今日は久しぶりに発展場に行ってみた。
20時前に入ってみると金曜日の夜のせいか、かなり混んでいた。
シャワーを浴びてミックスルームに上がってみると、いくつかの部屋で交尾していた。
僕はある部屋に入って寝待ちしていると2〜3人冷やかしがきたあと1人のオヤジが僕の横に座って股間を触りだした。
さらにオヤジは乳首も弄りだしたので、僕のチンポがムクムクと勃起してしまった
そしてオヤジは勃起したチンポをくわえてしゃぶりだしたので僕は思わず声を出して喘いでしまった。
さらにオヤジは僕の股間に手を伸ばして僕のアナルがローションで濡れていることがわかるとアナルに指を挿入してきた。
フェラチオとアナル弄りで僕は悶えていた。
しばらく僕が責められているだけだったがオヤジがフェラを止めると下半身を僕の顔の方に向けてきた。
そこで僕はオヤジの硬くなっているチンポをくわえてしゃぶりだした。
オヤジも再び僕のチンポをくわえてアナルに指を挿入してきた。
互いに横向きになった69のような体位でしゃぶっていたが、そのうちにオヤジが立ち上がると僕を仰向けにして両脚を抱えてきた。
僕はヤバいと思って枕元にあったコンドームを持つと「ゴムを付けてもらえませんか」と言ったが、オヤジはそのままアナルにチンポを当てると一気に挿入してきた。(ローションのせいですんなり入ってしまった)
僕は久しぶりのチンポで犯されたので痛かった。
オヤジは何度か腰を振ったところで腰を引き過ぎてチンポが抜けてしまった(もしかしたらわざとかもしれない)
そして僕の横に添い寝してきたので僕もオヤジの下半身に手を伸ばしてさっきまで僕のアナルに入っていたチンポを軽く扱き亀頭を指で撫で回した。
さらに僕は四つん這いになるとオヤジの下半身に移動してチンポをくわえてしゃぶってみた。
しばらくフェラしているとオヤジはまた立ち上がり四つん這いになったままの僕の後ろに行くと僕の尻を掴んでチンポを挿入しようとしてきた。
僕はまた「お願い、ゴムをつけて」と言いながら前に逃げていたが、直ぐに壁にぶつかって逃げられなくなってしまった。
するとオヤジは僕の尻をむんずと掴んだまま、またチンポを挿入してきた。
僕は犬のように四つん這いになったバックで犯されてしまった。
オヤジはがむしゃらに腰を振っていたが、さっき一度掘られていたせいかさっき程は痛くなかった。
しばらく僕は壁に手をつきながらバックで掘られていたが、そのうちなオヤジは僕を抱えながら仰向けになり、後ろ騎乗位の体勢になった。
オヤジは今度は下からドンドン突き上げる度に僕は「アッ、アッ」と声が出てしまった。
しばらく下から突き上げられたあと再びオヤジは僕のアナルからチンポを抜くとまた僕を四つん這いにさせた。
僕は再び「お願い、ゴムをつけて」と言ったが、オヤジは「ゴムを付けると感じねぇんだよ」と言うので僕は「じゃあ、最後は口の中にだして」とお願いした。
しかしオヤジはそれには答えずに「気持ちのいい尻だぜ、肛門がチンポに絡みつく」と言いながらズンズン腰を振っていた。
僕は‘オヤジがイキそうになったら腰を引いてチンポを抜こう’思っていたが、オヤジは結局イキそうになったら自分からチンポを抜くと僕の顔の前で扱くとそのまま僕の口の中に大量のザーメンを発射した。(口の奥に温かいものが何度もピュッピュッと届くのがわかった)
僕はザーメンが出し切るまで口の中で溜めたあとチンポを口から抜いた。
オヤジはティッシュを取って僕にくれたので僕はティッシュに大量のザーメンを吐き出した。
オヤジはトントンと僕の肩を叩くと「ありがとう」と行ってしまった。
僕も生臭い口の中のザーメンの残りを洗おうと洗面台の近くに行くと1人のオヤジが僕を見ていきなり股間を触ってきた。
僕が恥ずかしそうにしているとオヤジは強引にオヤジが取っていた個室に連れ込まれた。
部屋に入るとオヤジは僕を立たせたまま壁に押し付つけ、僕の乳首を弄りさらにディープキスをしてきた。
そして僕の浴衣を脱がせると僕の前にしゃがみ込みチンポを舐め始めた。
しばらくオヤジは僕のチンポをしゃぶったあと、今度は僕を座らせた。
そして僕の前にチンポを近づけてきたので僕はオヤジのチンポを咥えてなめた。
しばらくオヤジのビンビンに固くなったチンポをしゃぶっていたがそのうちにオヤジも僕の前に座りまたキスをしてきた。(舌を吸い付くようなキスをしてきた)
そしてチンポをしごき股間に手を伸ばすと僕のアナルがローションで濡れていることに気づくと、このオヤジも僕のアナルに指をいれてきた。
そしてオヤジは「入れていいの?」と聞いてきたので「ゴムを付けてなら」と言うとキスをしてきた。
しばらく互いに乳首を弄ったり、チンポを扱いていたがオヤジが「もうそろそろ帰る時間なんだよね」と言うので僕が「出さなくていいの?口でしてあげようか?」と言うとオヤジは「いいの?」と言いながら横になった。
そこで僕はオヤジの下半身に移動するとオヤジにチンポをしゃぶり始めた。
オヤジのチンポをフェラしているとオヤジは「あ〜、気持ちいい」「あ〜、イキそう」「いいの?このまま出しても」「あっ、イクッ」と呻きながら僕の口の中にピュッ、ピュッとザーメンを発射した。
僕はオヤジのザーメンが出尽くしたあともしばらく亀頭を舐め舐めしていたら「ウッ、ウッ」と身体をひくつかせた。
僕はザーメンを口に溜めたままチンポを抜くとオヤジが取ってくれたティッシュを受け取りザーメンを吐き出した。
そして呆然としているオヤジに「気持ち良かった?」と聞くとオヤジは「ああ〜」と放心したように頷いた。
そして僕は部屋を出て今度こそ洗面台で口の中のザーメンを洗った。
次にいくつかの部屋で交尾しているのを見ていたが、ある部屋で二人の受けオヤジが待っていた。
一人は座って口にチンポを突っ込まれるのを待っていて、もう一人はうつぶせになって後ろから掘られるのを待っているようだった。
そこでまず座っているオヤジの顔の前にチンポを近づけると案の定オヤジは嬉しそうにチンポを咥えてしゃぶりだした。
しばらくしゃぶらせてチンポがビンビンに硬くなったところでオヤジの口からチンポを抜くと、ゴムを付けて今度は隣でうつ伏せになっているオヤジのケツにチンポをあてた。(そいつのアナルはローションでヌルヌルだった)
そしてオヤジのケツマンコにチンポを挿入すると、色が白くて柔らかいオヤジの尻を掴んで腰を振った。
しばらく腰を振っていたところで柔らかで絡みつくケツマンコにタネがあがってくるのがわかり、そのままフィニッシュした。
そしてオヤジのアナルからチンポを抜くとザーメンがたっぷりと溜まったゴムを外した。
‘今日はもういいかな’と思ったところでシャワーを浴びて部屋を出た。
外に出たのは21時過ぎだった。
今日は久しぶりのハッテンだったが満足できた。

帰りに焼き鳥を11本食べてみた。