久しぶりにいつものデリヘルに電話してみた。
第一希望の子は不在だったので2番手のナナを指名した。
13時45分頃にホテルに入ってシャワーを浴びて待っていると、14時頃にナナがやってきた。
ナナは眼鏡をしたぽっちゃりでかなりの巨乳だった。(何カップか聞いてみるとFカップとのこと)
割と普通の感じの子で、ちょっと小柄だったので身長を聞いてみると149cmだった。
そんな彼女はお店に電話をすると早速お金を払い彼女を抱き寄せた。
そして立ったままで軽くキスをして話をしたところ、彼女は2月の終わりに入店したばかりで、まだ出勤は20回弱とのこと。だいぶ慣れてきたと言っていた。
彼女が「シャワーを浴びますか」と言うので僕は「もう浴びているからいいよ」と言うと「でも私は少し汗をかいていますが」というので「大丈夫、気にしないで」と言いながら服を脱がせた。
そして彼女をすっかり全裸にすると、彼女をベッドの上に座らせると彼女は眼鏡を取った。
眼鏡を取ってもそれほどギャップはなかった。(ちょっと顎がしゃくれていたかな)
彼女の肌は真っ白で、手に吸いつくようなもち肌だった。
僕が「肌綺麗だね」と言うと彼女も僕の手をさすりながら「手が綺麗ですね」と言ってくれた。
そんな彼女をベッドの上で抱くとキスをした。
彼女も僕の背中と首に手を回し、ギュッとするように抱きしめてくれた。
しばらくキスをしていたが、その後彼女の大きな乳房に吸いつき乳首を舐めていると、彼女は「アッ、アン」と軽く喘ぎ始め、また僕の頭に手を回して抱きついてきた。
彼女に抱きしめられていたので、しばらく乳首に吸いつき舐めまわしていたが、彼女の力が少し緩んだところで彼女の下半身に手を伸ばし、股間に指を入れてみた。
すると、そこは既にヌルヌルになっていた。
そのヌルヌルのマンコに指を挿入するとクリトリス付近を中指の腹でマッサージし、さらに膣の入り口を優しく撫でてあげた。
そして下半身に移動し、両脚を広げてマングリ返しのようにしてクリトリスを舐めた。
その後、僕は舌をマンコに挿入し、鼻でクリトリスを押さえつけるようにして刺激した。
さらにアナルにも舌を挿入して舐め、マンコに指を挿入した。
マンコの中で指を掻きまわしてマン汁をピチャピチャさせると、今度はそのマン汁で濡れた指を引き抜きアナルの入り口をほぐし始めた。
続きを読む