今日は久しぶりの発展サウナに行ってみた。
20時30分過ぎにに入るとそこそこ混雑していた。
シャワーを浴びて2階や3階のミックスルームを回ってみたが、あまり交尾をしているカップルはいなかった。
そこで僕は2階のミックスルームに戻ると寝待ちしていた。
しかししばらく寝ませしていたが冷やかしばかりで誰も来てくれないので起き上がって廊下で立って眺めていたら、一人のいい感じのオヤジが僕の前に立ち僕の乳首を弄りだしてきた。
そのオヤジは50代後半くらいに見えて、少し背が高くでっぷりと中年太りの腹に、ロマンスグレーの髪でめちゃくちゃ貫禄のあるオヤジだった。
オヤジは僕の乳首を弄りながら僕のチンポがビンビンに勃起しているのを確認すると‘部屋に行こう’と誘ってきた。
そこでオヤジと一緒に部屋に入るとオヤジは僕のバスタオルを取って全裸にすると再び僕の乳首を弄りだした。
僕もオヤジの乳首を舐めながらオヤジの股間に手をやるとチンポが半勃起していた。
僕はそのチンポを手で握るとオヤジのチンポには真珠が2個入っていた。
僕は真珠入りのチンポにちょっと興奮してオヤジの股間に顔を埋めて真珠入りのチンポをしゃぶりだした。
さらにフェラしながらオヤジの乳首を弄るとオヤジは「あ〜、気持ちいいよ〜」と喘いでいた。
しばらくオヤジのチンポの亀頭を舐め回したり竿を奥までくわえたりとフェラをしていたが、そのうちにオヤジは僕を捕まえると上半身に移動させて僕を抱きしめるキスをしてきた。
僕は貫禄あるオヤジのなすがままに受け入れてオヤジとキスをしたり、オヤジの背中に
手を回して抱きついていた。
オヤジは僕にキスをしながら「可愛いな、俺の黒真珠入りのチンポは凄いだろ」と言うので僕は頷いた。
そのうちにオヤジは僕のチンポを手でしごきだし、さらに僕の下半身に移動すると僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕はしばらくオヤジのフェラを堪能していたが、そのうちにオヤジはチンポを吐き出すと僕の横に添い寝して僕を抱き寄せながらキスをして、さらに僕のチンポを手コキでしごきだした。
僕はオヤジのガッシリとした身体に抱かれながらチンポを扱かれさらにキスをされているうちに種が上がってくるのがわかった。
そこで「ダメ、このままイッちゃうよ」とオヤジに囁くとオヤジは「いいよ、イッちゃいな、イキたかったんだろ」とそのまましごくのを止めなかった。
僕はだんだんフィニッシュが近づいてくるのがわかり、オヤジのガッシリした身体に抱きつきながら「イクッ」と小さく叫ぶとオヤジの右手に大量のザーメンをぶっかけてしまった。
オヤジは「気持ちよかったか?」と聞くので頷きながら「あっと言う間にイッちゃった」と言うとオヤジは「俺のチンポしゃぶっているときからビンビンだったからな」と笑った。
そしてオヤジは「また会えるかな、今日はありがとう」と言ってくれたので僕も「こちらこそありがとうございます」と返すと、オヤジはタオルを持って部屋を去って出て行った。
僕はしばらく布団の上にうつ伏せになって余韻に浸っていたが、起き上がるとシャワーを浴びて発展サウナを出た。

まだ21時30分ぼどで発展サウナに入館してから1時間くらいしか立っていなかった。
久しぶりの発展サウナだったが、今回は早めてにイカされてしまったのでまた次は濃厚なプレイを経験してみたいなと思った。