またいつものハッテン場に行ってみた。
15時10分頃に入ってみると日曜日のせいかかなり混んでいた。
シャワーを浴びて風呂から出るとコックリングをしているジジイにイキなり股間を揉まれた。
‘うっ’と感じでしまうとジジイは「後でね」と言ったので僕はミックスルームに上がって行った。
するとあちこちで交尾が行われ、また寝待ちのウケでいっぱいになっていた。
僕はある部屋でアナルにチンポを挿入されながら複数のギャラリーとプレイをしていた集団を見ていたが途中で他の部屋に行ってみた。
するとさっき風呂場であったジジイに出会った。
ジジイは僕を近くの部屋に連れ込むと僕を全裸にさせた。
僕はジジイのチンポをしゃぶるとジジイのチンポが少し固くなった。
ただジジイは今日は既に2発発射したとのことで、それ以上はあまり固くはならなかった。
しかしジジイは‘どうしても僕に挿入したい’とのことで僕のフェラで少し勃ったところでゴムを着けた。
そして僕をうつ伏せに寝かせるとゴムをチンポに装着し、さらに自分でチンポを扱きだしたした。
準備ができたのか、僕を仰向けにすると正常位で挿入しようとした。
しかしやっぱり柔らかいので奥までは入らなかったが、亀頭までは入った感触があった。
その後は横背位や正常位等、様々な体位で僕を犯しだした。
さらに腰を振りながら僕にディープキスをしはじめた。
ジジイはタバコを吸っているせいか、ヤニクサイ臭いがした。
しばらくジジイが腰を振っていると、ジジイは「イキそうになる」と言うと腰を振る動きが激しくなったが、途中でチンポが抜けてしまった。(しかしちょっとザーメンが出たらしい)
ジジイはティッシュで自分のチンポを拭きながら「今日はごめんな、本当は帰ろうと思ったんだけど風呂場であなたを見てやりたくなったんだ」と言うと部屋を出ていった。
僕はその後ジジイと僕のプレイを傍で見ていたメガネのぽっちゃりオヤジのフニャチンポをしゃぶりだした。
しかしこのオヤジも既に一度発射しているとのことで全然固くならなかった。
そこでそのオヤジとは別れてある部屋でうつ伏せになって寝待ちをすることにした。
すると枕元に髪をしばるようなゴムバンド(たぶんコックリングの代わりにチンポの根元を縛っていたと思われる)があったので、僕はそれを自分の両手首に巻き自分で後手に縛ると、犯されたがっている風に誘ってみた。
するとそれに誘われたのかしばらくすると僕の横に誰かが来るのがわかった。
そいつは僕の浴衣を捲り尻をなで回していたが、そのうちにアナルにも手を伸ばしてきた。
そして僕のアナルがローションでヌルヌルになっているのに気づくとアナルの中に指を挿入してきた。
しばらくそのオヤジが僕のアナルを指でかき回し、僕は枕に顔を埋めながら呻いていた。
そのうちにそのオヤジは僕の背中に覆い被さり腰を押し付けてきた。
その時に僕は後手でオヤジのチンポを触ってみたがビックリするくらいの太マラだった。(片手の手では掴みきれないくらい)
そのオヤジは僕の背中で腰を押し付けながらアナルに挿入しようとしていたが、スルリと入る大きさではなく、素股のようなプレイとなった。
しばらくするとオヤジは我慢出来なくなったのか僕の尻を広げてアナルを確認してからデカマラを押し付けてきた。
僕は激痛に耐えながら枕に顔を埋めてウーウー言っていた。
しかしオヤジのデカマラは根元までは入ることが出来ず亀頭部分がアナルに引っ掛かっているような感じだった。
オヤジはその状態で何度も腰を振っていたが、途中でデカマラが抜けてしまった。
そのタイミングで僕は後手を縛っていたゴムを取って仰向けになり、デカマラオヤジの顔をみた。
オヤジは40代後半くらいで仰向けになった僕にキスをしてきた。
オヤジは今度は正常位でアナルに挿入しようとするが太すぎて入らない。
そこで僕からオヤジの股間に顔を埋めてオヤジのデカマラを口に咥えた。
オヤジはたまに僕の頭を持ってチンポを喉の奥に押し込んでくるので、オエッとなるのを我慢しながら必死でしゃぶった。
するとそのうちにオヤジが「イクぞっ」と言うと僕の頭を両手で押さえつけた。
そしてオヤジのチンポが急に膨らみビクンビクンとヒクつくと口の中に生臭い匂いがしてきた。
僕はオヤジのチンポを口から抜くと、口の中には大量のザーメンが溜まっていた。
オヤジは枕元のティッシュを渡してくれたが、僕は半分くらいは飲み込んでしまっていた。
オヤジはその後ティッシュで自分のチンポを拭くと部屋を出ていった。
そこで僕は今まで僕らのプレイを見ていたギャラリーのオヤジが僕に触ってきたので、僕はそのオヤジの股間に手を伸ばし、チンポを咥えてあげた。
そのオヤジは直ぐにイキそうになり、そのオヤジも僕の口の中にザーメンを発射した。
今度は僕もそのオヤジのザーメンを飲んでしまった。
気がつけば人も大分少なくなってきたので‘今日はもうこれくらいでいいかな’と思うと今度は僕が誰かのケツマンコで発射したくなった。
しかしそう思って部屋を回ると意外に寝待しているウケオヤジがあまりいなかった。
その中でたまたま寝待していたオヤジの顔にチンポを近づけると口に咥えてきたので、そのままオヤジの口マンコで腰をふった。
そしてイキそうになるのでそのことを伝えるとオヤジは口からチンポを吐き出してしまった。
(口の中に発射されたくなかったらしい)
そして僕はそのままオヤジの肩にザーメンをぶっかけてしまった。
僕はそのまま部屋を出ると風呂場にいきシャワーを浴びて服を着て館を出た。

今日は口内発射が2発あったが、がっつり掘られることもなかったのでちょっと残念だった。
続きを読む