今日は久しぶりにいつもの発展旅館に行ってみた。
16時頃に館内に入ったがまだ早いせいか空いていた。
シャワーを浴びてミックスルームを回っていると、ある部屋でちょうど交尾が終わったばかりのペアがいてウケがベッドを出て行きタチがベッドに横になっていた。
そこで僕はタチオヤジの横に行き、たった今まで責めていたと思われるチンポを掴んで軽く握ってみた。
しかしチンポは乾いており、もしかしたら口でイカせたのかもしれなかった。
僕はそのオヤジのチンポをくわえてしゃぶりだすと、オヤジも僕のチンポを摘みだした。
しばらく乳首を摘まれながらフェラをしていたが、そのうちにオヤジが体勢を入れ替えて69の状態になるといきなり僕のアナルを舐めだした。
そして僕のアナルに指を入れながらオヤジも僕のチンポをしゃぶっていた。
それからまたしばらく69で互いのチンポをしゃぶり、僕はアナルを解されていたがそのうちにオヤジは僕の下半身に周り込むと僕の両脚を抱えてオヤジが持参したローションを僕のアナルに塗りだした。
‘久しぶりに掘られちゃうかも’と思っていたらオヤジは僕のアナルにチンポをあて正常位でメリメリッとチンポを挿入してきた。
僕は久しぶりのアナルファックだったのでアナルに激痛がはしったが我慢しているうちに慣れてきた。
オヤジは僕の両脚を掴むと浅く挿入したり深く挿入したりといろんな責め方をして、僕のアナルの中をズルッズルッとチンポが動くのが感じられた。
さらにオヤジは僕の片足を抱えて腰を押し付けたり、両脚を押し広げてマングリ返しのように腰を押し付けチンポを深く挿入してきた。
そのうちにオヤジが「気持ちいい、イキそう」と言ってきたので「中に出さないで」と言うと「外にだすよ」と言いながら腰の動きを速め「ウッ」と言うとチンポを素早く抜いてしまった。
そして僕の上に覆い被さり乳首を強く噛んできたので僕は痛さに耐えながらオヤジの頭を撫でていた。
しばらくオヤジは僕の乳首を噛んだり吸っていたが、そのうちにまた僕のアナルにチンポを挿入してきた。
一度イッたはずなのにオヤジのチンポはまだ固く僕のアナルはオヤジのチンポを簡単に受け入れてしまった。(もしかしたらオヤジはまだイッていなかったのかもしれない)
そして再びアナルの奥深くまでチンポを出し入れしていたが、そのうちにまたチンポを抜くと僕のチンポをしごきながら「ありがとう」と言って部屋を出て行った。
僕もその部屋を出て別の部屋に行くと1人で寝待ちしているオヤジを見つけた。
そこで近づいて股間を撫でると「あっ」と軽く喘いだ。
僕はまだふにゃふにゃのチンポを掴んで軽く扱くとシャワーを浴びたばかりなのか石鹸の匂いがした。
そこでそのオヤジのチンポをくわえてしゃぶりだすとチンポはムクムクと固くなってきた。
僕は亀頭を吸い上げながら舌で舐めまわすと、イキそうになるのかオヤジはチンポの根元を指で押さえてきた。
そこでしゃぶるのを少し緩めるとオヤジは掴んでたチンポから指を離し自分が持ってきた小袋からローションを取り出すと自分のアナルに塗り、さらに指を入れていた。
僕は‘もしかして掘って欲しいのかな’と思いながらもフェラを続けていると、オヤジは気持ちいいのか寝転んでいた体勢から壁に背を寄りかかり足を広げてきた。
僕は構わずフェラを続けているとオヤジは「あっ、イキそう」と小さく叫んだ。
僕はチンポを吐き出し「イッていいよ」と言うと再びチンポをくわえてフェラを続けた。
するとオヤジは「あっ、イッちゃう、イクッ」と言うと亀頭の先からザーメンが出てくるのがわかった。
僕はザーメンが出尽くした後チンポを吐き出すと口の中にオヤジのザーメンが溜まっているのがわかった。
オヤジは僕にティッシュを渡しながら「ありがとう」と言うので僕はザーメンを吐き出した後に「ご馳走さま」と言ってその部屋をあとにした。
次に別の部屋に入るとまたオヤジが1人で寝待ちしていた。
そこてオヤジの横に行って股間を撫でるとオヤジのチンポにはコックリングが装着されていた。
僕がそのチンポをくわえてしゃぶりだすと、オヤジも僕の乳首を強く摘みだした。
さらにオヤジは僕の脚を掴むと自分の顔の方に寄せるので、僕はオヤジがしたいことを理解して四つん這いになってオヤジの顔を跨ぐと69の状態になった。
そしてオヤジは僕のチンポをしゃぶりだし、僕もオヤジのチンポをフェラしていた。
しばらく互いにフェラをしていたが、オヤジのしゃぶり方は上手で今度は僕の方がイキそうになってきた。
そこで「もうイキそう」と伝えるとオヤジはフェラの速度が上がってきた。
そして僕はそのままオヤジの口にザーメンを吐き出してしまった。
僕はオヤジの身体から離れるとティッシュを取ってオヤジに渡した。
オヤジはそのティッシュに僕のザーメンを吐き出した。
僕はオヤジに「ありがとう」と言うと、シャワーを浴びて退館した。
時計を見るとちょうど18時を過ぎた頃だった。

久しぶりに掘られて興奮した。
帰りに焼き鳥を10本食べた。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。