今年になって初めて発展旅館に入ってみた。
19時前に入ったが結構混んでいた。
早速シャワーを浴びてアナルにローションを塗ると、2段ベッドのあるミックスルーム行き下段のベッドで寝待ちしていた。
すると一人のオヤジが横に来て僕のチンポを扱いてきたが、僕のチンポをビンビンにしたあとすぐに去っていった。
その後もしばらく待っていると、今度は安田大サーカスの団長に似たガッチリした短髪のオヤジが寄って来た。
そして僕の浴衣をはだけると乳首を強く摘んできた。
僕は「うっ」と呻いたが、チンポはビンビンにたっていた。
オヤジは僕のチンポを掴むと扱き、さらに玉袋を握ってきた。
そこで僕もガッチリオヤジの股間に手を伸ばし、チンポを扱いたところ、オヤジのチンポが亀頭から我慢汁が溢れてヌルヌルになっていた。
オヤジはさらに僕のアナルにも手を回してきた。
僕のアナルがローションで濡れているのがわかるとアナルにガンガンに指を挿入し、かき回してアナルをほぐしにかかってきた。
オヤジは僕の乳首を抓りながらアナルに指をいれ、さらにチンポを扱いていた。
しばらくアナルと乳首とチンポを弄られていたが、オヤジの股間が僕の顔の前に近づいてきた時に僕もオヤジのチンポをくわえてしゃぶってみた。
するとオヤジは僕の頭を掴むとグイグイとチンポを押しつけてきた。
僕はえずきながら耐えて、オヤジのチンポをしゃぶり、亀頭を舐め回した。
オヤジは「すげえ、すげえ」と言いながらチンポを押し付けたり、また口から抜いて自分でチンポを扱いたりしていた。
その後オヤジは全裸になると僕の浴衣を全て脱がせ、僕の首に浴衣の紐を巻きつけ犬の首輪のようにしてきた。
そして四つん這いでフェラをしている僕の首輪を引っ張って犬のようにお座りさせると口にオヤジの手や足の指を入れて舐めさせ、また首輪を引っ張って股間に僕の頭を持っていきチンポをしゃぶらせた。
そんな風にオヤジは僕に奉仕させていると、いつの間にか僕たちの周りにギャラリーが増えていた。
続きを読む