今日は久しぶりの発展サウナに行ってみた。
10時30分頃に着くとロッカーで浴衣に着替えて2階に上がって見ると階段で酔っ払った客が寝転んでいて従業員に叱られながら連れ去られていた。
シャワーを浴びてアナルにローションを塗って準備万端でミックスルームに行くとそこそこ混んでいた。
ベッドの部屋の下で寝待ちをしていたが、ここもウケが多い場所のようでなかなか誘われなかった。
そこでこちらから寝ているオヤジに手をだしてみたが、フニャチンで勃たなかったりしてなかなか良い相手に廻り合わなかった。
しかしそれでもしばらくすると反り返るような立派なチンポを持つオヤジに出会った。
そこでそのオヤジのチンポを一生懸命しゃぶった。
オヤジのチンポはビンビンに固くなり反り返って。
できればこのチンポで掘って欲しいと思ったが、ザーメンが噴き出るところもみたかったのでかなり長い間しゃぶっていた。
オヤジは気持ちよさそうに眼を瞑っていたが、やはりまだイキたくなかったのか途中で立ちあがり去ってしまった。
そこで再び寝待ちしていると横に黒く日焼けしたオヤジがやってきた。
見た目はタチっぽいが股間に手を伸ばすとポークビッツ並のチンポだった。
しゃぶっていると硬くなったが、流石にこれで挿入されても掘られた感はしないなと思っていたらオヤジが69の体勢になってきた。
仕方ないのでその硬いポークビッツをしゃぶりながら僕もフェラを受けていたら急にイキそうになった。
まだイキたくはなかったが、そのままオヤジの口の中に発射してしまった。
オヤジは口の中の僕のザーメンをティッシュにはきだし去っていった。
不覚にも先に射精させられてしまったがこのままでは物足りないので僕は引き続きうつ伏せになった寝待ちしていた。
しばらくすると僕は本当に寝てしまった。
すると誰かが僕の尻を撫でているのに気が付いた。
その撫でていたオヤジは僕のアナルがローションで濡れていることに気が付くと、アナルの中に指を挿入してきた。
最初は1本の指だったが、そのうち2本挿入して僕のアナルをほぐそうとしているようだった。
僕もアナルをかき回されながら「うっ、うっ」と口から声が漏れてしまった。
そして僕もそのオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを触るとビックリするくらいの太マラだった。(缶ジュース並の太さ)
‘これで掘られたらアナルが裂けちゃう’と思いながびびっていると案の定オヤジはうつ伏せになった僕に覆いかぶさり、アナルに太マラをあててきた。
しかしあまりに太さに僕のアナルに先っぽさえも入らず、挿入することはできず、オヤジは諦めてさっていった。
僕はホッとしながらもせっかく掘ってくれようとしたのに申し訳なく残念だった。
再び寝待しているとちょっとガタイの良いオヤジが僕の頭側付近に座り、僕を誘っているようだった。
僕は積極的にオヤジの股間に手を伸ばしてオヤジのチンポを触ると、オヤジのチンポはちょうど良い太さと長さだった。
オヤジは股を広げてくれたので、僕はオヤジの股間に顔を埋めてチンポをしゃぶり固くした。
ある程度フェラしたところでオヤジが突然僕の口からチンポを抜いてしまった。
どうやら気持ち良すぎて少しザーメンを漏らしてしまったらしくティッシュでチンポを拭いていた。(再びオヤジのチンポをしゃぶると少しザーメンの味がした)
僕はこのチンポを逃したくなかったので、また固くなったところで持参したゴムを取ると自分からオヤジのチンポにゴムを被せた。
そしてオヤジが挿入しやすいように僕は四つん這いでバックの姿勢になったが、オヤジはいまいち僕のアナルの位置が分かりにくいようでうまく入らなかった。
そこでオヤジを仰向けに泣かせて僕が自らオヤジの腰の上にまたがり腰をおろし、オヤジのチンポを掴みながら僕のアナルに誘導した。
僕は久しぶりのチンポでやはりちょっと痛みがあったが、十分固くなっていたオヤジのチンポは僕のアナルに挿入することができた。
そして騎乗位の体位で僕はオヤジの方や乳首を摘みながら腰を振っていると、オヤジは気持ち良さそうに顔をしかめっ面していた。
しばらく腰を振っていたが、何度かオヤジのチンポがアナルから抜けることがあり、また僕も蹲踞の姿勢が辛くなってきたので一旦アナルからチンポを抜くとオヤジは仰向けで寝かせたまま今度はオヤジの足の方に向いて再び騎乗位でチンポを挿入した。(オヤジの顔に背中を向けてチンポを挿入)
僕は膝を着くことができたので比較的楽に腰を振ることができた。
そうしてまたしばらくオヤジの腰の上でチンポを挿入されたまま腰をふっていたらオヤジが「イキそう」と言ってきた。
そこで僕もアナルを締め上げて腰を振り続けるとオヤジは僕の腰を掴んで「うっ、イクッ」と腰を何度も突き上げてきた。
オヤジの腰の動きが止まるのを待って、僕は腰をあげアナルからチンポを抜きチンポからゴムを外した。(一回漏らしていたせいか、ザーメンの量は少なめだった)
そしてオヤジのチンポをティッシュで拭くとオヤジは僕の肩をとんとんと叩いて去って行ってしまった。
僕はしばらく正座した状態でぼーっとしていたが、おもむろに立ち上がると風呂場に行き身体をあらった。
そして発展場を出た。14時頃だった。

犯される感じはなかったが、久しぶりに掘ってもらうことができて満足だった。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。