今日、久しぶりのSMクラブに突然予約した。
真生さんに黄金コースが可能か聞いたところ大丈夫だということで夕方プレイを予約した。
ホテルに入って待ってると15分くらいして彼女がやってきた。
ネットの写真より可愛いかったので嬉しかったがちょっと年はいっているように見えた。(30代前半)
久しぶりの黄金コースだがプレイの前にアンケートを書かされた。これは初めてのことだった。
彼女はバスルームに入って下着っぽいコスチュームに着替えると香を焚き始めた。(多分、部屋の臭いを誤魔化す為か)
着替えた彼女はなかなか魅力的で僕のチンチンはビンビンになっていた。
ルームライトを落として薄暗くすると早速部屋の床にタオルとビニールを敷いて僕は仰向けになった。
彼女はTバックの小さいパンティを脱ぐと僕の顔を跨り中腰になった。
薄暗くてハッキリとは見えなかったが彼女のマンコは小さくてチンポをきつく締めてくれそうな気がした。
彼女は僕を見下ろしながらマンコからチョロチョロと聖水が出してきたと思うと、すぐさまシャーと勢い良く排出されてきた。
僕はそれを一滴残らず飲み込もうと必死で顔の位置を合わせながらゴクゴクと飲み干していった。
何度かそれを繰り返して大量の聖水(たぶんペットボトル1本以上)を飲んだ。
彼女の聖水は少しアンモニア臭があったが味も薄くて飲みやすかった。
そしていよいよ黄金となったが、彼女そのままの体勢で出そうとしていたが直ぐには出なかった為、向きを逆にして僕の顔にお尻を突き出すようにしゃがみ込んだ。
そして彼女の小さく絞り込まれたアナルを見つめていたら突然茶色にどろどろに溶けた黄金が噴出して僕の首筋にかかってきた。さらにその後柔らかい黄金が次々と噴出してきたので、ちょっと口を開けてその黄金の一部を入れた。意外にもあまり苦味が感じられなかったので、さらにアナルに近づき黄金を口いっぱいに咥えこんだ。
彼女の排泄が終わり彼女は立ち上がると嬉しそうに僕を見下ろしていた。
口に彼女の黄金を頬張ったままの飲み込めないでいた僕は、彼女が洗面器かティッシュを持ってきてくれるものと思っていたが、彼女はそんなことはしないで僕のチンポにローションを垂らしてチンポをしごき始めた。
僕は彼女の黄金を吐き出すこともできずに少し口のなかで彼女の黄金を咀嚼していたら、なんだか彼女の黄金が飲み込めそうな気がして少しずつ口の中にある彼女の黄金を食べてみた。
やはり苦味はあったがもともと柔らかい黄金だったので飲み込みやすく少しずつ彼女の黄金を食べてみた。
チンポをしごかれている間、何度かイキソウになったのでその度にチンポを扱くのを止めてもらい、また途中彼女に唾を垂らしてもらいなが最後までなんとか飲み込んだ。
最後の方では黄金の中にある未消化物も味わうことができ、生姜の味のする未消化物を味わうことができた。(彼女曰く、それは昨日食べた生姜の浅漬けとのこと)
そして最後まで食べ終わったところで彼女は僕の首筋に落ちている彼女の黄金をさらに僕の口に乗せたが、さすがにそれ以上食べるのは困難だったので口には入れずに鼻で匂いを感じている間にその黄金は口の横からこぼれて落ちてしまった。
僕は彼女にお願いして彼女のアナル奉仕をさせてもらいながら、チンポを扱いてもらい少しだけアナルを舐めさせてもらったところで大量のザーメンを発射してしまった。
終わった後初めて黄金を食べたことで少し放心状態になったが、首筋周りが彼女の柔らかい黄金でまみれていたのでバスルームに入りシャワーを浴びて全て洗い流した。
シャワーが済んで彼女と少し話したあと(‘今日は出掛けにアイスコーヒーを飲んだので下痢気味になった’、‘黄金は食べる人は結構いる’みたいな話)、彼女は部屋を出た。
帰り道、大量に聖水を飲んだせいで何度もゲップが出たが、黄金を食べた為か卵っぽい硫黄の匂いのするゲップだった。
初めて女王様の黄金を食べることが出来た記念すべきプレイとなったが、ホテル代込で2万6000円は高いかな。
(ホテルはショボイし、プレイは黄金・聖水以外は手コキだけだし)


途中、秋葉原のラホールでチキンカレーを食べた。
続きを読む