変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

2015年01月

発展旅館にお泊まり

昨夜はいつもの発展旅館に泊まってみた。
25時過ぎに旅館に入り2500円払ってシャワーを浴びミックスルームを回ってみたが、一組だけ交尾しているオヤジがいたがほとんどが寝ていた。
しばらくウロウロしていたが仕方ないので僕もそのまま寝た。
そして明け方5時過ぎに起きると身体が冷えていたので一旦風呂場に行きシャワーで身体を温めたあと‘このまま何もないままだけど出ようかな’と思いながらテレビのある部屋で机の上にあったゲイ雑誌を読みチンポを扱いていた。
するとしばらくしてから一人の30代くらいの山下清みたいな短髪オヤジがやってきてやはりゲイ雑誌を読み始めた。
そのオヤジは最初は少し離れたところに座っていたが雑誌を読み替える時に僕の方に近づいてきた。
そして僕がチンポをビンビンにしているのを見ると山下清オヤジもビンビンにしたチンポを見せつけるようにしていた。
僕がそのチンポを見ていることに気がつくと山下清オヤジは僕の方に近づき僕のチンポを掴んだ。
僕は思わず「アン」と喘いでしまった。
するとオヤジは僕のチンポをしごきだした。
僕も山下清オヤジのビンビンに反り返っているチンポを掴むと亀頭をマッサージした。
オヤジはさらに僕の股間に顔を埋めると僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
そしてそのうちに「上の部屋に行こう」と言うと僕を連れてあるミックスルームに入り込んだ。
そこで僕の浴衣を脱がせて全裸にすると僕を抱きしめてキスをしてきた。
山下清オヤジは僕の口の中に舌を入れながら僕のチンポを掴んで扱いていたが、僕の前にしゃがみ込むとまた僕のチンポをくわえてしゃぶりだした。
僕はチンポが生暖かい粘膜に包まれて刺激されている快感を味わっていたが、そのうちに今度はオヤジが立ち上がり僕の頭を押し下げてきたので僕はそれに従ってオヤジのチンポをしゃぶりだした。
しばらく僕がフェラをしていると奥のベッドからメガネオヤジが出てきて僕らのプレイを見学していた。
すると山下清オヤジがメガネオヤジのチンポを掴んでしごきだしたのでメガネもプレイに参加してきた。
そしてフェラしている僕の顔の前にチンポを出してきたので僕は二人のオヤジのチンポを交互にしゃぶりだした。
しばらくすると山下清オヤジもしゃがみ込んできて二人でメガネオヤジのチンポをしゃぶった。
そしてまた山下清オヤジが立ち上がるとメガネオヤジの頭を押し下げて自分のチンポをしゃぶらせていた。続きを読む

初発展は不発

今日は今年初めての発展場に行ってみた。
18時頃に館内に入るとちょうど沢山の人が出てくるところだった。
シャワーを浴びて各部屋に入ってみると、まだいつもよりは多めの客がいた。
そこで早速寝待ちしていたが、今日はウケばかりなのかほとんど誘いがなかった。
そこで寝待ちを止めて部屋を歩きだしたところ、ある部屋でかなりキモいオヤジに捕まってしまった。
とりあえず立ったままオヤジの好きなようにさせていたら、オヤジは僕のチンポを扱き、乳首を舐めまわし、さらにしゃがみ込んでチンポをしゃぶりだした。
誰専の僕のチンポはキモオヤジにしゃぶられてもビンビンになったが、このままイッてしまうのはつまらなかったので、ある程度しゃぶってもらったあと隙をみて去って行った。
その後また部屋で寝待ちしてしばらくすると突然僕の横にドカッと座り込んで僕のチンポをがっつり握ってきたメガネを掛けたオヤジがいた。
‘これはドSのタチかしら’とドキドキしながら期待していたら、そのオヤジは僕の頭を掴んで自分の胸に寄せるとチンポの根元を握りしめた。
僕もオヤジのチンポを探し出して刺激すると「ハァハァ」と喘ぎだした。
その後オヤジは僕の顔を固定するとそっと唇をつけてキスをしてきた。(オヤジからはなんとなく酒のような匂いがしてきた)
さらに僕の頭を胸に抱えてギュッと抱きしめてきた。
その頃になってオヤジが何をしたいのかわからなくなってきた。
相変わらず僕のチンポと玉を握りしめながらハァハアと喘ぎ僕の頭を抱きかかえたり、キスをしてきた。
そして僕がチンポを扱いているとチンポはフニャチンのままなのにウォウウォウと喘ぎ、そのうちに「ウッ」と叫ぶと動かなくなってしまった。
僕は‘まさかイッちゃった?’と思いながらも‘これは幸い’とそのオヤジから離れた。
そしてまた各部屋をウロウロしてみたが、その後はハッテンに繋がるようなチャンスはなかった
そして‘今日は変なん人に絡まれてばかりなので、もう帰ろうか’と、ある部屋で全裸になってうつ伏せになっている少し若めのニイチャンがいる部屋に入った。
そしてアナルに指を差し込むと案の定トロトロにほぐされているトロマンだった。
アナルに指を突っ込むとやはり感じるようで、僕の下半身に手を伸ばしてきた。
僕はそんなニイチャンの上半身に回るとチンポを彼の顔の前に突き出した。
するとニイチャンはすぐに僕のチンポをしゃぶりだした。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ