今日は久しぶりにいつもの発展場に行ってみた。
入ったのは13時30分くらいだったが、そこそこ混雑していた。
シャワーを浴びてミックスルームを回っていると、廊下ですれ違ったオヤジが僕の股間を触ってきた。
そのままミックスルームに入るとそのオヤジは僕のチンポを扱いたりしていたが、なぜか途中で急に去っていってしまった。
すると直ぐに別のオヤジが寄り添い僕の乳首を強く抓ってきた。
僕もオヤジの股間のチンポを握ってみると、ずっしりと重量感のあるデカマラだった。
僕がそのチンポを咥えてみると、そのチンポの太さは太巻きくらいあった。
そしてその太マラオヤジは持参した小袋から細い紐を取り出すと、僕のチンポの根元と金たまを縛り上げ、チンポが勃起したままの状態になるようにしてきた。
さらに僕の乳首には木のクリップ挟んで責めてきた。
僕はその状態に興奮しながらオヤジのチンポをしゃぶると、オヤジのチンポはビンビンに固くなっていた。
しばらく勃起しているオヤジのチンポをしゃぶっていたが、そのうちに太マラオヤジは自分のチンポにゴムを着けると僕を仰向けにし、アナルにチンポをあてて押し込んできた。
僕は‘こんなデカいチンポが入るだろうか’とビクビクしながら受けていたが、オヤジはゆっくりとチンポを押し込んできてくれたのと、オヤジのチンポがそれほど長くなかったので亀頭が入ってしまえばそれほど痛みはなかった。
そしてオヤジは最初は正常位で掘っていたが、そのうちに僕の腕を持つと僕を引っ張り上げ、座位になった。
僕は座位のままオヤジの背中に手を回して抱きつき、オヤジは下から腰を突き上げながらキスをした。
しばらく座位で掘られたあと、チンポを挿入したまま今度はオヤジが仰向けに寝転び騎乗位になった。
僕はオヤジの腰の上で自ら進んで腰を振り、オヤジのチンポをアナルで感じていた。
そして騎乗位で掘られている最中にギャラリーのオヤジが僕の顔にチンポを突きだしてきたので、僕が下から掘られながらそのチンポをしゃぶった。
その後、僕を犯している太マラオヤジが起き上り騎乗位から座位になったが、太マラオヤジは「勝手にチンポをしゃぶったな」と言うと僕を軽くビンタしてきた。
その後またオヤジは寝転ぶと再び騎乗になった。
騎乗位では僕はオヤジをイカせようと思って自分からかなり長く腰を振ったが、太マラオヤジが気持ち良さそうにはするもののイク気配はなかった。
そしてしばらくするとその太マラオヤジはアナルからチンポを抜き、「少し休憩な」と言って一旦部屋から去っていった。
すると僕らのプレイを見ていたギャラリーが僕のチンポをしゃぶってきたが、その人はウケとのことでしばらく僕のチンポをしゃぶったあとその人も部屋から出ていってしまった。
仕方なくしばらく同じ部屋で寝待していると、またさっきの太マラオヤジが僕の傍に来てチンポを弄ってきた。
そして太マラオヤジは僕を四つん這いにすると、今度はバックからチンポを挿入してきた。
オヤジは今度はチンポにゴムは着けないまま生で掘ってきており、何度か腰を振ると直ぐにアナルからチンポを抜ぎ、そのチンポを僕にしゃぶらせてきた。
直前まで自分のアナルに入っていたチンポをくわえさせられたが、それが逆に被虐感を高め、また綺麗に洗腸していたのでそのチンポを舐めることができた。
それを二回繰り返して四つん這いでオヤジの太マラをしゃぶっていると、誰かが僕のアナルを舐めてきた。
そいつはローションまみれの僕のアナルに舌を入れて舐めており、かなりの淫乱受けのようだった
しばらくアナルを舐められながらフェラをしていると太マラオヤジは僕のアナルを舐めている奴を呼び寄せてきた(そいつは日焼けしたガチムチタイプだった)
そして二人で太マラオヤジのチンポを舐めさせたあと互いにキスをさせてきた
僕はさっきまで自分のアナルを舐めていた奴とキスをするのにちょっと抵抗があったが、そいつは積極的に僕に吸い付いてきたので仕方なくディープキスをした
そのあと太マラオヤジが日焼けオヤジのチンポをしゃぶるように言うので僕はそいつのチンポをしゃぶっていると、みるみるうちに日焼けオヤジのチンポが勃起して、さらに小さく「イクッ」と呟くと生温かいザーメンを僕の口の中に何度も発射してきた。
かなり溜まっていたとみえ、口の中に大量のザーメンが溜まっていたが、太マラオヤジがティッシュを差し出してきたのでそのティッシュに吐き出した
その後太マラオヤジは一旦シャワーを浴びておいでと言うので、シャワー浴びてさっばりするとまたさっきの部屋で寝待ちしていた
すると今度はスリムな感じの真面目そうなオヤジがやってきて、僕のチンポをさわってきた。
そこで僕もオヤジのチンポをくわえてしゃぶると、オヤジはまだ入館したばかりなのか石鹸の香りがしていた。
フェラをしているとオヤジは直ぐに「気持ちいい」と言いながら喘ぎ、ほどなくして僕の口の中にザーメンを発射してきた。
今度はそれほど量もなく、僕はオヤジのザーメンをそのまま飲んでしまった。
オヤジが去って再び寝待ちしていると、今度はチンポにコックリングを着けたタチオヤジがやってきた。
そのタチオヤジは僕にチンポをくわえさせると何度も僕の頭を押して、喉の奥までチンポをくわえさせた。
さらに69の体勢になると上から僕の口の奥にチンポを突き立てられ、何度も僕はえずき涙目になっていた。
しばらくそんなことを繰り返したあとタチオヤシも「ちょっと休憩」と言うと去っていった。
そして寝待ちしているとまた最初の太マラオヤジがやってきて、さっきまでのタチオヤシとのプレイを見ていたのか「たっぷりしゃぶらされていたね」と言った。
僕は再び太マラオヤジのチンポをくわえてしゃぶってみたが、今度はなかなか大きくならなかった。
さらにそのうちに太マラオヤジがイビキを掻きながら寝てしまったので僕はその隙にトイレに行ってみた。
そしてトイレから戻る廊下の途中で眠りから覚めた太マラオヤジにばったり会うと太マラオヤジは廊下で僕のチンポを弄ってきた。
そして「こうしてみんなに見られたかったんだろ」と言うと廊下で僕の浴衣を剥いで全裸にすると、四つん這いにさせられ、さらに浴衣の紐で僕の首を縛り首輪のようにした。
そして浴衣の紐をひっばりながら僕は犬のように四つん這いであるき、テレビのある談話室のようなところに連れていかれた。
談話室では一人のタチのオヤジが加わり、また廊下から僕を見ていたウケのオヤジも加わって僕と一緒に全裸で四つん這いになっていた。
太マラオヤジともう一人のタチオヤジは座卓の上に座ると、僕ともう一人のウケは二人の股間に顔を突っこみチンポをしゃぶらされた。
さらにそれぞれの足の指を舐めさせられ、完全に調教モードになっていた。
そしてウケ同士で互いにキスをさせられてから、僕はもう一人のウケのチンポをくわえさせられた。
そのウケのチンポは太めのボールペンくらいの大きさだったが、ビンビンに勃起しており僕がしゃぶると直ぐにイキそうになったのが「あっ、ダメ」と言いながら腰を引いた。
その後二人で尻を叩かれながら太マラオヤジに「こうされたかったんだろう、お願いしますと言ってみろ」と言われたので僕は「お願いします」と言ったが、もう一人のウケはそこまで本気にはなれなかったようで「すみません」と言いながら去ってしまった。
そこで僕は二人のオヤジにビンタされたり、馬乗りになってケツををひっぱたかれたり、イスにされたりしながら調教されることになった。
そのうちにタチオヤジがそろそろ時間がなくなってきたようで、僕に向かって「ここで自分でしごいてイクところを見せてみろ」と言ってきたので、僕はタチオヤジのチンポをしゃぶらせてもらいながらチンポをしごいた。
しかし今日はなかなかイク感じまでにはならず、太マラオヤジが「どうした、せっかくイクところを見てやるのにイキそうにはないか」と言ってきたので「すみません、まだイキそうにはないです」と答えると、タチオヤジは太マラオヤジの方を見ながら「可愛がってもらいな」と言うと去っていった。
そして太マラオヤジと二人きりになるとオヤジはまた「やっぱりイケそうもないか?」と聞いてくるので僕は「またやってみるので、チンポをしゃぶらせてください」と言うとオヤジのチンポをしゃぶりながら自分ののチンポを扱きだした。
オヤジの重量感のある太マラをしゃぶっていると今度はなんだかイケそうな気がしてきた。
さらにしばらくチンポを扱いているととうとうイケそうになってきたのでオヤジに「イキそうです」と伝えると「そうか、見ててやるからイケ!」と言ってきた。
僕はそのまま太マラをしゃぶりながらチンポを扱きとうとう「イクッ」と言いながらザーメンをビューッビューッと何度も吹き上げた。
オヤジは「出た出た」と言いながらティッシュを取って僕のチンポや飛び散ったザーメンを拭いてくれた。
僕はイッたことですっかり賢者モードになり唖然としていた。
太マラオヤジは「まだいるのか?」と聞いてきたので、僕は「いえ、もう帰ります」と言うと風呂場に行きシャワーを浴びた。
そして館内を出た。
18時過ぎになっていた。

今日はいつもとは違うプレイが出来て興奮できたが、できればもっとハードで長い間プレイしてみたかった。

続きを読む