今日は久しぶりにいつものデリヘルに電話した。
HPで顔出ししていてまぁまぁ見れる写真だったみおを指名してみた。
ホテルが満室だったので5分程待ってから19時くらいに部屋に入った。
シャワーを浴びて待っていると19時15分くらいにみおが来た。
写真よりも老けた感じだったが澄ました顔になるとちょっとキレイにも見えた。(しかし目がギョロッとしていて少し怖いかも)
足を引きずっているので「どうしたの」と聞くと「右足の親指を踏まれて痛くて庇っている」とのこと。
彼女が店に電話すると、早速抱き寄せてキスをした。
すると冬にもかかわらずなぜか汗臭い匂いがした。
しかしそんな彼女の身体を抱きしめて乳房を揉み、乳首を摘むと軽く喘いだ。
僕は股間に手を伸ばしてパンストの上からマンコを押し、さらにパンストの内側にも手を入れてクリトリスを刺激してみた。
すると彼女は喘ぎながら「私、感じやすいの」と言った。
彼女をベッドに仰向けにすると彼女は勝手に上着を脱ぎだした。
僕も彼女のパンストを脱がせて下着姿にした。(ブラとパンティはお揃いだった)
そんな彼女にビンビンになった僕のチンポを顔に近づけてしゃぶらせてみた。
フェラをさせながらブラの下に手を入れて乳首を摘み、またパンティのクロッチ部分をちょっと強めに押してクリトリスを刺激すると、パンツがしっとりと濡れているのがわかった。
そんな彼女のパンティを下ろすと、クロッチ部分は薄い黄色に染まってすっかり濡れていて、臭いを嗅ぐと強めのアンモニア臭がした。
僕は彼女にも「こんな恥ずかしい臭いさせてるよ」と言いながら嗅がせてみた。
すると彼女はパンティの匂いを嗅ぎながら「いやぁ〜ん」と苦笑いをした。
僕は彼女の両脚を広げてマンコを開帳すると、彼女が「私濡れやすいの、ローションいらずって言われるの」と言った。
ぱっくり開いた彼女のマンコ(小陰唇)は意外にも小さめでワレメ自体の面積が少なかった。
そのオマンコに顔を近づけてクリトリスを舐めると彼女は「ああっ、はぁ」と喘いだ。
さらに舌で吸い上げて左右にクリトリスを動かすと気持ち良いのか「ああああっ、はぁぁ〜ん」と喘ぎまくった。
僕は彼女のマンコに指を入れて刺激してみた。
そして奥まで指を入れると固くなっている子宮の入り口を触ってみた。
さらに彼女の乳首を甘噛みしながらマンコに入れた指で子宮を激しく撫でると彼女は「やぁ〜ん、あああっ」と激しく喘いでいた。
続きを読む