今日は以前、良く行っていた発展場に久しぶりに行ってみた。
15時30分頃にサウナに入ってみたが、結構混んでいた。
シャワーを浴びて2階にあがってミックスルームを回ってみたが、全ての部屋でプレイが始まっていた。
その中である部屋で寝待ちをしていると最初にかなり年を取ったオヤジがきた
しゃぶったり乳首を舐めたり手コキをして僕を射精させようとしてきたが、一度も掘られないまますぐにイクのは嫌なので途中で逃げ出してしまった。
そのまましばらく寝待ちをしていると、今度は30代後半くらいのかなりのイケメンで乳首やチンポを優しく触ってきた。(トムクルーズのような顔立ちだった)
じらすようなタッチでチンポもビンビンになったが、そのうちに僕のアナルに手を伸ばしてローションが塗られているのがわかるとニヤリと笑ってアナルに指を挿入してきた。
そして僕の股の間に身体を入れて両脚を抱えてきたのでヤバいと思って枕元のコンドームを取ると「ゴムを付けてください」と頼んだ
しかし彼は指で‘違うよ’という感じで合図すると自分が持ってきたローションも僕のアナルに足した。
そして再びアナルに指を挿入するとアナルの奥を刺激してきた。
最初は僕のアナルをほぐしているのかと思ったが、どうもそうではなくて僕のアナルのある一点だけを集中して責めてきた。
どうやら前立腺マッサージをしようとしているらしかった。
僕は初めての経験だったが、残念なことにいつまで経っても射精感には達せず、それよりもなんだかオシッコをしたい感じになった。
彼もなかなかイカない僕に対してマッサージを激しくしてきたが、逆にマッサージされているところが痛くなってきた。
それでも慣れれば気持ち良くなるのかも、と思ってしばらく我慢していたが、やはり痛かったので「あっ、すみません、ちょっと痛くなってきました」と伝えると、彼はマッサージを止めてアナルから指を抜いてくれた。
そして僕に対して「ゴメンね」と言うので僕も「こっちこそすみません」と返した。
イケメンの彼がいなくなったあと別の部屋でまた寝待ちをしていると、今度は頭を坊主にした顔が市川海老蔵に似たオヤジがやってきた。
海老蔵オヤジは僕のチンポを扱き、乳首を舐め、さらにアナルに指を挿入してきた。
オヤジの身体はとても筋肉質でガッシリしており、僕はオヤジの身体を抱きしめた。
するとオヤジも僕にディープキスをしてきた。
オヤジは一生懸命僕のチンポをしゃぶり、手コキをしていたがオヤジが唾を垂らしながらチンポを扱くのでチンポが感じ過ぎてくすぐったくなってきてなかなかイケそうにはならなかった。
そのうちにオヤジは僕の両脚を抱えると僕のアナルに舌を這わせてきた。
さらに僕をうつ伏せにすると、尻を割ってまた舌を這わせてきた。
僕もオヤジのチンポを握って扱いていたが、オヤジのチンポを割と細みで長さもそんなに長くなかったので、このチンポなら犯されてもいいかな、と思っていた。
しかしオヤジは僕をチンポで犯すことはあまり考えてはいなかったようで、あくまでアナルを舐めたりチンポをしゃぶったりしていた。
しばらくすると途中で体勢を逆にして今度は僕がオヤジのチンポをしゃぶりだした。
オヤジのチンポは最初はふにゃふにゃしていたが、そのうちにオヤジが「うっ、イキそうだ」と言うとみるみるうちにチンポが硬くなってきた。
さらにオヤジは「このままイッていいか」と聞くので僕はチンポをくわえたまま「ウーッ」と頷いた。
するとしばらくしてからオヤジは「イクッ」と小さく叫ぶと亀頭の先からピュッピュッとザーメンが発射されるのがわかった。
全てのザーメンが出尽くしたあとチンポを口から抜くと、口の中に海老蔵オヤジのザーメンが溜まっていた。
オヤジがティッシュを差し出してくれたので僕はザーメンを吐き出した。
海老蔵オヤジは「自分だけイッたのが申し訳ない」とまた僕のチンポを扱きだした。
僕は「じゃぁ、69で」と互いにチンポをくわえる体勢になった。
しかしやっぱり海老蔵オヤジのフェラや手コキはちょっとくすぐったくなってイケる感じがしなかった。
そこでオヤジに止めてもらうとオヤジは申しわけなさそうにしていたが、僕は「いえ、全然大丈夫です」と行って別れた。
その後一旦シャワーを浴びてアナルにローションを塗り直すと、また別のミックスルームに移り寝待ちをしていた。
そこで何人か冷やかしがきたあと、色黒でマッチョな40代前半といった感じのオヤジが僕の横にきた。
そしてチンポや乳首を弄り、僕が小さく喘いでいたら突然僕を抱きしめてきた。
僕もマッチョオヤジを抱きしめるとオヤジの筋肉質な身体が丸太のように太く固かった。
そしてオヤジの股間に手を伸ばすとチンポも缶コーヒーのように太かった。(ただ長さなく短かった)
‘こんな太いチンポはちょっと入らないかな’と思っていた時にオヤジは僕のアナルに手を伸ばして僕のアナルがローションでヌルヌルになっていることに気がつくと、僕の下半身に身体を移し自分がもってきたローションを足してさらにゴムをチンポに装置すると枕を僕の腰の下に挿入した。
「あのデカチンで犯される」とドキドキしているとオヤジは僕の両脚を担いでデカチンをアナルに押し当てた。
そしてぐっと腰を押すと最初亀頭がアナルに引っかかったがさらに体重を掛けてチンポを押し込むとヌルッとデカチンが入ってしまった。
案の定、アナルには痛みがあり僕は「キツい〜」と呻くと、マッチョオヤジはチンポを押し込んでしばらくじっとしたまま僕に抱きつきキスをしてきた。
その間に僕のアナルもデカチンに慣れて痛みも収まってきた。
‘でも腰を動かすときっと痛いんだろう’と覚悟していたが、いざオヤジが腰を振ると痛みはなかった。
どうも僕のアナルは長いもので突かれると奥がズンズンと痛みを感じるが、太さについてはだいぶ慣れてきたのかもしれない。
オヤジは最初は正常位で僕を犯していたが、そのうちに横になりながら犯したり、座位で僕を後ろから犯す体勢になった。
さらに僕を四つん這いにさせると僕は壁際に手をつきオヤジが腰を突き上げていた。
オヤジが腰を振ってくるリズムにあわせて僕は「ハァ、ハァ」と喘いでいた。
かなり長い間マッチョオヤジは僕のアナルを掘っていたが、僕は‘このままフィニッシュしてくれないかな’と思っていたら突然マッチョオヤジが腰の動きをとめ、さらにアナルからチンポを抜いてしまった。
どうもオヤジは足が攣ったようで「いてて」と言いながらミックスルームを去っていった。
僕は仕方がないのでそのまま寝ていたが、また別のオヤジが僕の近くにきてチンポをしゃぶりだしてきた。
オヤジは僕のチンポを舐めながら下半身を僕の顔に近づけてきたので、僕もオヤジのチンポをしゃぶり69の状態になった。
オヤジは僕のチンポを激しく吸い付いてきており、僕もオヤジのチンポをしゃぶりまくった。
そのうちにやっと僕のチンポにタネが上がってくるのがわかり、オヤジに「イッちゃいそう」と伝えたがオヤジは「イッていいぞ」とさらにチンポを激しく扱きだした。
そして僕はそのままオヤジにザーメンを搾り取られて、ビュッビュッとチンポからザーメンを噴き上げた。
オヤジは近くにあったタオルで僕の下半身に溜まったザーメンの池を拭き取ると、僕とオヤジはお互いに「ありがとう」と言いながら別れた。
満足した僕はまた風呂場に行き、身体を洗って着替えて発展場を出た。
発展場を出たのは19時頃だった。

久しぶりの発展場だったが、掘られたので満足することが出来た。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。