今日は久しぶりにいつもの発展場に行ってみた。
17時30分頃に着くとシャワーを浴びてミックスルームに行ってみたが客は少なかった
2組みのカップルが交尾をしていたが、ある部屋で1人で寝待ちしているオヤジがいた。
そのオヤジは良く見ると真っ黒に日焼けしているガチムチでパイパンのチンポにはコックリングが装着されていた。
そいつのチンポを触るとガチムチオヤジは「ううっ」と呻いた。
さらにチンポを弄るとチンポはムクムクと勃起してビンビンに固くなった。
そしてオヤジが股を広げるのでチンポの裏に指を伸ばすとオヤジのアナルにはたっぷりとローションが塗られており、準備万端であった。
そこで早速僕はチンポにゴムを付けるとオヤジの両足を抱えてアナルにチンポを挿入した
ガチムチは両足を僕の腰に回すと腰を引き寄せるように足を締め付けた
僕はしばらく腰を振っていたがガチムチのアナルは締まりが良くてすぐにイキそうになってきた。
入館して早々にイッてしまうのは勿体無いと思って腰を振るのを止めて落ち着いてみたりしたが、腰を振るとイキそうになった。
そこで何度かそれを繰り返したあと結局僕はアナルからチンポを抜いて部屋を去ってしまった。
次に僕は交尾しているカップルの部屋に入り二人のセックスを近くで見ていた。
すると正常位で掘られていたオヤジが僕の方に手を伸ばして来たのでオヤジに僕のチンポを掴ませるとオヤジは僕のチンポを扱きだした。
そのうちに二人はセックスを止めてキスをし始めた。
そこで僕は掘っていたタチのチンポをそっと掴んでみたが、タチオヤジは嫌がらないので僕はそのチンポをしゃぶってみた。
するとキスをしていたタチオヤジは僕のチンポを掴んで扱きだした。
そのまま僕は二人のプレイに参加して3P状態になった。
僕は2人のチンポを同時にしゃぶったり扱いたりして、2人はキスをしたり僕のチンポを弄っていた。
そのうちに掘られていたウケオヤジのチンポをしゃぶっていたらウケオヤジが「イキそう、このままイッていい?」と聞くので僕は頷くとウケオヤジはイクッと小さく叫ぶと巨大なデカマラがちょっと膨らみ僕の口の中に何度も射精した。(亀頭の先からザーメンがビュッと吹き出すのがわかった)
そのため僕の口の中はウケオヤジのザーメンで一杯になった。
僕はティッシュの中にウケオヤジの生臭いザーメンを吐き出すと口を拭いて次のミックスルームに移動した。
そこで今度は寝待ちしていると1人のオヤジが僕に近づいてきた。
そのオヤジは僕の隣に寝ると僕の浴衣を脱がせて僕の乳首を吸い出した。
さらに僕の唇や耳に舌を這わせて舐めはじめた。
さらには僕の唇の内側に舌をねじ込んできた。
しばらくはオヤジの言うがままに動いていたが、そのうちに僕はオヤジのチンポをしゃぶっていた。
そのうちに僕はチンポが舐めやすいようにオヤジの下半身に移動した。
そして手も使いながらオヤジのチンポをしゃぶっていると、突然チンポが膨らむと僕の口めがけてザーメンが吹き出してきた
僕は口でザーメンを受け止めたあと、少し休んでいたらガチムチが「ありがとう」と言いながら去っていった。
次に僕はミックスルームを回っていたところ、ある部屋で珍しく髭を生やした20代くらいの白人の外人がウケのオヤジを掘っていた。
僕は近くに座って見ていると掘られているオヤジが「外人のチンポはデカいぞ。あなたも掘られてみなさい」と言ってきた。
そのうちに白人は掘るのを止めてチンポを抜いてきたが、確かに外人のチンポはデカくて僕は少しビビってしまった。
そしてその場を去って別の部屋をうろうろと回り、ある部屋で寝待していたらその白人が僕の隣にきた。
僕は好奇心で外人の股間に手を伸ばしてみるとやはり長くて太いデカマラが浴衣の下に感じられた。
僕はたまらなくなり浴衣を捲ってその白人のチンポを咥えたが、でかすぎて1/3も咥えることができなかった。
それでもしゃぶっていると白人は「あう」と唸りながら僕の頭を押さえつけ喉の奥深くにチンポを挿入しようとしてきた。僕は苦しくなったが我慢して必死で白人のチンポをしゃぶり続けた。
そのうちに白人は僕の口からチンポを抜くとチンポの裏と玉袋を舐めるように押し付けてきた。
そこで僕は裏筋と玉袋を舐めていたら白人は僕の顔にチンポを玉袋を押し付け、さらに動かしてきた。
僕はされるがままに舐めていたら、またチンポを喉に突っ込まれた。白人は立ち上がると僕も膝立ちでチンポをしゃぶっていた。
白人はまた僕の頭を掴むとチンポを奥深くまで突っ込み僕はえずきながらもチンポを咥えていた。
そのうちに白人はゴムをチンポに挿入すると僕を四つん這いにさせてきた。
僕は「あのデカマラを挿入されてしまう」と恐怖と期待にドキドキしていた。
白人は僕のアナルにローションを付けるといよいよチンポを押し付けてきた。
しかしそのデカマラはまだ今日一度も挿入されていない僕のアナルに挿入することはできず、白人は何度もグリグリとデカマラを押し付けてきた。
さらに僕をうつ伏せにするとその状態でデカマラを押し付けてきた。
デカマラは正確に僕のアナルをとらえていたが、僕はもし挿入されたらアナルが壊れてしまうと思ってアナルを締めていたため完全入ることはできず白人は腰を振りながら素股状態になっていた。
白人は何とか奥深くまで挿入しようとグイグイとデカマラを押し付けてきたので僕は必死にアナルを締めていたがだんだんアナルに押し込まれそうになっていた。
しかししばらくすると白人はアナルファックを諦めてゴムを取るとまた僕の口にアナルを押し込んできた。
僕はまた喉の奥深くまでえずきながら咥えてしゃぶっていた。
そしてまたチンポの裏筋や玉袋を押し付けて僕の顔の上でグリグリと擦りつけたあと自分でチンポを扱き始めた。
そして僕の口にデカマラを突っ込みながらチンポを扱き続けると突然チンポが膨らみ口の中にザーメンを発射してきた。
白人は何度も何度もチンポをヒクつかせながら大量のザーメンを放出し、さらに喉の奥深くまでチンポを突っ込んできたので口からザーメンが溢れ、さらに鼻からも出そうになった。
僕は白人のザーメンが最後まで放出するのを待って枕元からティッシュを取ると口からチンポを抜いてティッシュにザーメンを吐き出し、その後溢れたザーメンでヌルヌルになっている白人のチンポを拭いた。
白人はチンポを拭いたあと浴衣を着ると何度も僕の頭や肩をポンポンと叩き、部屋を去っていった。
白人が去ったあと僕は他のミックスルームを回ってみたが、もう客はほとんどいなくなっていた。
そこで部屋にあったゲイ雑誌を見ながら一人で自慰しながら自分の手に精液を発射してフィニッシュした。
その後シャワーを浴びて退館したが、既に22時近くになっていた。
抜いてもらうことはできなかったが初めて白人のデカマラをしゃぶることが出来たので興奮した。

帰りに焼き鳥を7本食べた。