最近は女性とのプレイが続いていたが久しぶりに発展場に行ってみた。
11時30分過ぎに入ったところか2〜3人の客がいる感じだった。
風呂場でシャワーを浴びてミックスルームを回ってみるが誰もプレイをしている人はいなかった。
そこである部屋でうつぶせで寝ていると、しばらくすると僕の尻を触ってくるオヤジがいた。
首をひねって顔を見るとそこには毛深いガチムチのオヤジがいた。
僕はそのオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを触ると根元にコックリングをつけてビンビンに固くなっていた。
僕は溜まらずオヤジの股間に顔を埋めて勃起しているオヤジのチンポをしゃぶった。
オヤジのチンポはそこそこ長く、亀頭もパンパンに張っていて久しぶりのオヤジのチンポに喉の奥まで咥え、また亀頭を舌でしゃぶりまくった。
オヤジは「あう、気持ちいいぜ」と言いながら、僕の頭を撫でていた。
そのうちにオヤジは「後ろに欲しいか」と聞いてきたので、僕はしゃぶりながら頷いた。
するとオヤジは僕を四つん這いにすると僕の下半身に回り込んだ。
僕は「すみません、ゴムを付けてもらえますか」と言うとオヤジは僕が渡したゴムをチンポの根元まで装着した。
そして僕のアナルにチンポをあてると押し込んできた。
しかし久しぶりの僕のアナルはローションを付けていても直ぐには入らないようで、何度か押し込んできたものの挿入できず、何度かローションを足したり指をアナルに挿入して広げたりとしていた。
その間に僕ら二人のプレイを見ていたひとりの客が僕の顔の前に来て、僕にキスをしてきた。
僕がその客の顔を見るとまだ30代前半に見える童顔の若い感じの青年だった。
その青年は僕に激しくキスをしてきて口に舌を入れたり、僕の舌を吸ってきていた。
さらに青年は僕の顔の前に自分の股間を持ってきたので、僕はその青年のチンポを口に咥えた。
青年のチンポは上向きに反り返っていてビンビンに固くなっていた。
僕は口にチンポを咥えながら後ろを犯されたいと思っていたが、後ろで僕のアナルに挿入しようとしていた毛深いオヤジは何度もアナルへの挿入を繰り返しているうちにチンポへの力がなくなってきたのか、結局諦めてしまったようだ。
僕は自分のアナルがほぐれていないことに申し訳なく思い「すみません」と言うとオヤジは「いやいや気にしなくていいよ」と言うと僕の尻をトントンを叩いて部屋を出ていった。
すると今まで僕の前にいた青年が僕の後ろに回り両手で僕の尻を割ってきた。
そしてその青年はゴムもつけずに僕のアナルにチンポをあてて腰を押し込んできた。
するとその青年のチンポは僕のアナルをやすやすと突破して奥深くまでチンポが挿入されてしまった。
青年は僕の尻を掴むとゆっくりと腰を振り、何度か浅く腰を振ったと思うとグイッと奥までチンポを押し込んできた。(青年のチンポは固く勃起しておりアナルの締め付けも関係ないようだった)
しばらく四つん這いで犯され、僕は腰を振るたびに喘いでいたが、青年は途中でチンポを抜くと僕を仰向けにして今度は正常位でアナルにチンポを挿入し僕に覆いかぶさってきた。
そして僕にキスをしたり僕の両乳首を摘まんできた。
僕も興奮してその青年の背中に手を回して抱きしめながら彼とディープキスをかわした。
青年のチンポは反り返って固く、今までに掘られたチンポとはちょっと違う刺激があり僕は青年に掘られながら感じてしまった。
しかし青年は僕のチンポだけでイクつもりはないようで、しばらく掘ったあとまたチンポを抜き、僕に抱きついてきた。
僕も青年を抱きしめながらキスをし、さらに今まで自分のアナルに入っていた彼のチンポをしゃぶっていた。(事前にアナルはしっかり洗っていたので特に味はしなかった)
そしてそのうちに青年は「また後でプレイしよう」と言うと部屋を去ってしまった。
僕もその後別の部屋を回っているとある部屋で寝待しているオヤジがいた。
そのオヤジの横に座って股間の浴衣を捲ってみると萎れたチンポが横たわっていた。
僕はそのチンポを口に咥えてみると風呂から上がったばかりのようで石鹸の香りがした。
僕がオヤジのチンポをしゃぶっているとオヤジのチンポはみるみるうちに固く勃起してきた。
そしてオヤジも気持ち良さそうに喘いできた。
しばらくチンポをしゃぶっているとオヤジの喘ぎ声の感覚がだんだん短くなってきて、最後は「イクッ」と小さく叫ぶと僕の口の中にピュッっとザーメンを発射した。(亀頭からピュッピュッとザーメンが出ているのが感じられた)
僕は最後の一滴までザーメンが出尽くすのをまってチンポを口から抜くと生臭いザーメンを口の中で味わいながら飲み込んだ。
そしてティッシュでオヤジのチンポを拭き取ると「ごちそう様」と言って部屋を出た。
その後また別の部屋に行ってみるとそこではガチムチの二人がプレイしていた。
ガタイの大きな柔道体形のオヤジがちょっと小柄なラグビー体形のオヤジを正常位でチンポを挿入していた。
柔道体形オヤジは生チンポで挿入しているようでしきりに「アナル最高」、「アナルが締め付けているぜ」と叫んでいた。
しばらく二人は正常位で交尾していたが、一旦チンポを抜くとラグビー体形オヤジを四つん這いにして今度はバックからチンポを挿入して犯し始めた。
僕は犬のように犯されているラグビー体形オヤジの股間に手を伸ばし下からチンポを掴んで扱いてあげると、亀頭から先走りがヌルヌルと出ているのがわかった。
そうやって二人の交尾に手を出しているといつの間にかギャラリーが増えてきた。
そして僕が扱いていたラグビー体形オヤジの股間の下に顔を突っ込んでチンポを舐めたり、僕のチンポを舐めてきたりと乱交チックになってきた。
その中にはさっき僕を犯していた青年や、髭を生やした年老いた白人の外人も混じっていた。
そこで僕はその白人のチンポを咥えてしゃぶった。
白人のチンポは長さはないが太さがあった。
僕が外人のチンポをしゃぶっているとギャラリーも白人が珍しかったのか乳首を舐めたりチンポを手コキしようとしてくる連中が増えてきた。
そこで僕は一旦乱交の中から抜けて別の部屋に移った。
そしてある部屋に入ってみると、さっきの乱交プレイで僕のチンポを咥えていたオヤジに後ろから抱きしめられてベッドに寝かされた。
僕はそのオヤジの太マラをしゃぶっているとオヤジも四つん這いになって僕の股間の上に顔を持ってきて僕のチンポをさぶってきた。
しばらく69になってしゃぶりあいをしていたがオヤジが手コキをしてきたところで僕はイキそうになり「イッちゃいそうです」と言うとオヤジは手コキのスピードを速めてきた。
なので僕は「ああ、イッちゃう」と叫ぶとそのままザーメンを噴き上げてしまった。
オヤジは「イカせちゃっってごめんね。後でまた掘らせてね」と言って部屋を出ていった。
僕は‘ちょっと掘られ足らないままイカされてしまった’と思ったが、ザーメンを発射したことでもう満足してしまい、シャワーを浴びてそのまま館を出てしまった。
13時30分前だった。

今年の初ハッテンだったがとりあえず掘られ、イクこともできたので、まぁ満足だった。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。