変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

2014年09月

発展旅館に宿泊

今日は発展旅館に泊まってみた。
夜中の3時30分過ぎに着くと身体を洗って部屋に行ってみたが、5人くらいしかおらず皆既に寝ていた。
そこで僕も仕方なく寝たが明け方の5時か6時頃に僕の隣にオヤジが横になってきた。
最初は知らんぷりをしていたが、オヤジが手を伸ばしてきたので「あぁ、これは触って欲しいんだな」と思いオヤジの手を握ってみた。
案の定、特に嫌がらないのでそのままオヤジの浴衣を捲りチンポを掴んだ。
そしてチンポの近くに顔を寄せるとオヤジのチンポをしゃぶってみた。
するとオヤジは喘ぎだしたのでそのまましゃぶり続けて最後は手コキでイカセた。
オヤジは僕の手に大量のザーメンをぶっかけたのでティッシュで拭いてあげるとオヤジはそのまま寝てしまった。(僕もそのまま寝たが気がつくといなかった)
次にまたオヤジが隣に寝に来た。
そのオヤジも身体を近づけてきたので身体を触ってやると股間を広げてきた。
そこでまたチンポを手でしごいた後にしゃぶってあげた。
しばらくすると手で僕を払いのけようとするので‘これはイキそうだな’と思うとさらにチンポをキツく早く締め付けた。
するとオヤジは「イッちゃうよ」と言って僕の口の中にザーメンをピュッピュッと発射してきた。(なかなか力強い発射だった)僕は生臭いオヤジのザーメンを口に溜めたままチンポを抜くとティッシュの上にザーメンを吐き出した。
そのあとしばらく寝ていたが8時頃に僕を触ってくるオヤジがいたので起き上がるとオヤジが立った状態で僕の口にチンポを押し込んできた。
オヤジのチンポには真珠か何かを埋め込んであった。
オヤジは僕の頭を掴んでチンポを押し込みイマラチオ状態になった。
そのうちにもう一人日焼けした色黒のオヤジがやってきて僕らのプレイを見学していた。
すると僕の口にチンポを押し込んでいたオヤジがチンポを抜くと見ていたオヤジの方に僕を向けた。
そこで仕方がないのでそのオヤジのチンポをしゃぶっていた。
オヤジは立ったまましゃぶらせていたがそのうちに僕の胸に座り込んだ状態でしゃぶらせ、さらに仰向けになったオヤジのチンポをしゃぶっていた。
しばらくするとオヤジはイキそうになったのか、僕を手で押しのけてチンポを抜いてしまった。
そして僕をギュッと抱きしめると部屋を出ていった。
気がつくと旅館には僕以外には2人しかおらずさらに各部屋の掃除をし始めてきた。
そこで僕も旅館を出た。
ちょうど9時頃だった。続きを読む

発展旅館で騎乗位アナルファック

今日はいつもの発展旅館に行ってみた。
19時55分頃に入り、身体を洗って2階に行ってみると、寝待ちのウケばかりだった。
そこで自分もある部屋に入り寝待ちをしていたら、見た目はウケっぽいオヤジが近づいて来た。
オヤジは仰向けに寝ている僕のチンポを触りだすと、僕のチンポはすぐにビンビンになってきた。
するとオヤジは勃起した僕のチンポをしゃぶりだした。
僕はオヤジのフェラに気持ち良くなりながら今度はオヤジの乳首を摘みだした。
さらにオヤジの乳首を吸い出すとオヤジは気持ち良さそうに喘いだ。
オヤジはフェラを止めて僕にキスをすると僕の腰の上に跨がってきた。
そして僕のチンポを掴むと自分のアナルに当てて、ゆっくり挿入してきた。
僕のチンポがオヤジのケツマンコにすっぽり挿入され騎乗位になった。
オヤジはゆっくりと腰を動かしていたが僕はオヤジのケツマンコの締まりの良さに直ぐにタネがあがってきた。
そこで腰を自分からも突き上げてそのままフィニッシュまで持って行きオヤジのケツマンコの中にザーメンを発射してイッてしまった。
オヤジは腰を上げて僕のチンポを抜くとティッシュを取ってくれたのでザーメン塗れのチンポを拭くとオヤジはそのまま部屋を出ていった。
僕も浴衣を着ると部屋を出てシャワーを浴びて旅館を出た。
時計を見るとまだ20時25分で、たった30分のハッテンだったのでちょっと物足りなかった。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ