今日は会社が休みだったので、久しぶりに発展場に入ってみた。
13時30分過ぎに入ると、そこそこ客は入っていた。
シャワーを浴びてミックスルームに入り、プレイしているオヤジどもを見ていたら、後ろから乳首を弄ってくる初老のオヤジがいた。
そこで僕もそのオヤジの前にしゃがんでチンポをしゃぶると、そのオヤジもシャワーを浴びたばかりなのか石鹸の香りがした。
オヤジのチンポがムクムクと大きくなり、亀頭を中心に舌で舐め回していたら、そこに新たに一人のオヤジが僕の顔の前にチンポを押し付けてきた。(そのオヤジのチンポはフニャちんぽだった)
そこでそのオヤジのチンポも一緒に口の中で2本咥えてしゃぶりだした。
しゃぶりながら上を見上げるとオヤジ同士もキスをしたり乳首を弄りあっていた。
するとそこにまた一人オヤジが混ざってきて、僕の頭を掴んで強引に自分の股間に押し付けていた。
そこには既にビンビンに勃起しているデカマラがあり僕の喉の奥まで押し込んできた。
僕はチンポをしゃぶりながら今までのオヤジのチンポは手コキをしていたが、今度は手コキをされていたオヤジが僕の頭を掴んで股間に押し付けてきた。
そんな感じで3人のチンポを交互にしゃぶっていたが、しばらくすると一人、また一人と抜けて結局いなくなってしまった。
仕方なくベッドにあがって寝待していたら、直ぐに一人のオヤジがやってきた僕のお尻を触ってきた。
僕も仰向けで寝ているオヤジの浴衣を捲って股間を触るとチンポを触り、さらに四つん這いになってオヤジの股間に顔を埋めるチンポを口に咥えた。
オヤジのチンポは柔らかく、しゃぶってもなかなか固くならなかったがオヤジは気持ち良いようで、僕の頭を掴みながら腰を押し付けてきた。
そのうちに「イキそうだ。俺の子種を飲んでくれるか」と言い出した。
‘まだチンポは全然固くなっていないのにイキそうなのか’と思っていたら本当に「イクッ」というと口の中に生臭いザーメンが溢れてきた。
しかも結構大量のザーメンをは発射しており、口から溢れそうだった。
僕は舌でオヤジのザーメンを味わうと飲み込んだ。
オヤジはそんな僕を見て満足そうに肩を叩くと去っていった。

オヤジが去るとまた別のオヤジが近づいてきた。
そのオヤジも入館したばかりなのかチンポは石鹸の香りがした。
僕がいつものように四つん這いになってチンポをしゃぶっていると「あ〜、あぁっ」と喘いでいた。
しかし突然僕の頭を掴んでチンポを口から抜くと「しゃぶるの上手いな」と言った。
どうもまだイキたくないのにイキそうになったので慌ててフェラを止めたようだった。
そこでしばらく二人で乳首を弄ったりキスをしていたが、そのうちにオヤジが僕のアナルを触り、ローションが塗られているのがわかるとアナルの奥まで指を入れきた。
そして乳首を弄りキスをしながらアナル奥の前立腺付近を押し始めた。
オヤジはたぶん僕をイカせたいんだと思ったが僕は前立腺を触られてもあまり感じないので、オヤジはアナルから指を抜くと僕の下半身に回り、僕の両脚を抱えるとアナルにチンポを挿入してきた。
久しぶりのアナルファックだったが、事前に指でほぐされていたためか意外にすんなり受け入れられた。
オヤジは僕の両脚を抱えてパンパンと腰を振り僕の尻を掘っていたが、そのうちにまたチンポを抜いてしまった。
どうしたのかと思ったら「またイキそうになった」と言って僕の横になった。
「イキたくないんですか?」と聞くと「まだ来たばっかりなんでね」と言った。
そして「しばらく休憩な」と言うと部屋を去ってしまった。

しかし僕が掘られているのを見ていたギャラリーのオヤジが直ぐに仰向けになっている僕を跨いできて、僕の口の勃起しているデカマラを押し込んできた。(短髪でガタイの良い筋肉質の50代後半から60代くらいのオヤジだった)
そのオヤジのチンポは幹も太くて長いが亀頭が膨らんでいて咥えると口の中がいっぱいになった。
さらにオヤジは喉の奥までチンポを押し込んできてイラマチオをしてきた。
オヤジは僕の頭を掴むと喉奥までチンポを押し込むと腰を振り僕の口をオナホのように使ってきた。
僕は何度もえずきながらチンポをしゃぶっているとオヤジはそんな僕の耳や頬を撫でてくれた。
そんな僕とオヤジのプレイを見ていたギャラリーの誰かが僕のチンポを扱きだし、さらにアナルにも指を入れてきた。
しばらくの間、僕はチンポを扱かれながらオヤジのチンポをしゃぶっていたが、そのうちにオヤジは何故かチンポを口から抜くと僕のチンポを扱いていたギャラリーのオヤジに僕を譲った。(イラマチオしていたオヤジはそのギャラリーのオヤジの隣に壁にもたれかかりながら座っていた)
そこで今度はそのオヤジのチンポを四つん這いになってしゃぶっているとそのオヤジは直ぐに僕の口の中にザーメンを発射してしまった。
僕がザーメンを飲み込んでいる間にフィニッシュしたオヤジは僕の頭を掴み、さっき僕にイラマチオをしていた隣のオヤジの股間に僕の顔を押し付けてきた。(また僕を戻したということなのだろう)
そして再びオヤジのデカマラをしゃぶっていたら、今度はオヤジは「イキそうだ」「口の中に発射するぞ」と言うと僕の頭を掴んで口内射精した。
デカマラオヤジのザーメンは今までのオヤジのザーメンよりも苦くて、少しだけ飲んだが全部は飲まなかった。
イラマチオオヤジが部屋を出ると誰もいなくなったので僕も浴衣を着て部屋を出て口を洗い、苦いザーメンを洗い流した。

しばらくベッドで寝待ちをしていたが、今度は誰も誘ってくれなかった、
そこで少し離れてベッドの端で仰向けに寝ていたオヤジの浴衣をめくり股間に顔を埋めてチンポを咥えるとオヤジは最初ちょっとビックリした感じだったが、直ぐに「ふ〜、気持ちいい」と感じてくれた。
すっかり固くなったオヤジのチンポをしばらくしゃぶっていたら、オヤジが「このチンポを入れなくていいの?、入れてもいいよ」と言うので僕は浴衣を捲ってケツをだし、オヤジの腰を跨ぐとビンビンに勃起しているオヤジのチンポを僕のアナルにあてて騎乗位で挿入した。
オヤジのチンポはそれほど大きくもなく、直ぐにアナルに馴染んで痛みはなかった。
そこで僕は自分から積極的に腰を振り、アナルでオヤジのチンポを締め付けた。
オヤジは「いいケツマンコだな」「いい締め付けだ」と言っていたが5分ほど腰を振っていたところで、突然「もういいから」と言って僕にアナルからチンポを抜くようにいった。
「ごめん、ちょっと時間がないから」と言っていたが、その後で別のミックスルームに寝待していたので、たぶんイキそうになってしまったんだろうと思った。
自分はまだイッていなかったが、とりあえず今日はもうこれで良いかなと思ってシャワーを浴びて退館した。(16時15分くらい)

その後今度はあるビデオボックスに入ると掲示板でタチを募集してみた。(ソファベッドタイプの個室)
するとすぐに40代のあるリーマンから返信が来た。
そのリーマンが17時30分くらいに部屋にくると清潔感のある若々しい感じのオヤジだった。
部屋に入ると早速リーマンはズボンをおろし、ボクサーパンツになった。
僕はボクサーパンツを下ろすと、なかなか太くて長いチンポが露わになった。
僕はそのリーマンのチンポをしゃぶるとリーマンは気持ちよさそうに喘ぎ、チンポはムクムクと勃起してきた。
僕は上目使いに「もう入れますか?」と聞くとリーマンが頷くので僕はゴムを被せるとローションをチンポに塗った。
リーマンがソファベッドの上に膝立ちすると僕も四つん這いになり尻を突き出した。
そしてリーマンの太マラを自分のアナルに当てるとリーマンが腰を押し付けてアナルにチンポを挿入してきた。
さっきまで発展場で掘られていたので、すんなり入るかと思ったが時間が経ってアナルが閉じたのか、もしくはリーマンのチンポが太いのか、チンポが挿入されると激痛が走った。
しかしそれでもチンポは奥まで入ったので「すみません、ちょっと動かさないでもらえますか」とお願いしてチンポが馴染むまで待ってもらった。
そして少しずつチンポを動かしてもらい、いつの間にかリーマンは普通に腰を振り始めていた。
しかしリーマンがたまにチンポを抜いてドンと奥まで突くことがあるので、その時はやはり痛みが感じられた。
僕はバックの体位で掘られていたが、リーマンは四つん這いになったり、顔をソファに付けて尻を高く突きだしたり、逆に顔を持ち上げて腰を下ろしてリーマンに下から突き上げてもらったり、と様々な体位で犯された。
最後はリーマンが僕を横にして側位(松葉崩し)のような感じで挿入してきて「このままイッていいか」と聞くのでうなずくとさらに「ちゃんとお掃除してくれる?」と言うので、また頷いた。
するとリーマンは腰の動きを速めると「ウッ」と小さく叫び、腰を振るのをやめた。(どうやらイッたらしい)
そしてチンポを抜くとザーメンがたっぷり入ったゴムを外して僕はリーマンのチンポをしゃぶりお掃除フェラをした。
チンポをしゃぶり最後の一滴までザーメンを吸い出し亀頭を舐め回すと口からチンポを抜いた。
その後ティッシュでチンポを拭くとオヤジはボクサーパンツとズボンを履いて「ありがとう」と言って部屋を出ていった。
僕はゴムに残っているオヤジザーメンを味わいながら、AVを見て自分もフィニッシュした。

なかなか充実したハッテン日だった。
続きを読む