変態備忘録

個人の変態プレイを書き綴ったものです。 良ければコメントをお待ちしています。

2010年08月

りおちゃん21歳

今日はいつものデリヘルで新しい子(りおちゃん)を指名してみた。
13時10分頃にホテルに入ってシャワーを浴びて待っていると13時20分くらいに彼女がやってきた。
彼女は平成産まれの21歳。
ちょっと小柄で身長は155センチの可愛い子。
円錐形の形の良い乳房が大きく、ウェストもくびれがありスタイルが良かった。
11000円を先に払うと早速彼女の服を脱がせにかかりピンク色のサテン生地のパンティだけにした。
そして彼女を立たせたまま形の良い乳房を揉みながら乳首を優しく撫でるように愛撫した。
すると彼女の乳首はピンと立ち喘ぎ始めた。
僕は彼女をベッドに横にすると彼女の右隣に添い寝して乳首を指で撫でながらディープキスをした。
そして右手を彼女の股間に伸ばすとパンティの上からマンコを触ってみた。
そしてゆっくりパンティを脱がせてみると、彼女のマン毛は濃く広がっていて結構剛毛だった。
両脚を開くと小陰唇を指で開き彼女のクリトリスを剥いて舐めてみた。
彼女のクリトリスは既に皮からはみ出るように大きくなっていて、包皮を全て剥くとちっちゃなチンポの亀頭のような形をしたピンク色のクリトリスがテカテカと光っていた。
僕はそんなクリトリスを舌で舐めたり唇で吸い付くと彼女は「アアッ」と喘いだ。
そんな彼女のマンコの入り口に指で触ってみると既にマンコには透明なマン汁が溢れてヌルヌルになっていた。
僕は彼女の股間に頭を突っ込みマン汁を舐めながら両手を伸ばして彼女の乳房を揉んでみた。
次にヌルヌルのマンコに中指を挿入し、クリトリスを舐めてみた。
そして一旦指を抜くと、いつものようにマンコに舌を挿入しながらクリトリスに鼻を押し当てて刺激してみた。
すると彼女は「アッ、ゥアッ」と言いながら喘ぎ始めた。
さらにアナルにも舌を挿入して鼻をマンコに押し付けながらアナルの中を舐めまくった。
(アナルにも中指を挿入してみたが、指が半分ほど挿入されたところで「ダメー」と言ってきたので抜いた)
その後、また勃起したピンク色のクリトリスに吸い付くと彼女の喘ぎ声は高くなってきた。
そして今度はマンコに中指と人差し指の2本を挿入して膣の内側をマッサージしてみた。
次に指を挿入したまま、また添い寝をして右の乳房の乳首を吸いながらマンコの中で指を動かすと、彼女はとても感じやすいようでマンコの中はもうグショグショになっていた。続きを読む

公園でハッテン

今日、久しぶりにハッテン場の公園に行った。
風が強い中、林のそばを歩いているて、お仲間らしきオヤジが僕のことを見ていた。
僕はそれを無視して林の中に入り、どんどん奥まで行くと松の木にもたれ掛かっていた。
するとそのオヤジはすぐに僕のそばまで近づいて来ると、黙ったまま早速ジーンズの上から僕の股間を触りだした。
そして僕のチンポがある程度勃起してくるとオヤジはジーンズのベルトを外してジーンズと下着を下ろしてきた。
そしてむき出しになったチンポを握りしめ手コキを始めた。
僕もオヤジのジャージの上からチンポを触って見ると、既にビンビンだった。
するとオヤジはジャージを自分で下ろしてきたので僕はオヤジの生チンポを掴んでしごきはじめた。
お互いに手コキをしていたが、しばらくするとオヤジがしゃがみ込んで僕のチンポに顔を近づけるとパクリとくわえてフェラをしてきた。
オヤジは喉の奥深くまでくわえたかと思うと、亀頭だけをしゃぶってみたりしていた。
しばらくオヤジにチンポをしゃぶられていたが、僕がオヤジのTシャツを捲りあげて乳首をつまみ出すと、僕のチンポを吐き出してまた手でしごきはじめた。
そして今度は僕の前に立ち、体を寄せてくると自分のチンポと僕のチンポを一緒に握りしめてしごきはじめた。
さらに腰を近づけては自分のチンポを僕の股間に何度も押し付けてきた。
僕は思わずオヤジの背中に手をまわし抱きしめていた。
しばらくオヤジは腰を押し付けたり、チンポを一緒にしごいていたが、また顔を僕の股間に近づけると僕のチンポをくわえてしゃぶりはじめた。
僕はこのままオヤジの口の中にザーメンを発射したいな、と思いながらオヤジのチンポを手でしごいていたが、オヤジはまたチンポを吐き出すと手コキに変えた。
この間ずっと二人は無言だった。
林の外を見ると道路を歩く人がチラチラ見えて、ちょっとドキドキした。
そしてそのうちにイキそうになり僕は小さく「イクッ」と囁いた。
するとオヤジは僕のチンポを覗き込むように顔を近づけ、さらに扱くスピードを速めてきた。
そして僕はとうとうオヤジにガン見されながら大量のザーメンを亀頭から発射してしまった。
オヤジはポケットからティッシュを出すと僕のチンポを拭いてくれ、お互いにズボンをあげると別れた。
時間にして15分程度のハッテンプレイだった。

リニューアルの発展映画館

今日は久しぶりに上野の発展映画館に行ってみた。
先週リニューアルオープンしたばかりで期待して行ってみた。
18時50分頃に映画館に着くと綺麗な外観にワクワクしながら2階の特選に入った。(以前の名画座があった場所)
さすがに出来たばかりで綺麗なフロアだったが観客は以前の上野地下のような感じだった。
(以前は館内で良く見かけた女装子もフロアにいた)
館内に入るとさすがに上野地下が閉鎖されてからここに流れてきた常連さんと思われる客で、いつものように後ろの立ち見席で盛んにハッテンしているカップルが見えた。
しかし席もフロアの壁も新築同様でとても綺麗だった。
僕はいつものように後ろの立ち見席に行きます壁際に寄りかかるようにポルノ映画を見ていた。
しかし以前の上野地下であればそれこそ扉を開けて中に入ると壁際にたどり着く前にいろんな手が伸びてきて、チンポを掴み出されて扱かれることが多かったが、今回の特選映画館ではまだ様子見の状態なのか寄りかかったまま映画を見ていても、しばらく誰も触りには来なかった。
それでも10分くらいすると一人の老人がやってきて僕の太ももやチンポを触り始めた。
しかし何故かまた離れて行った。
次にまた別のオヤジがやってきて、今度は僕のチンポを掴みだし、ワイシャツをたくしあげると乳首を吸い始めた。
僕はチンポをしごかれて感じていたが、ポルノ映画の上映が終わってしまったようで館内が明るくなると同時に去っていった。
そしてまた館内が暗くなり最後の回が始まったので、そのまま15分くらい壁に寄りかかって映画を見ていてら、今度は50過ぎのリーマンらしきオヤジがやってきた。
オヤジは僕の股間に触るとズボンの上からチンポを弄り始めた。
そしてワイシャツのボタンをひとつひとつ外すとTシャツをたくしあげて乳首を吸い始めた。
僕もさりげなくオヤジの股間に手を伸ばし、チンポをズボンの上から扱いていたが、さらにチャックをあけてオヤジのチンポを掴みだして、直接しごきだした。
オヤジのチンポは最初は半勃起状態だったが、しごいているうちにビンビンになり、そのうち我慢汁を亀頭から溢れさせてきた。
オヤジも僕のズボンのチャックを下ろすとビンビンになっている僕のチンポを掴みだし、さらにはズボンのベルトを外して、パンツ毎したに下ろしてしまった。
僕は映画館の中で下半身むき出しのままオヤジにチンポをしごかれて、さらに乳首を吸われていた。続きを読む

母乳のレイカ

今日もいつものSMクラブに連絡してみた。
最初に指名した子は無理だったが、お店がお勧めということでレイカちゃんを指名した。
暑い中12時頃にホテルに入り、シャワーを浴びて汗を流して歯を磨いていると彼女がやってきた。
ノースリーブとジーンズに健康的な小麦色の肌でちょっとショートカットの割と綺麗な子だった。
ただし、年は30代半ばといった感じだった。
お金を払うとシャワーを浴びようとする彼女を引き止めた。(彼女は‘本当にいいの?汗かいてるよ’と申し訳けなさそうだったが僕が‘匂いフェチだから’と言って納得してもらった)
そして早速彼女のタンクトップとジーパンを脱がせ、さらにブラとパンティも脱がせて全裸にした。(母乳が出るようでブラには乳パットがしてあった)
彼女をベッドに横にさせると、僕は添い寝して軽くキスをした。
そして乳首が感じ易いと言うので乳首を重点的に責めた。
右の乳首を舌で舐めたり、また唇で摘んだり吸い付いたりしながら、反対の乳房を右手で揉んだり撫でたりした。
その間、彼女は目を閉じて軽く喘いでいた。
そして左の乳房を揉んでいた右手を彼女の下半身に移し、股を広げてそっとマンコを触ってみた。
小陰唇を広げてマンコの入り口を中指で触って見ると、既にヌルッとしたマン汁が溢れていた。
僕はしばらく乳首を舐めながら指でマンコの上部にあるクリトリスに中指をあててマッサージしていた。
そしてある程度マンコがヌルヌルになったところで乳首を舐めるのを止め、下半身に移動して彼女の両脚を大きく開くとそのヌルヌルマンコに唇で吸い付き舌で舐めあげた。
彼女のマンコはアナル近まで陰毛が生えていて、しかも今日は僕が初めてのお客でさらにシャワーを浴びていないので、汗とオシッコの蒸れた強烈な匂いがモワッと感じられ、僕は興奮しながら夢中でマンコを舐めまわした。
(少ししょっぱい味がした)
そしてオシッコ臭いマンコのクリトリスに吸い付いて舐めまわし、さらにマンコの奥深くまで舌を挿入しながら鼻をクリトリスにこすりつけた。
するとマンコからマン汁が溢れてきたようで、激しくヌルヌルしてきたと同時に少し酸っぱい味もしてきた。
僕はさらに彼女のお尻を持ち上げてアナルにも舌を挿入して舐め始めた。
そして鼻をマンコの中に挿入するとマン汁を鼻先にこすりつけるように動かした。続きを読む
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

管理人

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ