今日はいつもの発展場に行ってみた
17時30分過ぎに入ると土曜の夕方と言うこともあり、混んでいた
シャワーを浴びてミックスルームに行き、寝待ちしていたがしばらくは誰も手を出してはくれなかった
しかしある太ったオヤジがやってきて僕のそばにくるとチンポを触ってきた
そして乳首も摘んで刺激していると僕のチンポは直ぐにビンビンになった
僕もオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを触るとそれは短いけれど極太で亀頭のワレメから我慢汁を大量に出していた
そのうちにオヤジは自分が持ってきた小さなポーチからコンドームを出すと僕のチンポに被せてさらにローションを手にとると自分のアナルに塗りつけた
そして僕の腰を跨ぐと僕のチンポを掴み自分のアナルに挿入し、自ら腰を振っているので僕もオヤジのチンポを扱いてあげた
そのうちにギャラリーが二人きた
オヤジはアナルに僕のチンポをくわえたまま、ギャラリーのうちの一人のチンポを舐め始めた。
チンポをしゃぶられていたギャラリーは、しばらくするとオヤジの口に射精した。
オヤジはそのままザーメンを飲み込むのかと思ったが、ティッシュに吐き出した。
さらにオヤジはもう一人のギャラリーのチンポを舐めはじめた。
しかし、そいつはあまり勃たないようでオヤジは舐めるのを諦めた。
その間、僕はなんだか飽きてきて、さらにオヤジの体重が重くて腰が痛くなってきたのでだんだんチンポが萎んできていた。
するとオヤジは腰を上げてチンポを抜くと、また手や口で刺激して勃たせた。
僕はオヤジの手コキしてきたのでイキそうになったが、まだイキたくはなかったので、今度は僕がオヤジのチンポをしゃぶりだした。
するとオヤジが抱きついてきて、さっきザーメンが発射された口でキスをしてきた。
僕はオヤジのチンポを手コキをしているうちにオヤジがイキそうになったのか、チンポを自分で手コキし始めて僕の手はアナルに持ってきた。
僕はアナルに指を挿入し、引き続きキスをしていた。
オヤジはキスをしながら手コキしているうちに、そのままイクッと言うとザーメンを発射した。
僕は慌てオヤジのチンポを咥えると、残りのザーメンが僕の口の中に発射された。
そしてオヤジは僕の肩をトントンと叩くと、部屋を出た。
僕はそのまま部屋で寝ているとさっきのオヤジがローションを忘れて残していたのでそのローションをちょっと拝借して自分のアナルに塗ってみた。
するとその直後に別のオヤジがやってきて僕の横に座るとチンポを触りだした。
そして僕の頭をに手をやると自分の股間に引き寄せようとした。
僕はオヤジのお望み通りオヤジのチンポを咥えてしゃぶりだした。
するとみるみるうちにオヤジのチンポは勃起し、長さも太さもあるデカマラになった。
オヤジはしばらく僕にフェラさせたあと僕をうつ伏せにすると、いきなりチンポを僕のアナルに当てて挿入しようとしてきた。
僕はいきなりの激痛に喘ぎながら「お願いゴムをつけて」と言ってゴムを渡した。
オヤジはゴムをつけると再びアナルにチンポを挿入してきた。
まだ指でも解されていない僕のアナルはオヤジのデカマラがメリメリッとばかりに挿入されてきて再び激痛が走った。
僕は「大きい、お願いゆっくりと動かして」と哀願したが、オヤジは構わず「そのうちに気持ちよくなるぜ」と言いながらガンガン腰を振ってきた。
僕は「ア〜、痛い、アッアッ」とと喘ぎながら耐えているうちに確かに痛みが減ってきた。
オヤジはうつ伏せになった僕のアナルをしばらく彫っていたら、ギャラリーが1人やってきて僕の足を触ってきた。
そいつは僕を犯しているオヤジと知り合いのようで、しばらくするとオヤジは僕のアナルからチンポを抜くとそのギャラリーがチンポを挿入してきた。
ギャラリーのチンポはそれほど大きくなかったのでオヤジのデカマラに犯されたあとでは特に痛みもなくヌルリと挿入されてきた。
そしてしばらくギャラリーが僕を掘っていたが、チンポを抜くとまたオヤジに変わるよう言った。
しかしオヤジは既にゴムを取っており、そのギャラリーに「俺のチンポを舐めろ」と言っていた。
ギャラリーはオヤジに「最後まで掘ってあげなよ」と言っていたが、オヤジは「もう満足しただろ」と言って僕に「どうだった?」と聞いてきた。僕はせっかく慣れてきたのでもっと犯して欲しかったがそう言うもは恥ずかしかったのえ「太かった」と答えた。するとオヤジは「ほら満足しているだろ」というと僕の尻をひっぱたくとギャラリーと一緒に部屋を出て行った。
僕もしばらくすると部屋を出て別の部屋に行ってみた。
すると一人のオヤジが寝待していたのでそのオヤジの横に座るとオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを刺激した。
オヤジのチンポは直ぐにビンビンになり、そのままテコキをしていると直ぐにイキそうになったのか、僕からチンポを奪うと自分で手コキをしながらあっけなく発射してしまった。
そこでまた別の部屋に行って寝待しているオヤジのそばに行くと股間に手を伸ばしチンポを触った。
そのオヤジも直ぐにチンポを勃起させた。
僕はオヤジの顔の横に近づくと自分んもチンポを近づけた。
するとオヤジは僕のチンポをくぁえてしゃぶりだした。
そのまま体勢を移してオヤジの顔を跨ぐと69の形になると僕もオヤジのチンポをしゃぶった。
僕はチンポをしゃぶりながらオヤジの股間に手をいれてアナルに指をいれた。
オヤジはそれがとても気持ちいいのか僕のチンポを吐き出して喘ぎだした。
そのままアナルに指を入れながらチンポをしゃぶっていると、このオヤジも自分でチンポを扱きだしながらそのままザーメンを発射しフィニッシュしてしまった。
オヤジの腹にはザーメンが溜まって小さな池になっていた。
それをティッシュで拭いてあげるとそのまま部屋を出て別の部屋にいった。
そこでしばらく寝待ちをしていたが、誰もこなくて時間が経ってしまったのでその日は自分はイカないまま旅館を出た。
ちょうど20時頃だった。
今回は自分はイクことはできなかったが、お尻をデカマラで掘ってもらえて何本もチンポからザーメンが出るところが見れて満足した。

帰りに焼き鳥を12本食べた

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。