今日もいつもの発展場に行ってみた。
16時30分くらいに入ってみると前回よりは空いていた。
またシャワーを浴びてミックスルームに上がって見ると寝待ちが何人かいるだけだったが、ある二段ベッドのある部屋でベッドの下段でちょうどオヤジ同士がプレイしているのを見つけた。
そこでは一人のタチがウケオヤジをバックから掘っていたが、その横にチンポをビンビンに勃てたガチムチオヤジがウケオヤジの乳首を弄っていた。
僕はしばらく三人のプレイを見ていたが、ガチムチオヤジが一人でチンポをしごいているのを見て、ついガチムチオヤジのチンポを掴み、口にくわえてしまった。
するとガチムチオヤジは気持ち良さそうに息を吐くと、僕のチンポや乳首も摘まんできた。
さらに僕の尻に手を伸ばしてアナルにローションが塗ってあるのに気づくと直ぐにガチムチオヤジが持ってきた小袋からゴムを取り出してチンポに装着すると僕を四つん這いにさせてケツにチンポを当てるといきなり挿入してきた。
しかしまだ今日は一度も掘られておらず指でもほぐされていなかなったので最初は僕のアナルに跳ね返されてしまった。
しかしあらためてローションを追加して僕の腰をしっかり掴むとメリメリッとばかりに僕のアナルにチンポを挿入してきた。
僕は痛みに思わず「ゆっくり動かして」と言ったところガチムチオヤジは挿入したチンポをアナルに馴染ませるように動かないでくれた。
しかししばらくすると、ゆっくりと腰を動かしだした。
隣ではさっきからバックで掘られているウケオヤジがいて、二人並んで犯されながら喘いでいた。
しばらくバックで掘られていたが、そのうちにガチムチオヤジがチンポを抜くと僕を仰向けにして正常位で掘ってきた。
その頃にはアナルも慣れてきて、僕は両脚をガチムチオヤジの背中に回してしっかりと抱きしめていた。
ガチムチオヤジも腰の降りに緩急をつけて掘っていたが、そのうちにまたチンポを抜くと「ちょっとここは狭いな。場所を変えよう」と言うとベッドのある部屋から何もない布団部屋に移った。
そしてガチムチオヤジは仁王立ちになると僕にチンポをしゃぶらせた。
しばらくガチムチオヤジのチンポをフェラしていたが、チンポがビンビンに固くなるとまたゴムを付けて僕を四つん這いにし、後ろから掘り出した。
僕は近くにあった毛布を引き寄せるとそこに顔を埋めて尻を突きだし「うっ、うっ」と喘ぎながら犬のように犯されていた。
しばらくバックで掘られたあとガチムチオヤジはチンポを抜くと仰向けになり、僕に自分で挿入するようにに言ったので僕はガチムチオヤジの腰を跨ぎ、アナルにチンポをあててゆっくりと腰を下ろした。
そして騎乗位になるとガチムチオヤジは下から突き上げ、僕も自分で腰を振りながらガチムチオヤジの乳首を摘まんだりしていた。
さらにガチムチオヤジは僕を横向きに寝かせると横体位で僕を掘っていたが、しばらくしてから「う〜っ」と唸るとイッてしまったようだった。
そしてガチムチオヤジは僕のアナルからチンポを抜くとゴムを取り外してティッシュでチンポを拭き、さらに僕のアナルもティッシュで拭いてくれた。
ガチムチオヤジが「ありがとうよ、気持ち良かったぜ」と言うので、僕も「ありがとうございました」と返すと、ガチムチオヤジは僕の尻をトントンと叩いて部屋を去ってしまった。
僕はしばらくそこで寝たあとまた部屋を回っていると、ある部屋でちょうどプレイを始めたばかりといった感じのカップルがいた。
そこで近くに寄って見てみると一人は中年太り体型のキモオヤジといった感じで、もう一人はなんとさっきのガチムチオヤジだった。
ガチムチオヤジは僕に気がつくと手招きをしてくりので、近づくとキモオヤジのチンポを見せて「どうだ、デカイだろ」と差し出してきた。
そこで僕はキモオヤジのデカマラをくわえると最初は柔らかかったデカマラがビンビンに固くなってきた。
その間ガチムチオヤジとキモオヤジの二人は立ち上がってキスをしたり乳首を摘まんでいた。
そんな二人の下で僕はキモオヤジのデカマラをしゃぶりながら「こんな大きなチンポは入らないよな〜」と思っていると、ガチムチオヤジが「このでっかいのを入れてもらいな」と言うと僕を四つん這いにさせ、後ろにキモオヤジが移動してきた。
‘えっ’と思いながら、四つん這いになっているとキモオヤジは僕のアナルにデカマラをあてメリメリとチンポを押し込んできた。
一度掘られていたので何とか入ってきたが、それでもかなりの圧迫感で僕は耐えられずについうつ伏せになってしまった。
するとキモオヤジはうつ伏せの僕の尻に腰を押し付けてそのまま腰を振ってきた。
僕はアナルを犯されながら「アッ、アッ」と喘いでいたら、ギャラリーが集まってきてそのうちの一人(日焼けしたメガネオヤジ)が僕の顔の前にパイパンの股間を見せてきた。
そこで僕は日焼けオヤジのチンポを咥えてしゃぶると日焼けオヤジは「あ〜。いい感じだ」と喘いでいた。
そのうち僕の太腿に冷たい液体が垂れてくるのがわかった。
僕は後ろが見えないので「なんだろう」と思っていると背中に体重が掛かってきた。
そしてキモオヤジが「ううっ」と呻いたあと、「あっ、あっ」と断続的に喘ぎだした。
どうやら僕を掘っているキモオヤジのアナルにローションを塗ってガチムチオヤジが掘りだしたらしく、ガチムチオヤジが「気持ちいい尻だぜ」と言っているのが聞こえてきた。
僕のアナルをキモオヤジが犯しながら、キモオヤジも自分のアナルをガチムチオヤジに犯されてサンドイッチ状態になっており、また僕の口にも日焼けオヤジのチンポを咥えて上と下の穴を犯され4P状態に興奮していた。
そのうちになぜかガチムチオヤジがキモオヤジを掘るのを止めると部屋を出ていくのがわかった。
そしてキモオヤジもしばらくしてから僕のアナルからチンポをゆっくり抜くと部屋を出ていった。
そこで僕と日焼けオヤジだけが残り、僕は一生懸命日焼けオヤジのチンポを咥えてしゃぶった。
日焼けオヤジは「俺の液を飲みたいのか」と言うのでうなずくと「わかった」と言うのチンポを自分で扱きながら僕に乳首を弄るように仕向けてきた。
僕は日焼けオヤジの乳首を摘まんだり、噛んだりすると日焼けオヤジは「ああっ、イキそうかも」と言うので慌てて日焼けオヤジのチンポをしゃぶったが、日焼けオヤジは射精はしなかった。
そういうのを2回ほど繰り返したが日焼けオヤジのチンポは固くなっては萎み、と言うのを繰り返し、結局「どうもダメだ」と言うとチンポを扱くのを止めてしまった。
そして僕に向かって「わりいな」と言うとタオルを巻いて出て行ってしまった。
そこで僕も仕方なくそのまま寝待していた。
しかし誰も手を出してはくれないままウトウトして少し寝た後また部屋を出て回ってみると、ちょうと四つん這いになってアナルを掘られているウケオヤジがいた。
僕はそのウケオヤジの顔の前に座ると、今度は自分のチンポをしゃぶらせた。
ウケオヤジにフェラされていたが、ウケオヤジはアナルを深く突かれるたびに僕のチンポを吐き出すので、そのたびにウケオヤジの口にチンポを押し込んだ。
しかし途中でウケオヤジを掘っていたオヤジがアナルからチンポを抜いてしまうと、ウケオヤジは猛烈に僕のチンポをしゃぶりだした。
僕はその刺激にタネが上がってきて」イクッ」と言うと、ウケオヤジの口の中にザーメンを発射した。
ウケオヤジはしばらく僕が射精していたザーメンを口の中に溜めこんでいたが、結局ティッシュに吐き出してしまった。
僕はすっかり満足したので、風呂場に行って身体を流し、発展場を出た。
19時過ぎになっていた。
今まで相手をイカせることばかりだったが、久しぶりに自分もイクことが出来て。良かった。

帰りに焼き鳥を14本食べた。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。