今年になって初めて発展旅館に入ってみた。
19時前に入ったが結構混んでいた。
早速シャワーを浴びてアナルにローションを塗ると、2段ベッドのあるミックスルーム行き下段のベッドで寝待ちしていた。
すると一人のオヤジが横に来て僕のチンポを扱いてきたが、僕のチンポをビンビンにしたあとすぐに去っていった。
その後もしばらく待っていると、今度は安田大サーカスの団長に似たガッチリした短髪のオヤジが寄って来た。
そして僕の浴衣をはだけると乳首を強く摘んできた。
僕は「うっ」と呻いたが、チンポはビンビンにたっていた。
オヤジは僕のチンポを掴むと扱き、さらに玉袋を握ってきた。
そこで僕もガッチリオヤジの股間に手を伸ばし、チンポを扱いたところ、オヤジのチンポが亀頭から我慢汁が溢れてヌルヌルになっていた。
オヤジはさらに僕のアナルにも手を回してきた。
僕のアナルがローションで濡れているのがわかるとアナルにガンガンに指を挿入し、かき回してアナルをほぐしにかかってきた。
オヤジは僕の乳首を抓りながらアナルに指をいれ、さらにチンポを扱いていた。
しばらくアナルと乳首とチンポを弄られていたが、オヤジの股間が僕の顔の前に近づいてきた時に僕もオヤジのチンポをくわえてしゃぶってみた。
するとオヤジは僕の頭を掴むとグイグイとチンポを押しつけてきた。
僕はえずきながら耐えて、オヤジのチンポをしゃぶり、亀頭を舐め回した。
オヤジは「すげえ、すげえ」と言いながらチンポを押し付けたり、また口から抜いて自分でチンポを扱いたりしていた。
その後オヤジは全裸になると僕の浴衣を全て脱がせ、僕の首に浴衣の紐を巻きつけ犬の首輪のようにしてきた。
そして四つん這いでフェラをしている僕の首輪を引っ張って犬のようにお座りさせると口にオヤジの手や足の指を入れて舐めさせ、また首輪を引っ張って股間に僕の頭を持っていきチンポをしゃぶらせた。
そんな風にオヤジは僕に奉仕させていると、いつの間にか僕たちの周りにギャラリーが増えていた。
しばらく僕は首輪でコントロールされながら、あぐら座りをしているオヤジの股間に頭をうずめてオヤジのチンポをしゃぶったり手や足の指を舐めさせられていたが、そのうちにオヤジは僕を四つん這いにさせた。
そしてオヤジが持ってきた小さな小袋からローションを取り出して僕のアナルにローションをつけると、チンポにゴムを付けて僕のアナルにチンポを押し付けてきた。
オヤジは僕の尻を掴んで広げるとグイッと僕のアナルに挿入してきた。
僕のアナルはそれまでにオヤジの指で十分にほぐされており、きつかったが奥までチンポが挿入された。
オヤジは「すげえいいぜ」と言いながら僕をバックから犯した。
オヤジのチンポはそれほど太くはなかったが長さがあり、アナルの奥深くまで届いてオヤジが腰を押し付けるたびに奥がジンとした。
しばらくオヤジはパンパンと勢いよく腰を振って僕のケツを掘っていた。
その後オヤジがチンポを抜いたので、僕は直前まで僕のアナルに入っていたオヤジのゴム付チンポを咥えてしゃぶった。
そしてオヤジは今度は僕を仰向けにしてアナルにチンポを挿入すると正常位で掘り始めた。
さらにオヤジは僕の両脚を高く持ち上げると僕をマングリ返しにして覆いかぶさり、真上に向いている僕のアナルにチンポを叩きつけるように奥深くまで掘ってきた。
僕はオヤジが腰を打ち付けてくるたびにジンジンとアナルの奥深くが押され、「アッ、アッ」と声が出てしまった。
このままオヤジはフィニッシュするのかなと思っていたが、またオヤジはチンポを抜くと僕の首輪を持ってベッドの外に連れ出した。
一緒について出てきたギャラリーの前で僕を立たせると、2段ベッドの方に向かせてケツを突き出させるような体勢にさせた。
僕はベッドの上段に手をついてお尻を突き出しているとオヤジは僕のアナルにチンポをあて立ちバックのような状態で挿入してきた。
僕はしばらくの間、ギャラリーの見ている前で立ちバックで犯されながら‘アン、アン’と喘いでいた。
立ちバックで犯されるのは初めての経験で僕は足がガクガクするのを感じていたが、その後オヤジはまたアナルからチンポを抜くと首輪を持ってそのまま明るい談話室に僕を連れだした。
そこで僕を四つん這いにするとみんなの見ている前で、再び僕をバックから犯しだした。
オヤジは「すげえ、いい締りだ」と言いながら僕のお尻を掴んで腰を振っていた。
長い間犯されている間に僕のアナルもすっかりオヤジのチンポに慣れてきたようで、オヤジが奥深くまでチンポを押し付けてきても痛みはなくなってきた。
‘もう何をされてもいい’と思っていたら、オヤジはまだチンポを抜き今度は僕を仰向けにしてギャラリーに僕の表情が良くわかるように見せつけながら正常位でアナルを掘り始めた。
僕は真上の照明がまぶしくて横を向いてしまい、オヤジに犯されながら感じてアッアッと喘いでいた。
そのうちにオヤジの腰の動きが早くなってくると突然オヤジがチンポを抜くと僕の胸を跨いできた。
そしてチンポからゴムを外してチンポを扱きながら「いくぞ」と言うとビュルルッとばかりに大量のザーメンを発射してきた。
オヤジのザーメンはとても勢いよく発射されて僕の髪の毛から胸元までザーメンがかかり、僕の口の中にもたくさんザーメンが入ってきた。
オヤジは3回にわけてザーメンを連射し、僕をザーメンまみれにした。
僕は上半身を少し起き上がると、オヤジのチンポをしゃぶってお掃除フェラをした。
そのため僕の口の中は生臭く少し苦味のあるオヤジのザーメンの味でいっぱいになった。
その後、オヤジはティッシュでザーメンまみれの僕の体を拭きながら「ありがとう、疲れたでしょ」と言ってくれたので「大丈夫です、こちらこそどうもです」と答えた。
オヤジは浴衣をきて部屋を去ったので、僕も少し後に浴衣を着ると部屋をでた。
僕の周りにいたギャラリーの人はほとんどいなくなっていたが、一組のカップルがチンポを扱きあっていた。
僕はもう十分に満足したので、そのまま服を着替えて旅館を出た。
20時10分くらいだった。

今年初めてのハッテンは今までの中でも一番掘られた体験でとても満足した。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。