今日もいつもの発展場に行ってみた。
着いたのは15時頃だったのて。既にかなり混雑していた。
シャワーを浴びてミックスルームに上がってみると、ほとんどの部屋が埋まっていた。
その中であるベッドルームが空いていたので寝待ちしていたが、なかなか誰も誘っては来てくれなかった。
そのうちに隣に既にカップルになっている二人のオヤジが横になり僕の隣でプレイを始めだした。
僕も暇なのでそのカップルのウケ側の乳首を摘まんだり舐めていると、いつの間にかギャラリーが増えてきた。
そのギャラリーの一人が僕の横に来てカップルのチンポを弄っていたが、そのうちには僕の方にも近づき僕の乳首やチンポを触ってきた。
そこで僕はその人の顔をよく見てみると前回プレイした純朴そうな男性だった。
僕はまた会えたことに嬉しくなり、その人の背中に手を回し抱き締めると、彼も僕にキスをしてきた。
彼は僕の脇腹や太ももを焦らすように撫で、僕のチンポはすっかりビンビンになってきた。
僕も彼のチンポを触ると、彼の亀頭の先から先走り汁が溢れてヌルヌルになっていた。
そのうちに彼の方から「どうされたい」と聞くので、僕は「入れて欲しい」と言うと彼は持参したゴムをチンポに付けてローション僕のアナルに塗ってきた。
そして仰向けになった僕の腰に枕を押し込むと僕の両足を抱えて正常位でアナルにチンポを押し込んできた。
彼のチンポは僕のアナルに対して太過ぎず長過ぎずちょうど良いサイズだったので、今日最初のアナルファックでも痛みはなく直ぐに馴染んだ。
僕のアナルを犯している彼は、ただ腰を振って掘るだけでなく前回と同じようにチンポを浅く抜いたと思えばドンと深く掘ったりした。
そのたびに僕は「うっ」「アン」と喘ぎ声が出てしまった。
僕は彼に掘られながら彼の乳首を摘まむと、彼も乳首が感じるらしく「ううっ」と呻いた。
彼は乳首を摘ままれながらもパンパンと大きな音を立てて腰を振り、僕はかなり長い間アナルを掘られていた。
そのうちに彼が「どうされたい?」と聞いてきたので僕は「ザーメンを飲ませて」と希望すると、しばらく掘ってから僕のアナルからチンポを抜いた。
そしてチンポに装着されているゴムを外すと彼は仰向けになり、僕は彼の股間に四つん這いになってから彼のチンポを奥までしゃぶったした。
彼はフェラをされながら乳首を触ると喜ぶので、フェラの間ずっと乳首を摘まんでいた。
そしてそのうちに彼の限界が近づいてきたようで「イクッ」と小さく叫びぶと僕の口の中に彼は大量のザーメンを発射してきた。
すると彼がティッシュを出してくれたが、僕は既に彼のザーメンを味わいながら飲んでいた。
(ちょっと苦味があった)
彼は満足そうに部屋を出ていったので、僕も別の部屋に移るとそこでうつ伏せになって寝待ちとなった。
しばらくするとまたどこかのオヤジが僕の尻を撫でてきた。
そこで僕もそのオヤジのチンポを触ると幹回りがぶっといデカマラだった。
僕は興奮しながらそのデカマラをしゃぶっていたが、一方で‘こんなにデカイのは入らないな’と思ってた。
そのうちにオヤジが69の体勢でしゃぶってくれと言うので、オヤジの顔を跨いで69状態になった。
そしてビンビンになったデカマラをしゃぶっていると、オヤジは手持ちのポーチを探りながら盛んに僕のアナルの中に指を入れていた。
最初は‘ローションでも入れて解しているのかな’と思っていたが、そのうちに僕は頭がボーッとしてきた。
これは何かドラッグみたいなものをアナルに入れられたかなと思っていると、オヤジが「入れてやるぞ」と言ってきた。
こんな‘デカマラは入らない’と思いつつも僕は「ゴムはお願い」と言うと「もちろん付けてやる」と言いながらチンポにゴムを装着してきた。
そして僕を四つん這いにさせると、後ろからそのデカマラをアナルにあてて押し込んできた。
前の彼にかなり長く掘り込まれていたのでアナルはほぐれていたはずだが、やはりサイズが全然違うので痛みに耐えかねて四つん這いからうつ伏せになってしまった。
しかしオヤジは「息を吐け」と言いながら力を込めて押し込んできた。
するとメリメリっとばかりにオヤジのデカマラが途中まて入ったが、それ以上は入らないのでオヤジは一諦めて旦チンポを抜いた。
そして今度は仰向けになると僕に「自分で入れてみろ」と騎乗位で挿入させようとした。
僕はちょっとふらつきあがらもオヤジの腰に跨り、オヤジのデカマラを自分のアナルに当てるとゆっくりと腰を下ろた。
そしてなんとか半分くらい入れたところでオヤジが僕の腰を掴んで下から突き上げてきた。
その頃になるとドラッグのせいかアナルの痛みをあまり感じなくなってきて、結局オヤジのチンポをアナルの奥深くまで挿入したままオヤジの腰に座りこんでいた。
オヤジはしばらくズンズンと腰を突き上げていたが、そのうちに僕にチンポを挿入したまま後ろにのけ反るように言われ、騎乗位から座位に変わった。
オヤジは僕の腕を掴みながら引き寄せてチンポを奥まで突き上げてきた。
もうオヤジのデカマラによる痛みなくなり、オヤジの腰を突き上げられるたびにアンアンと喘いでいると、周りにギャラリーが増えてきた。
オヤジはさらに僕を仰向けに寝させると、正常位に近い体勢になってきた。
オヤジはそのデカマラで長いこと僕を犯していたが、何故か途中でアナルからチンポを抜いてしまった。
僕はせっかくデカマラに馴染んできたところでちょっと残念に思っていると、オヤジは「すまん、萎えてきた」と言うとティッシュで自分のデカマラを拭き、さらに僕のアナルも拭いてきた。
オヤジはその後も何度も「悪いな、満足させられなくて」と言っていたので、僕は「そんなことはないです」と言うと、オヤジは僕の背中をトントンと叩いて部屋を去っていった。
僕はまだ頭がぼーっとしたままで、そのままうつ伏せに寝ていると、ギャラリーで僕らの交尾を見ていたオヤジが僕の尻を触ってきた。
なんかふわふわした感じになっていながらもそのオヤジの股間をまさぐると、さっきのオヤジほどではないがデカマラがビンビンに勃起していた。
そして僕は四つん這いになってそのオヤジのチンポをしゃぶっていると、また別の誰かが僕の尻を割って触ってくるのがわかった。
そいつはローションでヌルヌルになっている僕のアナルに何度か指を入れるとゴムの袋を切ってチンポに装着している気配がした。
そして一気に後ろからアナルにチンポを挿入し掘ってきた。
そいつは物凄い勢いで腰を振りアナルを掘ってきたが、直前でデカマラで掘りこまれ、またクスリのせいか全然平気だった。
僕は前でデカマラオヤジのチンポをしゃぶり、後ろでは僕のケツを鷲掴みにしてバシバシと音を立てて犯されいる状況に興奮していた。
そのうちに僕を犯していたやつはイッたらしく腰を振るのを止めるとアナルからチンポを抜くとゴムを外していた。
僕は後ろを振り返り、今まで自分を犯していた奴を見ると筋肉質で日焼けしたいかにもタチっぽいオヤジがいた。
そのオヤジがいなくなると今まで僕がチンポをしゃぶっていたデカマラのオヤジも一緒に去っていった。
すると今度はギャラリーにいた別のオヤジがすぐさま僕の乳首を触ってきた。
そこでまた僕はオヤジの股間に頭を突っ込みチンポをしゃぶると、まだ入館したばかりなのか石鹸の香りがした。
オヤジが仰向けになったので僕はひたすらしゃぶると、オヤジは「う〜、気持ちいいい」と言いながらしばらくして僕の口の中にザーメンを発射してきた。
オヤジは溜まっていたらしく、口の中にはタプタプするほどザーメンが溢れていた。
僕は口の中のオヤジのザーメンをティッシュに吐き出すと、ティッシュが重くなった。
そのオヤジがいなくなると続けざまにまた別のギャラリーのオヤジが僕の尻を触ってきた。
僕はそのオヤジの股間にも顔を突っ込み、チンポもしゃぶってイカせてると、また直ぐに口にザーメンを放出してきた。(立て続けの口内射精でとても興奮してきた)

そのオヤジがいなくなると、さらにまた別のオヤジが続けてやってきたが、そのオヤジはさっき僕が掘られながらチンポをしゃぶっていたデカマラオヤジだった。
そのオヤジのチンポをまたしゃぶっていると、別のオヤジが僕のアナルに指を入れていた。
僕はさっき途中でいなくなったデカマラオヤジのチンポをしゃぶっていると、今度はオヤジも最後までイキきたくなったのか、僕の喉の奥までチンポを押し込んだり自分でもマラを扱いていた。
四つん這いでオヤジをフェラしながらアナルに指を突っ込まれて弄られていたが、そのうちにデカマラオヤジはイキそうになったのか僕の頭を押さえつけると、今度は喉の奥にザーメンを発射してきた。
オヤジのデカマラから発射されたザーメンは口から溢れそうなくらいの大量だった。
デカマラオヤジも満足したようで、僕の頭を撫でると部屋を去っていった。
すると今度は直前まで僕のアナルを弄ってきたオヤジが僕に近づきキスをしてきた。
目の前で口内射精されている僕の口にディープキスをしてくることに少し驚いたがそのままディープキスを受け入れた。
するとオヤジは僕を仰向けにして僕のチンポをしゃぶりだした。
僕は今までのプレイでもう十分興奮しており、またクスリのせいなのか直ぐにイキそうになった。
そこでフェラしているオヤジに「イキそう、出ちゃうよ」と言うとオヤジはチンポをしゃぶるスピードが速くなってきて、僕はそのままオヤジの口の中にザーメンを発射してしまった。
オヤジは僕のザーメンをティッシュに吐き出すと、そのまま僕にキスをしてきた。
僕は自分のザーメンを溜めていた口にキスをするのはちょっと「えっ」と思ったが、そのままオヤジのキスを受け入れた。
そして自分のチンポを拭くと浴衣を着て部屋をでた。
また身体はふらついていたが、それでも風呂場に行くと身体を洗って服をきた。
館を出たのは18時過ぎだった。

今回はアナルに初めてクスリを入れられたり、デカマラで掘られたり、立て続けに口内射精されたり、最後はイカされたりと、とても濃い内容でとても満足した。