今日もいつもの発展場に行ってみた。
7時過ぎに入ってみたがお客は少なく、ちょうど一緒に入ったばかりの客が2〜3人いたところだった。
風呂に入り、アナルにローションを付けてミックスルームをを回ってみたがあまり客はいなかった。
とりあえずある部屋で寝待ちをしていたところ、すぐにちょっとキモいオヤジが近寄ってきた。
オヤジは僕の浴衣の胸を捲ると乳首に吸い付いてきた。
そして股間に手を伸ばすとチンコを掴んで扱きだした。
僕は軽く喘ぎながらチンポを勃起させていると、新たに短髪で黒く日焼けしたガタイの良いオヤジが僕の横に座って僕らのプレイを眺めていた。
僕はキモオヤジに乳首を吸われチンポを扱かれながら日焼けした黒オヤジを見ていたら、黒オヤジも僕の乳首に手を出してきた。
そして僕の頭を押さえながら自分の股間にに持って来ようとした。
そこで僕は黒オヤジのチンポを口にくわえるとまだふにゃふにゃしたチンポをしゃぶりだした。
その黒オヤジは直前に来たばかりのようで、股間は石鹸の香りがした。
僕がしゃぶりだしてから黒オヤジのチンポはムクムクと固くなり口の中に入りきらないほど勃起した。
僕が黒オヤジのチンポをしゃぶっている間、キモオヤジは僕のチンポをくわえてしゃぶっていた。
しばらく黒オヤジのチンポをフェラしていたがそのうちに黒オヤジがまた僕の頭を掴むと胸の方に持ってきた。
そこで僕は黒オヤジの乳首を吸った。
さらに黒オヤジがまた僕の頭を掴むと股間に近づけてきたので僕はまた黒オヤジのチンポをしゃぶった。
しかししばらくチンポをしゃぶったところで黒オヤジはチンポを抜くと去ってしまった。
黒オヤジがいなくなったあともキモオヤジは僕のチンポをしゃぶっていた。
そしてキモオヤジは仰向けになると僕を四つん這いさせてキモオヤジの顔の上を跨がせた。
そして僕のチンポをしたからくわえてしゃぶりだした。
僕はキモオヤジにしゃぶられながら喘いでいると、またガタイの良いちょっとマッチョな感じのオヤジが寄ってきて四つん這いになっている僕の前に座った。
僕はマッチョオヤジの手を触るとマッチョオヤジは股間をはだけて僕の顔の前に突きだした。
そこで僕はマッチョオヤジのまだ柔らかいチンポを口にくわえてしゃぶりだした。
オヤジのチンポはムクムクと大きくなり、口に入りきらないので右手で手コキをしていた。
マッチョオヤジはすっかり気持ちよくなったのか仰向けになって寝ていた。
四つん這いのまま僕が手コキとフェラでマッチョオヤジのチンポをしゃぶっているとき、キモオヤジはまだ僕のチンポをしゃぶりさらにアナルにも手をだしてきた。
マッチョオヤジのチンポを僕は舌で亀頭を舐めまくりさらに唇で吸い上げた。
するとマッチョオヤジはイキそうになったのか突然僕の口からチンポを抜いてしまった。
そしてそのまま部屋を出てしまった。
そして再びキモオヤジだけとプレイをすることになった。
キモオヤジは四つん這いになっている僕のアナルを舐め、さらにアナルの中に舌を入れてきた。
しばらく舌で僕のアナルを解したあと指を入れてきた。
最初は一本だけだったのが、2本〜3本とキモオヤジは僕のアナルに指を入れてきた。
そして最後は手を挿入しようとしてきたところで、僕は耐えられなくなって前に倒れ込み、うつ伏せになった。77キモオヤジは「大丈夫?痛かった?」と聞いてきたので、「無理・・・」と僕は答えた。
するとキモオヤジは「ごめんね」と言いながらうつ伏せの僕の尻を割って、アナルを舐めてきた。
そしてお尻をポンポンと叩いたあと、去っていった。
その後、別のミックスルームに行ってみると二人の若いマッチョが絡んでいた。
僕が近づいて見ているとひとりが僕の股間に手を伸ばし、チンポを掴むと引っ張ってきたので、僕はそのまま二人のプレイに参加することとなった。
二人は最初僕の乳首を掴み、さらに噛んできたので、僕は乳首の痛みに耐えながら悶えていた。
しかしそのうちに互いにチンポ舐めあうようになり、身体を絡ませて複雑な体位になった。(僕が舐めていたマッチョのチンポにはコックリングがしてあった)
しばらく互いのチンポをしゃぶりあっていたが、そのうちに一人のマッチョが舐めるのをやめて苦笑いしながら「ウケばかりだと進まないな」と言った。
二人ともガタイの良いマッチョだったので少なくともどちらか一人はタチだろうと思っていたが、実はそうではないことがわかった。
僕ともう一人のマッチョはそれを聞いてプレイをやめて、それぞれ部屋を出て行った。
そこで僕はまた部屋を変えて寝待していたが、その後はいくら寝てても誰も来なかった。
ちょっとおかしいなと思って起き出して部屋を回ってみると、客はほとんどおらず、ある部屋で一組のカップルが交尾をしているだけだった。(あのマッチョ達もどこにもいなかった)
しかたないのでまた寝待していたら、しばらくすると廊下を歩く何人かの音が聞こえてきた。
そこでまた部屋を回ってみると、さっきまでは誰もいなかったある部屋で寝待していたオヤジがいた。
僕はそいつの横に座ると乳首を触ってみた。
オヤジは直ぐに喘ぎ声をあげてきた。
さらにチンポを掴んでしゃぶり、さらに手コキをしてみた。
するとオヤジは気持ちよさそうに喘いできた。
僕はそのオヤジのアナルに手を伸ばしてみると、オヤジのアナルはローションでヌルヌルになっていた。
そこで僕はゴムを取りだして勃起しているチンポに被せると、オヤジの両脚を押し広げてマングリ返しにした。
そしてオヤジのアナルにローションを足すと僕のチンポにもローションを付け、オヤジのアナルにチンポを挿入した。
オヤジはアナルに挿入されたことがとてもうれしかったらしく、口を大きく上げて唸っていた。
しばらくオヤジのアナルにチンポを挿入し腰を振っていたが、そのうちにだんだんタネがあがってくるのがわかり、そのままゴムをつけたままフィニッシュした。
フィニッシュしたあとオヤジの胸に倒れ込み休んでいたが、そのうちにヌルリと自然にアナルヵらチンポが吐き出されてしまった。
僕はチンポからゴムを外すとザーメンがたっぷりと溜まっているゴムをまだ寝ているオヤジに渡した。
そして僕はシャワーを浴びて服を着ると館を出た。
9時30分近くになっていた。

今日は掘られなかったが、久しぶりに掘ることが出来て良かった。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。