変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

2015年05月

久しぶりに掘られた

今日は久しぶりにいつもの発展旅館に行ってみた。
16時頃に館内に入ったがまだ早いせいか空いていた。
シャワーを浴びてミックスルームを回っていると、ある部屋でちょうど交尾が終わったばかりのペアがいてウケがベッドを出て行きタチがベッドに横になっていた。
そこで僕はタチオヤジの横に行き、たった今まで責めていたと思われるチンポを掴んで軽く握ってみた。
しかしチンポは乾いており、もしかしたら口でイカせたのかもしれなかった。
僕はそのオヤジのチンポをくわえてしゃぶりだすと、オヤジも僕のチンポを摘みだした。
しばらく乳首を摘まれながらフェラをしていたが、そのうちにオヤジが体勢を入れ替えて69の状態になるといきなり僕のアナルを舐めだした。
そして僕のアナルに指を入れながらオヤジも僕のチンポをしゃぶっていた。
それからまたしばらく69で互いのチンポをしゃぶり、僕はアナルを解されていたがそのうちにオヤジは僕の下半身に周り込むと僕の両脚を抱えてオヤジが持参したローションを僕のアナルに塗りだした。
‘久しぶりに掘られちゃうかも’と思っていたらオヤジは僕のアナルにチンポをあて正常位でメリメリッとチンポを挿入してきた。
僕は久しぶりのアナルファックだったのでアナルに激痛がはしったが我慢しているうちに慣れてきた。
オヤジは僕の両脚を掴むと浅く挿入したり深く挿入したりといろんな責め方をして、僕のアナルの中をズルッズルッとチンポが動くのが感じられた。
さらにオヤジは僕の片足を抱えて腰を押し付けたり、両脚を押し広げてマングリ返しのように腰を押し付けチンポを深く挿入してきた。
そのうちにオヤジが「気持ちいい、イキそう」と言ってきたので「中に出さないで」と言うと「外にだすよ」と言いながら腰の動きを速め「ウッ」と言うとチンポを素早く抜いてしまった。
そして僕の上に覆い被さり乳首を強く噛んできたので僕は痛さに耐えながらオヤジの頭を撫でていた。
しばらくオヤジは僕の乳首を噛んだり吸っていたが、そのうちにまた僕のアナルにチンポを挿入してきた。
一度イッたはずなのにオヤジのチンポはまだ固く僕のアナルはオヤジのチンポを簡単に受け入れてしまった。(もしかしたらオヤジはまだイッていなかったのかもしれない)
そして再びアナルの奥深くまでチンポを出し入れしていたが、そのうちにまたチンポを抜くと僕のチンポをしごきながら「ありがとう」と言って部屋を出て行った。
僕もその部屋を出て別の部屋に行くと1人で寝待ちしているオヤジを見つけた。続きを読む

久しぶりの発展サウナで手コキ

今日は久しぶりの発展サウナに行ってみた。
20時30分過ぎにに入るとそこそこ混雑していた。
シャワーを浴びて2階や3階のミックスルームを回ってみたが、あまり交尾をしているカップルはいなかった。
そこで僕は2階のミックスルームに戻ると寝待ちしていた。
しかししばらく寝ませしていたが冷やかしばかりで誰も来てくれないので起き上がって廊下で立って眺めていたら、一人のいい感じのオヤジが僕の前に立ち僕の乳首を弄りだしてきた。
そのオヤジは50代後半くらいに見えて、少し背が高くでっぷりと中年太りの腹に、ロマンスグレーの髪でめちゃくちゃ貫禄のあるオヤジだった。
オヤジは僕の乳首を弄りながら僕のチンポがビンビンに勃起しているのを確認すると‘部屋に行こう’と誘ってきた。
そこでオヤジと一緒に部屋に入るとオヤジは僕のバスタオルを取って全裸にすると再び僕の乳首を弄りだした。
僕もオヤジの乳首を舐めながらオヤジの股間に手をやるとチンポが半勃起していた。
僕はそのチンポを手で握るとオヤジのチンポには真珠が2個入っていた。
僕は真珠入りのチンポにちょっと興奮してオヤジの股間に顔を埋めて真珠入りのチンポをしゃぶりだした。
さらにフェラしながらオヤジの乳首を弄るとオヤジは「あ〜、気持ちいいよ〜」と喘いでいた。
しばらくオヤジのチンポの亀頭を舐め回したり竿を奥までくわえたりとフェラをしていたが、そのうちにオヤジは僕を捕まえると上半身に移動させて僕を抱きしめるキスをしてきた。
僕は貫禄あるオヤジのなすがままに受け入れてオヤジとキスをしたり、オヤジの背中に
手を回して抱きついていた。
オヤジは僕にキスをしながら「可愛いな、俺の黒真珠入りのチンポは凄いだろ」と言うので僕は頷いた。
そのうちにオヤジは僕のチンポを手でしごきだし、さらに僕の下半身に移動すると僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕はしばらくオヤジのフェラを堪能していたが、そのうちにオヤジはチンポを吐き出すと僕の横に添い寝して僕を抱き寄せながらキスをして、さらに僕のチンポを手コキでしごきだした。
僕はオヤジのガッシリとした身体に抱かれながらチンポを扱かれさらにキスをされているうちに種が上がってくるのがわかった。
そこで「ダメ、このままイッちゃうよ」とオヤジに囁くとオヤジは「いいよ、イッちゃいな、イキたかったんだろ」とそのまましごくのを止めなかった。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ