久しぶりにいつもの発展場に行ってみた。
20時30分頃に入ってみると10人弱程度の客がいた。
シャワーを浴びてミックスルームを回ってみると一組だけプレイをしていたが、あとは全員寝待ち状態だった。
‘これは今日もいつものようにウケばかりかな’と思いながら自分も二段ベッドの下で寝待ちしていたが案の定誰も誘いに来てくれなかった。
仕方がないのでこちらから仕掛けに行ったがみんな横を向いて寝ており、どうにも誘いづらい感じだった。
そんな中で1人のオヤジが仰向けで寝ていたのでそいつの股間を触ってみた。
するとそのオヤジはタオルの下に何故かブリーフを履いていた。
僕はオヤジのブリーフの上からチンポを揉んでいると突然オヤジが僕の胸に手を伸ばしてきて乳首を摘まみ出した。
僕は「あん」と軽く喘いでしまいながらもオヤジのチンポを揉んでいるとオヤジのチンポはブリーフの下で硬くなってきた。
しかしオヤジは起き上がると逆に僕を押し倒し、僕の体に覆い被さると顔を胸に埋めて僕の乳首を舐めだした。
僕は「あっ、あっ」と喘ぎながらそれでもオヤジのチンポを揉んでいた。
するとオヤジは履いていたブリーフを脱ぎだした。
そこで僕はオヤジのチンポを直接しごきだした。
オヤジのチンポはビンビンに硬くなり亀頭の先から我慢汁がヌルヌルと溢れてきた。
オヤジが僕のチンポをしゃぶりだしたので僕は気持ち良さに喘いだ。
僕もオヤジのチンポをしゃぶろうとすると、オヤジが僕の顔を跨いできたので69でしゃぶりあった。
オヤジは僕のチンポをしゃぶりながら腰を振ってきて僕の口をガンガン突いてくきた。
しばらくしゃぶりあい、さらにオヤジが僕のチンポを手コキしだした。
その後オヤジはチンポをしゃぶるのをやめるとまた僕の乳首を舐め摘まんできたが、オヤジは僕の乳首を強く摘まむので少し痛かった。
そこで僕も逆襲してオヤジのチンポをまた舐め始めた。
今度は僕が上になってオヤジの顔を跨ぐと、オヤジは下から僕のチンポを舐めだした。
オヤジのチンポは最初舐めている時は少し硬かったが、そのうちに何故か柔らかくなってきた。
するとオヤジが「チンポを噛んでくれ」というので恐る恐る噛むと「もっと強く噛んで」と言ってきた。(どうもこのオヤジもウケマゾだったらしい)
そこで少し強めに噛むと、再びオヤジのチンポが固くなってきた。
そのままオヤジのチンポを噛んでいたが、しばらくするとまた柔らかくなってきた。
その後はいくらしゃぶっても噛んでもオヤジのチンポは固くならなかった。
そこで一旦離れると、オヤジは僕に抱きつきキスをしてきた。
オヤジは僕の身体を抱きしめながら「良いガタイしてるけどタチ?」と聞いてくるので「そんなことないよ。どちらかと言うとウケだよ」と言うと「そうなんだ。タチかと思った」と言いながら僕の乳首を摘み「乳首が大きいね。これって摘ままれて大きくなったの?」と聞いてきた。
僕は「いや元からだよ」と言うと「僕は大きな乳首が良かったんだ。羨ましい。」と言ってきた。
しばらく抱き合った後、ウケ同士ではこれ以上ハッテンしないと思いオヤジは離れて部屋を出た。
僕も仕方なく寝ているまたミックスルームを回っていたところ、ある部屋でオヤジの浴衣からデカいチンポが見えていたのでしゃぶってみた。
オヤジのチンポはみるみるうちに固くなり、チンポを掴むと手の指がやっと届くくらいの太さだった。
しゃぶっていると口を溢れるほとであり、このチンポから発射されるザーメンがみたくなった。
しばらくチンポをしゃぶっているとオヤジが起きて浴衣をはだけてしゃぶりやすいようにしてくれた。
しかしかなり長い間しゃぶっているとオヤジがどうもイキそうになったのか足を閉じてきたり、ちょっと手でチンポを隠そうとしてきた。
僕はデカマラオヤジがイクところを見たかったのでしゃぶり手コキを続けたがオヤジは何度も手で遮ってきた。
そうこうしているうちにオヤジはまた手で遮りながら「欲しいのか」と聞いてきた。
僕はザーメンが発射するところは見たかったがこんあデカマラで掘られたらアナルが壊れちゃうと思ってそれ以上しゃぶるのは止めた。
そしてまた別の部屋でタオルを巻いてうつ伏せで寝待ちしているオヤジを見つけるとケツを触ってみた。
オヤジのアナルの周りにはローションでヌルヌルになっていた。
僕は‘今日はもうこれ以上待っていてもハッテンはないな’と思ったのでこのオヤジに発射して終わろうと思った。
そこでそのオヤジの乳首を摘まむとオヤジは軽く喘いでいた。
そんなオヤジをうつ伏せにさせると腰を持ち上げて四つん這いにさせた。
僕は早速チンポにゴムをつけるとオヤジのアナルと僕のチンポにローションを追加した。
そしてオヤジのアナルにチンポを挿入するとヌルリとチンポが吸い込まれた。
なかなか締りのいいアナルでオヤジの肩を掴みなながら深く掘った。
そして腰をオヤジのケツに叩きつけながらそのままイッた。
僕はオヤジのアナルからチンポを抜くとチンポをティッシュで拭いたあとにゴムをティッシュでくるみゴミ箱に捨てた。
そして風呂場で体を洗って館を出る。
10時過ぎだった。帰りにまた焼き鳥を10本食べた。

今回も掘られなくて残念だった。