今日はいつもの発展場に行ってみた。
13時前に入りシャワーを浴びてミックスルームを回ってみたが、何組かのカップルが交尾をしていたがあまり人はいなかった。
とりあえずある部屋で寝待ちしていたが、なかなか誘ってくれる人はいなかった。
30分くらいしたところで、キモい感じのオヤジが近づいてきた。
そして僕の股間に手を伸ばしてチンポを触ってきた。
僕もオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを触ってみたがオヤジのチンポはフニャフニャだった。
僕がオヤジのチンポを触っているとオヤジは僕の顔にチンポを近づけてきたので、僕はオヤジのチンポをくわえた。
するとオヤジは腰を振ってきた
オヤジはデブで下っ腹が出ていたのでオヤジが腰を振るたぶにオヤジの腹が僕の鼻や上唇に当たって痛かった。
そんななか僕はオヤジのフニャチンを一生懸命しゃぶったがオヤジのチンポはなかなか固くならなかった。
しかしそれでもオヤジは気持ちが良いようで「あ〜、最高だぜ。まだイキたくねえな」と言っていた。
そのうちにオヤジが僕の股間に手を伸ばして僕のアナルがヌルヌルなことに気がつくとアナルに指を入れながら「ああ、良いマンコだぜ。俺に入れてもらいたいんだろ。入れてやるから俺の女になれ」と囁いてきた。
しかし相変わらずチンポはフニャフニャのままで'どうやって掘る気なんだろう`と思っていた。
オヤジにアナルを責められながらも僕はチンポをしゃぶっていたが相変わらずオヤジのチンポは固くならなかった。
するとオヤジは「お前は沢山の人に掘られるところを見て貰いたいんだろ。俺も俺の女が他人に掘られるところを見てみたい。たがらこれから沢山の人に掘ってもらいなさい」と言いながら僕の口からチンポを抜くと部屋を出て行ってしまった。
結局チンポが起たなかったので諦めたのかもしれない。
その後、またタチっぽいオヤジがやってきて僕の足をさすってきた。
僕もオヤジの股間に手を伸ばしてチンポを触ると、オヤジのチンポは缶ジュース並の極太マラだった。
僕はオヤジの股間に顔を埋めて極太いマラを口に咥えた。
そして口いっぱいに頬張りながらデカマラをしゃぶった。
オヤジは壁によりかかり足を広げて投げ出しており、僕はオヤジの両脚の間にうつ伏せになってチンポをしゃぶっていた。
かなり長い時間ずっとオヤジのチンポをしゃぶっているとオヤジは途中で何度かチンポを手で覆ってフェラを中断させた。
どうもオヤジはイキそうになっているらしかった。
僕はオヤジのデカマラからどれだけザーメンが出るのか見たかったので中断させられてもフェラを続けたが、結局オヤジは途中で立ち上がって部屋から出てしまった。
仕方ないのでそろそろ終わりにしようかと思い、別の部屋で尻を丸出しにしてうつ伏せになって寝待していた日焼けしたスリムオヤジを見つけた。
尻に手を伸ばしアナルを触ってみるとローションでヌルヌルになっていた。
そこでまずはスリムオヤジの頭の方に回り込むと、顔にチンポを近づけた、
するとスリムオヤジは僕のチンポを咥えてしゃぶりだした。
しばらくスリムオヤジのフェラを堪能したあとビンビンになったチンポを口から引き抜き、オヤジの下半身に回り込むとオヤジのケツを持ち上げて四つん這いにさせた。
そしてチンポにゴムを装着するとオヤジのアナルにチンポをあてて、ヌルリと挿入した。
スリムオヤジのアナルはなかなか締め付けが良く、さらに掘っている時に何度かキュッキュッと締め付けてきて僕は直ぐにイキそうになった。
そしてそのままオヤジの尻を掴んでフィニッシュした。
イッてからしばらくしてオヤジのアナルからチンポを抜いたが、オヤジのアナルの締め付けが良くてゴムが残ってしまった。
そこで慌ててゴムのふちを掴んでアナルからザーメンがたっぷり入っているゴムを引き抜いた。
ザーメンが入ったゴムをティッシュに包んでゴミ箱に入れると、部屋を出てシャワーを浴びて館を出た。
出た頃は既に16時を過ぎていた。

今回は残念ながらあまり濃厚なプレイができなくて、ちょっと不発気味だった。











続きを読む