアナルの中まできれいに舐めまわした。
彼女は「どう何か出てきた?」と聞いてきたが、黄金の欠片も出てきていなかったので「いいえ、何も出てきてないです」と答えた。
「そう、おかしいなあ、きっと残っているはずなんだけど」とさらに一生懸命気張り始めた。
10分近く彼女は気張ってくれて僕も彼女のアナルを刺激したが、結局黄金は出てこなかった。
彼女は「5時頃にうんこしたので、まだ絶対少し残っていると思ったんだけどごめんね」と謝ってくれた。
そして黄金オプション付きのコースだったが、通常のMコースで対応してくれることになった。
その後は彼女がクリトリスを舐められるのが好きだというので、舌でクリトリスを舐めまわしながら彼女が手コキをしてくれた。
彼女は舌でクリトリスを激しくレロレロすると感じるらしく「あん、もっとそのまま舌で刺激して」、「舌を休めないでガンバって」と言いながら手コキを激しくしてきた。
僕は顔面騎乗で奉仕している状態と彼女の手コキに興奮してイキそうになり「ああっ、イってしまいます」というと彼女は一旦手コキを止めてチンポの根もとをギュッと握りしめて「ダメよ、勝手にイッちゃ、しっかり舌を動かして」と言ってきたので舌の振動を激しくしたら、また手コキを再開してくれた。
そしてとうとう彼女の手コキでこの日2回目のザーメンを発射した。
彼女はそれでも手コキを緩めずに「どう、くすぐったいんでしょ」と言ってわざと意地悪をしてきた。
僕は「ああ、くすぐったいです」と足を閉じて身をよじると彼女は手コキをやめてくれた。
そして2回目の割にはチンポの周辺に大量に出ていたザーメンをティッシュで拭き取り服を来た。
結局黄金をもらうことは出来なかったが、まあ満足できた。


帰りにオロチョンラーメンと餃子を食べて帰った。

聖水でお腹一杯

夕方に久し振りに上野の名画座(2F)の方に行った。
地下程ではないが、そこそこ混んでいた。
後ろの立ち見席に立っていると。すぐに隣のオヤジに股間を弄られ、チンチンを扱かれながら乳首を吸われた。
そしてズボンを完全に下されて下半身丸出しにされたままチンポやアナルを触られ、さらにキスをされた。
結局みんなが見ている前でチンポを扱かれながら大量のザーメンを空中に発射してしまった。

その後、いつものSMクラブに行った。
久し振りにみろくを指名してホテルで待っていると、彼女はワンピースとニーハイという服装でやってきた。
まずはプレイ代の8千円を渡したところで早速彼女はニーハイとパンティを脱いだので彼女のパンティのクロッチ部分の匂いを嗅いだらちょっと酸っぱい匂いがしていた。
彼女は直前まで沢山の水を飲んでいたようで直ぐにでもおしっこが出るというので、ベットの上に仰向けになって彼女を待った。
彼女は仰向けになった僕を跨ぐとしゃがみこんでオマンコを顔に近づけてきた。
僕は彼女のマンコに舌を入れて舐めていると直ぐにチョロッと聖水が排出された。
彼女は一気には出さずに何回にも分けて聖水を飲ませてくれたが、相当溜まっていたようで、何回飲まされたかわからなかった。
一回の聖水がちょうど口いっぱい程度で20回以上は飲まされたような気がした。
彼女の聖水はいつも薄めで飲みやすいのだが今回はさすがにお腹が膨れてくるのがわかった。(最終的にはたぶん1リットル程度飲んだ気がした)
そして全て飲み干した後に大量のげっぷが出てしまった。
彼女はすっきりした顔で立ち上がり、今度は僕の顔に何度も唾を吐いてくれた。
そしていつものようにお尻を僕の顔に押し付けるような形で顔面騎乗になると僕は彼女のアナルを丁寧に舐めた。(彼女はアナルを舐められるのが好きである)
彼女は僕に舌をアナルの中まで挿入するように命令し、自分からもお尻を押しつけてきた。僕は舌がつりそうになりながら彼女のアナルを一生懸命舐めた。
そしてある程度彼女のアナルがほぐれてきたところで、右手の中指をそっと彼女のアナルの奥深くまで挿入した。
彼女はその後にスカプレイの予約があるということだったが、アナルの中に黄金は見当たらなく、肛門の最奥にちょっと小さい黄金の痕跡が感じられた程度であった。
さらに彼女のマンコに人差し指を挿入して2穴に指を挿入した。
彼女は時々僕の指を締め付けてくれたので、ヒクヒク締め付けられるのが感じられた。
その後指を抜いてみると爪の先に少しだけ黄金の滓が付着していたが、匂いはほとんどなかった。
次に彼女のマンコに舌を挿入してマンコやクリトリスを舐めまくった。
彼女は舐められている間ずっと静かにしていたが、そのうち僕にオナニーをするように命令した。
そこで僕は彼女に唾をチンポに垂らしてもらうようにお願いしたら、たっぷりの唾でベトベトにしてくれた。
さらに彼女は「また聖水が出そう」と言ってマンコからチョロっと聖水を出してくれた。
今度の聖水は濃厚で匂いも強いものだった。
僕は聖水を飲みながら唾でベトベトになったチンポを扱いて、みろくが見ている前でザーメンを発射した。
ちょうどその時店から10分前の電話がかかってきた。

彼女と別れて、帰り道に500円の博多ラーメンを食べて、焼き鳥3本食べた。

子猫ちゃん(投稿100回目)

今日は久し振りにいつものSMクラブに行ってみた。
そして新人のレンちゃんを黄金オプション付きのMコースで指名した。
20時頃にホテルについて風呂で体を洗ってから待っていると彼女がやってきた。
初めて彼女の顔を見たが、とても若くて可愛らしい子でそのSMクラブでは珍しい女の子だった。
目がとても大きくてパッチリしており、顔も小さくて子猫のような雰囲気を醸し出していた。
早速1万3千円を払ってベットに仰向けになると、彼女は僕を跨いで乗っかってきた。
そして彼女はしばらく僕の乳首をつねりながら口の中に唾を垂らしたりして遊んでいたが「奉仕して」と言ってきたので、彼女の可愛らしいパンティを脱がせた。(彼女のパンティにはベットリとオリモノのカスがこびりついて酸っぱい匂いがしていた)
顔面騎乗で彼女のオマンコを舐めると酸味のあるチーズかヨーグルトのようなマン滓をたっぷり感じることができた。(たぶん、今日は僕が初めての客と思われる)
彼女はとても敏感なようで僕の舌でマンコを舐めさせながらクリトリスを鼻に押し付けて「アン、アン」喘ぎながら「おっぱいも揉んで」と要求してきたので、彼女の乳首を触ってみると乳首にどうもピアスをしているようだった。
彼女のおっぱいを揉むには服が邪魔だったので、いったん彼女の服をすべて脱がせて、あらためて全裸になった彼女に顔面騎乗となりながら彼女のおっぱいを揉んでいた。
彼女は「クリトリスは優しく、乳房は荒々しくもんで欲しい」と言うので、クリを優しく舐めながら、手のひら全体で彼女の乳房をワシ掴みにして、指の間で乳首をつぶすように揉むと彼女はかなり感じたようで「アアッ、イキそう」と言いながら一回イってしまった。
そこで少し休憩していると、「何か飲みたい」と言ってきたので彼女にコーヒーを飲ませてあげると彼女は一旦口に入れたコーヒーを僕に飲ましてくれた。さらに博多のお土産のお菓子を口で十分咀嚼してグジュグジュになったものを僕の口に垂らしてくれた。
僕はそれを美味しくいただいたあと、いよいよ黄金をいただくということでバスルームに行った。
そしてバスルームで仰向けになると、彼女を僕の顔を跨いでまずは聖水を飲ませてくれた。
量はそれほど多くはなかったが、濃い味の聖水であった。
次に黄金だが彼女は今まで人前で黄金を出したことはないようで、お腹の中に黄金が入っている気はするがなかなか出ないとお腹をさすっていた。
そこで彼女のアナルに指を挿入してマッサージをしてあげることにした。
彼女にしゃがんでもらい、アナルと小指に唾をつけるとゆっくり彼女のアナルに指を挿入していった。(彼女は今までアナルに何かを挿入したことはなかったらしい)
特に痛がりはしなかったが、黄金の存在は感じられなかった。そこで今度は中指をゆっくり挿入してみた。
入れた瞬間は少し痛がっていたが、ある程度まで挿入すると大丈夫になったようで、僕も遠慮なく奥深くまで中指を挿入した。すると奥に確かに黄金が詰まっていた。
そのままマッサージをすると「出るかもしれない」と言ってきたので、一旦指を引き抜くと、爪の先に黄金のカスがたっぷりついていた。
(そのカスはきれいに舐めとった)
彼女はまたしゃがみこんでしばらくお腹をさすっていたが、やはり直ぐには出ないようで、その代り「聖水が出そう」ということでチョロチョロッと出てきた聖水をまた飲んで、再度指を挿入して中指でマッサージをした。
そのうち部屋に電話がかかってきたのでまた指を引き抜いて彼女が電話に出ると残り10分になったようなので、仕方ないのでベットに戻り69の状態で僕が彼女のアナルを舐めながら最後は彼女のコキでイッた。
その後は一緒におしゃべりしながらお風呂に入って一緒にホテルを出た。
(クラブのマスターの話で盛り上がった)
珍しく可愛い女の子だったので、また機会があれば指名してみたい。



続きを読む

聖水で発射

今日はいつものSMクラブで久しぶりに予約した。
いつも指名している子の割引券の有効期限が切れそうになったからだ。
21:30頃にホテルで待っていると彼女がやってきた。
彼女は直前まで6時間コースでアナルフィストをM男性にやっていたとのこと。
本当は黄金オプションを付けたかったのだが「今日は出そうにない」とのことで普通のMコースとなった。
いつものようなまずはパンツの上から彼女のマンコとお尻の匂いをたっぷり嗅いだ。
その後ベットに横になると彼女はパンツを履いたまま顔面騎乗してきた。
そしてパンツを脱ぐとまずそのパンツのクロッチ部分の匂いを嗅いだ。今日一日履きっぱなしだったとのことで白っぽく濡れており、生臭い匂いがしていた。
クロッチの汚れをきれいに舐めとった後、そのまま彼女は顔面騎乗してきた。
僕はいつものようにアナルやマンコの中まで舌を挿入して丁寧に舐めていると彼女は顔面騎乗しながら後ろ向きで舐めている僕の顔をじっと見ていた。
(彼女を僕が舐めているのを見るのが好きらしい)
さらに彼女のアナルの中に黄金が無いかどうか指を挿入してみた。
しかし今回は中指を奥まで挿入しても黄金らしきものを確認することが出来なかった。
諦めて指を引き抜くいて匂いを嗅いでみたが、やはり今回は黄金の匂いはしなかった。
仕方がないので彼女のクリトリスを中心に舌で強く吸いついてクリトリスを刺激していると、チロッと口の中に甘い汁がこぼれてきた。
すぐに僕はそれが彼女の聖水とわかった。
僕は嬉しくなってさらに吸いつくと、彼女は「もっとたくさん出るけど少しずつ出すからね」と言ってくれた。
彼女はその言葉どおり、吸いつくたびにチロッチロッと聖水を出してくれて僕のチンポがビンビンになってしまった。
彼女はそれに気づき僕の聖水を出しながら僕のチンポを扱いき始めた。
僕は彼女の尿道口をとクリトリスを特に吸いつきながら彼女の甘い聖水を次々飲んだ。
彼女は上手に聖水をコントロールしながら出してくれてかなり長い間聖水を飲みながらマンコを刺激した。
そのうちに僕はザーメンを発射したくなり、彼女に「イキそう」と伝えると、「聖水を飲みながらイクのよ」と言って、残った聖水を吐き出してきた。
僕はそれを飲みながら、ザーメンを発射することが出来た。
発射直後はとても充実した発射ができてしばらく呆然としていた。
彼女もこのようなプレイは初めてだったようで嬉しそうだった。
なかなかいい体験ができた。

続きを読む

めぐ

昨日はいつものSMクラブに黄金プレイを予約していたが、指名していた女の子が夕方に既に浣腸をしてしまったのでキャンセルした。
その代わりに急遽新しいSMクラブにSコースを予約して10時半に五反田のホテルで待ち合わせた。
ホテルに来た女の子はめぐと言う昨年高校を卒業したばかりの若い子だったが、ずっと風俗で働いていたせいか、ちょっと暗く感じられた。
早速プレイをしようとしたらいきなりバイブの電池が切れていて全て使えないことがわかり、ムードが下がった。
それでも彼女を抱き寄せてディープキスをしながらブラジャーを外し、貧乳気味の乳首を舐めて、ショートパンツと下着を下ろした。
ちなみに彼女の下着は自前でベットリと白いオリモノがこびりついていた。
全裸にした彼女をベッドに横にしてまたディープキスから乳首を舐め始めた。
しばらく乳首を舐めていると、‘乳首が痛い’と言い出しやがったのであきらめて今度はマンコを舐めていた。ちょっとションベン臭いマンコを舐めて、指を挿入してピストンをした。彼女の陰毛はかなり剛毛でアナルの周りまでビッシリ生えていた。
ある程度マンコを責めて、いい感じに濡れてきたところでアナルに指を挿入しようとしたら、‘アナルの指入れはNG’だと言う。そもそもSコースで予約したのに我儘ばかり言うのでいい加減切れそうになったが、ちょっと思考を変えてめぐに責めをさせてみた。
するとめぐはイキイキとし始め、俺の手首をロープで縛ってベットに括りつけ両足もロープで縛ってしまった。
俺はちょっと意外に思いながらめぐの好きにさせていたら、めぐは俺の全身を舐めはじめ、そのうち俺のチンポをフェラし始めてきた。
そして顔面騎乗になって俺はめぐの剛毛がびっしり生えたマンコとアナルを舐めた。
俺はめぐに「そのままオシッコをしてごらん」と言ったらめぐは喜んで息み始めた。
ただ、めぐは人の口にオシッコをするのは初めてだったので無意識に緊張しているのかなかなかオシッコが出なかった。
めぐはどうしてもオシッコを俺に飲ませたかったようで水を飲んだりしてみたが、チョロッとでただけであった。
仕方がないので、次に浣腸をさせて俺の顔に排泄するように言ったが、それもなかなか出なかった。
どんどん時間だけ過ぎていくので、バスルームで排泄を促した。
そのため俺を縛っていたロープを解き二人でバスルームに行った。
そしてシャワーを出しっぱなしにして俺はバスルームに横たわった。
めぐは暖かいシャワーを浴びると、どうも尿意を催したようで急に「オシッコがでそう」と言って俺の顔に跨ってきた。
すると今までなかなか出なかったオシッコがチョロチョロ・シャーと勢いよく出てきた。俺は一滴もこぼすまいとめぐのマンコに吸いつき大量のオシッコを飲み始めた。
めぐのおしっこは濃くてちょっと甘かった。
大量に出てきたオシッコを全て飲み干すと、次にいよいよ黄金の排泄を頼んだ。
めぐは今日はまだ一度も排泄をしていないということだったので大量の黄金を期待したが、残念ながら出てくるのはお湯ばかりだった。
そこでアナルに指を突っ込み刺激してみることにした。めぐはさっきはアナルに指入れNGと言っていたくせに、すっかり俺に黄金をぶっかけることにワクワクしていて俺が小指、薬指、中指と順に長さを変えた指を挿入したが、嫌がらなかった。
俺はめぐの指に中指を付け根までずっぽり挿入して黄金のかけらを探したが、どういうわけかどこにも黄金らしきものは見つからなかった。
アナルに指を突っ込んで刺激を続けてみたが、どうしても黄金は排泄できなかった。
その代り白っぽいドロッとした腸液が垂れてきたので手のひらに受けて食べてみた。(味は特になかった)
そうこうしているうちに時間がきてお店から電話が入ってきたので、慌てて風呂をあがり、69になってフェラをしてもらいめぐの口の中にたっぷりのザーメンを吐き出した。
その後一緒にホテルを出たが、めぐはすっかり自分がSになるプレイを気に入ったようで、携帯番号と携帯アドレスを教えてくれた。
帰りはタクシーで帰った。


顔面騎乗プレイ

昨日は久しぶりに常連のSMクラブに連絡して、いつもの女の子を指名した。
ホテルで待っていると直ぐに彼女はやって来た。
約3ヶ月となったが少し老けたように思えた。
彼女が来てからお金(8千円)を前払いしたあと、彼女は「オシッコ我慢してるので直ぐにでも出そう」と言うので早速ベッドに横になり彼女の聖水を待った。
彼女はあお向けになった僕の顔を跨ぎ、僕の顔を見下ろしながらゆっくりと腰を下ろしてきた。
僕が彼女のマンコを口で塞いだ途端、彼女のマンコから聖水がシャーと溢れ出てきた。
僕はこぼさないように必死に吸いつきながらも、舌で彼女の聖水が出てきている尿道口付近を舌で舐めてみたら、聖水が小さな尿道口から勢いよく出てくるのがわかった。。
排泄はかなり長い間続いたが、薄味で飲みやすかったので何度もゲップしながら大量の聖水を飲み干した。
おしっこを全部飲んだあとはそのまま彼女のクリトリスをひたすら舐めた。
そして彼女は僕に顔にお尻を向けてそのまま座り込み、顔面騎乗の形をとった。
いつものように彼女のマンコに舌を挿入して舐めまくり、またクリトリスを唇と舌で吸いまくった。
彼女はその間ずっと無口で気持ちよさそうにうっとりしていた。
僕はさらに中指を舐めて彼女のアナルに深く挿入した。
中指を根元まで押し込んでアナルの奥深くを探ったところ中指の先端に黄金らしきものを感じることができた。
僕はそれをなんとか掻きだそうとしたが、するりと逃げて捕まえることができなかった。
しばらくクリトリスを舐めながらアナルをほじくりまわしていたが、結局あきらめてアナルから中指を抜くと指先にしっかりと黄金の滓が付着していた。
僕はその指先の鼻に近付けて嗅いだがほのかに黄金の匂いがする程度でとても控え目な匂いだった。
そこで綺麗に舐めとって今度は味を確認してみたが、やはり苦味は少なくとても薄味だった。これならもっと食べれたかもしれなかったが彼女はその日はすでに黄金プレイを日中にしてしまった後だったので残念ながら黄金オプションは利用できなかった。
それでも彼女の黄金を感じ取ることができただけでも満足な僕は、彼女に顔面騎乗されたまま電マを亀頭に押し当てられ、しばらくしてから彼女の尻にひかれたまま僕はドロッとしたザーメンが発射されるのを彼女に見られながらイってしまった。
久し振りにみろくとのプレイができて満足だった。






顔面騎乗

木曜日に久しぶりの女の子とMプレイをした。
ホテルに着くなり、彼女はパンツを下ろしたので直ぐに彼女の可愛いお尻を広げてアナルにむしゃぶりついた。
彼女は直前にウンコをしたということだったが、綺麗にふき取っていたようで、残念ながら全く苦味は感じられなかった。
それでも彼女のアナルに舌を差し入れ、少しでも黄金の残りがないかを探したがやっぱり感じられなかった。
その後、彼女の唾を口の中に垂らしてもらった後、ベットに腰掛けた彼女の足の指と足裏を丁寧にしゃぶって、さらにマンコにも奉仕させていただいた。
そしていよいよお待ちかねの顔面騎乗ということで、僕はベットに仰向けで横になったら彼女は容赦なく僕の顔面をお尻で押しつぶしてきた。
僕は必死で彼女のアナルやマンコに舌を差し入れ、クリトリスを刺激した。
アナルに舌を差し込んで刺激をしていると彼女は「オナラをしたくなった」と言って僕の口にブッと大きなオナラをした。
そのオナラはちょっとニラの香りがした。
さらにクリトリスに吸い付いていると、今度は「オシッコがしたくなった」と言って、顔面騎乗のまま僕の口に放尿してきた。
聖水は大量だったが、薄味でちょっと甘みがあって全部こぼさずに飲み干すことができた。
そして彼女は僕のチンポを手コキでしごいていたが、僕は大量の聖水を飲み干して興奮していたため直ぐにイってしまい、大量のザーメンを発射して彼女の手と僕のお腹をベトベトにしてしまった。
相変わらず彼女の聖水は美味し、これでホテル代込みで1万5百円はお得だと思った。

続きを読む

奉仕

昨日の昼に二十歳の女の子とMプレイをした。
彼女は前日から風呂に入らないようにしてもらっていたのでホテルに着くなり直ぐに彼女の体を舌で綺麗にした。
始めに両足を指の間から明日の裏まで舐めたあと、早速彼女のマンコを丁寧に舐めた。(クリトリスが感じるらしい)
ちなみに彼女は前日に彼氏とHをして2発中出しされたままだと言っていたが、残念ながら彼氏のザーメンはほとんど残っていなかったようだ。
彼女のマンコを綺麗にした後、事前に買っておいた‘とろけるプリン’を彼女が食べて、それを僕の口の中に垂らしてもらった。
さらにペットボトルのお茶も一旦口に含んで垂らしてもらい、あとは唾が溜まるたびに溜まった唾をもらった。
最後は彼女に顔面騎乗になってもらい、彼女のマンコを舐めながら発射した。
プレイが終わった後は二人で風呂に入り彼女の体を洗ってあげた。
彼女は身長が152〜3センチで体重も40キロ前半と思われる小柄で色白な子だがおっぱいはそこそこあり(Cカップ?)美乳だった。
今度は彼女が生理中の時に中出しされた彼氏のザーメンと一緒に彼女のマンコをすすりたいものだ。続きを読む

Mプレイ

昨日、以前聖水を飲ましてもらった女の子とMプレイをした。
僕は手を後ろで縛りあげられ身動きできない状態でベットの上で仰向けにされ、タオルで目隠しをされた。
彼女は僕の体の上に跨って座り僕の陰毛を切ったり、チンポをしごいたりして遊んでいた。
そしてタオルを取ると今度は僕の口に大量の唾を垂らしてくれた。
次にパンツを履いたまま股間で僕の口と鼻を塞いだので僕は嬉しくなって夢中でパンツの上から貪り舐めた。
レアチーズケーキのようなとても良い香りがした。
いよいよ彼女はパンツを脱いで直接マンコで僕の口と鼻を塞いできた。
彼女は昨日から風呂に入っていなかったということもあり、マンカスが結構付着していた。
夢中でクリトリスやマンコをしゃぶっていたが、マンコの奥に舌を入れるとタンポンが挿入されていることに気づいた。
僕が彼女にそのことを言うと彼女はタンポンを引っ張り出して僕の口に突っ込んだ。
僕は生臭い匂いのするタンポンをしゃぶっていたが既に生理は終わりかけだとのこと。
しかし匂いはなかなか強烈だった。
彼女はタンポンを僕の口から取り除くと再び股間を顔面に押し付けてきた。
僕はクリトリス、マンコ、アナルを吸い尽くしているうちに顔がビチャビチャになってきた。
そしてそのまま我慢出来ずに発射してしまった。
そのあと彼女から濃い聖水をコップ半分程度もらったので空のペットボトルに入れ替えて持ち帰った。
とても満足だった。続きを読む

聖水

昨日、久しぶりに可愛い女の子(りえ)の聖水を飲んだ。
ペットボトルに入れてもらった聖水は、量は少なめだったが味は濃くてちびちびと美味しく飲んだ。
彼女はちょうど生理中だったので、ついでにタンポンを抜かせてもらい持ち帰った。
後でタンポンを鼻に詰めて聖水を飲みながらオナニーをして発射したらとっても気持ち良かった。

第一回

昨日、みろくの聖水を800ccほどのんだ。
味は薄くてほとんどお湯のようだった。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ