今日も行きつけの発展場に行ってみた。
18時に入ってみるとそこそこ客はいるようだった。
シャワーを浴びてアナルにローションを塗るとミックスルームにあがった。
いくつかの部屋でプレイ中だったが誰もいない部屋があったので、そこでうつ伏せになって寝待ちをした。
すると、直ぐに僕の浴衣を捲り尻を触ってくるオヤジがきた。
そのオヤジは僕のアナルに指を入れて、ローションで濡れていることを確認すると、僕の乳首を摘まんできた。
僕も感じながら少し起き上がるとオヤジの股間に手を伸ばしチンポを掴んでみると、それはかなりのデカマラだった。
そのオヤジは頭を坊主がりにして腹は出ているがガッチリした体形の40代くらいだった。
オヤジは胡座になるので僕はオヤジの股間に顔を埋めてチンポを頬張りしゃぶった。
するとオヤジのデカマラはみるみるうちに固く勃起するとチンポに回した指がやっと届くか届かないくらいの太マラになった。
僕はちょっと怖くなりながらもオヤジのチンポをしゃぶっていると、オヤジは自分のが持参した小袋からコンドームを取り出すと僕の口からチンポを抜き、ゴムを装着した。
僕は‘この太マラで掘られてしまうのか’とちょっとドキドキしていると、オヤジは自分のチンポにローションを垂らして僕に「大丈夫か?」と聞いてきた。
僕は「あんまり慣れていないから」と言うと「慣れていないなら自分から入れてみろ」と仰向けになるとビンビンになっているデカマラを立たせていた。
僕はそんなオヤジの股間を跨ぐとオヤジのデカマラを摘み自分のアナルに当てながらゆっくりと腰を下ろした。
しかしまだ解れていない僕のアナルは何度もオヤジのデカマラをはねのけた。
それでも何度も腰の位置を変えながらチンポをくわえようとしていると、とうとうアナルに痛みと圧迫を感じながらチンポが挿入されてきた。
しかし全部はまだ挿入されておらず、半分くわえたところで止まったままアナルにデカマラを慣らしていた。
その後ゆっくりと腰を動かしていたがオヤジは「大丈夫か?抜こうか?」と聞いてきたので、一旦抜いてもらうと今度は四つん這いになってバックからチンポを挿入してもらった。
バックからだとオヤジのデカマラは完全にアナルに挿入されてオヤジが腰を振るたびにズンズンとアナル全体に痛みがあり、僕は枕を抱えながら「アッ、アッ」と大きな声で喘いでしまった。
オヤジはバックから僕を犯したあと次に僕を仰向けにすると両脚を抱えさせてマングリ返しの体勢になった。
そして上から僕のアナルにチンポを突き立てると僕のアナルの奥深くまで挿入した。
僕は挿入された瞬間あまりの圧迫感に「クァハッ」と叫び、その後腰を振られるたびに「ウン、ウン」と呻いていた。
しかし僕のアナルは少しづつオヤジのチンポの太さに慣れてきており、奥深くで動かされるだけであればかなり平気になってきた。(逆に入口付近までもどされて、また押し込まれるとウンチをしたくなりような痛さが感じられた)
その後デカマラオヤジは僕をまた四つん這いにして犬のように犯したが、僕が耐えきれなくなってうつ伏せになるとオヤジはチンポを挿入したままうつ伏せの僕の上に覆い被さり腰を振っていた。
しばらくうつ伏せで掘られていたが、そのうちにオヤジがチンポを抜いてしまった。(どうも小さくなったらしい)
そこで僕はさっきまで僕のアナルに入っていたデカマラをゴムの上からしゃぶった。(しっかり洗腸していたのでゴムの味しかしなかった)
そしてまた固くなったところで今度は騎乗位でチンポを挿入し、下から突き上げてきた。。
しかししばらく腰を振っているとまたチンポを抜いてしまい、オヤジは「ちょっと休憩」と言って部屋を出ていってしまった。
そこで僕は別の部屋で寝待ちしていると、また尻を触りいきなりアナルに指を突っ込んでかき回してくるオヤジがいたと思ったら、さっき尾のオヤジだった。
オヤジは僕のアナルに指を挿入たまま「どうだ、少しはケツの穴が開いてきただろ」と言いいながらかき回していた。
そして僕を四つん這いにさせるとバックから犯し腰を振ってきた。
慣れてきたとは言え、やはりオヤジのデカマラは圧迫感があり少し痛みがあった。
しかし最初の時よりは痛みも薄れてきており、僕はオヤジの腰の動きに「アン、アン」と喘いでいた。
オヤジはその後また僕を仰向けにすると両脚を抱え上げアナルを上向きにしてから太マラを挿入してきた。
しばらく正常位で掘られたあと、次に僕を横向きにして横背位でチンポを挿入してきた。
またしばらくオヤジに掘られ続けたあと、オヤジはまたアナルからチンポを抜いてしまった。
やっぱりまた小さくなってしまったらしく「ごめんな」と言いながら部屋を出てしまった。
その後、また別の部屋で寝待ちしていると直ぐにオヤジが近づいてきた。
オヤジはうつ伏せになっている僕の浴衣を捲ると、ローションが塗られているアナルに指を突っ込んだあと僕の乳首を摘まんできた。
僕が喘ぎオヤジの方に顔を向けるとちょっと酒臭い日焼けした50代後半くらいに見えるオヤジがいた。
僕がオヤジの股間に手を伸ばすとオヤジは僕の頭を掴んで股間の方に持っていくので、僕はオヤジのチンポを咥えてしゃぶった。
オヤジのチンポはさっきのオヤジのデカマラと比べると細く短かった。
それでもしゃぶっているうちに固くなり、そこそこの大きさになってきた。
そのうちにオヤジは自分で腰を抱えて持ち上げると僕の頭を押し下げるようにしてきたので、僕はオヤジの玉袋を舐めていたが、さらに僕の頭を押し下げてくるので仕方なくオヤジのアナルを舐めた。
ただオヤジのアナルはキレイだった。
そうこうしているうちにオヤジのチンポが十分に固くなってきたところでオヤジは僕を上半身の方に引き上げてきたので、僕はオヤジの上に跨るような体勢になった。
どうするのかと思っていると、オヤジは勃起したチンポを僕の尻に当ててきておりどうもアナルに挿入しようとしているらしかった。
僕はゴムもつけないで‘ちょっとやだな’と思っていたが、さっきデカマラで広げられていた僕のアナルは日焼けオヤジの細いチンポの挿入を許してしまった。
仕方がないので僕は日焼けオヤジの生チンポを挿入されたまま腰を振り、オヤジも下から突き上げてきた。
オヤジは下から突き上げながら僕の乳首を摘まみ、僕は「アッ、アッ」と喘いでいたが、そのうちにオヤジはチンポを抜くと僕を四つん這いにしてバックから生チンポを挿入しと。
僕は「セーフでお願いします」と言いながらゴムを渡そうとしたが、オヤジはそれを無視して僕のケツを掴み腰を振り続けた。
オヤジのチンポは僕にとってはちょうど良いサイズで僕はそのまま犯され続けた。
バックでしばらく掘られたあとオヤジは僕を仰向けにして正常位で掘ってきた。
その後またバックで掘られたり、うつ伏せになったりといろんな体位で犯されていたが、途中でこのオヤジもチンポを抜いてきた。
そして僕の頭を掴むと直前まで僕のアナルに入っていたチンポに押し付けてきたので僕はヌルヌルとしていオヤジのチンポをくわえた。
そしてチンポをしばらくしゃぶっているとオヤジは僕をチンポからどけて、僕に騎乗位で自分からチンポをくわえるように言ってきた。
僕はあらためてゴムを付けてもらうようにお願いしたがオヤジは嫌だと明確に拒否されてしまった。
しかし僕はこのオヤジのチンポに犯されることに興奮していたので、仕方なくまた生チンポを自らアナルにくわえてしまった。
そして自分で腰を振り、オヤジも僕の乳首を摘まみながら腰を突き上げてきた。
途中でオヤジはチンポを抜くと僕の身体の向きを逆にして僕がオヤジの足先に向くようにしてからまた騎乗位になった。
僕が部屋の入口に向かった状態で腰を振っていると何人ものギャラリーが覗きにきていた。
その後また僕をバックで掘ったあとこのオヤジも「ちょっと休憩」と言い出した。
そして立ち上がると「まだここにいるよな」と言うので「はい」と答えるとまだ固くなっているチンポを僕にくわえさせ、後掃除をさせられた。
僕がキレイにオヤジのチンポをしゃぶっていると、オヤジは突然僕の頭を掴み「このまま小便をしていいか?」と聞いてきた。
僕はチンポをくわえたまま返事に困っていると、オヤジはさらに「この変態め、俺の小便を飲ましてやる」と言ってきた。
僕はさすがに飲むのは嫌だと思ってチンポを口にくわえながら首を振った。
しかしオヤジは何度も「小便するぞ、小便を飲めるか」と言いながらチンポを突きだすので、僕が後退しているととうとうとうとう壁際に追い詰められた。
もうこれ以上逃げられない状態でオヤジは僕にチンポをくわえさせたまま「いいか、このまま出すぞ、飲め」と言ってきた。
僕はチンポをくわえたままオヤジの顔を見上げて首を振ったが、もし口にだされたらどうしようとドキドキしていた。
しかしオヤジはいざ出そうとすると緊張するようで、いつまで待っても小便が口に出てくることはなかった。
そして結局口からチンポを抜くと僕を四つん這いにしてまたバックから犯してきた。
さらにオヤジは仰向けに寝ると僕は自らオヤジのチンポをアナルに挿入し、腰を振った。
ずっと騎乗位で腰を振っているとオヤジは「最高のケツだぜ。イキそうだ」と言ってきた。
僕は‘このまま中出しされたらどうしよう’とドキドキしていたが、どうもオヤジは小便がしたくてイケないようだった。
いつまでたってもやはりイケないようなので僕は「アナルの中で小便してもらえますか」と言った。(中出しされたり小便を飲まされるよりはいいかと思った)
するとオヤジはアナルにチンポを入れたまま「本当に出していいのか?」と確認してきた。
僕は「はい、出してください」と言うとオヤジは何度も「いいのか、出すぞ」「出すぞ」「本当に出すぞ」と言いながら最後は「出るっ」と言うと黙ってしまった。
どうもアナルに本当にオシッコをしているらしかったがアナルに出されている感じはしなかった。
しかそオヤジは「まだ出るぞ」と言いながら放尿しているようだった。
そのうちに確かに下腹が少し張ってくるような感じがした。
そしてオヤジが「ふう、全部出たぜ」「こんなのは初めてだ」というとゆっくりとチンポをアナルから抜きだした。
僕はオシッコをこぼしちゃいけないと思い、オヤジがアナルからチンポを抜いた瞬間にアナルをキュッと締めて、そのままトイレに駆け込んだ。
そして和式便器に跨りアナルに力をいれて息んでみると、シャーッと透明な小便が排出されてきた。
そこで確かに小便浣腸されたんだと実感が湧いたが、意外にアナルでは放尿されても感じないんだなと思った。(良く体験談では‘ザーメンを中出しされるとアナルの中が温かくなった’とか、‘ピュッピュッとザーメンが排出されるのがわかった’とか言うが、実際はそんなにはっきりとは感じられないのではと思った)
そして部屋に戻ってみたが、もうオヤジはいなかった。
そこでしばらく寝待ちをしていたが、その後は誰も来なかったので起き出して部屋を回ってみた。
するとある部屋でさっきの日焼けオヤジが40代前半くらいのオヤジをバックから掘っていた。
日焼けオヤジは「このまま出していいか」と言いながら中出しをしていた。
オヤジはフィニッシュしたあとしばらく動かなかったがおもむろにチンポを抜くとそのまま部屋を出ていった。
僕は先ほどまで掘られていた40代前半のオヤジのアナルに指を挿入すると、ヌルヌルになっていた。
そしてアナルの奥まで指を入れ、抜いたあとに指の匂いを嗅ぐと生臭いザーメンの匂いが感じられた。
結局お客も少なくなっていたので、シャワーを浴びると発展場を出た。
ちょうど21時頃で、その発展場には3時間程度いたことがわかった。
今回は自分はイクことができなかったが二人のオヤジに掘ってもらい、また初めての体験も出来たので良かった。

帰りに焼き鳥を12本食べた。