今日もいつもの発展場に行った
13時頃に入ると休みのせいかとても混んでいた
いつものようにシャワーを浴びて部屋に上がると、たまたま空いているベッドがあったのでうつ伏せになって寝待ちしていた。
しばらくするとオヤジが来て僕の乳首を摘まんできた。
そこで僕も起き上るとオヤジの股間に顔を突っ込みチンボをしゃぶりだした。
オヤジのチンポはビンビンに固くなっており、大きすぎず小さすぎず形の良いチンボだった
しばらくオヤジのチンポをしゃぶっていると、オヤジも僕の尻を触ってきた。
そしてアナルのローションに気づくと、オヤジは僕を四つん這いにさせ、チンポにゴムを付けてきた。
僕はドキドキしながら待っているとオヤジは僕を後ろでアナルにチンポをあてるとグイッとチンポを挿入してきた。
オヤジのチンポはそれほど大きくはなかったが今日最初だったのでかなり痛かった。
しかもいきなり激しく腰を振ってきたので枕に顔を埋めて呻きながら耐えていた。
オヤジに掘られながら「アッ、アッ」と喘いでいると、別のオヤジが寄ってきた。
そのオヤジはしばらく僕が掘られているのを見ていたが、そのうちに僕の顔の前に立った。
そこで僕はそのオヤジの股間に顔を近づけてチンポを咥えた。
オヤジのチンポは口の中でみるみるうちに固くなってきた。
僕は後ろから犯されながらチンボをしゃぶっている体勢に興奮していた。
アナルはいつの間にか慣れてきた、後ろで僕の尻を掴んでパンパンと犯されていても痛みはなくなってきた。
そのうちにチンポをしゃぶられていたオヤジが‘イキそう’と言うので、僕はしゃぶる速度をあげるとオヤジが‘ウッ’と小さく呻くと身体を硬直させた。
亀頭からはザーメンが出る感じはしなかったが、口の中に生臭いザーメンの味がするのがわかった。
僕はザーメンが出尽くすまで待ってからチンポを口から抜くとオヤジのザーメンを綺麗に飲み干した。
そのオヤジはスッキリとした感じで浴衣を着ると部屋を出ていった。
その間も僕はずっと後ろから掘られていた。
僕を掘っているオヤジは全然イク気配がなく、強弱を付けながら腰を振っていたが、そのうちに一旦チンポを抜くと僕を仰向けにした。
そして正常位でまたアナルにチンポを挿入してきた。
するとまた別のオヤジが寄ってきて、犯されている僕の顔を見ていた。
しばらくするとそのオヤジも浴衣を捲る僕の顔にチンポを近づけてきた。
そこで仰向けのままそのオヤジのチンポを口に咥えてしゃぶりだした。
僕を掘っていたオヤジは途中で正常位からまた僕を四つん這いにさせるとバックから掘り出した。
僕もしゃぶっていたオヤジのチンボを四つん這いになってさっきと同じ体勢でしゃぶりだした。
そのオヤジはコックリングをしていたので‘きっとイクことはないだろう’と思っていたが、しばらくするとそのオヤジも‘イキそう’と言い出しオヤジ自らがチンポを扱きだした。
途中で僕もオヤジのチンポを扱いていると「イクッ」と言うと口の中がじんわりと温かくなり、ザーメンの匂いと味がしてきた。
僕はまたザーメンが全て出尽くすまでチンポを咥え、チンポを口から抜くとそのオヤジのザーメンも飲み干した。
その間も後ろではオヤジがパンパンと僕の尻を掴んでアナルを掘っていた。
しかしさすがに疲れたようでアナルからチンポを抜くと「少し休もう」と言って僕に添い寝してきた。
オヤジは添い寝の間もキスをしてきたり、乳首を舐めてきたりしていた。
僕もオヤジのチンポを触っていると、亀頭の先から先走り汁が溢れてきてビンビンに勃起してきた。
するとオヤジはまたチンポにゴムを付けると僕を仰向けにして正常位でチンポを挿入してきた。
さっきまで掘られていたのに、しばらく休んでいただけでアナルに少し痛みを感じた。
僕はマングリ返しになりながらアナルの奥までチンポが挿入されていたが、オヤジがまたチンポを抜くと僕をうつ伏せにさせて、僕の背中に覆いかぶさりながらアナルを掘ってきた。
さらにオヤジは僕の両手を恋人つなぎで絡ませて抱きつくように掘っていたが、結局イクまでには至らなかったようで途中でまた抜いてしまった。
オヤジはそれでもまだ僕と一緒にいたかったようだが、僕は一度シャワーを浴びたくなったので部屋を出てシャワーを浴びた。
その後、新しい相手を見つけたくていろいろな部屋で寝待ちしたりウロウロしていたが、なかなか誰も誘ってくれなかった。
いつの間にか客も減ってきたところである部屋に行くと二人のオヤジがプレイしていた。(一人のオヤジがもう一人のオヤジのチンポをしゃぶっていた)
僕はその二人のそばによって、フェラされている方の乳首を弄ってみた。
するとそのオヤジが僕の頭を掴んで乳首を舐めさせようとしてきた。
そこで僕はそのオヤジの乳首を舐めていたが、途中でフェラしていたオヤジが外れると今度は僕の頭を股間に持っていくので僕はそのオヤジのチンボを咥えた。
そのオヤジはどうもドSオヤジのようで、もう一人のフェラしていたオヤジがM側でペアになっているようだった。
僕はドSオヤジのチンボをしゃぶっていると、オヤジは僕の頭を押し付けて喉の奥まで入れてきた。
さらに自ら腰を上げてマングリ返しになると、僕にアナルを舐めさせようとしてきた。
仕方がないので僕はドSオヤジのアナルを舐めた。
ドSオヤジは僕が従順だとわかると今度は僕の髪の毛を掴んでまたチンボをしゃぶらせた。
さらに頭を押さえつけたまま腰を突き上げて僕の喉を犯すようにイラマチオをしてきた。
僕は四つん這いで何度もゲホゲホしていると、もう一人のMオヤジが僕の後ろに回ってアナルを触り、ローションで濡れていることに気がつくと後ろからチンボを挿入しようとしてきた。
しかしMオヤジのチンボはそれほど固くなかったようで僕のアナルには入らなかった。
するとSオヤジが「入れて欲しいか」と僕に聞いてきた。
僕は今までのSオヤジのSっぷりにちょっと怖くて返事を迷っていたら、Sオヤジはいつの間にかMオヤジからゴムを受け取っていた。
‘ゴムを付けてくれるなら’と思い僕はチンポにゴムを付けたSオヤジの腰を跨ぐと後ろでMオヤジがSオヤジのチンポを扱いて固くして僕のアナルにあててきた。
僕もSオヤジのチンポを支えながら自分のアナルに当てるとゆっくりと腰を下ろしてSオヤジのチンポをアナルに挿入した。
そしてオヤジの上で僕はチンポを締め付けながら腰を振った。
Sオヤジは「なかなか気持ちいぜ」と言いながら腰を突き上げてきた。
さらにSオヤジは僕のチンポを掴むと扱きだしてきた。
オヤジのチンポはそんなに大きくもなく僕のアナルにも馴染んできており、さらにチンポを扱かれているうちにだんだんイキそうになってきた。
そして「あっ、イッちゃいそうです」と言うと「いいぞ、イッてしまえ」とチンポを扱く速度を速めてきた。
僕はとうとう「うっ、イキます」と言うと、ドSオヤジの腹にザーメンを発射してしまった。
僕はイッた後もオヤジをイカせようとして腰を振り、アナルを締めつけていた。
オヤジも「いいぞ、気持ちいいな」と言っていたが、しばらく腰を振っているうちにオヤジが腰を振るのを遮ってきたので、腰を振るのを止めた。
僕は「抜きます」と言うとゆっくり腰をあげてアナルからドSオヤジのチンポをヌルッと抜いた。
オヤジは「どうだ気持ち良かったか」と言うので僕は「はい、ありがとうございます」と言うとオヤジのチンポからゴムを外しチンポを拭いた。
そして僕は浴衣を着て部屋を出て、シャワーを浴びて発展場を出た。
17時過ぎになっていた。

今日はザーメンも飲まされ、掘られながらイクことも出来て理想的な体験ができて良かった。